気ままに綴りたい |

公式HPより「メイキング映像」



【メイキング】ボクジャ受難の時代 "キャええええアット!!!"

みられるかな?

映像停止するために、画面クリックを!
しないと、予告編がずーっと再生される(;'∀')
停止クリック必須なり。

公式HPリンクここ

上品な彼女「第4話」です。ストーリーはここ

Posted by zukka  on  | 0 comments 

「上品な彼女」キム・ソナ "パクボクジャ役は、私に希望を与えたキャラクター"

俳優キム・ソナのカリスマあふれる画報が公開された。

20170721142080746191.jpg

キム・ソナは最近スター&ファッションマガジン「インスタイル」とグラビアを公開した。

グラビアの中キム・ソナはスマートなスタイルで、様々なスタイルのルックを消化し、
ファッショニスタらしい容貌を誇って目を引く。
撮影当日充満感情表現と俳優特有のオーラを誇って現場の雰囲気を圧倒したという。

20年目のベテラン俳優の彼女は「私はまだ学ぶ立場である。
20年目の学習の最初だから下手なのが多い。
現場で監督をお父さん、作家を母と思って完全に信頼する」と述べた。

20170721142080746192.jpg

続いて、人生の父で祀る人が二分あるとし演技の先生と「私の名前はキム・サムスン」、
「上品な彼女」のキム・ユンチョルPDを挙げた。

また、「上品な彼女」ボクジャで育つ役割について「ボクジャは私のスーツだった。
俳優はなく、人間キム・ソナに再び熱心にするべきではと希望を与えたキャラクターだ。
今後もこのような役割にを会うことは難しいだろう」と愛情を表わした。

20170721142080746193.jpg

話題になったイ・テイムとの乱闘について"演技の先生に特訓を受けた場面だ。
チョンシムファンを食べながら辛うじて撮影を終えた。
それでも、そのシーンを見ると、心臓が「ドキドキ」挙げる。
ほとんどの人が信じないが、私の演技の脆弱性はすぐに暴力と悪口だ」と話した。

キム・ソナのグラビアと深いインタビューは「インスタイル」9月号で確認することができる。

写真。インスタイル

Posted by zukka  on  | 0 comments  0 trackback

「上品な彼女」キム・ソナ【★SNS]

20日、キム・ソナの所属事務所シジェスエンターテイメント側は
公式インスタグラムに複数枚の写真を掲載した。

69440355.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Posted by zukka  on  | 0 comments 

[一問一答] " '上品女」大引けない... キム・ヒソン・キム・ソナのおかげで現実に

(文字の色付けは私が勝手にしました)

201707201352140310.jpg

[毎日経済スタートゥデイハンイング記者]

折り返しをドン「'上品な彼女」キム・ユンチョルPDと主演俳優キム・ヒソン、キム・ソナが
作品を最後まで見て秘密が解けると強調した。

JTBCグムトドラマ「上品な彼女」の記者懇談会が20日、
ソウル江南区インペリアルパレスメグさんホールで開かれた。

「上品な彼女」は揺れ動く欲望の群像の中向き合ったウアジン(キム・ヒソン分)
バクボクジャ(キム・ソナ)の交錯した生活の話を盛り込んだドラマだ。

上流層を賑やかにしたボクジャの死に始まったこの作品は、
高付加関係にあったウアジンに埋葬を与え、
ボクジャが介護者で大成パルプ会長の妻になる過程を描く。
ウアジンは画家ユンソンフイを(イ・テイム)娘アンジフ(イチェミ)の美術教師として雇った。
しかし、夫アンジェソク(チョン・サンフン)はフレーク後と風を取っており、
ウアジンは、この事実を一歩遅れて分かった。
ボクジャはアンテドン(キム・ヨンゴン)の介護者に家に入ってきた後、
アンテドンと近づいて会社まで受付するために緻密な計画を立てた。

「上品な彼女」はキム・ヒソン、キム・ソナの熱演と
視聴者の共感を得た演出で初回2.04%から6.89%まで視聴率が跳ね上がった。

以下は、「上品な彼女」の制作陣と俳優たちの一問一答である。

- 20部作の折り返しを回った。

(キムPD)
ボクジャが会長の心を得た。
誰がどのようにボクジャを殺したか、作品を最後までみるべきでしょう。
途中で気づかないことがある。
キム・ヒソン、キム・ソナがどのように会ったのかが微妙に隠れている。
ドラマの出発点である。結末と同じくらい重要なことだ。
ボクジャがウアジンに魅せられたきっかけも興味深い点である。 "



(キム・ソナ)
「撮影した時と、視聴者の立場に戻ったときの感じが違う。
7部を超えながら感情がよみがえって、個人的にあまりだった。
とても面白いが、どのようにすべきか分からなかったよ。撮影当時も幸せだった。」


(キム・ヒソン)
「ウアジン似生活環境である。周囲から共感される方も多かったよ。
良い反応を得ることを実感している。事前製作ドラマは初めてだ。
監督が一カットも公開していない寂しいこともあったが、
それだけの理由があったようだ。」

-役割の周辺の反応はどうか。

(キム・ソナ)
連絡が切断された方に電話が多くきた。とても感謝した。
頑張って切断された縁を再び会わなければならという考えもしたよ。
4部の時から再び連絡が下がる失われ、その後7回になると、
8年ぶりに電話をされた方が「ウアジンにその後ない」と言っていた。
これだけ愛されることができる作品をしていることを感じている。」


(キム・ヒソン)
"すべての妻はウアジンと同じ立場である。
妻は私の方で、私のような心であるようだ。
良い話をたくさん聞いている。
このような人があるかと思うほどウアジンは完璧な人だ。
キャラクターをよく選択されたようだ。」

- 「キム・ヒソンの再発見」という評価を受けている。

(キム・ヒソン)
22年目再発見されている。第2の全盛期が8回きた。
1年ごとに再発見である(笑)。
そんな評価のため、常に初心に帰って演じている。
最初は気分が良くなかったよ。誠意させた作品はありません。
すべてのシーンで頑張った。
いつも新た見られるというのが、今では心地良い。
次の作品をする時も「再発見」が出てくるようだ。 "

-キム・ソナはキム・ユンチョルPDと第三の作業である。

(キム・ソナ)
12年前に「私の名前はキム・サムスン」を撮ったときキム・ユンチョルPD様だまされた。
撮影前に漢拏山に行くよ。ヘリに乗って上がって撮影すれば良いとした。
しかし、上がりながらセリフがあった。
ヘリは最初から考えて行っていないものである。
今回も恐ろしいキャラクターではないところ、知ってみると、あまりにも怖いよ。」


-キム・ヒソンは、自分の性格と正反対であるキャラクターを演技した。

「自分を抑えて代謝をするのが容易ではない。
参考代謝をするのが最も大変だった。」
キム・ヒソンがアジンならどうだろうか」と考えたりもした。
ウアジンは大きな画像を見ることを知っている女だ。」

「撮影しながらアジン真意性格を学んだようだ。私が演技する役割であるが、
ウアジンがうらやましい時もあった。
ウアジンは人生において多くを学んだキャラクターだ。
私と他の部分が多く、没入しようとして不織布ながらも羨ましかった」

- 「上品な彼女」はどん詰まりドラマという評価もある。

(キムPD)」
作家が実際に取材した内容で作品を書いたものである。
大引けという表現は好きではない。
世界のすべてのものは、ドラマの素材となる。
素材ではなく、どのよう説得力のある共感できるように作るのかが重要なようだ。
単に素材が不倫とか、家族間の人倫を見捨てること大引けと見ることは
単細胞的な考えであるようだ。
良い俳優、本当の演技はすべての話を現実として受け入れることができる。
俳優の方々がありそうな現実に作られたようだ。」

in999@mk.co.kr

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2017072013521403102.jpg

Posted by zukka  on  | 0 comments 

「上品な彼女」第2幕開始... 今後観戦ポイントセット!

- 11回から20回までの残りの半分さらに楽しく観戦ポイント公開!
- 「今までは始まりに過ぎない。更にスペクタクルで、多彩なエピソードの準備」

201707201036349836.jpg

「上品な彼女」が第2幕の開始を控えて観戦ポイントを公開した。

これから10回を残しているJTBCグムトドラマ「上品な彼女」
(脚本ベクミギョン/演出キム・ユンチョル/制作第イーエスピクチャーズ、ドラマハウス)が
明日(21日)11回放送から最後までドラマをより一層面白く楽しむことができる三つの要素を挙げた。

1.キム・ヒソンの一人立ち

夫アンジェソク(チョン・サンフン分)の不倫で人生最大の危機を迎えた
ウ・アジン(キム・ヒソン分)は、夫の無概念行動にもはや我慢できずに
娘ジフ(イチェミ分)と幸せな生活のために離婚を宣言する。
結婚後財閥家の嫁に家庭に忠実だった彼女は再び社会に飛び込んで正常に独立できるかと、
その中で成長していく様子を見守ることが、新しいポイントになる見通しだ。

2.キム・ソナを殺した犯人は誰ですか?

アン・テドン(キム・ヨンゴン)と結婚に成功しながら、自分の野望を実現していく中
バクボクジャ(キム・ソナ)はアンジェソクが不倫と経営能力不足で
信任を失っていくこの時を逃さず㈜大成パルプも手を走っている。
黒目標をなす達成収録加わるパクボクジャ、
果敢な歩みと終わりがないことのようだった彼女の無限疾走を死に、
殺人犯人は果たして誰なのか推測することが興味をそそるものである。

3.財閥奥様のチジョングクの端

ウ・アジンとブランチ会を一緒にするチャ・ギオク(ユソジン分)、
オギョンフイ(チョン・ダヘの方)、キムヒョジュ(イ・ヒジン分)は、
序盤財閥奥様のラグジュアリーライフで視線を集めた。
しかし、10回まで行われた現在の不倫、家庭内暴力、風上など、
私たちの周りで接することができる社会的な問題を描き出し極に豊かに加えてシャギー、
これらの関係と今後継続される波乱万丈な事件が注目をひきつける予定だ。

「上品な彼女」の関係者は「今までは始まりに過ぎない。
11回から20回まで、よりスペクタクルで多彩なエピソードが用意されているので
期待してくれ"と"ウ・アジン、バクボクジャ、ブランチ会のメンバーと一緒に
他のキャラクターの話で最後まで充実埋めるお伺いする"と伝えた。

一方、週末の夜を熱い雰囲気にし、
4週連続視聴率上昇を見せているJTBC「上品な彼女」は、毎週金、土夜11時放送される。

写真提供:JTBC

(JTBCニュース運営チーム)

Posted by zukka  on  | 0 comments 

「上品な彼女」キム・ユンチョルPD "どん詰まりドラマではない」

01143412531.jpg

「「上品な彼女」はどん詰まりドラマではない。」

キム・ユンチョルPDが20日、ソウル、ノンヒョンドンインペリアルパレスで
JTBCドラマ「上品な彼女」の記者懇談会では、このように述べた。

この日キムPDは"作家が実際に取材した内容で作品を書いたものである。
大引けという表現は好きではない」と述べた。

続いて「世界のすべてのものは、ドラマの素材になる。
それよりどれだけ説得力のある共感できるように広げて行くことだ」とし
「単に素材が不倫とか、家族間の人倫を見捨てること大引けと見ることは
単細胞的な考え方」と説明した。

このドラマがどん詰まりのように目に見えない理由についてキムPDは
"良い俳優、本当の演技はすべての話を現実として受け入れることができるようである」
と俳優たちの演技力を賞賛した。

韓経ドットコム芸能問題チームnewsinfo@hankyung.com

Posted by zukka  on  | 0 comments 

「上品な彼女」キム・ソナ "イ・テイムと乱闘、大変だった"

01231.jpg

俳優キム・ソナが異態であるとの乱闘裏話を伝えた。
20日、ソウル論硯洞インペリアルパレスホテルでJTBCドラマ「上品な彼女」の
記者懇談会が開かれた。
「上品な彼女」は劇中にウ・アジン(キム・ヒソン分)の豪華な生活に
介護者バクボクジャ(キム・ソナ)が登場して体験する事件を描いたドラマで
不倫、家庭内暴力、上流層の虚像を一つ一つ暴くヒューマンシックコメディ。
毎回波乱万丈の物語と酸性風刺でテレビ劇場をひきつけている。

01356.jpg

過去の放送分でバクボクジャ(キム・ソナ)は、ウ・アジン(キム・ヒソン分)の
夫アンジェソク(チョン・サンフン分)がユンソンフイ(イ・テイム分)と内縁関係という事実を知って、
ウ・アジンに代わりユンソンフイを戒めるために出た。

「君がアンジェソクやら浮気年だよ?」という血のセリフをはじめ
ユンソンフイの髪の毛をつかんで頬を殴るのはもちろん、
水の洗礼まで浴びせた彼女は、これまで「不倫男女」のために苦しかった
視聴者の中にぽっかりあけてくれ快感をプレゼントした。
この撮影シーンにキム・ソナは、「イ・テイムとの乱闘は、普段の戦いかける悪いて大変だった。
異態林道たくさん大変だった」とし
「それでも監督がディレクションをよくいただき、この場を借りて感謝しドゥリンダゴ言いたい」
と述べた。
韓経ドットコム芸能問題チームnewsinfo@hankyung.com

Posted by zukka  on  | 0 comments 

「上品な彼女」の視聴率7%突破導いた興行要因3

image_readtop_2017_480715_15003373032960328.jpg

[毎日経済スタートゥデイシンヨンは記者]

4週連続視聴率上昇の勢いを示している「上品な彼女」が興行の要因を明らかにした。

JTBCグムトドラマ「上品な彼女」
(脚本ベクミギョン/演出キム・ユンチョル/制作第イーエスピクチャーズ、ドラマハウス)
10回が視聴率7%を突破(ニールセン有料家具首都圏基準)であり、
初放送以来、毎週視聴率が上昇する珍記録
( 1回2.4%、2回3.1%、3回3.3%、4回3.2%、5回3.7%、6回5.3%、7回4.4%、
8回6.3%、9回5.2%、10回7.3%)を達成した。
毎週1%ポイント以上の高速な上昇にJTBCドラマの中で
最高視聴率を更新するかどうかが注目されている中で
「上品な彼女」の視聴率上昇の要因を探ってみた。

1.高速予測不可能な展開

ぐるぐる回し引きずる展開にリベットたこれらの中をぽっかり開け与える
スピーディーな展開は「上品な彼女」のチャームポイント。
スペクタクルな事件と緊張感を極大化する速いペースでは劇の没入度をさらに高めており、
毎回反転に反転を繰り返すストーリーは次の回の気がかりなことを刺激して、
視聴者を「上品な彼女」の奴隷にしている。

2.キム・ヒソン、キム・ソナをはじめとする出演俳優たちの個性の強い演技力

二人の主演俳優キム・ヒソンとキム・ソナは、
まるでカスタマイズ服を着たようなキャラクター消化に吸引力のある演技を広げている。
様々な事件の中で変化する感情を優れた内面演技で表現する、移入をもたらしている。
またキム・ヨンゴン、チョン・サンフン、イ・ギウ、異態であることをはじめ、
出演するすべての俳優たちの個性の強い演技は、
各人物に生命力を吹き入れ劇の豊かを加えホームシアターを魅了している。

3.風刺劇が伝える笑いとメッセージ

「上品な彼女」と他のドラマの最大の差別点は、
社会的な問題を如実に示して風刺している。
上流社会の虚像と、その実体を暴くだけでなく、
目に見えないように存在している階級と対立、不倫、
家庭内暴力などの現実を反映した事件で視線を集中させていること。
ドラマに表わす現実皮肉っは見る人々の共感をかもし出してゴマ粒笑いを引き起こして、
メッセージを効果的に伝えている。

このように「上品な彼女」はしっかりとした脚本と演出、
出演俳優たちの熱演に現実風刺画で伝える笑いと社会的なメッセージが加わって
毎回レジェンドを更新、爆発的な反応を得ている。
話題の中心に立って視聴率高空行進中の「上品な彼女」の歩みがより一層期待されている状況。

一方、過去の放送では、キム・ヒソン(上品た役)が、
夫チョン・サンフン(アンジェソク役)の内縁の女が
家族のために用意した家に住んでいるという事実に怒り、
ストレスが極に達し失神した。
また、キム・ソナ(バクボクジャ役)の華やかな上流階級の生活と一緒に
有毒キム・ヒソンだけの特別な態度は、好奇心を刺激しており、
この日も私たちの周りで起こる社会的問題を扱ったエピソードで話題を集めている。

「信じ見るドラマ」で快走中のJTBCグムトドラマ「上品な彼女」は、毎週金、土夜11時放送される。

shinye@mk.co.kr

Posted by zukka  on  | 0 comments