気ままに綴りたい |

日本初放送!「品位のある彼女」10月11日(水)スタート「KNTV」

日本で放送されるんですね!
<日本初>※日本語字幕:KNTVです。
タイトルは「品位のある彼女」となっております。

見たいなぁー!!
日本語字幕で見られるのってやはり違う。

でも、無理なので・・・いつか・・日本語字幕で見られる時を待って・・います。

番組ティーザー映像



日本語字幕が付いたティーザー映像を見ただけで感激!

Posted by zukka  on  | 1 comments 

[DA:インタビュー②]キム・ソナ "ナレーション、「上品女」の上の魅力であり、花"

860596792.jpg

[DA:インタビュー②]
キム・ソナ"ナレーション、「上品女」の上の魅力であり、花"

繊細な感性の持ち主キム・ソナに意外鈍い部分がある。
まさに視聴率である。
MBCドラマ「私の名前はキム・サムスン」(脚本キム・ドウ演出キム・ユンチョル)
を介して50%台(最終回50.5%、TNmS基準)の視聴率を経験したりしていた
キム・ソナが、作品の成績にこだわらない。
今年放映されたJTBCドラマの中で最高視聴率
(最終回12.1%、ニールセンコリア、全国基準)を記録した「上品な彼女」でも、
このような彼女の性格はそのまま表れている。

「放送が開始され、序盤の視聴率(初回2%)にみんな心配が多かったです。
よくないと、どうして焦りが聞いたようです。
ところが前の視聴率に鈍いほうであるようだと思う。
額撮影も終わり、あえて視聴率にこだわらなかった。
最後の視聴率も最も遅く知ったようです。
12%という声に一人で大騒ぎを震えた。
その時は、みんな既に知っている時だったんです。(笑)
これからも数字にはこだわらないようにしています。
もちろん結果は重要ですが、
数字にこだわるてみると作品に焦点を当てることができないと思います。
良い作品を満たすために、ハードワークにイムハダ見れば、
その結果は数字でも出てくると思います。そのため、良い結果に感謝を感じます。
愛してくださった視聴者の方々に感謝します。 "

久しぶりに味わう成功のぴりっとは誰貴重で幸せである。
過去の栄光を共にした仲間と再び合わせ成功の喜びは倍になる。
「私の名前はキム・サムスン」の演出を引き受けたキム・ユンチョルPDと
「上品な彼女」に遭遇したキム・ソナもそうだ。

キム・ソナは「「私の名前はキム・サムスン」の時とは違って、
今回の現場では監督と多くの対話を分割できなかった。
代わりに作品に入る前に多くの話を交わした。主に私は質問をする方だった。
監督が面倒がったのだ。私が最初に質問が多い方だ。
気になる子供のようだ」と笑った。

続いて「(パク)ボクジャを演じる過程で中間に詰まった部分もあった。
感情や演技的な部分で混乱があった。
その監督のディレクティングが私に大きな助けになった。
私「本能と直感を信じなさい」と言われた。おかげで複雑だった心をつかむことができた。
ボクジャを演じるデエヌン監督が助けが大きかった」と感謝を伝えた。

また、しっかりとした台本を渡しベクミギョン作家には計り知れない感謝の気持ちを伝えた。
その中でも「上品な彼女」の白眉と呼ぶことができるナレーションには、絶賛を惜しまなかった。

860596802.jpg

「上品な彼女」の上の魅力を挙げろと言うならナレーションと言いたい。
ベクミギョン作家もこの作品の花はナレーションとしました。
それだけナレーションが与える影響力は驚くべきものだ。
ボクジャが死んで開始するこのユニークな展開を説明することができるのは
ナレーションだけでしょう。
他のドラマが深めることができない力があると思います。
「私の名前はキム・サムスン」の時もナレーションをしたが、それとはまた感じが違います。
キャラクターのほか、ナレーションだけが与える力があるようです。
このような機会を与えられたベクミギョン作家に感謝します。

作品は終わったが、余韻が長く残るキム・ソナはまだボクジャに住んでいる。
そしてそんな彼女に「上品な女性」の意味は単純だった。

キム・ソナは「他人が見たときに、上品と、そのような面を見せようとするのは、
むしろ品がないようだ。本気があり、愛があふれる温かい人が
上品な人ではないかと思う。私そんな人になりたい」と希望した。

東亜ドットコムホンセヨウン記者projecthong@donga.com 写真| C-Jes

Posted by zukka  on  | 0 comments 

[DA:インタビュー①]「上品女」キム・ソナ "キム・サムスンのようにバクボクジャ思い出なること"

860596612.jpg

[DA:インタビュー①]
「上品女」キム・ソナ"キム・サムスンのようにバクボクジャ思い出なること」

人気俳優でも長い期間大衆に愛されるキャラクターに会うことは容易ではない。
「人生のキャラクター」をもう一度会うことはロトに当選する確率だけ難しいことである。
良い作品と運が伴わなければのみ可能なことである。
それでも一度かな「人生のキャラクター」との出会いは12年ぶりに再会した俳優がいる。
俳優キム・ソナの話だ。

2005年MBCドラマ「私の名前はキム・サムスン」(脚本キム・ドウ演出キム・ユンチョル)を介して
「サムスン・シンドローム」を起こしたキム・ソナは去る19日放映終了された
JTBCグムトドラマ「上品な彼女」(脚本ベクミギョン演出キム・ユンチョル)で
フィルモグラフィーを再書くされた。
財閥第二の嫁エレガントた(キム・ヒソン)に憧れると同時に「欲望の化身」がされた
ボクジャ育つ人物を演技して、これまで消去よう消すことができなかった
「キム・サムスン」という札から外れたもの。
12年ぶりに新しいキャラクターで大衆に俳優として再び名前を刻印させることになった。

「人生のキャラクターをもう一度見た賞賛は感謝します。
そして(パク)ボクジャにも感謝を言いたい。
5ヶ月間ボクジャに生きながら学んだことが多いです。
このような人がいるんだと思います。
経験していないことを間接的に感じたと思います。
真の孤独な人だなたいんですよ。
ボクジャで過ごしてきた時間の間幸せだったし、考えも多かったです。
終わったらさっさと振ってしまうことができるかしたが、まだボクジャが残っていますね。
ボクジャの感情がまだ残っていると思います。(涙)」

長い余韻だけのキャラクターを完全に放さないキム・ソナ。
泣きそう言って先にキャラクターへの未練が残っている。
そして、その切なさはそのまま愛情に溶け込む。

「放送は終わったが、感情的にはまだ残っています。数日を鳴らしたのか分からない。
言う必要がありましょうか。後遺症という表現ではなく、
ボクジャ育つ人物への思いやりとすべきでしょう。
10歳の少女が持っていないマロン人形の愛着を持つ姿の切ない心が
私にも配信される感じです。暖かい手が必要だったんです。
ボクジャは子供の頃から孤独な子供でした。
そんなボクジャをまだ放さないものの、見てください。
だからウアジンという女性に憧れていただろうかと思います。
多持たなくても、彼女は堂々でしょう。その堂々とあり。
そのような点でボクジャにアンスロウムが続きます。 "

860596662.jpg

成功した作品の中のキャラクターから抜け出す頃突然やってくる不安がある。
次の準備をしなければならないというプレッシャーだ。
「私の名前はキム・サムスン」の後「シティーホール」、「女性の香り」などに出演したが、
「キム・サムスン」のキャラクターを超えなかった。
そして、「上品な彼女」で困難を克服した「キム・サムスン」であるが、
今回はボクジャを越えなければならないという国民の期待感が作用する。

これに対してキム・ソナは、「まだ多くの方が(金)サムスンを覚えて愛してくれる。
私はそれが本当にいい。だから(パク)ボクジャもそれほど長い間愛されていないかと思う」
とし「次期作をするときも大きく愛してくださったなら、かつらも使えばないかと思う」と笑った。

また「あまりにも多くの方がドラマを愛してくださって感謝する。幸せな5ヶ月だった」と付け加えた。

東亜ドットコムホンセヨウン記者projecthong@donga.com 写真| C-Jes

Posted by zukka  on  | 0 comments 

「上品な彼女」キム・ソナ、人生キャッシュ更新する独自女優

(2017-08-21 配信ニュース記事)

JTBCグムトドラマ「上品な彼女」のキム・ソナが
毎回人生キャラクターを更新する魔力の演技をもう一度立証した。

19日大詰めの幕を下ろした「上品な彼女」(演出キム・ユンチョル、脚本ベクミギョン)で
キム・ソナは、1時間以内にキャラクター書士繰り出す流麗な演技と目だけで
繰り出す様々な感情、そして毎回の名場面を誕生させる極と極の演技で
週末ごとにテレビ劇場を圧倒したのに続きキャラクターの完成度のための
隠れた努力まで光を発し熱い反応を得た。

71362651.jpg

キム・ソナは「バクボクジャ」の幼年時代からさまよっていた過去
そして会長奥様になるまでの過程を滑らかに表現した。
1時間以内にキャラクターの叙事を流麗に描き出して、
ややもすると「悪女」のみ映ることができる人物を見る人にとって、
一方では、共感することができて劇にさらに没入させた。

また、目つきだけで「バクボクジャ」の喜怒哀楽の感情を完全に表現して
劇没入度を高め、視聴者を魅了したもの。
そのよう渇望していた上流社会進出のための暴走がどこまで続くのか、
見る人の心をチョルギトにしたのに続いて、いくら外見を真似てみても
完璧な上流社会人になることがないという事実にぶつかりながら感じる怒りと
不満を卓越し描き出して引き続い最高視聴率更新の一等功臣で活躍した。

そしてキム・ソナは一人の人物の底から頂点まで顕著に描き出して、
極と極を行き来する幅広い演技スペクトラムをもう一度自慢した。
介護者のインタビューを見ていた瞬間から口調と小川そして目下の接し目つきまで
全身に完璧な上流層のオーラを吹きだして見る人々を圧倒して
極の没入度をさらに高めるとともにキャラクターの可能性を滑らかに解放した。

加えてキム・ソナはキャラクターのための隠れた努力に感心をかもし出した。
「バクボクジャ」を準備する過程で多くの試みと努力をであり、
パーマ頭にヨボヨボした靴下までキャラクターを完成するまでに時間がかかったと
ビハインドストーリーが公開されている。
また、キム・ソナはキム・ヒソンと葛藤の両端に立っているようだが、
一方で、彼女に向けた思いやりの心をのぞかせながら、
葛藤と緊張感の中でも光るウォーズを描き出すさらに強いインパクトをプレゼントした。

このようにキム・ソナがスペクトルの限界を破った演技で
再び視聴者の心をひきつけてもう一度人生キャラクターを更新した中で
「上品な彼女」は、20回を最後に放映終了した。

写真=「上品な彼女」の放送をキャプチャ

伝授米記者jun@enews24.net

Posted by zukka  on  | 0 comments 

放映終了「上品な彼女「グッバイ...キム・ヒソン・ソナ・チョン・サンフン・イ・テイム最後の笑顔込められたスチールカット公開

(2017-08-20 配信されたニュース記事)

restmballidxmake.jpg

[グローバルエコノミックベクジウン記者]
JTBCグムト/週末ドラマ「上品な彼女」(品位女)は、JTBCドラマ公式SNSを通じて
「グッバイ<上品な彼女>(ft。死んでも送れない。)」を掲載して目を引く。

19日JTBCグムト/週末ドラマ「上品な彼女」は、
最後の放送前「いよいよ明らかになるボクジャを殺した真犯人と
上品な彼女たちの最後の話!今夜11時、最後まで上品に会いましょう
#上品な彼女#JTBCドラマ#キム・ヒソン#キム・ソナ#キム・ヨンゴン
#チョン・サンフン#イ・ギウ#イ・テイム#GOODBYE_上品な彼女」というメッセージと
ハッシュタグと一緒に写真を公開した。

JTBCグムト/週末ドラマ「上品な彼女」で公開した8枚の写真は
「上品な彼女」7人の俳優たち(キム・ヒソン、キム・ソナ、キム・ヨンゴン、
チョン・サンフン、イ・ギウ、イ・テイム、ファンヒョウン)が
撮影現場で微笑んでいる姿をカメラに収めたものである。

この記事を見たネチズンたちは"ああジナ行っていない!(coco ***)」、
「終わるからも残念最終回までも面白くよく見ました(yugy ****)」、
「残念だ(taeyou ****)」 、 "GOODBYE ... 嫌い(clari ***)」という反応を見せ
放映終了に対する物足りなさを表わした。

一方、「上品な彼女」は20日(日曜日)午後14時10分」上品な彼女」19回、
午後3時30分」上品な彼女」20回はJTBCの再放送され、
午後5時「上品な彼女「19回、夜9時30分」上品な彼女」20回再放送がJTBC 2チャンネルに編成された。

JTBCグムト/週末ドラマ「上品な彼女」の最終回は、
JTBCドラマ「ヒムセン女性ドボンスン」が保有していた歴代最高視聴率9.7%を更新した
12.1%の視聴率を記録して人気の下に放映終了した。(ニールセンコリア提供)

JTBCグムト/週末ドラマ「上品な彼女」は、1回2.0%、2回3.1%、3回2.9%、4回3.3%、
5回3.6%、6回4.5%、7回4.1%、8回5.8%、 9回5.0%、10回6.9%、11回8.5%、
12回8.9%、13回6.8%、14回9.1%、15回7.4%、16回10.0%、17回8.4%、
18回9.7%、 19回9.7%、20回12.1%の視聴率を記録した。(ニールセンコリア提供)

ベクジウン記者chacha@g-enews.com

Posted by zukka  on  | 0 comments 

kimsuna_officialから「セクションTV芸能通信」

ソナさんがインスタに「セクションTV芸能通信」をあげてくれています(^▽^)/
映像で見ると一段と面白い!
懐かしい、映画のシーンとドラマのシーン
「私の名前はキムサムスン」のシーン(o‘∀‘o)*:◦♪
「シティーホール」のプロポーズシーン・・・☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
「Sダイアリー」「恋の潜伏捜査」
ああ、懐かしい・・・。

저런적이있었다 마스카라가 저렇게 시커멓게 번졌던 시절. 검정눈물이 마구 흘렀던 시절... 저땐 몰랐다... 때론 모르는게 좋을?때도 있다... ^^ 존경하는 #김윤철감독님 #그녀의화분no1 #내이름은김삼순 #품위있는그녀 #세작품 #언제나감사함을 #섹션 #interview #박복자 #복자 #BokJa #red #추억할수있게해줘서 #2005 #추억#고마워유 #김삼순 #나레이션 #kimsamsoon #삼식아#womanofdignity #감사 #👍 #김슷하 #버킷리스트 #김선아 #kimsuna #☀️ @kimsuna_official #내이름은김삼순나레이션 그런 적이 있었다 이 세상의 주인공이 나였던 시절. 구름 위로 걷는 것처럼 아득하고 항상 울렁거렸다 그 느낌이 좋았다 거기까지 사랑이 가득차서 찰랑거리는 것 같았다 한 남자가 내게 그런 행복을 주고 또 앗아갔다 지금 내가 울고있는 건 그를 잃어서가 아니다 사랑, 그렇게 뜨겁던게 흔적도 없어져 사라진게 믿어지지 않아서 운다 사랑이 아무것도 아닐 수 있다는 걸 알아버려서 운다 아무 힘도 없는 사랑이 가여워서 운다 '삼순이'나레이션중 _ #김도우작가님

Actress Sun-A Kim 김★슷하さん(@kimsuna_official)がシェアした投稿 -



チョロンジョギイソッタ
マスカラがあのように真っ黒に広がった時期.
検定涙がむやみに流れた時期...
チョテン分からなかった... 時には分からないのが良い?時もある... ^^
尊敬する#キム・ユンチョル監督様#クニョウイファブンno1
#ネイルムンギムサムスン#上品な彼女#細作(細雀)品
#いつも感謝することを


이제 남자때문에 울 일도 없을 줄 알았는데 서른이 되면 안 그럴 줄 알았다 가슴 두근거릴 일도 없고 전화 기다린다고 밤샐 일도 없고 그게 얼마나 힘든 일인데 그냥 나 좋다는 남자 만나서 가슴 안 다치게 내 이 맘 안 다치게 나 그렇게 살고 싶었는데 그렇게 겪고 또 누굴 내가 이렇게 좋아하는 내가 내가 너무너무 끔찍해 심장이 딱딱해 졌으면 좋겠어 '삼순이'나레이션중 _ #추억 #심장이딱딱해졌으면좋겠어 #땡큐 #안무 _ #김윤철감독님 #내이름은김삼순 #품위있는그녀 #섹션 #interview #박복자 #복자 #BokJa #red #추억할수있게해줘서 #2005 #추억#고마워유 #김삼순 #나레이션 #kimsamsoon #dance #파티쉐 #womanofdignity #감사 #👍 #김슷하 #버킷리스트 #김선아 #kimsuna #☀️ @kimsuna_official 상오 땡큐~^^ #내이름은김삼순나레이션 김도우작가님

Actress Sun-A Kim 김★슷하さん(@kimsuna_official)がシェアした投稿 -



もう男のために泣くこともないことと思ったが
三十になればしないことと思った
胸ドキドキすることもなくて
電話待つと夜を明かすこともなくて
それがどれくらい難しいことなのに
そのまま私良いという男会えて
胸ケガしないように私のこの気持ちケガしないように
私そんなに生きたかったが
そんなに体験してまた、誰を私がこのように好きな私が
私がとてもぞっとして
心臓が固くなったら良いよ'サムスニ'ナレーション中_











呼吸を合わせた俳優たちの理想型ワールドカップでは、
コン・ユを挙げた。ヒョンビンvsハ・ジョンウのハ・ジョンウは「潜伏勤務」悪役だった。
とヒョンビンを選んだ。
しかし、ヒョンビンvsチャ・スンウォンのサムスンとシン・ミレを行き来した際に
チャ・スンウォンの勝利を宣言した。
イ・ドンウクとの比較でも、チャ・スンウォンの勝利だった。

しかし、コン・ユとチャ・スンウォンの対決では、コン・ユが勝利した。
コン・ユは、作中キム・ソナと最多キスシーン撮影俳優でもある。
キム・ソナは、「結婚はチャ・スンウォン、恋愛はコン・ユ」と説明した。
(ニュース記事より)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



Q. <私の名前はキム・サムスン>時のぽっちゃり姿がまだ記憶に残るようだ。
A.事実その台本を受けた日(キャラクターを見て)本当に楽に食べ始めた。
元は小さく小太りキャラクターだったが、私は小さくてかわいいスタイルはなかった。
当時<潜伏勤務」で女刑事役を演じ筋肉質の体であった。
ところが、その上に歳までのせ君バルクアップ状態であった(笑)

Posted by zukka  on  | 0 comments 

上品な彼女「第20話」最終回

第19話ではパクボクジャ(キム・ソナ)のシーンで泣けに泣けて( ノД`)
とうとう第20話、最終回です。
ストーリーの中心は、ボクジャを殺した犯人は誰か?

2001_20170827074309d64.png

ネタばれを注意して、本文は「Read More」から
こちら↓をクリック

Posted by zukka  on  | 0 comments 

セクションTV芸能通信[スターティング]が人気、反論不可!熱風の中、彼女、「キム・ソナ」との出会い

「反論不可、上品な全盛期!」俳優キム・ソナとの出会い[スターティング]

まさに第2の全盛期だ。
最近放映終了した人気ドラマJTBC「上品な彼女>でバクボクジャ役を務めながら、
視聴者の重い関心と愛を受けている彼女の、キム・ソナがきた。
意図的に年上の会長の介護者に入って彼を持っていた、
上流社会進出のために家の中を飲み込んしまう欲望の化身で分していたキム・ソナ。
「二つの顔のバクボクジャ」として活躍しながら、現在最も熱い全盛期を再享受している。
話し方であれば話し方、煙面煙、美貌面美貌。
何か抜けない彼女、俳優キム・ソナと出会ったそのインタビュー現場に戻って行ってみよう。

CYiq8uWpRHG5636395346798596522.jpg
3Vjc2ylWUvuZ636395347088293292.jpg

Q.最初の悪役演技だったが、周囲の反応はどうだったか。

A.どのように見れば、<上品な彼女>の中でボクジャは悪役だが、
私は悪役だと思っていない。周辺の反応を見て私も少し驚いた。
1話放送後、反応がとても爆発的だった。
ところが、3話で、悪役演技が開始になるから連絡が下がる切断よ。

Q.既存のに引き受けたキャラクターたちとも違っていたが、
ボクジャ役を引き受けることになったきっかけがあるか。

A.ただ良かった。単純に言えば、運命のように引き付けられる人に会う時と似ていた。
12年前に「私の名前はキム・サムスン>を一緒にしたキム・ユンチョル監督と
再び働きたかった。だから選択したようだ。

FdwVRwMZ8mK7636395347304706467.jpg
pO3dFwhkIbL4636395347452054932.jpg

Q.今までの愛を受けたキャラクターを見ると、セン性格と粘着性の名前が共通であるようだ。

A.強いという感じよりは、私はどのように見れば、最も心が弱い人ではないかと思う。

Q. <私の名前はキム・サムスン>時のぽっちゃり姿がまだ記憶に残るようだ。

A.事実その台本を受けた日(キャラクターを見て)本当に楽に食べ始めた。
元は小さく小太りキャラクターだったが、私は小さくてかわいいスタイルはなかった。
当時<潜伏勤務」で女刑事役を演じ筋肉質の体であった。
ところが、その上に歳までのせ君バルクアップ状態であった(笑)

GNED3iSpbrm2636395347632685712.jpg
Fnaz0ElapUbo636395347782534257.jpg

Q.本人だけのシングルライフがあるか?

A.<キム・サムスン>時三十歳にオールドミスだったが、
今はそのような意味でも無色になった。普段シングルライフをよく楽しみたいのに、
よく楽しむという考えをすること自体がストレスだったよ。
これだけ他の人々はするが、私はやってみなかった(芸能人だから、国内の歩き容易なく)
勇気を出して、済州島旅行に行くこともした。

Q.今回一緒に呼吸を合わせた俳優キム・ヒソンと
<世界の果てまで>以降再会することになったが。

A.それは友人として出たりしましたが、実際に多くのお目にかからなかった。
そこで今回会った時震えた。
このように作品をすることができるということ自体が本当に良かった。
だからもっと熱心に演技しなければならという気持ちで臨んだ。

T9R4tveDWE4g636395347989572422.jpg
OtKZQW27ZADz636395348097076550.jpg

Q.毎作品ごとにスタッフに贈り物を与える俳優としても有名である。

A.人と別れるのが最も惜しいようだ。ドラマかを撮ってみると、通常3ヶ月程度かかり、
情にころには間違いなく別れることになる。
だから感謝の気持ちを表現しようとプレゼントを与えることになるようだ。

Q.視聴者に一言

A.愛してくださって本当に感謝します。
これからも愛されることができる俳優になるように努力する。
常に健康が最高だし、健康ハシギル見ない。

iMBCチャスヒョン| 写真画面キャプチャMBC

Posted by zukka  on  | 0 comments