気ままに綴りたい |

「上品な彼女」達者現実皮肉ったナレーション '注目'(ニュース記事より)

(自動翻訳なので、意味不明なところあり)

201706271021428264.jpg

「上品な彼女」のナレーションがドラマでより特別な品位を作ってくれている。

試み目を離すことができなくする劇的な出来事やスピード感のある展開で
お茶の間の新興強者に浮び上がって、
独自の視聴率を更新しているJTBCグムトドラマ「上品な彼女」
(脚本ベクミギョン/演出キム・ユンチョル/制作第イーエスピクチャーズ、ドラマハウス)が
現実を皮肉った鋭い警句ナレーションで話題になっている。

「上品な彼女」でナレーションは、シーンの理解と意味づけ、没入を高める役割を担っている。
キム・ソナがやや低めで淡々と吐き出すナレーションは
バクボクジャ(キム・ソナ)の状況はもちろん、エレガントで上品なふりをするが、
実際は時についた上流層の素顔をそのまま示していること。
これドラマにコクをよりして視聴者たちの胸に深く入り込んだボクジャのナレーションをシナゴーグ再訪た。

#「人間は生まれながら運命が決まる。
その運命は思ったよりも過酷な残りの順序と評価がジョンヘジョソなかなかその移動が許されない。」


下流層ボクジャは上流層になりたい野心を持ってアン・テドン(キム・ヨンゴン)一家に入ってきた人物。
しかし、すでにあまりにも強固に固められた彼らだけの城壁は
ボクジャが上がる円途方もなく高いだけだった。
上に上がっていくためにもがく彼女の切実と
上流社会への進入を容易に許さないの人たちの権威意識、
目に見えないように存在している我が国の社会階級を
再び犯さ見ることができるようにする部分である。

# "絶対満たされないこと。飽くことのない人間の欲望は、終わりがなくて。
素顔を表わした欲望にもかかわらず、決して停止しない。
持っていないことを持たなければなら人間の欲望。私たちのすべての不幸はそこ出発した。」


欲望はバクボクジャだけでなく、すべての人が持っているのだ。
永遠の若さを享受しようとボトックスを合わせたキムヒョジュ(イ・ヒジン)、
アン・テドン一家の調査資料を見つけられたバクボクジャ、
再び歩き切実に運動療法中のアン・テドンを介して美貌、お金、健康など
誰もが自分が持っていたいものを手に入れるためにあくせくしている現実を示している。
これは欲望に向かって躍起になって取り組むボクジャは、
彼らと大きく変わらない意味を内包して、
彼女の疾走に道徳的な評価よりも感情的な共感を呼び起こす。

# "人生は選択の連続である。捨てるか選択すべきかを選択する必要があり。
選択を受けるために何を選択するかを決定しなければならないこともある。」


詐欺横領前科と家の調査をしたという事実が明らかになって
追い出しの危機に瀕しているボクジャは、アン・テドンの誕生日パーティーで
テントを崩壊させ、アン・テドンを助ける劇的な状況を演出、
自分に落ちた太い綱を逃さず苦労した。
最終的に彼女は自分の意志で目的目標に一歩近づいて立ったが、
この選択は、彼女とアン・テドン一家にロード暴風、一寸先も見通せないはず。
これは人生の中で繰り広げられる無限の選択の瞬間と、
その決定がもたらす結果について振り返ってみるとするナレーションに深い印象を刻んだ。

このように、上品な彼女は上流の華やかな生活に加えて
秘密の関係、目に見えない勢力争い、階層などの
社会の風刺的なメッセージをナレーションを介して配信してドラマを楽しむ楽しさを増している。
キム・ヒソン、キム・ソナ二人の女性の葛藤がますます高まり、
ナレーションも適材適所で光を放つ予定で、視聴者の期待感も高まっている状況。

一方、ナレーションでさらに上品なJTBCグムトドラマ「上品な彼女」は、
毎週金、土の夜11時に放送される。

(JTBCニュース運営チーム)

Posted by zukka  on  | 0 comments 

「上品な彼女」キム・ソナ、キム・ユンチョルPDに「感謝して満足して尊敬します」

記事の承認2017. 06. 27. 17:41
20170627001729232_1.jpg

アジアトゥデイデジタルニュースチーム=

'上品な彼女」キム・ソナがキム・ユンチョルPDとの縁に感謝の気持ちを伝えた。

キム・ソナは27日、自身のインスタグラムに「サムスンとボクジャ」
「私の名前はキム・サムスン」と「上品な彼女」、
キム・ユンチョル監督とキム・ソナ "という文と一緒に複数の写真を編集して掲載した。

公開された写真には、キム・ソナが2005年MBC「私の名前はキム・サムスン」の
撮影当時キム・ユンチョルPDと撮った写真と、
最近JTBC「上品な彼女」の撮影中キムPDとした姿が入れられた。

彼女は「2005年と2016〜2017年、今。いつもいつもいつもありがとうございます」とし
「幸せです。尊敬します」と伝えた。

キム・ソナは、現在「上品な彼女」でバクボクジャ役を引き受けて熱演中だ。

Posted by zukka  on  | 0 comments 

【Oh!セン探求]「キム・サムスン」→「女の香り」→「上品女」。キム・ソナ人生キャッシュ史(ニュース記事)

この記事に「シティーホール」の「シン・ミレ」が入っていないのが残念だけど
「私の名前はキム・サムスン」も「女の香り」も大好き。
納得の記事で嬉しいい(o^―^o)

・・・・・・・・・・・・・・・

2017.07.02 17:05

[OSEN =ガンソジョン記者]
俳優キム・ソナが新しい人生キャラクターを追加した。
不気味なほど怖かったがスドブンハン姿で視聴者たちをこわがらしている。

キム・ソナはJTBCグムトドラマ「上品な彼女」
(脚本ベクミギョン、演出キム・ユンチョル)で涙なし絶対聞くことができない
胸が痛む事情をかちかち隠しウ・アジン(キム・ヒソン分)の「完璧な人生」に飛び込んで
激しい波風を起こす「ミステリー一人の女性」バクボクジャ役を引き受けて熱演している
毎週放送後彼女に向かって好評を降り注ぐ。

キム・ソナは初回から完全にバクボクジャキャラクターを消化した。
ボクジャの二重面を立体的に表現し、視聴者の没入度を高めた。
ウ・アジンが素朴な姿を見せても、
自分の正体を知った人にはむしろ威嚇する姿は恐ろしいまでである。

これだけでなくアン会長(キム・ヨンゴン分)の財産を狙っている彼女は
遠慮なく艶やかなジェスチャーと甘い言葉でアン会長を誘惑するなど予想が難しい
ボクジャの行動をキム・ソナが濃い内面に消化している。

201706271641775616_59520c5322ef8.jpg

初回からネチズンたちはボクジャがキム・ソナの新しい人生キャラクターという反応を見せた。
視聴者を怒らせながらも同情を刺激するボクジャが正しく表現しているという評価だ。
キム・ソナの人生キャラクターは「上品な彼女」前「私の名前はキム・サムスン」のキム・サムスンと
「女の香り」のイヨンジェを挙げることができる。

2005年「私の名前はキム・サムスン」は、名実共にキム・ソナの代表的な作品である。
キム・ソナはこのドラマを通じて「ロコクイーン」で登板することも。

30代オールドミス、キム・サムスン役を引き受けて
リアルな演技で視聴者たちの共感をかもし出して視聴率50%をとることもした。
巨大な症候群を起こしドラマが終わった後も
キム・ソナにキム・サムスンというキャラクターのイメージが強く残っていた。

しかし、2011年にキム・ソナが6ヶ月の期限付き宣告を受けても気丈生活を開拓していく
がん患者イヨンジェ役を演じ、再び俳優としての真価を証明した。
時限付きの文字表現のために14kgを減量する闘魂を見せて話題になった。

劇中胆嚢がん末期を宣告したが、残りの人生を淡々とまとめて私ながら、
自分の境遇に崩れ住みたい嗚咽する時限付きの宣告を受けたイヨンジェキャラクターを
リアルに表現する、ドラマの没入度を高めて共感を買いながら、
当時の視聴者の涙腺を刺激した。
彼女の濃い演技力は大きく好評受けた。

/kangsj@osen.co.kr

[写真]第イーエス・ピクチャーズ、ドラマハウス、MBC、SBS提供

Posted by zukka  on  | 0 comments 

「上品な彼女」キム・ソナは、彼女の演技変身に週末が楽しい(ニュース記事より)

デジタルイシューチームユビョンチョル記者 onlinenews@wowtv.co.kr

入力:2017-07-03 09:53

2017070312480204767_1.jpg

JTBCグムトドラマ「上品な彼女」のキム・ソナが
しっかりとした演技変身で週末の夜のお茶の間を熱くしている。

「上品な彼女」は江南財閥家の嫁の完璧な人生を憧れた女性が
欲望を抱いてた金持ちの家の介護者に入ってきて広がるヒューマンシックコメディ。
極でキム・ソナは上流社会進出という大きな野望を持ったミステリーた介護者」
バクボクジャ」役を引き受けて吸引力のある演技を披露し、ドラマの楽しさを高めている。

キム・ソナは、これまで様々なジャンルの作品を通じて、
説得力のある個性あふれる演技で視聴者たちに深い印象を残したはず。
そんな彼女が、今回の「上品な彼女」で、期待以上の歴代級演技変身で注目を集めている。

弱肉強食のジェボルジプ中の行を乗るために、自分がよく見える人の前では、
身を投げリスクを防ぐ忠誠心を見せたが、
中にはいつでも踏ん立ち上がる計画を組んでいるバクボクジャ。
警戒心を置く作る忠清道方言と標準語を自在に行き来して、
自分を邪魔する人には一瞬不気味な目つきをヒョンヒョンヒ輝かせる。

また、声のトーンまで変える彼女の演技は、
放送前から期待していたバー以上の変身を見せて好評を得ている。

これ視聴者たちは"キム・ソナ以外のボクジャは想像できない!」、
「キム・ソナ、信じ見る俳優には何か特別なものがある!"、
"キム・ソナ、20年目の俳優なのに、今回の作品で再発見したそうなほどのインパクト!」
など様々な反応を見せた。

一方、キム・ソナ主演のJTBC「上品な彼女」は、毎週金、土の夜11時に放送される。

Posted by zukka  on  | 0 comments 

魔性のドラマ「上品な彼女」の視聴者早い帰宅導いた秘訣セット(ニュース記事より)

2017-07-04 13:38:36

[ニュースエンギムミョンミ記者]

ホットな話題の中に放映されているJTBCグムトドラマ「上品な彼女」
(脚本ベクミギョン/演出キム・ユンチョル/制作第イーエスピクチャーズ、ドラマハウス)が
週末の夜に視聴者をTVの前に固定させて「興行花道」に含まれてた。

初放送から一度見始めと絶対チャンネルを回すことができなくする「魔性のドラマ」に
登板思うよ先週6回が5.3%(ニールセンコリア有料家具首都圏基準)の視聴率で
自己最高視聴率を更新して超大当たりドラマ隊列にのぼるそうだ。
「上品な彼女」が硬く通り「興行花道」を歩むた理由の3つのを探ってみた。

201707041335130310_1.jpg


▲心臓アタックストーリーパワー
一度抜けば決して抜け出せない強力なストーリーの力が視聴者を魅了している。
1回開始からバクボクジャ(キム・ソナ)の死という破格の開口部に、
視聴者に衝撃を与え毎回少しも目を離すことができないほど続く事件の連続、
格の設定、コンマを許さない嵐展開で注目を集めてている。

昨年の春」ヒムセン女性ドボンスン」で視聴者たちの熱い呼応を得た
ベクミギョン作家の硬い筆力と、これを興味津々に解釈したキム・ユンチョル監督の
繊細な演出力が強力な相乗効果を発揮し、視聴者を「上品女の奴隷」にしている。
特にミステリーに風刺、コメディ、不倫などおなじみのジャンルを混ぜて
初めて見るような話を作り上げたベクミギョン作家の底力に対する賛辞が続いている。

▲キム・ヒソン+キム・ソナの名演
キム・ヒソン(ウアジン役)とキム・ソナ(バクボクジャ役)の名演は、
視聴者の目と心をひきつけて感嘆詞を絶えず溢れ出るようにしている。
キム・ヒソンは、自分自身を連想させる
「すべてを持つ女性」優雅された(キム・ヒソン分)役を演じ、
劇の中心軸しっかり握りながらお茶の間を魅了している。
変わらない「冷凍美貌」とセンス溢れるファッションセンス、
文字を自分の魅力に合わせて細工する円熟した演技力が光を放ち、
ドラマを見る楽しみを確実に提供している。

「ミステリー介護者」バクボクジャ逆に破格変身を試みたキム・ソナの
水が上がるよう上がった演技力に向けた賛辞も絶えない。
キム・ソナはスドブンハン介護者と「ネバーストップアマン女」を自在に行き来しながら、
劇にくらっ緊張感をプレゼントしている。
二人の女優に加えてチョン・サンフン、キム・ヨンゴン、イ・ギウ、ユソジン、
イ・ヒジン、ギムボプレなど新旧俳優たちの演技ハーモニーは劇をさらに豊かにしている。

▲サイダー風刺
上流層の素顔を風刺画ながら、私たちの社会に蔓延する問題を眺望する
風刺のハーモニーは、重苦しい視聴者の胸をぽっかり開けてくれ
サイダー楽しみを提供している。
口コミでのみ聞くことができる江南の高級の決して幸せなだけではない人生と
不思議な風俗は珍しい見どころをプレゼントして好奇心を刺激している。

特に私たちの社会で尖鋭な課題として浮上する階級対立の問題は、
ダアンた議論の距離を提供し、視聴者の共感を買っている。
下流ボクジャが悪カンという武器に超えることができないようであった
上流層の壁を貫通していく過程は、めくるめく緊張感と妙なカタルシスを提供する。
過去6回でアンテドン(キム・ヨンゴン分)のプロポーズを受けたボクジャの奥様進出が可視化されて、
今後のストーリーの進行に対する視聴者たちの気がかりなことが増幅されている。

「上品な彼女」の関係者は「今のところ予告編に過ぎなかった。
6回まで興味津々だったが、それは全体を見たときのお誘いに過ぎない。
今後さらに驚くべき出来事が続く予定だ。
ボクジャ奥様の進出以来、よりドラマチックなことが続く予定だ見守ってほしい」と要請した。
(写真= JTBC提供)

Posted by zukka  on  | 0 comments 

「上品な彼女」キム・ソナ - キム・ヨンゴン結婚式捕捉... いよいよゴールイン!

JTBC] 入力2017-07-07 10:33

201707071003353604.jpg

「上品な彼女」キム・ソナ(バクボクジャ役)とキム・ヨンゴン(アンテドン役)の結婚式現場が捉えられ、
夢だった過去2回とは異なり、今回は、実際の結婚にゴールインしたのか関心が集中している。

JTBCグムトドラマ「上品な彼女」
(脚本ベクミギョン/演出キム・ユンチョル/制作第イーエスピクチャーズ、ドラマハウス)は、
バクボクジャ(キム・ソナ)とアンテドン(キム・ヨンゴン)カップルが
結婚式で幸せなひとときを過ごしている姿を公開した。
身分と年の差を克服した「複動カップル」バクボクジャとキム・ヨンゴンが新婦新郎
ダウン細かい色の韓服を着て幸せいっぱいの明るい笑顔を浮かべていて好奇心を刺激している。

キム・ソナとキム・ヨンゴンは通常のカップルに劣らないビジュアルでカップルケミを誇示している。
家の前の庭で行われたものとみられる今回の韓服の結婚式でバクボクジャ、
アンテドンは「ごま塩を炒める」という言葉の意味を知ることができるように
あれやこれやした姿を披露している。
ときめく表情のキム・ソナと若者に劣らず活気微笑むキム・ヨンゴン、
一緒にウェディングケーキを切る二人の姿が印象的だ。

特に先週の放送でウアジン(キム・ヒソン)をはじめとする子供たちの結婚反対が
最高値に上昇していったのこれらの結婚への関心がさらに増幅されている状況。

キム・ソナ、キム・ヨンゴンは撮影中ときめく表情で笑いが止まらない雰囲気で
第二の結婚式の撮影を終えた。
キム・ソナは周りの人に「結婚式にも来てくれて感謝している」、
「ご祝儀は断っある」などの冗談を渡し、撮影現場を笑い海で作ったという裏話。

「上品な彼女」の関係者は「キム・ソナがキム・ヨンゴンとの結婚にゴールインして
欲望に一歩近づくことができるか見守ってくれ。
結婚を極力反対していた家の中家族が心配していたことが現実になるか、
今週の放送で確認することができますので、多くの関心お願いする"と頼んだ。

キム・ソナとキム・ヨンゴンの結婚をめぐって劇的楽しさと興味を増している
JTBCグムトドラマ「上品な彼女」は、
今日(7日)夜11時07回が放送され、明日(8日)午後3時45分から5、6 、7回連続再放送される。

(JTBCニュース運営チーム)

Posted by zukka  on  | 0 comments 

「上品な彼女OST」 Part1-Part4

ドラマのOSTはストーリーの中でBGMとして、
またはメインキャストの重要なシーンで流されるイメージ。
そのようなドラマを多く見てきたのですが、
この「上品な彼女」では、ストーリー中、シーンで
あまりOST曲は登場しないように思いますが・・
しても、さりげなくなのかな?どうでしょう?


そんなわけで、この曲いいわね~~と
言った思い入れは、私、まだ持っていないOST曲ですが (-_-;)

既に4曲のOSTがあるようです。
改めて聞くとどれも良いですね♪

「上品な彼女」OST Part.1: アイビー(IVY) -冷たい風が吹けば



・・・・・・・・・・・・・・

「上品な彼女」OST Part.2: 蝶々(NAVI) & Lina -戻して(Fly With the Wind)



・・・・・・・・・・・・・・・

「上品な彼女」OST Part.3: さらにブラザーズ(The Brothers) -君だけ愛して



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「上品な彼女」OST Part4: イ・シウン-信じたくなくて



ウ・アジン(キム・ヒソン)のテーマ曲
この曲を聞いていると切なくなる ( ノД`)シクシク…

Posted by zukka  on  | 0 comments 

【視線★ピープル】上品な彼女に戻ってきたキム・ソナ、人生キャラクターサムスン超えることができるか?

【視線ニューストリムああシニアエディタ]
JTBCで放映されている上品な彼女の成長の勢いが尋常でない。
先週放送された10回が7.3%(ニールセンコリア有料家具首都圏基準)の視聴率を記録し、
また一度自己最高視聴率を更新した。
二つのドラマを導く俳優キム・ソナとキム・ヒソンの視聴者たちの期待感も日増しに高まっている。

特に俳優キム・ソナの場合、ドラマ「私の名前はキム・サムスン」の後の
人生のキャラクターに会ったようだという好評が続いている。
過去9回の放送でボクジャ役のキム・ソナは、夫の浮気を知っても、
特別なアクションをとらないウ・アジン役のキム・ヒソンの代わりに
内縁の女の髪の毛を曲げ取っサイダー感性をプレゼントした。

61149_92197_134.jpg

配役に応じて、まるで元の自分が着ていた服のようにカメレオンに変身をする俳優キム・ソナ。
彼女の人生のキャラクターには、何があったのだろうか?

俳優キム・ソナを一気にスター俳優に上げてくれた作品
「私の名前はキム・サムスン」が欠かせない。
2005年に放送されたこのドラマは、当時の最高視聴率が50.5%を記録するなど、
大韓民国にキム・サムスンシンドロームを起こし、
相手役だった新人俳優ヒョンビンをトップスターに引き上げるなど、当代最高のドラマだった。
キム・ソナはキム・サムスン役のために体重を8kgを増やすなど
太っオールドミスパティシエキム・サムスンを通じて30代独身女性の共感を買った。
私たちのサムスンはキム・ソナに、2005年MBC演技大賞の栄光を抱かせた。

61149_92195_134.jpg

2000年代ロマンティックコメディの女王として浮上した彼女は、
その後に続く似た感じのキャラクターを引き受けて演技した。
そして2011年のドラマ「女の香り」をあっキム・ソナの演技人生に成長が訪れた。
キム・ソナが引き受けたイヨンジェ役は6ヶ月時限付き宣告を受けても気丈生活を開拓していく
がん患者に時限付きの文字表現のために14kgを減量するなど、彼女の情熱が目立った。

彼女はドラマ放映終了後のインタビューで「「女の香り」の話を取り出すたびに、
あまりにも多くのものが思い浮かぶ。
元も感情調節を下手撮影後の文字から抜け出る時間がかかる方だが、
今回の作品は愛だけでなく、生活にもあまりにも多くの感情を持って撮影して、
余韻が長く続くようだ」と伝え、文字や作品について格別な愛情を見せてくれたりした。

61149_92199_135.jpg

今回のドラマ「上品な彼女」でも彼女の変身は成功した。
カールした髪に粘着性の服装、粗悪な方言で素朴な姿を演じるボクジャは、
実際に知ってみると、上流階級の社会で上がったい意図的に財閥家の会長に接近する。
無垢介護者に財閥家に入城したボクジャは会長を誘惑することに成功、
財閥家の内部の人になる。

61149_92198_135.jpg

彼女の第三の人生のキャラクターと賞賛を受けるキム・ソナは
一緒に作業しているキム・ユンチョル監督に対する尊敬の意を表現した。
去る27日自分のSNSに「サムスンとボクジャ。
「私の名前はキム・サムスン」と「上品な彼女」。
キム・ユンチョル監督とキム・ソナ。ありがとうございます。
幸せです。尊敬します。最高監督」という文と共に写真一枚を公開した。 

61149_92200_859.png

キム・ユンチョル監督とキム・ソナは去る1998年、
MBCベスト劇場「彼女の植木鉢No.1」で初共演した後、
2005年に「私の名前はキム・サムスン」に続いて、
12年ぶりに「上品な彼女」で再会した。
自分が信じている監督と作業したので、
彼女にボクジャが人生のキャラクターになったのは、
おそらく一定の運命ではなかっただろうか。

61149_92196_134.jpg

回を重ねるごとに俳優キム・ヒソンとのウォーズで
さらに魅力的なキャラクターを示している俳優キム・ソナ。
今後もサムスンとボクジャを超えたスペクトルの広いキャラクターで
多くの人々に愛された俳優になることを願う。

トリムああシニアエディタhellosunah@sisunnews.co.kr

記事情報提供および報道資料sisunnews@sisunnews.co.kr / YellowID @視線ニュース
No.1の知識教養専門チャンネル、本気を込めたメディア視線ニュース(www.sisunnews.co.kr)

Posted by zukka  on  | 0 comments 

【Oh!セン焦点】「上品な彼女」、キム・ソナと存在感

[OSEN =船尾場合記者]

'上品な彼女」、再び驚くべきキム・ソナの存在感である。

キム・ソナの存在感が「ストリング」をしている。
総合編成チャンネルJTBCグムトドラマ「上品な彼女」
(脚本ベクミギョン、演出キム・ユンチョル)でキム・ソナの活躍が目立つ。
破格的な役割を担っキム・ソナは硬い演技力で視聴者を魅了する魅力的な演技者であった。
キム・ヒソンと極を導きながら、視聴率上昇の主役になった。

「上品な彼女」でキム・ソナは大成パルプ、アン・テドン(キム・ヨンゴン分)の
介護者に入って、最終的に彼と結婚までこなすバクボクジャ役を引き受けた。
意図的なアプローチであり、計画的な結婚だった。
身分上昇のためにボクジャではない会長の子供まで持つことが考えだった。

もちろんそのようなボクジャの存在を不満に思っている家族たち。
長男嫁パク・チュミ(ソジョンヨン分)をはじめと娘アン・ジェフイ(オナラ分)、
長男アン・ジェグ(ハンジェヨウン分)と気力の戦いをしない種家の中で定着している彼女だ。
ひたすらお金を目標にしないテドンと結婚したボクジャは目的のために凄絶し、
積極的に、また果敢に計画を実行していく人物である。

201707151451776592_5969ad89b40f1.jpg

「上品な彼女」のシーン・スティラーもある。
アン・テドンを焼いて煮るための方言を駆使して、彼の機嫌を合わせながらも
女性として適当にアピールまでするボクジャ。
計画に穴が生じた場合に、別の戦略を思い出しながら冷たく、
また愕然目的にアクセスしていくボクジャはキム・ソナと俳優に会って、
さらに立体的なキャラクターになった。
キム・ソナのコシ演技で生まれたボクジャはこれより存在感が強かった。
銃を突きつけるジェグに果敢に "撃て」と叫ぶ姿は、
次男アンジェソク(チョン・サンフン分)がウ・アジン(キム・ヒソン分)を置いて
風を咲かせようユンソンフイ(イ・テイム分)を訪ねて
果敢に髪の毛を取っ脅迫までする姿などは圧倒的である。
キム・ソナだボクジャが可能だったことを示すシーンだ。

キム・ソナの存在感はそれほど期待以上だ。
小さな震え一つも感情の変化を表現する細心なので、キャラクターをより立体的、
時には愕然する煙が魅力です。
「上品な彼女」を続けて視聴にする力である。/seon@osen.co.kr

Posted by zukka  on  | 0 comments 

「上品な彼女」の視聴率7%突破導いた興行要因3

image_readtop_2017_480715_15003373032960328.jpg

[毎日経済スタートゥデイシンヨンは記者]

4週連続視聴率上昇の勢いを示している「上品な彼女」が興行の要因を明らかにした。

JTBCグムトドラマ「上品な彼女」
(脚本ベクミギョン/演出キム・ユンチョル/制作第イーエスピクチャーズ、ドラマハウス)
10回が視聴率7%を突破(ニールセン有料家具首都圏基準)であり、
初放送以来、毎週視聴率が上昇する珍記録
( 1回2.4%、2回3.1%、3回3.3%、4回3.2%、5回3.7%、6回5.3%、7回4.4%、
8回6.3%、9回5.2%、10回7.3%)を達成した。
毎週1%ポイント以上の高速な上昇にJTBCドラマの中で
最高視聴率を更新するかどうかが注目されている中で
「上品な彼女」の視聴率上昇の要因を探ってみた。

1.高速予測不可能な展開

ぐるぐる回し引きずる展開にリベットたこれらの中をぽっかり開け与える
スピーディーな展開は「上品な彼女」のチャームポイント。
スペクタクルな事件と緊張感を極大化する速いペースでは劇の没入度をさらに高めており、
毎回反転に反転を繰り返すストーリーは次の回の気がかりなことを刺激して、
視聴者を「上品な彼女」の奴隷にしている。

2.キム・ヒソン、キム・ソナをはじめとする出演俳優たちの個性の強い演技力

二人の主演俳優キム・ヒソンとキム・ソナは、
まるでカスタマイズ服を着たようなキャラクター消化に吸引力のある演技を広げている。
様々な事件の中で変化する感情を優れた内面演技で表現する、移入をもたらしている。
またキム・ヨンゴン、チョン・サンフン、イ・ギウ、異態であることをはじめ、
出演するすべての俳優たちの個性の強い演技は、
各人物に生命力を吹き入れ劇の豊かを加えホームシアターを魅了している。

3.風刺劇が伝える笑いとメッセージ

「上品な彼女」と他のドラマの最大の差別点は、
社会的な問題を如実に示して風刺している。
上流社会の虚像と、その実体を暴くだけでなく、
目に見えないように存在している階級と対立、不倫、
家庭内暴力などの現実を反映した事件で視線を集中させていること。
ドラマに表わす現実皮肉っは見る人々の共感をかもし出してゴマ粒笑いを引き起こして、
メッセージを効果的に伝えている。

このように「上品な彼女」はしっかりとした脚本と演出、
出演俳優たちの熱演に現実風刺画で伝える笑いと社会的なメッセージが加わって
毎回レジェンドを更新、爆発的な反応を得ている。
話題の中心に立って視聴率高空行進中の「上品な彼女」の歩みがより一層期待されている状況。

一方、過去の放送では、キム・ヒソン(上品た役)が、
夫チョン・サンフン(アンジェソク役)の内縁の女が
家族のために用意した家に住んでいるという事実に怒り、
ストレスが極に達し失神した。
また、キム・ソナ(バクボクジャ役)の華やかな上流階級の生活と一緒に
有毒キム・ヒソンだけの特別な態度は、好奇心を刺激しており、
この日も私たちの周りで起こる社会的問題を扱ったエピソードで話題を集めている。

「信じ見るドラマ」で快走中のJTBCグムトドラマ「上品な彼女」は、毎週金、土夜11時放送される。

shinye@mk.co.kr

Posted by zukka  on  | 0 comments 
このカテゴリーに該当する記事はありません。