気ままに綴りたい |

上品な彼女「第1話」(1)

英語字幕付き動画を見つけたので、そちらで見た。

(韓国語は分かりません。英語字幕を自己流で訳しています。間違いはご容赦ください)

「第1話」

オープニングはキム・ソナが何者かに頭を石で強打され殺害されたシーン(;゚Д゚)

1OH9CMML5E_1_20170622140750c18.jpg

死んでいるのはキム・ソナだよね!?
画面を見ながら??状態 (;'∀')
あらら。彼女は死んでしまうストーリーなの!?

オープニングから衝撃のスタート。
ソナさんファンとしては、
アレー死んじゃうの~って最初からガッカリ感もありですが(笑)

どうしてこんなことになったのか?という物語かな、
サスペンス・ミステリー仕立てで期待アップ(^▽^)/

死亡推定時間は2月28日 午前2:00
最初の通報時間は午前9:17

殺害動機を持つものはここの家族全員・・
容疑者のリスト
パクの夫:アン・テドンって言われてるけど
パクってバク・ボクジャ(キム・ソナ)のこと??
ここではまだ何のことやですが・・・
容疑者の名は家族数名出てきますが省略。

遺体の身元確認・引き取りに来たキム・ヒソン

201606223.png

犯人は足跡を残さなかったし、指紋は家族のものしかなかった。
警察は遺族であるウ・アジン(キム・ヒソン)にパク・ボクジャの死因を‘脳震盪'と説明した。
ウ・アジンは複雑で息苦しい表情でパク・ボクジャの遺体を眺めて席を離れた。

ウ・アジン(キム・ヒソン)が犯人か?と疑われるが、
彼女だけがアリバイがあると警察側の会話。

パク・ボクジャが火葬される姿と共に、キム・ソナのナレーション
“私が生まれ変わることができるだろうか?
そうすることさえできるならば、
パク・ボクジャでない私が一握りの灰になる瞬間を見守った彼女(キム・ヒソン)の姿で
一度だけ生きてみたい”

2016062233.png

そして物語は始まる。

キム・ヒソンのナレーション
“誰でも幸福を夢見る。 持つことができないのを欲望する。
それでこそ幸せになることという強烈な圧迫で私たちの人生は出発する。
だが、人生は出発点も終着点も私たちの思い通りなるのは一つもない。
これは私と私を夢見た彼女の話だ。

s1.png

江南のセレブさんたちの会話が続くテーブル
そこへ正にセレブ姿のウ・アジン(キム・ヒソン)登場
奥様達、子どものママ友?の集まりの様子。

s2.png

会話の内容は・・
タロット占いの話、ウ・アジンは夫の眉毛tattooが必要みたい
子供の教育の話など・・

s3.png


場面は変わり
ここでキム・ソナ登場~

s4.png

病気で下半身が不自由なアン・テドン(キム・ヨンゴン)の
介護人採用面接にきたバク・ボクジャ(キム・ソナ)。
アン・テドン(キム・ヨンゴン)はウ・アジン(キム・ヒソン)の舅。

センスが一つも感じられない服装に田舎者丸出しの冴えない姿
言葉もなまっているね・・・(忠清道(チュンチョンド)なまり)
けれど、バク・ボクジャ(キム・ソナ)はコーヒーカップの絵の作家を当て
絵画を見るのが好きだと話し、ウ・アジン(キム・ヒソン)と趣味を合わせ
好感を得た。

s5.png

精一杯お世話しますとアピールのバク・ボクジャ(キム・ソナ)は無事採用。
そして、彼女の要望通り住込みで働くことに。

さり気なく、ウ・アジン(キム・ヒソン)がセレクトしたであろう食器の作者を当てて
好感度アップを図っていた・・最後に
「ホントに綺麗です」とウ・アジン(キム・ヒソン)に言って玄関を出るバク・ボクジャ(キム・ソナ)。

s6.png

玄関を出て歩き出す・・と・・この姿に Σ(゚Д゚)

面白い!

s7.png

違う人になった!? (゚д゚)!

ウ・アジン(キム・ヒソン)家族、その日の夕食・・
彼女とこの家の次男で夫のアン・ジェソク(チョン・サンフン)

2017062218.png

長男の嫁、パク・ジュミ(ソ・ジョンヨン)から介護人は見つかったか?と聞かれ
「義理姉さんが一度会って気に入ってくれれば良いけれど」と答えるウ・アジン。
バク・ボクジャ(キム・ソナ)は履歴書をメールで送っていた。
そして1972年生まれ 45歳だそうな。

20171922.png

「若すぎない!?」と長男の嫁、パク・ジュミ(ソ・ジョンヨン)

そこで、突然「可愛いか?」と発言した介護される側のアン・テドン(キム・ヨンゴン)

201719221.png

201751.png

アン・テドン(キム・ヨンゴン)がトイレに行きたいと言うと
直ぐに立ち上がった長男嫁と次男嫁
次男嫁ウ・アジン(キム・ヒソン)が一歩早く舅の車いすを押す・・
それを見つめる長男嫁パク・ジュミ(ソ・ジョンヨン)

むむ・・この二人もいろいろとありそうな感じですね・・

食事後、アン・テドン(キム・ヨンゴン)家から出てくるウ・アジン(キム・ヒソン)一家

2017192211.png

小学生の娘ジフはバレエを習っていて、
後2年間は続けなくていけないと母に言われている。
中国語レッスンを辞めたいと言うが、母親アジン(キム・ヒソン)は聞き入れてくれず・・
どうやら教育ママのようですね。

アジン(キム・ヒソン)は夫アン・ジェソク(チョン・サンフン)に
バク・ボクジャ(キム・ソナ)は教養があると話している。
どうも彼女の夫はあまり賢くないよう(笑)
そして、彼女もかなり気楽に夫を扱っていますね。

パク・ボクジャ(キム・ソナ)も食事中・・カップラーメン・・

スクリーンショット1

キムチをかぶりつく
ソナさん、こういった演技は絶品ですよね~~!(^^)!

スクリーンショット2

電話あり

スクリーンショット3

「心配するな、上手くやるから」「あんたも言葉に気を付けな」と、
話しているパク・ボクジャ(キム・ソナ)がなんか怖い。
この時の彼女 (*゚Q゚*) なまってない、標準語だ・・
電話の相手は誰?

ウ・アジン(キム・ヒソン)から電話

スクリーンショット4

住民登録票(?)のコピーを用意するようにと。
彼女との会話はしっかり、なまってパク・ボクジャ(キム・ソナ)のしゃべり(-_-;)

はて、どちらが本当の彼女? なまりの彼女は偽物・演技かな。
秘密があるんですね・・面白そうな予感・・

スクリーンショット5

楽しい、ソナさんの名演技!

シーンは変って3か月前のこと
ウ・アジン(キム・ヒソン)とアン・テドン(キム・ヨンゴン)が通うジムで
清掃スタッフとして働いているパク・ボクジャ(キム・ソナ)
彼女はジムのトレーナーからアン・テドン(キム・ヨンゴン)の情報を貰っていた。

スクリーンショット6

アン・テドン(キム・ヨンゴン)は二人息子がいるが二人とも出来が良くない。
長男は喧嘩で人に重症を負わせたことがあり、アメリカへ追いやられている。
次男が会社のメインポストにいる。
だが、彼はそれほど有能ではない。
アン・テドン(キム・ヨンゴン)は脳梗塞、そして糖尿病の合併症も持つ。
また耳が良く聞こえない。
彼の看護人を探していることを聞く。

パク・ボクジャ(キム・ソナ)の計画は3か月前から始まっていたようです。

さて、↓こちらお二人、ホテルの部屋かと思われ

スクリーンショット7

男性の方は人物相関図によると、チャン・ソンス整形外科院長

スクリーンショット8

で、一緒にいたこちらの女性は、オ・ギョンフィ元競馬場アナウンサー

スクリーンショット9

で、2人は夫婦ではなくて・・不倫関係にあるんですね(-_-;)

そして、こちらもウ・アジン(キム・ヒソン)のママ友さんの
↓キム・ヒョジュ パワーブロガーってことで、セルフィをSNSに投稿中

スクリーンショット10

↓江南の奥様チヤ・ギオク、彼女の夫はあのホテルで不倫の整形外科院長(-_-;)
彼女の息子はプールにいましたが、自閉症のため田舎で特殊教育を受けて
分離教育をさせていることは秘密らしい。

スクリーンショット11

ウ・アジン(キム・ヒソン)は元スチュワーデス。
アシアナ航空屋台モデルとして活動するように、優れた美貌を誇っている。

スクリーンショット12

アジンの上流周辺の人物たち、夫チーム・妻チームでゴルフ

↓元プロゴルファーのキム・ボンシク、ちなみに奥様はパワーブロガーさん

スクリーンショット13

アジンの夫アン・ジェソク(チョン・サンフン)はゴルフは下手・・みたい・・・
っていうか、冴えない男性だけど今のところ(笑)

奥様達のゴルフウエアーが凄くてビックリ、特にアジンさん(*_*)
足もスラーッと綺麗だよね・・(;'∀')

201706191155065444.jpg

アジンの上流周辺の皆さまご夫婦全員集合

20176231.png

彼らもいろいろ絡んでいて・・・これからどんどんと物語を面白くしてくれるのでしょう・・

(長くなったので続きは次の記事にする。)



・・・・・・・・・・・・・・追記・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


두근두근 ^^ RepostBy @jtbcdrama: "👠 [선공개] 미스터리 한 그녀 박복자! 김선아의 재벌가 입성 계획 . 서울말과 사투리를 자유자재로 사용하고 다양한 독서로 교양을 쌓는 미스터리한 여자 박복자! 안태동 회장에게 접근하기 위한 계획을 세우는데.. . 오늘 밤 11시! 드디어 <품위있는 그녀> 첫방송이구만유😚❤️ 본방사수 아시쥬?👠 . ✔️<품위있는 그녀> 선공개 영상 풀 버전은 JTBC Drama 페이스북에서 보실 수 있습니다! . . #품위있는그녀 #JTBC드라마 #김희선 #김선아 #워맨스 #드디어오늘밤11시 #품위있는첫방송" (via #InstaRepost @AppsKottage)

Actress Sun-A Kim 김★슷하さん(@kimsuna_official)がシェアした投稿 -




[先公開]ミステリーある彼女不幸者! キム・ソナの財閥家入城計画

ソウルの方言となまりを自由自在に使って
多様な読書で教養を積むミステリー1人の女性不幸者!
アン・テドン会長に接近するための計画をたてるけれど..

Posted by zukka  on  | 0 comments 

上品な彼女「第1話」(2)

(韓国語は分かりません。英語字幕を自己流で訳しています。間違いはご容赦ください)

ウ・アジン(キム・ヒソン)が友達の皆さんとゴルフを楽しんでいる頃、
パク・ボクジャ(キム・ソナ)はアン・テドンの家へ

大邸宅にキョロキョロのボクジャ

初めて会う長男の嫁パク・ジュミ(ソ・ジョンヨン)に挨拶する
彼女から住民登録票(?)のコピーを渡せと言われたが
次男嫁ウ・アジン(キム・ヒソン)へ渡すと言って2階へ

スクリーンショット15

会長アン・テドンの寝室(1階)

スクリーンショット21

目が覚め、起きようとするアン・テドンを助けるボクジャ・・
わざとボクジャの胸に顔を預けるアン・テドン・・
それをニヤリと確認するボクジャを私は見逃しませんでしたよ ( ̄ー ̄)ニヤリ

スクリーンショット22

「既にもう会長の部屋に行ったのか?」
「早すぎないか?」と言う、パク・ジュミに
「もう10時ですよ」「朝7時からお世話するという約束ですから」
とボクジャ、その話し方がウ・アジンに話す様子とは全然違ってぞんざいだ。

更にボクジャは会長アン・テドンの部屋のトイレを使うと言う。
「それはならない、2階のトイレを使え」とパク・ジュミ。
この家には6つのバスルームがあるんですって・・凄い(*_*)

「私を使用人のように扱えば、
それは会長の介護を良くしたいと願わないということ同じと思わないか?
次男嫁のアジンさんと偉い違いますね」・・・とボクジャ・・

「おばさん、上下の関係も分からないの?」パク・ジュミ

「誰が上って?どういう意味?」
「このタイプの話に価値があるとは思えませんよ」
「ホントにトイレに行きたいんですから、2階のトイレを使えばいいんでしょ」ボクジャ

スクリーンショット23

何も言い返せないパク・ジュミ

スクリーンショット24

このやり取りを聞いて、ほくそ笑んでいる家政婦さん

2階のトイレを使い終わり、階段から転げ落ちて来たボクジャ

スクリーンショ25

「なぜ私の部屋のトイレを使わないんだ?」
と会長も登場し、丁寧に自分は2階のトイレを使う身分なので大丈夫と話すボクジャ
結果、上下関係を言ったパク・ジュミは会長に怒られる。

ボクジャさん・・作戦成功・・ですね・・( ̄ー ̄)ニヤリ

ウ・アジンの娘ジフは物わかりの良い出来た子供の様で
新たにアートレッスンが増え、かなりハードな生活のジフ、
大変だけど、まずはベストを尽くすと言うじゃないですか・・
バレエ・中国語・そしてアートレッスンですね。
ジフが大人になってやりたいことは文房具店のオーナー
理由はお客が子供たちで自分に気を遣わないだろうからって
この子も上下関係を気にしてるんだ・・しっかりしてるわ。

絵の先生宅に到着。
ジフを連れて来た彼女はウ・アジンの個人秘書とのこと。

s23.png

車中でのウ・アジン夫婦の会話は
ゴルフで一緒だった友人たちの夫のこと・・
アン・ジェソク(チョン・サンフン)の会話は子どもっぽくて
妻のアジンにそんなところが義理父にそっくりと言って
彼から怒りを買っている。

s24.png

会長宅は夕食

s25.png

会長から「ミス、パク」と呼ばれるボクジャ。
すっかり気に入って貰えた様子。
「ここで一緒に食事をしなさい」と言う会長に
それは・・と断る・・流石のボクジャもそれは辞退した。

s26.png

会長のベッドシーツが古くなっているので、新しい物に替えるとボクジャ。
パク・ジュミは全て天然素材でアジンが海外から取り寄せたものだと言うが
ボクジャは天然素材はダメになりやすい・・それで寝ていても辛かったろう・・と強気。
明日、新しいシーツ買いに行き、古いのは私が使います。
(笑っちゃう・・)

s27.png

介護人は気に入りましたか?

s28.png

顔はそれなりだが、君が言う通りとても親切な人だ。
しばらく様子をみよう。と会長。

パク・ジュミは2人で話をしようと。
彼女はボクジャのことがどうしても気に入らない。
第六感が強い彼女は自分の夫がトラブルに巻き込まれた日も
嫌な予感がした。
同じ予感があの女にも感じる。
解雇しよう。
義理姉がそう思うのであればそうしましょう。
明日、彼女に話すとアジン。

スク3

2人の話を聞いていたわけではないと思うが・・
ボクジャが怖い (-_-;)

ソナさんナイス!

個人秘書のジヒがジホを迎えにいけなくなったため
アン・ジェソクが画家のユン・ソンヒ宅へ迎えに行く事に・・
彼はユン・ソンヒを見た途端、彼女を気に入ったようですね~
顔がぽわーんとしてた。

彼女の家に入り、トッポギを食べる。

彼女に口の周りに付いたソースを拭いて貰い・・
これで彼女に落ちましたか(^^;

ス6

ス8

アン・ジェソクが受け売りの画家の話をだして、嬉しそうに会話。

そこでパク・ボジャ(キム・ソナ)のナレーション・・・
「私のマチスとカンディンスキーは他の違った場所で働いている。
ミセス、チョーが作った冷凍柿は今夜私のマチスとカンディンスキーとなった。」


ス9

ポップアートには少しも関心のなかったアン・ジェソク
ユン・ソンヒの絵を見てニコニコ、感心して盛り上がっております(笑)

ス10

それにしても、アン・ジェソクの眉は笑える ((´∀`))ケラケラ

ここからパク・ボジャ(キム・ソナ)のナレーションが入る(青で表示)
「嵐の前の静けさを覚えている・・」

パク・ボクジャの住民登録票(?)コピーを見るウ・アジン

ス11

「雷の音はあなたに奇妙な平和の感覚を与えることができる」

不倫相手からのメールを見るジャン・ソンス
その相手オ・ギョンフィ

「あなたが屋内でそれを聞くとき、危険から遠のく」
「しかし・・」「野外で傘も無く立っている時に聞く雷は恐怖そのものでしかない」

1人本のページをめくるパク・ジュミ・・彼女がまた・・不気味・・

ス12

ベッドで眠る会長アン・テドン

「その夜、我々は皆外に立っていた」
「私たちは、ただそれを知らなかった」


そして、パク・ボクジャはこの表情・・・

ス13

「人生はテストの無数の選択により構成されている」
「しかし・・私はいつも間違った答えを得る」
「私は今回、それが正しい答えであって欲しかった」


ジフは試験中

ス14

ジフの父アン・ジェソクは会社でマチスを検索中

「ジホ父は彼のマチスとカンディンスキーは正しいとただ望んだ」

子どもたちの試験が終わるのを待つ母たち

アン・ジェソクとウ・アジンの出会いを尋ねるユン・ソンヒ
アジンがスチュワーデスだったころ、旅行代理店の大ポスターのモデルだった。
そのポスターを見た、ジェソクが頭をヒールで叩かれたような衝撃を受け
そのポスターを盗んだ。
と教えてくれる画廊オーナー、彼女が「彼は少しバカ・・」って(;'∀')

市場で布団を買うパク・ボクジャ
そんな安物で良いのでしょうか・・(笑)

s31.png

彼女は食堂で焼酎を一杯やりながら焼肉(?)を食べている。
会長からの電話を待っていた・・電話が来た、
今日は運動へ行く日だから早く来いと言う
「勿論分かってますよ~ちょっと待っててくださいね~」とボクジャ

s34.png

電話が終わった途端顔つきは別人へ
豚皮と焼酎を追加

彼女が電話をした相手はボン・チョンイ、ジムのトレーナー

s32_2017062320473387a.png

「ワタシ、会長の運動は明日に延期してくれる?」
「とにかく電話して、伝えなさい!」って命令口調。

会長に豚皮を食べさせるボクジャ
コラーゲンがタップリでお肌に良いんですよ。
会長は今でもとっても若く見えますが・・
ええ、実際の年齢より10歳は若く見えますよ
早く良くなってくださいね。
男の元気も取り戻さないと・・

スク5

会長は豚皮が好物で食べたかったが、
この臭いのせいで誰も彼に食べさせていなかった。
ジムのトレーナーから事前に情報を集めた
ボクジャの計画的行動だったのか・・

ウ・アジン家はオシャレな朝食。
まだ何事もなく家族団らんの様子・・
アジンはボクジャに解雇の話をしなければならないのが苦痛そう。

ゴルフを楽しんでいる3人は、女がいるか?って
お互いに会話を楽しんでいるようですが・・

ボクジャ(キム・ソナ)のナレーション
この世界には2タイプの不適合がある
それらがそれを実現しない限りそれである精神の不適合。
そしてもう一つは、それでいるすべての経験の不適合。
(なんか訳していても意味が不明 汗)

パク・ジュミが義理妹からまだ話を聞いていないの?
と威圧的にボクジャに話しかけましたが
会長がきて、そこで終了・・
「新し布団でよく眠れたよ」
「朝食にしてくれ、ご飯がいい」
ボクジャは、これからは会長の食事、洗濯は自分がする。
そして衣類も柔らかい物に替えていく。衣類は手洗いする。

そこへウ・アジンが来ると、会長は人を見る目があるねと彼女をほめる・・

ボクジャの解雇は完全に無くなった模様。

スク6

スク7

ボクジャ(キム・ソナ)のナレーション
私が彼女を好きなのは他の金持ちと違って悪さがなかった。
すさまじいいじめに転落した人に手を差し出した品位。
私が彼女を特別だと考える理由であった。


長男の嫁パク・ジュミは思い出していた。
彼女の夫の事を許してくださいと懇願する彼女に
会長は、絶対に許すことは出来ないし、彼には会社の何も手に入らないだろう。
自分が採用した人を殺したということは、私が殺されたも同様だ。
それは誤解です。あれは事故だったんです。
とにかく、私はお前の息子ウン・ギュンの面倒はみる。
だが、ウン・ギュンの父親はもう終わりだ。
これからは家のことはアジンに任せる。

と言うことで、パク・ジュミは何の力も持たない人になったようです。

スク9

アン・ジェソクはユン・ソンヒにこっそりとタルトを贈る
カードには心を奪われたことを告白。
ユン・ソンヒは満足な微笑を浮かべた。

ボクジャ(キム・ソナ)のナレーション
サムギョプサルと焼酎
チキンとビール
ハンバーガーとコーラ
世界どこへいっても完璧にマッチする組み合わせ
世界で最高に満足のいく組み合わせの食べ物が与えてくれる何か


ボクジャは会長にキスまでしてあげましたから

スク11

彼もすっかりメロメロで (笑)

スク10

計画通り・・してやったりって感じかな!?
↓このボクジャの表情 ソナさん流石~~ 

スク12

部屋を出るとパク・ジュミが・・
その時の彼女の表情に鳥肌 Σ(゚д゚|||)

スク13

ボクジャの不気味な笑いを見たパク・ジュミのこわばりの表情もまた絶品

s35.png

役者さんたち、上手いですね~~

娘ジフが最近の数学コンテストで満点をつけたただ一人と
聞いて泣いて喜ぶウ・アジン

スク15

ボクジャ(キム・ソナ)のナレーション
「彼女が味わった甘みは、神から贈り物であったかもしれない
私の人生に基づき下した結論は、神が極限の苦痛を与える前に、
下さったギフトだということ。
スタイルが真に厄介な両班だ」


このナレーションでいくと・・
アジンさん・・これから試練が待ち受けていると想像できる・・

スク17

スク16



・・・第1話を観終えた感想・・・・・・・・・・・・・・・・

キム・ソナ最高~~~
彼女の演技が冴えわたってる(ほめ過ぎかな 笑)
パク・ボクジャがなかなかの曲者で面白い。

そしてキム・ヒソンさんも美しいね~
彼女の衣装もシーンごとに気になる。

第1話はどうしても登場人物の紹介が多くなってしまうのはしょうがない。

なんとなく気になったのは長男の嫁パク・ジュミ
この役の俳優さん、私は初めて見るかも
演技が上手いですね~今後も彼女に注目。

不倫が多いのがなんですが(・_・;)
サスペンス要素もあって嬉しいし・・
第2話も楽しみ~

ソナさんのナレーションもいい(^▽^)/

・・・・・・・・・・追記・・・・・・・・・・・・



Posted by zukka  on  | 0 comments 

上品な彼女「第2話」

(韓国語は分かりません。英語字幕を自己流で訳しています。間違いはご容赦ください)

2-1.png


大成パルプ常務のアン・ジェソク(チョン・サンフン)は仕事中
ティッシュやトイレットペーパーについてあれこれ話しております。

ス1

最終的に部下に伝えたことは
「ティッシュの箱のデザインを変えないか?」
「アーティストのデザインはどうだろう?マチスやカンディンスキーみたいな」
「私の知り合いにpop-art artistがいる」

例の娘の絵の先生・・彼女は意味深な絵を製作中・・

ス2

ウ・アジン(キム・ヒソン)はバッチリメイクを決めて「心の教室」へ
そのクラスの新しいメンバー、カン・ギホ(イ・ギウ)。
彼はどんな事でも扱う弁護士と自己紹介。

ス3

授業内容は
お隣の人と二人組になって相手が存在する10個の理由について話し合う。

カン・ギホと会話を始めるウ・アジン
彼に厚化粧の事を指摘されるが、このクラスの後に新聞社のインタビューがある事
何のインタビューかについては、余計なお世話で
自分はちょっとメイクしただけで映える顔で
どこへ行っても存在感があるみたいなの・・・と話すアジン。

ス4

彼に奥さんが化粧をしたときの言葉がけについてアドバイス
「綺麗だ」「とっても綺麗だ」「本当に綺麗だ」と言ってあげて・・
では、課題について話しましょう、あなたからと始めると
カン・ギホががアジンに
「綺麗だ」「とっても綺麗だ」「本当に綺麗だ」・・

パワーブロガーのキム・ヒョジュのホテルの部屋へは男性が・・

ス5

パク・ボクジャは電話中
「返すって言ってるでしょ」
「今月中にはなんとかするから」「言ってるでしょ、返すって」
それを聞きつけたパク・ジュミ、
ボクジャが電話相手に怒鳴っているところを見てビックリ

s1_20170625141538e9c.png

s2_20170625141540db5.png

新メンバーになったカン・ギホは25歳で結婚、
新婚旅行中、奥さんは交通事故で死亡、
彼は両親もなく、そのため兵役を免除された。と、先生から聞いてビックリのアジン。

キム・ヒョジュはホテルの同じ部屋から夫以外の男性が出て来たことを
ホテルスタッフに見られていた。

パク・ジュミに電話の会話を聞かれたボクジャは
彼女が会長に話しかけたのを遮って、ソウル言葉で話し出した。
「私は普段故郷の言葉で話すんですが、ソウルにも住んでいたことがあるので
両方話せるんですよ」
「会長はどちらが好みですか?」
ポカーンとしている会長を見て
「やはりこっちの方が好きでしょ」「私もこっちの方が楽ですよ」
となまって話すボクジャ。

s3_201706251439400bb.png

パク・ジュミさん・・・ポカーン状態・・

ソナさん演技、ナイス (^▽^)/ 

それぞれに過ごしていたアジンの友人たち、数学塾で問題発生のため
集まったよう・・
子どもに悪影響があるから塾を替えるべきと・・

s4_201706251504210b6.png

どうもお仲間の雰囲気が悪い感じ・・です。

アジンが会長宅へ行くと部屋の灯りもつけずに一人ワインを飲んで
落ち込んでいるパク・ジュミ
会長とボクジャはデートへ行ったそう。

ユン・ソンフィ宅
ジフの迎えは個人秘書のジヒの代わりに花束を持ってジフ父が現れた。

会長とボクジャは夜のデート中

s5_20170625152158d99.png

お気に入りの詩人キム・ソオルの詩を朗読する会長
彼は中学校しか出てなく、朝刊配達をして兄弟を学校へやった。
それで、友達の高校教科書を盗み
それを自分の物のように持って高校生の振りをした。
ある日実際に教科書を読んでみると、
この詩がとても好きで、何度も読んでいるうちに覚えてしまった。

会長はボクジャにソウル人の振りをする必要はない、自分のそのままの姿で
いきなさい。と優しく話す。

s6_2017062516085722e.png

パク・ボクジャ(キム・ソナ)のナレーション
彼の話は100%嘘ではないと感じた。
いつの日か・・・私は彼に悪いと思うだろう
時々、彼がどれだけ私を好きだったかと泣くだろう
この世に、完全な嘘も100%の本当も無いのだ。


ウ・アジンとパク・ジュミはカラオケで盛り上がっている。

アン・ジェソクは花束に何かのチケットを2枚入れていたんですね・・
それを発見したユン・ソンフィは笑顔。

アートレッスンを終え車中の父と娘
父は子供向けのダンス曲がお好みの様で、
娘ジフは大人っぽいバラードが好みとは・・(笑)

妻のウ・アジンを迎えにカラオケへ
アジンさん酒癖悪い!?
夫のジェソクには言いたい放題で・・
娘ジフが車で待っていると聞いてガラッと態度が変わって正気に・・(・_・;)

s8.png

ボクジャの会長を介護する姿はホント献身的だ・・

ダンスをしましょう~と会長を驚かせる、

ソナさんのダンスが見られる~~!?
個人的にワクワク(o^―^o)

車椅子の会長もニコニコ楽しそう~ボクジャ、ナイス・・

s9.png

ウ・アジンも廊下から二人の様子を見ていた。

s10.png

パク・ボクジャ(キム・ソナ)のナレーション
その日、私たちは神から与えられた最も美しいお互いを見た。
私と彼女・・・私たちは少なくともその日はお互いに優しかった。


ウ・アジンとユン・ソンフィ

「そうだ、夫がユン先生の絵をティッシュボックスに使いたいと言っていました。」
「勿論、ロイヤルティもあります。」
「そしてそこに先生の名前を入れたらどうかと彼に頼んだの、いい宣伝になるでしょ」
「ロイヤルティだなんて、こちらが反対にお金を出すべきです」
「彼がいくつか選んで欲しいというので、絵をいくつか私に送ってくれる?」
「ご主人は仕事の相談もするんですか?」
「ええ、もちろんですよ、私なしでは何もできない家族なんです!」

s11.png

「うちの会社から女性用衛生品が近く発売されるわ」
「fancy でluxuriousなの、それも私の提案なのよ」
「私の夫にはまだ会ったことなかったわよね?」
「いいえ、ジフのお迎に来てくれた時に会いましたよ」
「近い内に、一緒に食事をしましょう。ティシュボックスの話もあるし」

s15.png

・・・・・・・・・・・・・

ウ・アジンの友人たちが集まって彼女のインタビュー記事を見ながらあれこれ言っている。
彼女の美しさは本物だそうで、整形はしていないそう・・

・・・・・・・・・・・・

そしてウ・アジンは個人秘書のジニとアクセサリー作りをしながら情報収集中。
ジニがいろいろ話してくれます。

a1.png

ところでショッキングな話なんですが
↓Grand prix Hotelのオーナー、

a2.png

彼に女がいることが明らかになり、彼女に家と車を買い与え半分はそこに居るとか、
彼の奥さんはそれを知っていて、受け入れていると・・

アジンさん、それを聞いて
「あり得ないわよ。そんなこと出来る人はいないわ、彼女は知らないのよ」
「彼の愛人は23歳でスン・ミン母を姉と呼んでいるだって」

a3.png

「そして、もう一つ、ユンジェの父は彼の奥さんを時々殴るとか」
「だから、彼女(オ・ギョンフィ)はドクターチャンに惹かれるのね、彼は素敵で優しいから」
「私の夫は無知でおバカなことをするけど、
彼のような良い夫を見つけるのは、大変な事なんだわ」
「でしょ!?」
「まあー今のところはね」
「今のところは?」
「私の母が言うのよ、男は棺に入るまで信じられないって」

なんだか、これからの荒れ方を予想しているような・・・言葉ですね・・

・・・・・・・・・・・・・・・

ボクジャは献身的に会長をお世話中
歩行練習を終えて、一息・・・
会長が「ミス、パク」から「ボクジャ」と 😲

c3.png

「欲しい物は何だ?」
「買いたいものはあるか?」「大丈夫だ、言ってごらん」
「そんなものはありません。」
「なんで、ないんだ?」
「・・・なら・・皆が持っている・・カバン・・」
「私が良く聞こえないのを知っているだろう、大きな声で言いなさい」
「怒られても・・」
「カバンですよ・・」
なんだかカバンとソナさんの組み合わせが懐かしい~「シティーホール」を思い出す(^▽^)/
「なんだカバンか 笑」
「キム運転手を呼んで」
「カバンを自分で買っておいで、服とそして靴も」

「ここで一番高い物を買いなさいと会長がおっしゃてました」とキム運転手
ボクジャは店内を見渡してボーっ・・・

c4.png

買い物を終え・・カバンを大事そうにがっちり抱えて

c5.png

ボクジャは1人トイレへ・・・
カバンに涙が落ちる・・・
カバンを胸に抱いて泣き崩れる・・・声をあげて泣く・・

c6.png

ソナさんが泣くと泣けるね・・( ノД`)

彼女はよっぽど嬉しかったのか、カバンにまつわる泣くほどの何かがあるのか・・
それはここではわからない。

会長宅へ戻り、廊下でパク・ジュミと出会う・・
荷物を抱えたボクジャを見るなり、彼女の顔を平手打ち Σ(・□・;)
荷物を取り上げて
「これがゴミようなあんたに合うと思ってるの?
「自分の立場をわきまえなさい。パク・ボクジャ」
「あんたは、ここではメイド・使用人」
「私の義父の介護人なのよ」「分かった!?」

c7.png

c8.png

自分の部屋へ戻ったボクジャはしばらく考えた後
買った服と靴に着替えカバンを持って出て行った。

c9.png

・・・・・・・

キム・ヒジュはホテルの部屋でPCに貼ってあるメモを見る。
(奥さん、ここへ電話して)
彼女が電話し出た男は、レジデンス・ホテルに勤めていると言う。
「明日の午後、近くに来れますか?アドレスを送ります。」と電話は切れた。

・・・・・・・・・・・・・・

ボクジャが出て行ったことを知った会長は3人を並べて怒る。
「直ぐに連れ戻せ!」
「直ぐに他の介護人を見つけます」
「なに?違う介護人だと?」
「パク・ジュミ、あんたが追い出したんだろ」

d1.png

「彼女に電話して連れ戻します」ウ・アジン
「私が電話しても彼女は出ないんだ!」と会長が怒っている。
「私が責任を持って彼女を連れ戻します」アジン
「彼女を信じて2~3日待ちましょう」「食事してください」アジン夫
「私は何年かでやっと生きていると初めて実感したんだ」
「ありがたくて、沢山笑って、幸せだった」

d2.png

「いったい、ミス、パクに何を言ったんだ」
「私は彼女に自分の立場をわきまえるべきと言いました」
「彼女は高価なバックと服を両手に抱えていたので、それを見た時怒りを我慢出来ず」
「私も持っていないような高価なバックを単なる介護人が持つのですか?」
「彼女が会長を幸せにしたから?」「あの女が?」
「私たちがその為に雇い彼女に給料を払っているんですよ」
「出ていけ~~!」
「もし・・彼女が見つからなかったら、あんたをこの家から追い出し、
あんたの息子も出て行ってもらうからな」

パク・ジュミ「見たでしょ?まだ私が悪いと思う?」

d3.png

ウ・アジン「いったん探してみます。会う必要もあるし」
「探さないで、会わないで!」
「君の電話なら彼女は出るから、彼女に会ってここへ連れ戻すんだ」
「分かった」

ウ・アジンが会長の部屋をのぞいたら、会長は声を出して悲しそうに泣いていた・・
これってパク・ボクジャさん凄いね。

パク・ボクジャはウ・アジンのメールを見て彼女に電話
「警察には届けないで」って(;'∀')
この時の電話ではボクジャはなまってなかったんですね・・
なのでウ・アジンは「どうなってるのかしら彼女のなまりは」と不思議そう・・

・・・・・

ホテルでの密会がホテルスタッフに見つかって、お金と
彼を正社員にする約束をしたキム・ヒジュ。

・・・・・
パク・ボクジャと会ったウ・アジンは
ボクジャのコーディネイトを見てセンスが良いと褒め、
靴の手入れの仕方を丁寧に教える。

d6.png

自分が作ったアクセサリーをボクジャにプレゼントするアジン。

「家に戻ってください。会長が泣いてましたよ」
「泣いていたって?」
「彼はおばさんに会いたくて泣いていたんです。」
「だから一緒に帰りましょう」
難色を示すボクジャの手を取って、「行かないと言っても引っ張っていきますよ」
その手にあるブレスレットに目が行くボクジャ、
アジンはそのブレスレットもボクジャへあげて(笑)

d5.png

「ところで、ソウル言葉が上手ですね」
「そうでしょ」「まるでソウルっ子でしょ」となまって言うボクジャ (;''∀'')

で、パク・ボクジャは会長の元に戻り、会長も嬉しそう

d7.png

ウ・アジンは「明日の事は明日考えよう」とスカーレット・オハラになったよう・・と (^^;

・・・・・・・・・・

ヨガで一緒のチヤ・ギオクとは数学塾の話
今後この塾がなにかストーリーの重要な役割をするのか?
結構頻繁に登場するよね・・(私の独り言)

・・・・・・・・・

会長はボクジャの事を心配して、家の保証金を出してくれると言う。
「いくら必要なんだ?」

・・・・・・・・・

ミセス、チョー(メイド)はボクジャからウ・アジン宅は週に2度、
会長宅は週に4度、掃除をするよう言われた。と話す。
それを事前に聞いていなかったウ・アジン

e1.png

「何か決める時は、最初に私かジュミ姉に相談してください」
「それはどういう意味ですか?」
「ミセス、チョーに私の家は週に2度の掃除をと言いましたよね」
「あー、それは、誰もここをお手伝いする人が居ないようなので、
奥様1人で全てしてほしくなくて、ただお手伝いできるといいと思っただけです」
「それはありがたく思うけど、ここには2人の義理娘がいますので」

e2.png

「分かってますよ」

e3.png

「ジュミ姉は彼女の夫、ここの長男のトラブルのせいで辛い目にあっていますが
彼女も家族の一員です。彼女の意見も受け入れてください。
いえ、彼女の指示に従ってください。」
彼女の了解を得てから全ての事を決めてください」
「そうします」絞り出したかのようにやっと答える。ボクジャ・・
「分かりました」
「もう一つ、お給料はジュミ姉から貰ってください」

・・・・・・・・・・・・・

アン・ジェソクはユン・ソンヒと演劇を観に行った。
客席で彼は彼女の手を握る。

その後、2人は食事デートへ
ユン・ソンヒは
「持ち主ある男、家庭ある男を念頭に置くのが大変だ。」
「 ここで止まろう。 堂々としていない愛、隠れて会う愛、私の適性ではない」と話した。

e4.png

するとアン・ジェソクは
「私は大丈夫だ、見つけられないようにするのが上手だ。」
「ウ・アジン、考えより単純だ。
「用意周到にするし、上手だから私だけ信じてついてきなさい」と笑った。

イヤーこのアジンの夫、アン・ジェソクさん・・面白い!
面白い人とは最初から思っていたけど、つかみどころがない面白さ。
これから、楽しみ~~

・・・・・・・・・

こちらはパク・ボクジャとパク・ジュミの話し合い
最初はパク・ジュミ優勢で始まった様子

f1.png

「これから、私の給与はあなたから頂き、全てあなたの了解を得てから話します」
と「ウ・アジン奥様が言っていたことです」
「私も聞いたわ」
「まず、最初にあなたがこの家から出て行ってくれるといいんだけど」
「荷物を出して、仕事に来て、そして去って」
「なぜ?」
「住込みの介護人を雇う計画ではなかったからよ」
「分かりました。出ていきます。」
「他に言いたいことはありませんか?」
「今日はここまで」
「いつ自分の荷物を外に出すべきでしょうか?」
「出来限り早く」
「そうですね」

f2.png

ここからボクジャの反撃が・・

「会長と一緒に暮らさないとならないですから、少し大きな家が必要ですよね」
「彼はこのように大きな家での暮らしに慣れているから」
「小さなところでは暮らせないですよね」
「あなた何を言っているの?」
「私一人で出ていけと言っているんですか?」
「ショックであなたの義理父を死なすつもりですか?」
「それで、あなたの息子が早く遺産を受け取る?」
「これが、あなたの計画ですか?」
「あたな・・」
「余計な口出ししないでくれる」
「でないと、追い出されるわよ」

f3.png

((((;゚Д゚)))))))

こちらでは、
「キスをしたら二人の関係にカラーが生じるかも」
って・・・やはり面白い、アン・ジェソク・・・

f5_20170626191858c0d.png

その後、2人は続きを彼女の家で (-_-;)

浮気をして帰った夫を全然疑っていない、分かっていないウ・アジン・・

f6_20170626192648462.png

会長から突然手を握られたボクジャ・・・

で、突然、会長とボクジャの結婚式シーンが 

f7_20170626194102c50.png
f8_201706261941047cc.png

夫のアン・ジェソクが僕も再婚したいと訴えて出てくる。
眉毛が白いのよね・・わけがありそう。

ということで、これは、ウ・アジンの夢だったのけど・・・
夢から覚めたアジンは夫の眉毛を確認してた(笑)
どうなんでしょう?
もしや正夢? そんな気がしますね。

あさ5時・・

L2017062199002001635i1.jpg

ボクジャは会長と一緒に寝てましたね。
なんとなく予想出来る展開。

このシーン
「キム・ソナ、キム・ヨンゴンと寝発覚瞬間...最高視聴率4.3%」だったそう。
そして「上品な彼女」最高の1分を記録したそうで。

・・第2話を観終えての感想・・・・・・・・・・・・・・・

パク・ボクジャが高級バックを抱えて泣くシーンが印象的だった。

ソナさんのダンスが久しぶりに見られて嬉しいし・・

段々とボクジャのペースになってきて、これからが楽しみ。

ウ・アジンは美しすぎだね・・やはり、衣装は豪華(;'∀')

新しく弁護士さんが登場でこれも気になる。

アジンの夫アン・ジェソクが面白すぎ。
彼に注目しよう~


・・・・・・・・・・追記・・・・・・・・・・・・







Posted by zukka  on  | 0 comments 

上品な彼女「第3話」

(韓国語は分かりません。英語字幕を自己流で訳しています。間違いはご容赦ください)

今までのおさらいから始まって・・

会長とボクジャが一緒に寝ているのを見て衝撃を受けた二人
パク・ジュミとウ・アジン
2人で話すも気持ちは落ち着かず

q1.png

自宅に戻ったアジンは夫を探すが見つからない・・
電話を掛ける・・夫ジェソクの携帯が鳴る、
妻アジンは「女王蜂」と登録されているんだ。
その電話は・・・このソファの上・・

q2.png

q3.png

やはり彼女(ユン・ソンフィ)の家に来ていたのね。
「朝食は家で食べるよ」
「夕食を一緒に食べよう、外で」
「明日の朝も来るよ」
「サッカーの朝練を始めたとジフ母(アジン)に言ったら」とユン・ソンフィ
まあー彼女もしたたか (・_・;)

「どこへ行っていたの?」と聞くアジンに
「運動」と答えるジェソク

w1_2017062709524372f.png

「なんの運動?」
アジンが読んでいた新聞を見て「自転車」
「自転車!?」
「なんでこんなに朝早くから?」
「それは、最近年を感じるようになって、自転車がいいじゃない」
「一緒にやる?」
「いいわよ、ヨガ・フィットネス・ピラティスと十分運動してるわ」
アジンさん、彼のこと気が付いていませんね・・・(-_-;)

(↓この眉毛の顔、見るたびオカシイ(笑))
w2.png

会長とボクジャが一緒に寝ていたことを、夫に話した。
「ジュミ姉が言っていたことが全て正しかった」とアジン
それに対しての夫ジェソクの話が
父アン・テドンはラストまで、その目的を達成したのか?
アジンが「あなた、学校で友達がいなかったでしょう」って(笑)
「あなたのレベルの思考だと1人ぼっちだったと思うわ」

それにしても彼女のこの衣装が凄い(;'∀') 朝食作りもこれで。
w3.png

彼(ジェソク)の
「夜まで仕事してくれているんだ。超勤手当をあげたら」
「全くバカバカしい、やめて」
「あのおばさんが残業代だけで満足すると思う?」
「じゃあ、まさか親父と結婚を考えていると?話にならないよ」
「話にならないけど、そうなって来てるんじゃない」
「だからあなたに話しているでしょ、あなたが彼の息子なんだから」


パク・ボクジャとパク・ジュミの対決

w4.png

「介護人なら介護人らしく介護の仕事だけしなさいよ」
「よくも義父のベッドに潜りこんだわね?」
「義父がこの家の鍵を渡すとでも?」
「クチャ・クチャよくしゃべりますね」
「会長は私に夜が怖いと言い」
「患者の必要なことをするのが、介護人の勤めとしての義務なんですよ」
「それで、会長がぐっすり眠付くまで横にいたんです」
「よく言うわよ」
「あんたがわざと会長の部屋のドアを開けておいたのを知っているのよ」
「私がドアを開けておいたのは、こんな風に誤解されたくないからですよ」
「ドアを閉めていたら、あなたがいろいろ想像するでしょう」
「何もないとわかってもらうためですよ」
「義父があんたと同じベッドで寝たから何かが変わると思っているわけ?」
「ありえない!」
「あんたはただ、この家のいち女中なのよ」
「女中ではなく介護人でしょ」
「それは、この日その年であなた自身のような教授が言う何かなんですか?」
「女中」
「バカらしい」
「謝ってくださいよ」
「何人の男性をそのやり方でだましたか?」って
「自分の立場をわきまえなさい」
「これはあなたの場合なんではないですか?男と一緒に寝て自分の物にする」
「なぜ、あなたの横には男が1人もおらず、ずっと一人でいるの?」

パク・ジュミはパク・ボクジャをまたも平手打ち Σ(゚д゚|||)

w5.png

「よくも私の前でそんなこと言ったわね!」
「追い出されたくなければ、自分の仕事だけやってなさい!」

「今、何をしました?」
「教授でもあろうあなた・・あなたを強襲で訴えることも出来ますよ、知っていますよね」
「新聞は読んでいますよね?」

w6.png

「私がここを追い出されるより先に、あなたが刑務所で終わるかもしれませんよ」
「これから気を付けてくださいね」

w7.png

ウ・アジンとパク・ボクジャ

先ほどのパク・ジュミへの対応とは変わって
最初から低姿勢のボクジャ、
一応ボクジャの説明を聞くも、介護人の仕事の一線を越えたとアジンに言われる。
そして、今回の事はクビにする正当な理由になりますよと言われ
なんとかもう一度、チャンスをください。
私がミスをしました。とお願いするボクジャ・・・

e1_20170627182824faa.png

「このようなミスは2度とないように、境界を守りなさい」
ということで・・なんとかクビは免れた・・。

ウ・アジンの許可なく誰も入られない地下のこの部屋
多種類のセット食器と多種類の寝具の保管部屋 (*゚Q゚*)
凄い~~

e2_2017062718485165b.png

ボクジャには、会長のシーツの交換を指示された。

パク・ボクジャ(キム・ソナ)のナレーションで
“Pung sook- jeong”の説明が入る。
メイドとして働いていた女性、退職金でアパートを買って
そこで、江南主婦ご用達のチョンガムキムチをはじめ
金持ちへのおかずを提供、成功した女性・・

e3_201706271938339a6.png

そしてそこでは、ミセス・チョーが皆さんにボクジャの騒動をお話し中
あらゆる噂の震源地

e4_20170627193835805.png

ウ・アジンは個人秘書のジニから今日のスケジュールを聞く。
凄いね・・・専業主婦だけど江南の奥様は忙しいのね(;'∀')

ジフが韓国イラスト絵画コンクールで学校の代表になったんですって、
と始まり、ジフ母は今でも有名なのにもっと有名になるのね。
ブログでも有名でメッセージも多く・・・と、ウ・アジンを羨む言葉が続く・・
話しの流れで、オ・ギョンフィが浮気はダメと言い。
話しの流れで、ウ・アジンへ本当に整形は一つもしていないのか?と聞く
「してないわよ、ひとつも」と答えるアジン
オ・ギョンフィは「卒業写真とずいぶん違うと思って」
「あなたが否定するなら、証明することは出来ないけどね」
「もし手術していたらしたと言うわよ、もう何も恥じる事じゃないし」
「あなたは目と鼻の手術をしたことを恥ずかしいと思ってるの?」
言い返せないオ・ギョンフィ・・
この戦いはウ・アジンが勝ったよう(^^;)

d1_20170627201833d9c.png

トイレではウ・アジンからやり返す・・結果またアジンの勝ち・・

d2_20170627202223d87.png

オ・ギョンフィがギオクの夫と不倫していることを知っているとそれとなく話すアジン
水を停めるのも忘れて呆然とするオ・ギョンフィ。

・・・・・・・・・・・・

会長とボクジャは映画鑑賞「ティファニーで朝食を」

d3_20170627203319b05.png

猫が出てくるシーンを見てボクジャは
「猫を飼うことがあれば猫の名前はこの映画と同じ「cat」と付けたい」

d4.png

「猫が好きなのか?」
「もちろんよ」
「これのように猫を飼って愛する人とすーっと幸せに暮らしたい
それが私の願いです」

d5_20170627205635cb4.png

d6_20170627205637f4c.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・

パク・ボクジャの履歴書を再確認するウ・アジン
メディテーションクラスでMateの弁護士カン・ギホへ電話
「住民登録ナンバーでその人の過去が調べられるか?無理だよね?」
「無理だね」
「違法だけど、調べられないこともない。」
「もしどうしても必要ならMateのために方法を考えてみるよ」
「いいえ、いいの、忘れてください」
「いやいや、ちょっといじめてみただけだよ、OK」
「住民番号と名前を教えてください」

d7_20170627211349924.png

・・・・・・・・・・・・・・・

ホテルの社長チョ・ムンタクは妻キム・ヒョジュの事を
彼女の弱みを握って脅したホテルスタッフから全て聞き出した。

d8.png

・・・・・・・・

ボクジャの部屋へは入らないようにと言われていたが
入り、手帳を見るミセス・チョー
その手帳には会長の健康状態と家族状況が記されたメモが挟まっていた。
それを読み驚くミセス・チョー

t1.png

ボクジャが部屋に来て、ミセス・チョーへきつく言い渡す Σ(゚д゚|||)
このようなことは二度としないように、許すわ
見守っているからね・・(アジンから言われた言葉をそのままここで使用)
怖い (゚д゚) ボクジャさん・・

会長とボクジャはジムへ

t2.png

ボクジャは彼女の仲間、ジムのトレーナーとアイコンタクトで何か企んでいそう。

・・・・・・・・・・

ウ・アジンはギャラリーへ
アドバイスをいろいろとしているアジンだけど
ギャラリーオーナーの彼女にも会社のことなどお世話になってるのね・・
何事も上手く、出来るウ・アジンって印象

t3.png

会長はジムで無理をして、足を痛めた。
ボクジャとトレーナーの計画だわね。
車中、会長の足を一生懸命にマッサージ、
ボクジャのアピール作戦だね(^^;)
彼女に電話あり、借金の電話と分かるように話してる(笑)

t4.png

会長がお金を出すというのを一応断るボクジャ
それでも強く「いくらだ?」と聞く会長に・・( ̄ー ̄)ニヤリのボクジャ・・であった・・

t5.png

会長はすっかりパク・ボクジャ(キム・ソナ)に騙されてしまったね(;''∀'')
彼女の切り替えが凄くて・・ソナさん名演技。

50_201707060953415f6.png
49.png
48.png
47.png
46.png
45.png

・・・・・・・・・・・・・

アン・ジェソクとユン・ソンフィの不倫カップル

t6.png

ウ・アジンの友人チヤ・ギオクに目撃されました。

t7.png

でも、アン・ジェソク常務、
隠す必要ないよ、デザイナーと担当者の打ち合わせでしょって
凄いね・・

・・・・・・・・・・・

弁護士カン・ギホに会ってボクジャの調査結果を聞くアジン

a10.png

ボクジャには7年前横領と詐欺での逮捕歴があることが分かった。

((((;゚Д゚)))))))

a11.png

・・・・・・・・・・

ボクジャの前科の事を知って、アジンは強く明日、直ぐに出ていくよう話す。
なんとか弁解してとりなすボクジャだか、アジンは聞き入れず
「出ていきなさい!」ときっぱりと言うが
ボクジャは会長が彼女の借金を払ってくれたこと、
返済の代わりに会長に精一杯のお世話をするつもりだと話す。
アジンは私から会長に話すと言うが、お金を貰って直ぐに自分が出て行ったら
会長はどう思うだろうか・・
などなどボクジャは会長への影響の事、
アジンへの影響もあり、世間には不運な人もいると泣き落としへ

a12.png

会長の誕生日まではいさせてくださいと頼むボクジャ
アジンはすっかり説得されてしまって(~_~;)
「いいでしょう。その代わり約束は守ってくださいね」

「ありがとうございます」

会長の誕生日料理はボクジャが準備し、その後全て話して出ていくと話はまとまった。

a14.png

その話を立ち聞きしていたミセス・チョー
彼女はやったーって感じでしたけど(笑)

a15.png

朝の自転車を実行しているようですね(笑)
アン・ジェソク、自転車からタクシーに乗り換えユン・ソンフィ宅へ

夫に浮気をされているヨガ仲間のご両人、
自分の夫は決してそんなことは出来ないと言ってますが(・_・;)

・・・・・・・・・・・

セレブな皆さん夫グループと妻グループで遊んでおります。

男性陣はそれぞれに浮気していることを知っていても全然お構い無なんだね(;'∀')

ゴルフ、カラオケ、ヨット

a01.png

・・・・・・・・

「ティファニーで朝食を」の俳優みたいですよ~
で、ますます会長はボクジャにメロメロ

b1.png

そして会長はこれを着てごらんとボクジャに彼が見つけた洋服を買ってくれ

b2.png

じっと猫を見つめるボクジャに猫も買ってくれたのです。

気難しそうな顔の猫 (o^―^o)

b3.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウ・アジンの実家

パク・ボジャ(キム・ソナ)のナレーション
ウ・アジンは父なしで育った。酸っぱいキムチを愛する環境で育った。
私がそれを知るのはずいぶんと後になる。

c1.png

彼女の父は彼女が8歳の時に亡くなった。
彼が良く聞いていた音楽を彼女が再び聞くことは無かった。

c2_201706280045146de.png

それを聞けば自分が崩れることが怖かった。
自分を守りたかったのだ。

c3_20170628004514df0.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

猫を怖がるパク・ジュミ

c4_201706280054459a1.png

ボクジャ‥怖い・・

c5_20170628005711333.png

c6_20170628005713227.png

アジンも怒っております。

・・・・・・・・・・・・第3話を観終えての感想・・・・・・・・・

パク・ボジャ演じるキム・ソナさんバッチリ
もうボクジャが凄すぎる(笑)
会長に接する口調、アジンに対する態度
ジュミに対する態度と幾通りもの演技で楽しい~~

アジンの生い立ちなどもチラッと出て来て
彼女の夫は隠す自信満々で不倫
それを全然気づけない彼女、
それがこうなってと・・これから面白くなるのでしょうね。

そうそう、ボクジャは本当に前科者だったんだ・・
過去のことなどもこれから出てくるのかな?

このドラマ好きです(o^―^o)
ボクジャを演じるソナさんもナイス!

・・・・・・・・・・・・追記・・・・・・・・・・・・・・・・










Posted by zukka  on  | 0 comments 

上品な彼女「第4話」

(韓国語は分かりません。英語字幕を自己流で訳しています。間違いはご容赦ください)

会長から買ってもらったボクジャの猫の顔が・・・
わざと不細工な(猫ちゃんごめん)猫をキャスティング!?

ウ・アジンに「何やってるのよ!」と怒鳴られて
ガンガン怒られるボクジャ

a1_20170628073601a92.png

ジュミ姉は猫アレルギーで、義父(会長)も知っているはず
ボクジャがこの家を出ていくとき猫も連れて出ること。
猫は1階へは出さないようにと強く言われる。

a2_2017062807360355d.png

アジンはボクジャが数日中には猫を連れて出ていく、
彼女は出ていくしかない、
義父の誕生日の準備をボクジャ自身がした後、出ていくことになっている
と話すが、どうしても彼女が我慢できないと訴えるジュミ姉に
アジンは会長がボクジャの借金を払ったことを話す。

a3_20170628093333116.png

a4.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウ・アジン家の家政婦がパク・ボクジャの話をミセス・チョーから聞いたと

m1_20170628101819f89.png

今日はもういいからと仕事を終えて貰い
家政婦の双子の孫へ服のプレゼント
アジンさん・・ここでも細やかな気遣いで・・流石。

・・・・・・・・・・・・

ジフのアートレッスン、勿論お迎えはジフ父

m2_20170628102453647.png

先生とジフ父の怪しい雰囲気を目撃する娘ジフ・・

m3_20170628102455e8e.png

帰りの車の中での会話も娘は歌詞の意味解釈を現実にたとえ
ジフ父は何のことやらさっぱりで、娘について行けず。

今日1日疲れたと母親にギュッとハグされる娘

z1.png

ムーンリバーの音楽がBGM♪

z2.png
z3.png
z4.png

翌朝

z5.png

・・・・・・・・・・

チャ・ギオクの携帯へメールが来た。
「あなたの夫は他の女とデートしています」

z6.png

病院のスタッフにメールを見せて、「これなに?」と聞くが
「分かりません・・」とかわされた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

7.png
8.png

一晩ですっかり猫を気に入った会長

9.png

「猫を手放さなくてはならないなんて、胸が張り裂けそうですよ」
「ジュミさんは猫が嫌いだというじゃありませんか・・」
「猫を処分しろと言われました」
「処分?猫は物か?」と会長

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「心の教室」のトピックは「思い出」

15.png

カン・ギホが自分の妻との思い出を語った。
彼女との最初の出会いは私たちが大学の新入生の時。
彼女が手袋をしていて、その手袋を取ると、とっても小さな手なんです。
「なぜあなたの手はそんなに小さいの?」と尋ねると
「ナムイサ(あなたに関係ないでしょ)」と答えたんです。
今でも、手袋を見ると彼女を思い出します。

16.png

ウ・アジン
私が8才の時に父が亡くなりました。
父を思い出す2つの事があります。
私が4才の時銭湯へ男湯へ一緒に行ったこと。
もう一つは、折鶴です。
父が鶴の折り方を教えてくれました。

17.png

私が7才の時で、それは少し難しくて何度も何度も失敗して
やっと折鶴が出来たんです。
その時父は、「本当の鶴を作ろうか?」と言ったんです。
その時の自分の気持ちが私の思い出なんです。
父は本当に鶴を作りたかったんだと思う。
折鶴を見ると父を思い出します。

18.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いきなり、ジムのトレーナーにグラスの水をかけるボクジャ (;゜0゜)
続いての荒い言葉も Σ(゚□゚(゚□゚*)

20.png

話を要約すると
彼がジムをやりたいとお金を要求してくるのでボクジャが怒っている。
彼が悲惨な生活していたころ、彼女が助けていたみたい。
それがあの詐欺で刑務所へ入った理由のよう。

22.png

ウ・アジンに自分の過去、刑務所にいたことがバレた。
とにかく今はじっと静かにしていなさい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらのお二人はこれから何か進展・展開があるのか?

23.png
24.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらの不倫カップルは、アン・ジェソクの話をしてる。

25.png

綺麗な奥さんがいても浮気するのね・・とオ・ギョンフィが言ってますが
アン・ジェソクの相手のことはまだ知らないのよね!?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ティッシュの箱を大事に抱えて爆睡中、アン・ジェソク
部下に起こされて

30.png

「専務、働きすぎじゃないですか、家に帰って休んでください」に・・
「どっちの家?」って (笑)
ホント、おバカ・・・だけど、浮気を隠すことだけは上手いよね(;''∀'')

翌朝、まだベッドにいるアン・ジェソク、お疲れのようですね・・
アジンに無理やり起こされ、早く自転車へ・・と送りだされる(笑)

35.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

パク・ボクジャは会長の為に調理中
「会長はアワビの肝は食べませんよ」「臭いが嫌いで」とミセス・チョー

10_2017062911123414b.png

ボクジャ「これからは全て食べて貰います」

お薬を飲ませ、スキンシップをタップリ・・
「髪を染めましょう」直ぐに白くなるからいいと言う会長に
「若返りますよ、会長も男ですよ・・」

11 - コピー

それとなく色気仕掛けで迫るボクジャ (;''∀'')

12 - コピー

チョーさん? ボクジャはミセス・チョーを探すが彼女は見当たらない。

13.png

ミセス・チョーはアジンにボクジャの事を話していた。

「私が一番恐ろしくて変だと思うのは、彼女は私と話すときはソウルの標準語で話すのに
会長と話す時は故郷なまりなんです、まるで俳優のように」
「私が彼女の部屋を掃除していた時、変な物を見つけたんです」

21.png

「彼女からは、絶対に誰にも話すな、
もし話したらただじゃおかないと言われたんですけど」
「会長と家族に関する書類があったんです」

16_201706291430410c0.png

「詳しくは分からないんですが、会社の不動産規模・・テサン会社の名前がありました」

アジンから「誰にもこのことは話さないように」と言われ、
「勿論です」としっかり答えてましたけど・・
↓こちらで、早速話してますね チョーさん (;''∀'')

17_20170629144201604.png

ミセス・チョーがアジンの事を
彼女が義父を完全にコントロールしているの。

18_20170629144346768.png

アジンは会長にボクジャのありのままを伝えた。

「もっと調べて人を雇うべきだったのに、私が間違えました。申し訳ありません」
「まさか」
「彼女は明日の会長の誕生会が終わり次第出ていきます」

「お聞きしたいことがあります」
「なぜ、彼女の借金を払ってあげたのですか?」
「もしかして、彼女を介護人以上に考えておられたのですか?」
「自分の金のことだ、お前がなんだ」
「お父様、そういうことではないです」
「出ていけ」「もう面倒だ」

ボクジャが会長の部屋へ来ましたが、入るなと会長に言われた。

・・・・・・・・・・・・・

ミセス・チョーとベッドメイキングをしながらここの家族のことを質問するボクジャ

20_20170629152445e29.png

私よりもあなたの方が良く知っているんじゃありませんか
調査されてたじゃないですか
そして、会長の誕生会後出ていくんですってね。聞きましたよ。
私たち他人の家を掃除する同じ使用人じゃないですか・・

ボクジャの反撃
「黙りなさい!」
だからあんたは下流生活から絶対に抜け出せないのよ

ひとり息子の失敗で多額の負債があるそうね
娘の腎臓透析の為にもっとお金が必要なんでしょ。 
これ程度の調査をしたってあんた、知ってるでしょ。

22_201706291557454b9.png

「私は絶対この家を出ていかないわよ」

23_20170629155858a81.png

「だから、ふざけるな」

・・・・・・・・

やってきたのはこの家の長女アン・ジェヒ。
アン・ジェソクの姉、ウ・アジンの小姑。

24_20170629160549f45.png

挨拶会話をした後
「それで介護人のおばさんは?」

25_20170629161029984.png

「私たちの父の好みのタイプじゃないわ」
「欲をかいちゃだめよ」
「父はもう必要ないから私のような蛭は」

26.png

27.png

1人しかいない姉が帰って来たのに弟は?
彼は仕事が忙しくて・・

ですが、彼アン・ジェソクさんはユン・ソンヒ宅でハチャメチャ(笑)

30_2017062916503194c.png
31.png
32.png
33_201706291650355d1.png
34.png

・・・・・・・・・・・

会長はボクジャが飲ませようとした薬を取り上げて自分で飲む。

40.png

翌朝、会社へ出かける会長、見送りにボクジャの姿はなし

アン・ジェヒがボクジャに朝食を作れと言うが
自分は介護人でその仕事は出来ないとなまって答える。
それでもいろいろ言ってくるアン・ジェヒに困ってウ・アジンに聞くと
彼女はボクジャはもう解雇された人なのでその仕事は出来ない。
私が朝食を作りましょうと・・・
それを聞いて複雑な表情のボクジャ。

41.png

会長のネクタイを見てため息をつくボクジャ

50.png

会長にネクタイを選んであげたのだけど、
彼は彼女が選んだものとは別のネクタイを自分で締めて行ったのですね。

52.png
53.png
54.png

彼の顔もこわばって・・

パク・ボクジャさん・・・何を考えていますか・・・

55_201706291739520b5.png

・・・・・・

アン・ジェソクの方は妻アジンにコーディネイトしてもらっています。

56.png

最近、若い女性とカフェで食事したでしょ?誰?
とアジンに聞かれて、間違いじゃないか、最近忙しいのに・・
おかしいわね、「TAKE TWO」に居なかった?よく行くじゃない。
アッ、あの女性、他の会社のマーケット担当者でいろいろ聞かれたんだ。

57.png

まだ疑ってはいないようアジンさん
でも、だんだんと綻び初めているよね・・バレル日も近そう (^^;)

会社の会議が終了後、アン・ジェソクが会長に話すんだけど
その話がホント彼らしいなーというおバカさで笑った。

介護人と一緒に寝るところまで行ったのに、追い出すのは人として酷いのではないか・・
一度会って挨拶したいと言うアン・ジェソクにその必要は無い!
それでなくても彼女の事に触れて欲しくないのにってところでしょう。
アン・ジェソクは何も知らないのか、(;'∀')
ロミオとジュリエットじゃあるまいし、何で会っちゃいけない・・って (笑)

58.png

誕生会のテント設営を2階のベランダから見ているボクジャ

60.png

彼女の携帯に「準備出来た」のメールあり

61.png

何か企んでますね・・ボクジャさん・・(~_~;)

・・・・・・・・・・

ボクジャは会長と二人で話せる状況を作った
彼の髪を染めながら、彼女は話し出す。

62.png

娘がいたんです。
娘の父親はいなく、私が1人で育てていました。
けれど、7年前「白血病」と診断されたんです。
骨髄移植には60000のお金が必要、けれど私は60000も持っていなくて
600でさえ持っていなかった。
娘の命を救う方法は、それしかなくてそれで
してはいけないことをしたんです。

63.png

刑務所にいたのはそのためだったのです。

「なぜ、早くに言ってくれなかったんだ」
そんな、言えませんよ・・

65.png

会長、元気でいてくださいね。
ここを去りますけど、会長からお借りしたお金は必ず返します。

いいよ、心配するな、返す必要はない。

いいえ、人間の義理があります。
会長が一生懸命働いて得たお金をこんな形で頂いてはならないでしょう。

会長はまた心を動かされたみたいです。
だけど、この話本当のこと!?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

会長を先に送り出すボクジャ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

会長の誕生会が始まりました。
ケーキのローソクを吹き消す。72才おめでとう。
ジフのバイオリン演奏

ボクジャはゆっくりと念入りに化粧をして

70.png

誕生会では、ウ・アジンのパフォーマンスが始まった。

もう、ビックリ~~(@_@。 演歌に振付が~~最高~~(∩・∀・)∩ キャー

71.png
73.png
74.png
76.png
77.png
78.png
79.png
80.png
81.png

凄かった ♪───O(≧∇≦)O────♪
皆さん大盛り上がり。
ウ・アジン やるね~~

・・・・・・・・・・・

パク・ボクジャが会長の料理を作り運んできた。

90_201706292056203fc.png

会長の好物の「豚皮」です。

91.png

この豚皮に皆さん文句、文句ですが
会長は嬉しそう。

92.png

ボクジャから食べさせて貰い、
アン・ジェソクから座るよう勧められ・・テーブルについた。

93.png
94.png
95.png

ボクジャの仲間の彼が猫を離し、その猫を見たパク・ジュミが驚き席をたった。
テントが崩れて ボクジャは会長に覆いかぶさる ((((;゚Д゚)))))))

ボクジャの体を張った作戦だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・

パク・ボクジャはここにとどまる、と会長
それでも、彼女をここにおいてはおけないと言うアジンに
彼女のように誰が私を助けてくれるのか

車椅子から立ち上がりゆっくりと足を進める会長
彼女が私を立ち上がらせ歩けるようにしてくれたのだ。

96.png

驚く家族たち 

そしてパク・ボクジャはベッド・・・目を開けて・・ほくそ笑む Σ(゚д゚|||)

100.png

やはりボクジャの作戦でしたね。

猫を探しに来たボクジャ、

101.png
102.png

パク・ミジュが捨てた。

ボクジャは狂ったように猫を探す。

雨の中、外でやっと見つけたボクジャの猫

200.png

怒り狂っている、かなり怒ってる。
パク・ジュミの息子の部屋へ
「あんた、出ていきな!」

201.png

ウ・アジンの家に来たパク・ジュミの息子アン・ウンギュ

202.png

203.png

ウ・アジンが怒ってやってきた。
「あんた何考えってんの?!何やってんのよ?!」
「説明しなさいよ!」
「私なにかしましたか? 2嫁さん」
「目には目を。歯には歯を」
「彼女が私の猫を捨てたから、私は彼を出したのよ」

230.png

パク・ボクジャ!!!

止めなさい!

ここで止めなさい!あんた!

231.png

・・・・・・
パク・ボクジャ(キム・ソナ)のナレーション
この夜、私がもし彼女のことを聞いていたら
そしてそこで止めていたら
私は生きていただろうか


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

400.png


・・・・・・・・第4話を見終えた感想・・・・・・・・・・・・

面白い!!

ストーリー展開もリズムがあって引き込まれています。

ソナさんの多様な演技で、回を増すごとに、
パク・ボクジャ(キム・ソナ)が存在感を増していますね。
この役、かなりのハマり役だと思うわぁー。

今回はアン・ジェソクのガールズグループのパフォーマンス
そしてウ・アジンの演歌パフォーマンスと見所が盛りだくさん。
キム・ヒソンさんにはビックリで(;'∀')

ラスト、ボクジャとアジンの2人には圧倒、ド迫力でした。

おバカ振りのアン・ジェソクがやっぱりツボ・・(笑)
何気にまともな意見を時折発言されるし・・これからも要注目。

前から思っていたのですが、BGM、音楽が良いですね~
ピアノやパーカッションなど独特の音楽で特徴的なシーンがより一層印象的。
不気味な雰囲気が表現されて独特の空間が作られていると思う。


・・・・・・・・・2017.7.5追記・・・・・・・・・・・

kimsuna_official




ボクジャせ字は在席のケシだった... 地図今日分かった^^ふふふ上品な彼女メーキングフィルム...
長くてみな上げることがオプソン.. ニャオン... --
全体バージョンはjtbc上品な彼女ホームページあるいはhttp://m.tv.naver.com/v/1827678
こちらで見ることイッスムニダン^^感動です...
その時その記憶. ウル少しの間だけでも思い出...
思い出すようにできるようにして下さった私たちプムィニョすべての方. 製作スタッフ皆さん^^ Miss......





Posted by zukka  on  | 0 comments 

上品な彼女「第5話」

(韓国語は分かりません。英語字幕を自己流で訳しています。間違いはご容赦ください)

本物の人形を持てず、紙人形で遊ぶ女の子
その子を連れて行くのはパク・ボクジャ・・
この子は?
彼女の娘なのかな?

60_2017070219533522e.png
61_20170702195336988.png

パク・ボクジャ(キム・ソナ)のナレーション
가질 수 없는 건.. 애초에 알지도 말았어야 했다.
持つことができないのは.. 初めから分かることもやめるべきであった


63_201707021959190ad.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ボクジャのいる病院へ向かおうとしている会長の車を停めたアン・ジェヒ(会長の長女)
ボクジャは家にいることを伝える。
そして、自分は離婚をするので早めに遺産が欲しいと会長(父)に話すが
何を言っているんだと言われてフェードアウト。
彼女は離婚するんですね。

・・・・・・・・・・・・・・・

ウ・アジン
「パク・ボクジャ!!!」
「止めなさい!」
「ここで止めなさい!あんた!」

パク・ボクジャ
「なにを止めるの?」
「私じゃなくてパク・ジュミでしょ」

64.png

65_20170702201542faa.png

興奮状態のパク・ジュミをこの場から引き離して
ウ・アジンはパク・ボクジャに「出ていけ」
「約束しましたよね、義父の誕生会が終わったら出ていくと」

ボクジャは
「この家から出ていきません、一歩たりとも」

66_20170702202815640.png

それを聞いたアジンの表情が・・

67.png

ここで固まったアジン

やっと、呆れたように聞く「なにが望みなの?」
「欲しい物言ってよ」

緊張感あふれるこのシーン、
さてボクジャはなんと答えるのか・・緊張して待つ
「私が欲しいのは・・」と彼女が答えようとしたとき、会長がやって来た。

68.png

ウ・アジンと夫ジェソク
ジュミ姉の息子がボクジャに追い出されたのは、
ジュミ姉がボクジャの猫を外へ捨てたからだとジェソクに話す。
ジェソクは「それはジュミ姉が悪いな」って即答(笑)
なんか、やはり彼はオカシイ

70_20170702212125af4.png

ジュミ姉は私たちの家族でしょう。家族の側に立たないと。
朝の自転車運動の時間よ。と夫を送り出すアジン、
ウン、嬉しそうなジェソク・・(~_~;)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

パク・ボクジャへこれで終わりと給与以上のお金を渡すが
今までと事情が変わりましたよとお金は受け取らず
辞める気もないボクジャ。

80_201707022136461fd.png

この家と家族のことを調べたのでしょう、何のために?
まだ答えを聞いていなかったわ。

表情がガラッと変わりました・・パク・ボクジャさん・・

81_2017070221364896b.png

私の雇い主の事を知りたくて調べただけですよ。
誰のことを調べたに関わらず、私はこの家を出ていきませんよ。
私は今から、嫁2(アジン)さんの指示は聞かず
会長の指示だけ聞くことにします。
私は誰の指示も聞きません。

90_20170702215709631.png

・・・・・・・・・・・・・・・・

朝から二人でワインを飲みながらお風呂ですか(・_・;)」

バスタブが小さいってことで
アン・ジェソクは彼女のスポンサーだから家を買ってあげようって。
2人とも嬉しそう~

95_201707022204399b3.png

・・・・・・・・・・

こちらウ・アジンのお仲間のうちの2人
オ・ギョンヒとキム・ヒョジュ

100_20170702221127d7d.png

オ・ギョンヒが不倫相手のドクター(チャン・ソンス)から聞いた話をもとに
ウ・アジンの夫が浮気していることを話す。

・・・・・・・・・・・

キム・ヒョジュとソ・ムンタク夫妻
ウ・アジンの夫が浮気していると聞いた話を早速夫に話すが
段々とお互いの話へ・・結果痴話喧嘩。

101_201707022223050f1.png

・・・・・

ボクジャはミセス・チョーに嫁2(アジン)に告げ口しただろうと詰め寄る
次は許さないと釘をさすボクジャ

200_201707022231345fa.png
201_2017070222313559b.png

・・・・・・・・・・・・・

ウ・アジン宅の家政婦はジェソクの自転車ウエアの臭いが気になっている。

202_201707022231360b4.png

・・・・・・・・・・

ウ・アジンは誕生会の時のテント設営担当者から話を聞く。
我々はベテランばかりでミスは考えられない
もし何かあったとすれば他の誰かではないか
当日は大勢の人が居たので、監視カメラはないか?
で見上げると・・パク・ボクジャが・・

150.png
151.png

あの日、個人秘書の彼女がスマホで撮った写真に
ボクジャのお仲間の彼が写ってましたよね、これから発見されるのかな!?

・・・・・・・・・・・

チヤ・ギオクとキム・ヒョジュ

キム・ヒョジュがオ・ギョンヒからアジン夫のピルの話を聞いたことを話す。
それはチヤ・ギオクは知らなかった。
てっきり彼女からオ・ギョンヒは聞いたと思っていたのだ。
ここで、ねじれが出てきましたね・・(笑)
で、アジン夫の浮気の事も知らされる。

300.png
301.png

・・・・・・・・・・・

ウ・アジンは個人秘書に義父の介護人の事を話す。
あの誕生会での猫とテント事故の事など。
CCTVを確認してもあのテントだけ死角だったそうだ。

500.png

ウ・アジンがデザインしたドレスとバックはユン・ソンヒへのプレゼント。

1_2017070310100613d.png

娘のジフがアートコンクールで賞を貰ったお礼に。
ジフのレッスンも無料で引き受けてくれているのだとか・・
それ以上にいろいろお世話になっていますからと
先生のユン・ソンヒ。
でしょうね・・・(;'∀')

部屋を見渡すアジン
ソファの上に男物のTシャツ、洗濯物干しに男物のパンツ、
と目を止めるが・・

2_2017070310221995b.png
3_20170703102221809.png
4.png

特に自分の夫を連想するまでにはいたらずかな。

綺麗ね~~と彼女をほめて、アドバイスをして、とってもいい人のアジン。

5.png

・・・・・・・・・・・・・

パク・ボクジャは会長と同じベッドで朗読中
彼女のファッションが (・_・;) なんとも凄いけど・・
本を読みながら、自分の体の線を強調するボクジャ。

6.png
7_201707031030320e6.png

会長もボクジャの横でこの表情 (笑)

8_2017070310383315a.png

・・・・・・・・・・・・・・・・

ウ・アジンは数学塾の先生と会う。
塾生が多数辞めたため苦悩している塾長。
成績優秀のジフを塾の宣伝バーナーに使いたいと話す。
ジフ母も娘の成績が上がったのはこの塾のおかげと承諾する。
塾長の携帯にカン・ギホから連絡あり。
ウ・アジンへ話したいことがあるらしい。

ウ・アジンとカン・ギホ

9_20170703105002a86.png

あの女性の話だけどとカン・ギホが話し出す。
あの女性とはパク・ボクジャのこと、
彼に彼女の過去について調べて貰っていました。

彼女(パク・ボクジャ)は2007年に詐欺と横領の罪で1年半刑務所に服役した。
会社の経理を担当していたボクジャは会社の金3億を横領した。
共犯者がいたようだが、彼女は全部ひとりでやったと自白したそうだ。

10_201707031117470a3.png
12.png

パク・ボクジャは結婚してませんでした?
娘がいたと聞いたんですが。

確かに彼女は誰かと一緒に住んでいたようだが、子どもがどうかは分からない。
書類上、結婚した記述はない。

彼女は孤児だった。
10才の時に養子縁組をしたが、何らかの理由で離縁された。
高校を退学し、その後検定試験を取った。
施設のスポンサーの会社で経理担当としてしばらく働いた。
けれど、そこには2009年から2015年までの彼女の居所が何も記録されていない。

話を聞いたアジンの表情は固まる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

パク・ボクジャはオシャレをして出かけるところ
長女アン・ジェヒに声をかけられる。
帰りに家で着るパンツを買ってきてと頼まれる。
アン・ジェヒはここに居つくようだ。

13_20170703143106ffe.png

捨て台詞をはいて歩き出すボクジャ
数歩歩きだして、カクンとなったのはアドリブ!?
笑っちゃたわー!細かいところまで名演技。
ボクジャは高いヒールの靴を履き慣れてないよね。

14.png

ミセス・チョーに2人は一緒に寝たと聞いてビックリのアン・ジェヒ

18_2017070315054046f.png

・・・・・・・・・・・・・・・

お仕事中のアン・ジェソク専務

20_20170703151128c0c.png

何の連絡も無しに突然来訪のユン・ソンヒ

21_20170703151130fc3.png

部下にはあのアートデザイナーと紹介。

突然、こんな風に会社へ来たらダメじゃないかと言うジェソクに
会いたくなかった!?と彼女・・

アジンからのプレゼントのドレスとバック姿で堂々とアジン夫の会社へ
彼女のふてぶてしさが段々と鼻について来た(・_・;)

一度出ていった部下が戻って来て目撃された二人

22_20170703151131b95.png
23_20170703151132c05.png

・・・・・・・・・・・・・

ウ・アジンは友人のショップに立ち寄って
お願いした服を受けとる。
家族のことで心配が多く大変、
上流社会の大変さをチラッと話すアジン

Screens12.jpg

・・・・・・・・・・・・・・

整形外科奥様ギオクは、不意に病院へ
夫を探すが、今は難しい手術中とスタッフは発汗流しながら嘘を付く。
1時間後にまた来ることにした。

Screens_20170703154742001.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

市場で2枚で1000円のパンツを買うボクジャ。

もしこれがもう2つ0が多くついていたら、
金持は喜んで多く払いあのパンツを買うだろう。


54_20170703155650dea.png
55_20170703155651bf8.png

・・・・・・・・・・・・・・・

ユン・ソンヒはギャラリーオーナーの面接へ

ウ・アジンが彼女の義父の会社、ビジネスをこれだけ大きく成長させたのだと話す。
ギャラリーのオーナー。
彼女はウ・アジンが好きで彼女の推薦だから、あなたの絵をギャラリーに展示する。
あなたの作品はそんなに良いとは私は思わない。
とりあえず、6つ展示する・・・などなど・・
ユン・ソンヒへ渡した小切手の金額は1千万ウォン

66_201707031615434ac.png
67_20170703161544cdf.png

上流層の中でも最高位であろう彼女が行った先は占い師
ここでは自分の頭を下げる。

90_20170703162453cc2.png

・・・・・・・・・

クリニックのスタッフから奥さんが来たとのメールを見た夫チャン・ソンスは大慌て
車の中で手術着に着替え、モースピードでクリニックへ
妻チヤ・ギオクは既に待っていた。

80_201707031630571cd.png
81_201707031630593e8.png

ギオクはなぜ夫がアン・ジェソクに処方したピルの事を
オ・ギョンヒが知っているのか聞く。
彼はオ・ギョンヒがボトックスの治療に来て、その後友人も紹介してくれたので
話をする機会がありついつい彼女に話してしまったと。
直ぐに信じたギオク Σ(・□・;)
アン・ジェソクの浮気の事はギオクも知ることとなる。

88.png

自分のことは何も疑わず、ウ・アジンを憐れんでいた・・(~_~;)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ティシュボックスのデザインを見る会長。
また漫画か、気に入らない。
この漫画家か他誰かとデートしているのか?
デート?僕たちはただキスしただけで、デートなんて
と、キスしたことを自ら話しているジェソク(笑)
会社のことは我々でやるので、お父さんはここへくる必要ないですよ。
なぜ来なくていいんだ。こういった仕事をするためか?
ジェソクは強くアートデザインを推すがどうにも気に入らない会長。

210.png
211.png

・・・・・・・・・・・・

ペアで明るい色を選びましたよ。
ソックスもセットですよ。
全て色が逢っているんですよ。

あんた、私をからかって喜んでいるでしょ?

n1.png

どういう意味ですか?

私に何かさせるつもりでしょ?

それは完全にばかげてますよ。

これは“冷蔵庫パンツ”と言って、一度着ると他のパンツが着れませんよ。
着心地が凄く良いんです。

n2.png

そんなに良い物なら、あんたが着たら!

嫌ですよ。
何度も着ていたし、もう着たくないです。

それを聞いてムム・・のアン・ジェヒ

n3.png

・・・・・・・・・・・・

ウ・アジンは実家で休憩

娘のジフは車で移動中
個人秘書との会話で今日、祖母に会長の誕生日会の動画を見せると。
そしてジフが撮った他の動画もある。

n4.png


ジフを降ろして、メールで送られたジフが撮った動画を見る個人秘書
見ていると・・アッと何やら発見した様子。
そうそう、ボクジャの仲間の彼が写っていました。

n5.png

・・・・・・・・・・・・・

ミセス・チョーがこちらで一部始終報告しております。

m1_20170703180246d43.png

ボクジャの過去を知っても彼女に夢中の会長。
今まで、こんなことはなく、自分以外の人は部屋に入れなかったのに
なぜ彼女は?
美味しい料理に例えて、秘密のレシピはあるように
彼女のは秘密の何かがあるのよ。

・・・・・・・・・・・・・・

会長とボクジャは歩行器を使用しての歩行練習開始

x1.png
x2.png

会長が倒れる。
ボクジャが抱き留める。

x3.png

x4.png

大丈夫ですか?
と言いながら、ぎゅっと抱きしめるボクジャ(笑)

x5.png

そんなボクジャに会長は

「一緒に暮らさないか?」

x6.png

一応戸惑う表情を見せるボクジャ

「既に一緒に暮らしているじゃありませんか?」
「そうじゃなくて、夫と妻としてということだ」

z1_20170703181830187.png

「私は会長がまた健康になること以外の望みはありませんよ」
「私みたいな者が、どうして夫婦として暮らすなんて」

「元気になるよ、なればいいじゃない」

会長は立ち上がった。

その時のボクジャの顔が Σ(・□・;)

z6_20170703182453a29.png

ボクジャさん、作戦成功までもうすぐ・・とか考えているのかな (・_・;)

・・・・・・・・・・

アジンの実家
ジェソクに電話で来れないか聞くが、彼は仕事で重要な約束があるからと断る。
最近、仕事はハードで朝の自転車も一度も休まないと実母に話すと
まるで別人だと言われている。

そのジェソクはやはり・・浮気相手の家

z9.png

「泊まって」
「帰る、家で寝る」
「外泊すると妻アジンに殺される」
「なんで?」
「妻アジンのルールなんだ。家で寝なければならない」
「その女のルールは既に破られているわ」

x10.png

「その女が他の女とデートするなと言ってもあってるじゃない」
「もう、その女の言うことを聞く必要はないのよ」

「その女と言うのはやめてくれ」
といろいろ・・・・まあーここもケンカで
ジェソクは怒って帰った(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウ・アジンは動画に写っているボクジャの仲間を見つけた。
彼はテント側にいる。

q1_20170703190812b73.png
q2_20170703190813023.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

パク・ボクジャは会長に両親の事を聞かれ
父と母のことを話していますが・・うーん嘘でしょう?
確かカン・ギホの調べでは孤児で養子縁組したが
離縁したということだったが、その後養子縁組あったのか?

会長はボクジャが詩に詳しいので、優秀だと思ったようです。
彼女は幼いころから読むのが好きだった。

22_2017070319222642e.png

「それで、ミス・パクは他の女性と違うんだな」

会長が金庫から箱を取り出した。
それをボクジャへ渡す。

b1_201707031938167f0.png
b3_20170703193818269.png
b4.png
b5.png
b6.png

なんと ォ━━(#゚Д゚#)━━!! 豪華なネックレス
直ぐに付け、泣いた 泣いた ボクジャ

ウ・アジンはみんなを呼び寄せ動画を見せる。
そこへ会長とボクジャが来た。
会長へ話しかけるアジンだが、
会長が皆に話があると遮る。

3_2017070319505485d.png

「私はこの人と結婚するつもりだ」

ビックり、驚いた皆さん

f1_2017070319550546a.png
f2_2017070319550736e.png
f3_20170703195508494.png
f4_2017070319555423c.jpg

ニコニコのパク・ボクジャさん (*゚Q゚*)

f6_201707031955093b9.png

・・・・・・・・・・・第5話を見終えての感想・・・・・・・・・・・・・・・・・

とうとう、結婚というところまで行きましたねボクジャさん
彼女の過去も少しづつ分かって来ましたが
まだ謎が多く、ミステリーなところも面白い。
彼女の過去、詐欺横領の罪を1人で被ったこと何があったのだろう?
彼女は本当に子どもがいたのか?
その子は今は?

江南に住む登場人物さん、殆どが不倫してらして(笑)
オカシイよね~~

これまでのウ・アジンがどれだけ凄い人かって・・ホント素晴らしい女性。
卑しいというか意地悪なところがない。
なんでも出来ちゃうし。
この彼女がボクジャを採用したばかりに窮地へ追い込まれるのですよね・・
なんとも・・だけど、続きが非常に楽しみ (*´v`)

この第5話はそれぞれの登場人物たちの話でシーンの切り替えが多かったせいか
余り引き込まれることがなかった。
次回に期待。

ソナさんのコミカルな演技も見られて楽しかった。
キム・ヒソンさんもいいな。

Posted by zukka  on  | 0 comments 

上品な彼女「第6話」

(韓国語は分かりません。英語字幕を自己流で訳しています。間違いはご容赦ください)

嵐の夜、
会長がベッドで泣いている。
パク・ボクジャが殺害された。

101_20170704092857e35.png
102_20170704092859a31.png
103.png

第6話 嵐前夜

会長の爆弾発言「結婚するつもりだ」に
家族全員が反対の声を上げる。

パク・ジュミが結婚は個人の問題だけではないんです。
と言うと会長は「お前は口を閉じていろ!」と強い口調で。
興奮気味の会長にボクジャがとりなす。
「会長、結婚は一大事ですから私たちだけの問題じゃないですよ。」
「こんな風に怒っているのではなく、一旦家族の話も聞きましょう」

2_201707040953463af.png

「亡くなった義母の立場、以前はこの家族の年長者だった人です。
決して義父1人で決めてはならないことです」
「詐欺の前科がある人を家族にはできません」のアジンの発言に
ビックリする家族。

「彼女は勤めていた会社から金を横領した、だがそれは娘の手術のためだったんだ」
「理解できるだろう、みんな子供がいるのだから」
と会長はボクジャの前科に同情し擁護する。

アジンは家族に誕生会の時の動画を転送する。

301_20170704092855266.jpg
3_20170704102406521.jpg

アジン
何者かがテントが崩壊するように細工していた
偶然の事故ではなかった。
この事について調べる時間をください。

ボクジャが「警察に通報すべきです」と

1_201707041031141ca.png

ボクジャは自分が疑われないように先手を打ってきましたね。
誰かが会長を狙った犯行かもしれないと言い
自分が会長を守らなければと瞬間に思った、
ここで会長が1人で暮らしていくのは危険だと気付いたんです。
ムム、その方向へ話を持って行きましたか(・_・;)

1_20170704110456b86.png

アン・ジェソクが声を上げる
「なにを言っているんですか?」
「子供の中の誰かがやったとでも?」

2_2017070411103099d.png

「その可能性もないことはないでしょ」

「黙りなさい!」

3_20170704111032a38.png

「この家の子供ではないかもしれません」
「なんですって?」

会長
「私が結婚する人に対して誰であろうと許せない、黙りなさいとはなんだ」
「酷い人たちだ」

アジンがもう一つ動画があるのでそちらも調べてみると言う、
ボクジャの表情が変わる・・。
この問題が解決するまで結婚は待ってくださいと言うアジンに
結婚とどう関係あるのか聞く会長
アジンはボクジャが容疑者の1人だからと答える。
もし彼女が言うように家族全員が容疑者になり得るとするのなら
彼女も容疑者の1人なのです。そうですよね。
「なぜ、そんな事を彼女がするんだ?」
「なぜなら、この事故がきっかけで会長が結婚を決心したからです」
「それが目的だとしたら十分に動機があるでしょう」

600_20170704120850e53.jpg

「ウ・アジン、あなたはいつもこうなのか?」

話してください。ミス・パク。
「何をですか?」
「義父との結婚を考えませんでしたか?」
「ありませんよ」

4_201707041216000df.png

アジンがビシッと
「ですから、いかなる誤解も望まないならば結婚はしないと言ってください」

ボクジャ
「あのですね・・・会長を守りたいんですよ、だから結婚が必要ならします。」

アジン
「現在も介護人として会長を守っています」
「一線は守ってください」
「ここまでにしてください」

アジンが発言するたびに家族の皆さん、納得の表情。

パク・ジュミ
「義父さん、彼女はウンギュを雨の中へ追い出したんですよ」
「そんな女を私に義母として接すれと言うんですか?」

会長
「もしそれが出来ないのなら、ウンギュと一緒にこの家を出ていきなさい」

5_20170704123943fff.png

「出ていきます」

アン・ジェヒ
「お父さん、自分の孫よりその女の方が好きなの?」

会長はこの結婚を反対するのなら舌を噛んで死ぬ、葬式には出てくれるな。
もう私の子供はいない。いいな。と言って出ていく。

パク・ジュミは私が出ていけばいいのよ。と言って去る。

皆さん後はため息・・・

・・・・・・・・・・・・・・

アン・ジェソクは結婚するならしょうがないと
ウ・アジンはボクジャの目的は結婚だったのだから、
とんでもないと怒っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・

会長はボクジャと一緒に寝ようと、ニタリ顔 (笑)

ボクジャの会長落としの秘密はこれですね(^^;)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アジンは犯人は誰なのか、
ボクジャとの結婚をどう阻止するかで頭は一杯の様子

6_201707041305467ee.png

アジンに冷たくされたジェソクは
ケンカ中の浮気相手ユン・ソンヒのことを考えているのでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウ・アジンとチヤ・ギオク

自分の夫の実情は分かっていないが、お互い相手の夫の事は知っている友人同士。

01.png

ギオクが言いにくそうに
ジフ父が浮気しているらしいこと、彼女の夫がピルをアジン夫に処方した。
だが、それは妻アジンのためではないらしいと話す。

001.png

アジンは、それはあり得ないことと取り合わない。
彼は仕事で最近忙しいから彼自身が飲んでいるだろうと言う。
チャン院長(ギオクの夫)には冗談で話したのでしょう、そんなところがあるのよ。

0001.png

それより、チャン院長(ギオクの夫)の事を聞くアジン、
彼はモテルんじゃないとそれとなく聞くが
ギオクも自分の夫は大丈夫、私一筋だからと取り合わず・・。

全て知っている視聴者(ワタシ)からすると、なんともオカシイ
表面上、取り繕っての会話なのかしら ε=(・д・`*)ハァ…

・・・・・・・・・

002.png

アジンの家政婦がジフ父(アン・ジェソク)は今日、初めて自転車に乗ったようだ。
朝、自転車で出ていくのは自転車運動ではない。
彼が何をしているか調べるべきだと言う。

00001.png

アジンは家政婦から聞いていた話とチヤ・ギオクから聞いたこと、
ジェソクの反応などを思い浮かべる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

会長は家族に結婚を反対され、けしからん、けしからんと
2人で結婚しよう、子どもなどなくていいと
ボクジャが子供は・・
「私は会長の子供が欲しいです」
と言った言葉に驚く会長

123_20170704141011251.jpg
1234_201707041410129f5.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

チョン・ユミが特別出演、そのシーンは省略

101_20170704150109a95.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カン・ギホはアジンへメール、アジンは最悪の気分と返信

102_20170704150630586.png
103_201707041506321fb.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

パク・ジュミは宝石をリサイクルショップ(?)へ持ち込むが気持ちが変わって中止

104_20170704150809d79.png

彼女は家を出るのはやめるのかな!?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

99.png

パク・ボクジャは「江南奥様ご用達キッチン」(私が勝手に付けた呼び名)に料理を注文する。
だが、ボクジャが注文した食材の物は出来ないと断られた。
ボクジャは彼女に脱税していることを知っていると指摘する。

98.png

その時ボクジャが目を止めたのは鍵付きのドア、
(このドアの向こうに金庫がありました・・現金がたくさん積んであった・・)
そしてナレーションが続く

97.png

・・・・・・・・・・・・・・・

夫をわざと怒らせ、DVの現場証拠をエレベーターのカメラに記録させた妻オ・ギョンヒ

3_20170704152914b96.jpg

夫が不倫相手に車を買っていると連絡を貰ったキム・ヒョジュは散財。
そして友人前にも関わらず、若い男に電話し会う約束をする。

4_20170704152915281.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウ・アンジは個人秘書と会話
もう一つ動画があると言ったがボクジャの様子を探るための嘘だった。
ジフ父が浮気しているのではないか
家政婦から朝の自転車運動は嘘だから調べた方がいいと言われた件

90_20170704154330c42.png


個人秘書ジニがそれ2つ合わせると
朝自転車を乗る振りをして浮気しているって事ですね。

あらら・・・
「まさか」と一応アジンはつぶやいているものの・・(・_・;)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジェソクの職場にユン・ソンヒがやって来た。
電話に出てくれないからと

89.png

ソンヒが謝り、愛してると伝えて、直ぐに和解

88_20170704223248ffb.png

丁度その時、職場にアジンが来ていた。
ジェソク部下がなんとか取り繕いアジンを待たせる。

87.png

夫ジェソクは大慌てでアジンを迎える

86.png

突然のアジン来社に慌てて隠れるユン・ソンヒ

85.png

部下に後の事を頼んでアジンとランチへ

84.png

会長は順調に快復中、

83.png

会長の順調な快復に感動を表するボクジャ
それを冷めた目で見ているアン・ジェヒ

82.png

・・・・・・・・・・

夫とランチのアジンは
ピルを処方してもらったことを夫に聞く

81_20170704225630d27.png

驚くジェソク (~_~;)

なんでそんなに驚くの、本当に怪しいわとアジン

体に良いとドクターが勧めるから、最近忙しく疲れているしとジェソク

だけど、ドクターが浮気じゃないかと言ってるのよ、
なぜ私が聞かなきゃならないの
何やってんのよあなた~

80_201707042306072e8.png

ただの冗談だよ!

「ごめんね、ショックだったよね」
「ショックでは無いけど、恥ずかしかったわ」

「アジン、この世で女は君だけだ」
「空に2つの太陽がある、1つしかないんだ」
「You are my sunshine 」
「これからは、もっと気を付けて発言し行動する」

アジンが娘ジフに恥ずかしくないようにしてよと言い
彼はハイ、ハイ、もちろんと答える。

・・・・・・・・

3人で食事

79_20170704232532223.png

もし私がここから去ったら遺産はあなたが管理するんでしょとアン・ジェヒ

「お父さん、私は本当に今、お金が必要なの」
「夫が私の持っている全財産を使ったから破産同然なのよ」
「離婚した後の事を考えなきゃならないのよ」
「うるさい、私はびた一文出さない」
「お前は渡したお金を使うだけだろう」

この会話を聞いて、( ̄ー ̄)ニヤリ ボクジャ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ミセス・チョー
彼らが結婚したら、私はあの女の事をミセス・アンと呼ぶわけ!?

77_2017070423375631a.png

彼らの結婚を止める事は出来ないの?
全員が「出来ない」と即答(笑)

彼女はいくつだっけ?
妊娠したら?

まさか、会長は出来るの?で笑い・・(~_~;)

76_201707042344110fb.png

アジン宅の家政婦さんが
「そうなんじゃないの、だから結婚したいのでしょ」
ミセス・チョーが 「彼は立つ」で皆さん爆笑

・・・・・・・・・・・・・・

悔し泣きのユン・ソンヒ

75.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・

アン・ジェヒは家の門前から覗いている男を発見する。

74_20170705000546547.png
73_2017070500054453d.png

彼女はアジンから送られた動画を確認し、
テントの側にいた男と同じと気が付く。
今、CCTVに撮られたであろうから、警備会社に確認する事に。

ボクジャは共犯者、ジムトレーナーに電話する。
彼は他に動画があると聞いて気になってしょうがなくて来たらしい。
門の前のCCTVの事は考えていなかったらしく、しまったとう表情。
もし、バレたら、こう言いなさいとボクジャが教える。
パク・ジュミ(長男の嫁)の指示でやったと、
そうしたら、自分(ボクジャ)がジムをオープンしてあげると言う。

1_20170705144942727.png
2_20170705144944798.png

苦しそうな共犯者ジム・トレーナー
ボクジャはこちらから連絡するまで静かにしていなさいと警告する。

CCTVを確認したアン・ジェヒ(長女)とウ・アジン(嫁2)
アジンは男の顔をどこかで見たような気がすると考えている。

ユン・ソンヒ(画家)はジフのレッスン中

3_201707051506068ea.png

ユン・ソンヒに電話
その電話が終わったら今までとは別人、笑顔になった彼女。
その変化をジフも見逃さない。

アン・ジェソク(ジフ父)が来た。

4_201707051522071db.png

個人秘書のホ・ジニは
いちゃついているジフの先生(ユン・ソンヒ)とジフ父(アン・ジェソク)を目撃する。

5_2017070515283299c.png
6_201707051528347cc.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

キム・ボンシクがマーケットの駐車場で何者かに襲われた。
そして彼の妻オ・ギョンヒは警察ヘ
エレベーターの中のCCTV映像を警察へ提出することに。
彼女の不倫相手チャン・ソンス(ドクター)に夫を襲ったのか彼女は尋ねるが
自分ではないと言う。
キム・ボンシクを襲ったのは誰だろう?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アジンは動画の中の男性がジムのトレーナーだと思い出した。

彼に話を聞くアジン

9_201707051549467ae.png

誰を狙ったの?
パク・ボクジャさん、彼女が嫌いで家から出ていって欲しいと。
誰がやったの?
会長の長男の嫁、教授さん

ビックリするアジン

10_20170705155513f62.png

つまり、私の義姉ジュミが全て仕組んだと言うの?
はい
会長を傷つけるつもりはなく、パク・ボクジャだけだったのですが
これを私が信じるとでも?
彼女は完璧にパク・ボクジャを軽蔑しています。
ただ、パク・ボクジャは死ねばいいと話していました。
私の義姉とはどうやって知り合ったの?
以前、アン会長のリハビリに一緒に来られたんです。
そうね、前学校が終わったあと来ていたわ。
申し訳ありません、どうしてもお金が必要だったのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジフ父は車の中でジフに浮気しているでしょ?と突然言われ車を停めて
アイスクリーム店で娘ジフと向かい合う。

11.png

ジフは「ヘンゼルとグレーテル」の話をする。
継母に彼らは捨てられるが、本当に悪いのは実の父親。
継母が父親に子供たちを捨ててと言うと実の父親は実の子供を捨てた。
実の父親が最初から悪だったわけではなく、継母が彼を変えた。
男はいつも悪い女を選ぶ。
シンデレラの実の父もそうでしょう。

パパはそんな悪い父とは完璧に違うから・・パパは・・

13_20170705161719cd3.png

ジフはお母さんを傷つける人は誰であっても決して許さない。
それがパパでもと言う。

12_201707051620133d5.png

ジフはにっこりと笑ってアイスクリームをパパの口へ
パパ愛してると微笑む。
パパも
その前でジフ父は複雑な居心地が悪そうな・・

16_2017070516252509b.png
17_201707051625275d0.png

ジフちゃん凄いね~~お勉強はできるし、こうやって児童書から父親を説教しちゃうなんて
その後のフォローも完璧!
これで、ジフ父も考え直してくれると良いのだけど
そうはならないのでしょうね・・(~_~;)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジムのトレーナーと話が済んだアジン
彼女は彼の話を信じたようですね。
会長長女のアン・ジェヒからの電話に肝心なことは何も伝えず
一旦切りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

個人秘書ジニはジフ父と画家が二人でいちゃついていたことを家政婦へ相談する。
家政婦はアジンへは話さず黙っていた方が良いと彼女に言い聞かせる。
アジンが戻り、話があると言ってなかった?とジニに聞くが
彼女はなんとか話すことは回避した。
アジンも動画の男の話はせず。

110.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

112.png

ボクジャは彼に解決したか聞いた。
そしてこれから、自分が連絡するまで絶対に電話をしないこと
万一緊急な時は違う電話からすること。
ボクジャから電話するときは誰かの電話を・・ジュミ(長男の嫁)の・・。

51.png

彼女は以前住んでいたところへこれから行く予定。
2~3用事があるとのこと。
結婚おめでとう。とジム・トレーナーは言うが
まだその言葉は早い。とボクジャ。

私が電話するまで絶対しないこと!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

52_20170705173146ff9.png

ボクジャは故郷へ行った。
来週末、小さな結婚式を挙げるつもりだ。
彼女は結婚式前に故郷の親戚へ挨拶に行った。

53_20170705173148158.png

アジンはジュミ姉が気になる。

54_20170705174120dda.png
55_2017070517412245e.png

会長は再び、結婚式をすると宣言、
アジンが私が準備しますとはっきり言った。

56_201707051746065d4.png

喜ぶ会長。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

個人秘書のジニはどうしてもアジンにジフ父の事を伝えた方が良いと
アジンの所へ
ジフ父、彼がどう考えても怪しいと話し出すが
それを途中で停めるアジン
他の人から聞くのは嫌だから、自分で調べると言い。
ジニの心遣いに感謝する。

57_20170705180853bd9.png
58_20170705180855bd2.png

翌朝、

60_20170705181438573.png

ジェソクは早起きし、自転車・・

アジンもその彼の後を付ける・・

61_20170705181440b61.png
63_2017070518144170b.png
64_20170705181443b52.png

自転車運動はやはり嘘であったと確認したアジン・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ボクジャは友人に会いに来た。

70_20170705182524c02.png
71_20170705182526f15.png

彼女は唯一信頼のおける友人。
ボクジャは「パク・チョヒ」と言う名前で以前暮していたらしい。
パク・ボクジャという本当の名前を知っている人。

72_20170705182526d03.png

で、この彼女とこれから何やら・・・と言うことで・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アジンは実家に

80_2017070518371621b.png

お父さんとの思い出のレコードをかける。

81_20170705183717258.png
82_20170705183718ecb.png
84_201707051837200ad.png
85_2017070518372291e.png

お父さん、
お父さん、
どうしよう・・
お父さん、どうしよう・・

と泣くアジン( ノД`) 


・・・・・・・・・・・・・・・・第6話を見終えての感想・・・・・・・・・・

ラストのアジンには貰い泣きしてしまった( ノД`)シクシク…
アジンね・・辛いよね・・もういろんな事沢山抱えて
とにかく一生懸命やっているのに、夫がまさかの・・

個人秘書のジニも目を潤ませて泣きそうだったけど
アジンって本当にいい人だから、ジニの気持ちも分かる。

ジムトレーナーの彼の正体がバレたことでボクジャの企みが発覚するのか!?
と思ったけれど、さすがボクジャしっかり回避した。
それもパク・ジュミを犯人に仕立て上げるとは (゚д゚)!
アジンも信じたのよね・・。
ボクジャを殺害した犯人にパク・ジュミが近づいた?(笑)
毎回、誰がボクジャを殺したか気になって見ております。

今回の注目はアン・ジェソクの浮気をいつアジンが知るか?
これだった。
面白く見ていました(o^―^o)

次回も楽しみ~~


Posted by zukka  on  | 0 comments 

上品な彼女「第7話」 

「第6話」まで、出来る範囲でストーリーそのものを書いてきたが、
これから方向転換、簡単な記録にしていく (;'∀')
ちょっと疲れてきたもので (^^; 情けない

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「第7話」

501.png

ウ・アジンは朝の運動へ行く夫アン・ジェソクの後をこっそりと付け、
彼が何処へ入って行ったのか目撃した。

ショックを受けるアジン・・

502.png

・・・・・・・・・・・

アジンは個人秘書のジニに直接見たことをそのまま話してと言う。
ジニはジフ父ジェソクとジフの絵画先生ユン・ソンヒが男女のカップルがするような
スキンシップをしていたと答える。
どんなスキンシップ?に具体的に答えるジニ。

201_20170709142911197.png

「アジン夫はあの女と浮気しているんです」とはっきりと言うジニ

深いため息とともに涙を流すアジン・・

202_201707091432244ed.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ボクジャは故郷へ帰り、養子になって暮らしていた家を見に行った。
彼女はそこの家の家政婦の養子となっていたらしい。
奥様から娘の人形を盗んだと家政婦の養母が叱られ
施設へ戻しなさいと言われていた・・。
そんな昔を思い出し涙を流すボクジャ。

205.png
206.png
300_201707091808470bb.png

・・・・・・・・・・・・・・・・

アジンはボクジャに結婚式用の韓服をオーダー

304.png
305.png

家具選びも終わりお茶を飲みながら
家族のことなど話す、
アジンが自分の母親は自分にとっては宇宙であったと、
ボクジャも母親になりたいと言うのを聞いて、
ビックリし呆れるアジン、
ボクジャは孔子も80を超えて得られた子とし
晩年に産んだ子は頭がいいらしいと話す。
この時のBGMというか効果音がぴったりで
いつも思うけれど、このドラマは音楽も冴えている♪

306.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夫の浮気を確認したアジンは反撃を開始。
まずは、夫の自転車のタイヤをパンクさせた。
その自転車に乗った彼は足を怪我。
アン・ジェソクは結果
毎朝、自転車運動を口実に彼女ユン・ソンヒに会いに行けなくなった。

303.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

娘ジフは母アジンが大好きで
母はいつも娘を温かく抱きしめる。

307.png

絵画レッスンを辞めて欲しいとアジンがジフに言った時、彼女は直ぐOKする。
ジフは母が辞めて欲しいと言うそれなりの理由あると
心で分かっていて、母の事を思っている娘。
そんな、ジフにごめんねって謝る母アジンだけど、ジフは謝る必要ないよって
この2人を見ているとウルウルしてしまった。

308.png
309.png

・・・・・・・・・・・・・・・・

アジンは“MATE”の弁護士カン・ギホに会長とボクジャの「婚前契約書」を作成して貰う。

結婚後、ボクジャには一斉の財産に関するいかなる権利も持てない。というもの。

301_20170709180849581.png
302.png

その内容を聞いている時のボクジャの表情は悔しそうだけど・・

310.png

アジンの「ボクジャさん言ってましたよね、会長を守ること以外に興味はないと」
の言葉で、一転、ササッーとサインを終えた.。

311.png
312.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウ・アジンがアン・ジェソクとユン・ソンヒをランチに誘う。
ジェソクとソンヒはお互いにアジンとのランチだと思って来たので
3人が顔を合わせてビックリ。

313.png

アジンの質問に正直に答えるユン・ソンヒ
「私たちは愛し合っています」

314.png
315.png

「これからも私の夫として娘の父親として家族でいたいのであれば、
ここではっきりと決めて、この女と会い続けるの?」
と夫ジェソクに言い渡すアジン

316.png

アン・ジェソク「会わない」

317.png

娘ジフのレッスン料と言って小切手を渡すアジン
ユン・ソンヒに向かってガンガンと言葉を吐く
それに黙っていないソンヒだが、ここはアジンがガツンと頑張った。

330.png
331.png

332.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジフが画家先生へ最後にプレゼントを置いて来たっていうのが
このスケッチ(笑) 流石ジフ。

333_20170709212244543.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アメリカへ追放された長男アン・ジェグが帰って来た。

パク・ジュミの夫

350.png

会長は彼を見たとたん、「出ていけ!」と怒鳴る。
とりなす、ボクジャを見下すアン・ジェグ

351.png

352.png

私はアン会長の妻になるんですよ!と強くはっきりと言うボクジャ
彼女は凄い (-_-;)

353.png

・・・・・・・・・・・・・・・

ついに、会長とボクジャの結婚式当日。

400_20170709215324bef.png

とうとう結婚に漕ぎつけたボクジャさんですね。

401.png
402.png
403.png

パク・ジュミはボクジャが義父と結婚したことで、この家にいるのは
耐えられないから出ていくつもりだと言っている。

600.png

アジンは義父の誕生会での事故の事を聞こうとするが、
気持ちが変わって止めた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

おそろいのサングラスで(*^-^*)、新婚旅行へ出発のお2人

601.png

旅行を終えて帰宅のお2人、迎えるアジン

602.png
603.png
604.png

会長の妻として早速動き始めたボクジャ。
これからは物事の決定は自分がする、
指示に従うようミセス、チョーへ言い渡す。

605.png
606.png

アジンへは、新しい家政婦(メイド)が必要で自分が手配したと話すと
ボクジャの友人、あの彼女がやって来た。
(なるほど・・家の中に味方を引き入れたのね!?)

607.png

「新しい人を家に入れるときは最初に相談してくれないと・・」というアジンに
「時間が無かったもので、ジフママ」と返すボクジャ。
うわッ ( ゚Д゚) ここでジフママと来ましたね・・。

「履歴書は持っていますか?」
「そんな物は必要ないわ、私を手伝ってくれる人で私が注意するから」
そして、ボクジャは
「これから、この家の管理は全て私がやりますから」
「ジフママ、これまでご苦労様」

609.png

アジン
「亡くなった会長の最初の奥さんの命日をご存じ?親戚の電話番号はご存知?」
「あなた、この家の管理をしたいですって、私の助けなしで出来るのかしら?」
「手伝ってあげるわ。」
「ゆっくりやりましょう」

608_20170710112853c9d.png

ボクジャ「そうですね、ゆっくりやりましょう」

610.png
611.png
612.png

・・・・・・・・・・・・・・・・第7話を見終えての感想・・・・・・・・・・

なんたって、ラストの2人、ボクジャとアジンの攻防が強烈 w(゚o゚)w
一瞬で会長夫人、家の管理はこれから私がやります!って
黙って従っていられないアジンもしっかりやり返し
バチバチと二人の火花が見えるようだった(笑)
このシーンで言えば、アジンの味方をしてしまうわ、私(笑)
ボクジャが憎らしく見えましたね・・。

と、やはり会長と結婚までこぎつけたボクジャ。
会長はボクジャの言いなりです。

そして、心配なのがアジン
夫ジェソクの浮気を知って3人で会う。
浮気相手の画家ユン・ソンヒへガツンと言い渡し
夫へも娘ジフと冷たい態度で接するが
大丈夫かな・・。

今回は新しい登場人物が2人
長男のアン・ジェグとボクジャの友人が家政婦として会長宅へ。

次回からは会長夫人としてのボクジャで登場か、それも楽しみ(゚∀゚)

//////////////////////////////////////////////////


Posted by zukka  on  | 0 comments 

上品な彼女「第8話」

701.png

ボクジャが連れて来た友人、会長宅の新米メイドになった彼女。
お高いお皿を割って・・大変そう・・
ボクジャの事も昔の名前で呼び、まだ習慣が抜けないと・・
気を付けるよう、ボクジャに注意されている。
上手くやってくれれば、手厚く世話をするわよと。

702.png
703.png

アジンはチャリティーバザーをテキパキと切り盛り

704.png
705.png

706.png

代表(チョン・スギョン)に会いに来たユン・ソンヒ
彼女を見出し紹介したのがアジンだったのよね・・なんとも(~_~;)

707.png

・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、アン・ジェソクは太陽だけではなく人生には月も必要だ・・・と
ユン・ソンヒの事を思っている。

708.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Pungsuk-jung(江南奥様ご用達キッチン)
誰と誰が不倫していてなど詳細に
あらゆる情報・ゴシップはいち早くここで語られる。
ボクジャが雇った新メイドの事も既に皆さんご存知。

706_201707102005404f9.png

けれど、アジン宅の家政婦は口が堅いので
ジェソクが浮気をしていることは誰も知らない。

707_201707102013179f4.png

金庫で厳重に保管しているこのソース(?)も誰も知らない秘密だとか
キムチの隠し味かな!?

708_20170710201844f86.png
709.png

新しいメイドさん・・
長女の事をため口で「お姉さん!」と呼んできつく注意され

710.png

「お嬢さん」と呼びなさいと言われ、吹いている(~_~;)

711.png

・・・・・・・・・・・

アジンはパク・ジュミに義父誕生会の事故のこと、
ジムのトレーナーから聞いたことを話す。
呆れ怒るジュミ、警察へ行こうと怒る彼女をまずは説得するアジン

720.png
721.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

義父の結婚の件でお世話になったお礼に、
カン・ギホ弁護士へ詩集を贈るアジン。
お金ではない価値あるもので気持ちを表したかった。
“MATE”だから・・。
詩集の一節
「雲が晴れて太陽が映れば、その太陽は君になる。」

723.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

豪華に着飾ってホテルスパへご登場のボクジャ (*゚Q゚*)

800.png

ウ・アジンが事前に手続きを済ませてくれている。

810.png
811.png

前にも来て頂いてますよね?のフロントの言葉に
いいえ!初めてです!と強く答えるボクジャ

812.png

映像は足元から

813.png
814.png

なるほど・・彼女はここで働いていたのね。

そして映像はまた足元から

815.png
816.png
817.png

大変身となったわけですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジニはアジンに最近どうかと尋ねる。
一日一日ジフのために我慢しているというアジン。

2011.png

夫のジェソクはそのころ
ユン・ソンヒのアパートの前で窓を見上げていた。
この泣き顔で (~_~;)

2012.png

彼が車でかけた音楽がこれまた、ピッタリの演歌なんだ♪

でも、酷い奴だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

義父誕生会の事故の件を話している。
とにかく団結してことにあたろうと・・

3012.png

その彼女たちの話を盗み聞き中の2人

3013.png

そして、何やら企んでいる2人

3014.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

家政婦さんたちも集まってお話し中
新しいメイドの事を・・

410.png

アジン宅の家政婦さん、思わずアジンの事を言いそうになってジニに止められる。
危ない、危ない。

411.png

・・・・・・・・・・・・・・・

ボクジャはカラオケ、ホームシアター
そういったものをお金持ちは持っているのではと会長に話す。
欲しいのか?と聞く会長に、
会長の体の為にいいのではないかと思ってと。

56_20170710220439232.png

ボクジャは歌を歌ってみましょうと披露する。

57_20170710220441672.png
58_20170710220441e03.png
59.png

Screenshot2017.jpg

芸達者のソナさん、踊って(前違う回)歌って素晴らしい~(^▽^)/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アジンは遅く帰って来た夫ジェソクに話があると言う。
この惨めな生活は全てジフの為に我慢しているとアジン。

70_20170710221659929.png

GPSで位置追跡する。
ベッドは別にする。

1000.png
1001.png

夫ジェソクはますますユン・ソンヒが恋しくなるかも Σ(´Д`*)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長女が使用しているゲストルームを
カラオケ、・ホームシアターを置く部屋にするので出て行けと会長。
ボクジャはそういう部屋の事を「multi-plex-room」と言うんですよと余裕の発言。

21_20170710223607400.png
22_20170710223609bda.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ユン・ソンヒとの今までのメールのやり取りを見て泣くアン・ジェソク

29.png

ああーなんて奴だ!

方やアジンはこんなに家の事も頑張っているのに・・。

家族の誕生日や忌日を記録した紙をボクジャへ渡すアジン。
全ての事を任せます。

30_20170710225802b19.png

ただ一つだけお願いがあります。
義兄の息子ウンギュの世話をお願いしたい。

ボクジャは「ジフママは本当に..他の人と違います。」と言う...

31_201707102258037b2.png

本当にそうだよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ボクジャは会長の体のためと自らウナギを手づかみ Σ(゚Θ゚)

10_20170711082402140.png

美味しいい! と言いながら嬉しそうに食べる会長

11_20170711082404115.png
12_201707110824059a3.png

ボクジャが母親になるのも夢ではないかも(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

会長宅のメイド(家政婦)、お2人。

14_201707111357549ca.png

ジュミ(長男嫁)とジェグ(長男)は結婚当初からうまく行っていなかった。
と聞き出す新メイド
ミセス・チョーは彼女からボクジャの事を聞き出そうと・・
自分がこの家の誰よりもいろいろなことを知っているから
この先自分が必要になりますよ・・とアピールするミセス・チョー。

13_2017071108355328e.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

チヤ・ギオクは夫(チャン院長)の浮気を突き止めようと
彼の携帯からクリニックスタッフとのメールを見つける。
スタッフに問い詰めるも、院長は疲れてホテルで休んでいるだけで
そこに連絡を入れた。と言い何もつかめず。

15_20170711140528387.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

法事等の一斉を会長の妻となった自分がすると言うボクジャに
ウ・アジンが上手くやっていた、彼女にそのまま任せた方良い。
「あの子が几帳面で質素に上手だ。賢い。」と言う。
ボクジャは冷たく急変した・・。
そんな彼女をちょっと不審そうにみた会長。

33_2017071023192690a.jpg
34_20170710231927d12.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アジンとジフ母娘はいつも仲良しで微笑ましい(o^―^o)

16_2017071114171825d.png
17_201707111417205f4.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんと、アジンがカン・ギホへお礼にあげた詩集は彼が書いたものだった(;'∀')
そんなことを話してます。

18_20170711141918973.png
19.png
20_201707111419208e6.png

このお2人“MATE”ってことなんだけど、相棒とかそんな意味かな?
アジン夫と違ってこちらの彼はインテリで誠実そう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長男が帰って来た。
父に言いたいことは沢山あるが、亡くなった母の事を思って・・と
父(会長)は「お前は人を殺した!」
長男は「私は殺していない!」
「事故だったんだ!何度言ったらわかってくれる?」

21_2017071114471591c.png
22_201707111447178b1.png

父(会長)はそのことは信じようとしない。
「自分の息子の話をなぜ信じられないんだ」と長男・・

長男の嫁ジュミも目を覚まし
ボクジャも様子を見ていた。

怒る会長は頭に血が上り、くらくらと倒れそうになったところへ
ボクジャが助けに行く。

長男に向かってボクジャが言う。
この家で妻と息子と一緒に暮らしたかったら、今から口を閉じな。
私はここの頭、会長のあんたの父親の妻なのよ。
もう一度、こんなことがあったら、
あんたの妻と息子をこの家から追い出すわよ。
最後の警告よ。

23_2017071115023391a.png
24_20170711150235a3e.png

長男を止めに入る嫁のジュミ。

25_20170711150236229.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・

猫が写ったので、そういえばボクジャの猫を見るの久しぶり~
猫いましたよね、思い出した。
2階でハウスに入っておりました(o^―^o)

30_201707111728486f3.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

兄と妹の会話

35_2017071117410332e.png

父(会長)の会社の株持ち分は52%
弟ジェソクは多分10%
長男は会社には興味はなく、欲しいのは現金、
ビジネスのアイディアが閃いているとか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

電話で
「こんな別れ方でいいの」「私たち愛し合うんじゃない?」
と話し、泣く2人・・

366.png
337.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アジンはソンヒとジェソクがジフを連れて車で出かける夢を見る。

350_20170711182043f89.png

朝早くボクジャから電話があり、
夫(ジェソク)とちょっと出勤前に来てほしいと。
夫の部屋へ行くとベッドは空。
車に乗って去るジェソクを追いかけながら絶叫するアジン。

351_201707111820458f8.png
Screen.jpg


・・・・・・・・・・・第8話を見終えての感想・・・・・・・・・・・・・

ボクジャが会長の妻になった途端、それらしく振舞う姿が
とにかく凄ーい Σ(゚Д゚) っていうのがこの回の第一印象。

で、アジンとジフの母娘がとっても良い(^▽^)/
それなのに、ジフ父、アジン夫のジェソクが・・・
彼はおバカキャラで面白かったけど、
画家ソンヒの事がそれほどまでに好きだったのか(~_~;)
ソンヒを思って泣いてばかり・・またそれがおバカっぽいけど(スミマセン)

いきなりだけど、アジンとジフは穏やかな家庭で幸せになってほしいな。

会長家の子ども、長男、長女、次男ってホントどうしようもない人ばかり
まードラマだから・・(笑)

アジンのヨガ仲間で美容外科院長の妻チヤ・ギオク
彼女が夫(院長)の浮気事実を見つけるか?ってところだったけれど
スマホを盗み見している時はドキドキした(笑)
クリニックのスタッフが上手くかわして、
このスタッフが雇い主(院長)に忠実で。
さて、次回は妻ギオクにばれるか?

ボクジャの猫を久しぶりに見た。
ソナさん猫アレルギーだそうで(知らなかった)、
猫を抱いているシーンとか、台本通り頑張って撮影したとニュース記事で知った。
撮影中、スタッフも皆さんアレルギーの事は知らず。
ソナさん、頑張ったのね!
猫とのシーンはこれからは期待できないかな・・。

//////////////////////////////////////////////

RepostBy @jtbcdrama: "👠 [8회 예고] "한 번만 더 개소리하면, 처자식 다 쫓겨날 줄 알아!" . 복자는 태구에게 서슴지않고 경고를 날리며 실권을 잡기위한 야망을 본격적으로 드러낸다. 한편, 재석은 쉽게 자신의 내연관계를 정리하지 못하고 이에 아진은 괴로워하는데.. . 대성펄프의 사모님이 된 복자! 그녀의 야망은 끝나지 않았다🔥🔥 오늘 밤 11시 <품위있는 그녀> 본방사수 . . #품위있는그녀 #JTBC드라마 #김희선 #김선아 #김용건 #정상훈 #이기우 #이태임 #매주금토밤11시 #품위있게만나요" 우아진처럼 은 안되지만 ㅜㅜ 변신의변신을 계속 거듭하는 하나 어긋나는 복자... #우아진처럼

Actress Sun-A Kim 김★슷하さん(@kimsuna_official)がシェアした投稿 -








가질 수 없는 건..._ 애초에 알지도 말았어야 했다..._ _복자나레이션중_ 부자위에 부자 그 위에는 더 큰 부자가 있다. 부유층의 끝은 대 체 어디까지 일까.._ 과연 최상류층인 그들이 머리를 숙이는 사람은 있기나 할까?_ _그들이 고개를 숙이는 곳은 의외로 엉뚱한 곳이다_ 골상학으로 사람의 미래와 운명을 예측하는 #점쟁이 앞에서다._ 시골에서 작두나 타던 그녀 역시 5년 전 강남 점쟁이가 되면서 신흥 부유 층이 되었다. 관상도 족상도 아닌 골상을 봐주는 차별성으로 1년 전에 예 약을 해야 두개골 검사를 받을 수 있었다._ 과연 재벌 사모들의 두개골은 뭐가 다를까?_ #복자나레이션중 #천재 #백미경작가님 #감성 #심장콕콕 #나레이션 #대사 #품위있는나레이션 #품위있는드라마 #품위있는그녀 #금토드라마 #11pm #품위녀 #우아진처럼 💄 #우아진 ❤️ #진심 #안씨집안식구들 #womanofdignity #복자 #박복자 #선넘지말라고 #경고 #선 #線 #선 #👠 #👞 #꼭만나유 #kimsuna #김선아

Actress Sun-A Kim 김★슷하さん(@kimsuna_official)がシェアした投稿 -


Posted by zukka  on  | 0 comments 

上品な彼女「第9話」

91_2017071607350941e.png

アジンの夫、アン・ジェソクの車はそのまま行ってしまった。

93_2017071607362687f.png

起きて来た娘ジフが母を見て「泣いたの?悲しそう」「パパは?」と聞く
「朝の運動を再開した」と話すジフ母、アジン。

92_2017071607351101a.png

アジン家の家政婦が出勤してきた。
彼女はアジンの夫、ジェソクがまた自転車(浮気)を始めたと気付いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出かける会長を世話し、見送る妻ボクジャ
その後ろ、渋い表情で見送りする次男嫁、長男嫁、長女。

94_201707160850556ec.png

見送り後、食卓。
長女アン・ジェヒがボクジャに「おばさん」と言って話出す、
「父(会長)と話すときは故郷なまりで、私たちと話すときはソウル言葉だけど多重人格なの?」
それには答えず用意した料理とお茶をすすめるボクジャ。

95_20170716090216253.png

これらは会長の為に用意した物、糖尿病に良い。
あなたたちは、会長の為にどんな食事が良いのかなど関心はないのか?
正直に言って自分は、会長の体・健康以外の事には興味がない。
けれど、私1人では上手くいかない、
あなたたちも会長に元気になって貰いたいでしょ?とボクジャ。

長男嫁が「なにが言いたいの?」

ボクジャはガラッと態度を変え、「この家は会長の家、私は会長の妻」・・
長女ジェヒが「おばさん」と口を挟む。
「口を閉じなさい!あんたの継母に向かって」とビシッと言い放つボクジャ。

96_201707160918259b3.png
97_20170716091827e4a.png

ボクジャが言う
現在長男が使用している部屋はゲストルームにする予定。
会長が嫌っている彼の子供たちの事は彼同様構わない。

会長も同意しているのか?聞く長男嫁、ジュミ

98_20170716095209dcf.png

ボクジャ「私が決めた事、会長にはこれから話す。」

長女が口を出すと、「あんたは直ぐにこの家から出ていきなさい」
「お父様も言っていたでしょう。」
「家へ帰りなさい。この家にはあなたの部屋はもうないわよ」

99_20170716095754e51.png

やり返す長女ジェヒですが、ボクジャに反対にやり返される。

絶対にこの家を出ていかない!と興奮し立ち上がり大声で言い返すジェヒ。
仕舞には涙声になって「帰るところがないのに、どこへ行けっていうのよ・・」

ずーっと考え込んでいたアジンが
「ちょっと用事があるので」
「また後で話し合いましょう」と言って去って行く。

101_20170716103108f55.png

アジンの退場で話は途中で終了・・

悔しいボクジャ・・

102_20170716104534e5c.png
103_201707161045366b6.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

105.png

ジェソクはユン・ソンヒの家に・・・

お互いの愛を確認して、寄りを戻した2人

106.png
107.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ボクジャ(キム・ソナ)のナレーション
美容外科医の妻(チヤ・ギオク)は別のクリニックで
夫ではない美容外科医の手術を受ける。

108.png

拳を使っていた者は、最終的に誰かも分からない者から罰せられた。
なんという皮肉!

109.png

妻を怠惰で怒らせた夫は、他の女への熱心さで更に怒らせる。

・・・・・・・・・・・・・

ソンヒ宅から戻ったジェソクはアジンを呼び止めて言う

111_20170716114359415.png

ジェソク「彼女とは別れられない」「ごめん」
「だけど、アジンを愛してないと言う事じゃない」
「こんなことが起こるなんて、僕のせいじゃないだろう」

バシッ!! ジェソクを平手打ちしたアジン

アジンじゃなくともここはバシッ!となるよ。ジェソク、なんて奴だε=ε=(怒゚Д゚)ノ

112_201707161150297ba.png

アジン「私が結論を出すまで、これ以上何も言わないで」

113.png

・・・・・・・・・・・・・・・

長男アン・ジェグの趣味は狩猟、腕も良さそうだ。

114.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ボクジャはミス・チョン(新メイド)にアジンに何かあったようだから
探っておくように言って外出する。

115.png

車を買いに行った模様。

116.png

・・・・・・・・・・・・・・・・

長女ジェヒが使っている部屋をリホームすると業者がやって来た。
部屋から追い出されたジェヒ。
何処へ行けばいいか?と泣き顔で言う彼女に
新メイドはお隣があるじゃないですかと。
2人でアジン宅へ頼みに行く。

なんかこの長女さん、憎たらしいけどオカシイ・・おバカキャラの姉と弟 笑 

117.png
118.png

適当に断るアジン。

彼女は今、それどころじゃないのよね・・

アジン宅の家政婦さんから聞き出そうとする新メイド
追い返そうと必死の家政婦さん

119.png

そこへ、「あれれ、弟夫婦は別々に寝てるの?」と長女ジェヒ

120.png

これで、ばれた。

210_201707161242200ab.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ユン・ソンヒの家へ行ったアジン

211_20170716124744715.png

「彼を愛しています」と言うソンヒに
「その感情を理解できない私みたいな人にはどうするの?」と聞くアジン

212.png

ソンヒ「彼の言う通りにします」

アジン「私に彼と別れて、離婚してほしいの?」
ソンヒ「正直に言うとそうです。そう望んでいます」
「隠れてデートするようなこんな関係はお互いに嫌だと思っていますから」
「けれど、彼は離婚を望んでいないです。」

213.png

「彼は責任感のある人です」
「このままの関係を続けて、彼がどちらかを選ぶまで待ちましょう」
とソンヒが言うが、「どうしたらそんな考えが出来るのか、アーティストだから?」
それにいろいろと返すソンヒだが、アジンは言う、まず、彼と付き合ったら、
だけど、フェアプレイなんてことはあり得ない。私は出来ない。
あなたたち2人の事を知った時に手を下さなかったのは、娘ジフがいるから、
私の娘を守らなくてはいけない。
娘には父親がいる人生を続けさせなくてはならない。
父親がいない人生がどれだけ辛いものかわからないでしょう?

突然、立ち上がり膝をつくアジン

214.png

ユン・ソンヒ画家さん、お願いです。
娘から父親を取り上げないでください。
恥ずかしい父親にしないで下さい。
彼を元の場所に返してください。
全て忘れますこのままここを去りますから
お願いです・・。と涙ながらに必死に頼むアジン ( ノД`)

121.png
122.png

「もう話すことはありません、お帰り下さい奥さん」と冷たく返すソンヒ。

88_20170716132831375.png

娘ジフを思ってプライドを捨てソンヒにお願いするアジンに泣けた ( ノД`)シクシク…
アジンは父親がいない人生を知っているから・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ボクジャは会長とお寺に来ている。
ここは、彼の亡くなった兄弟、最初の妻の法事をするお寺。
会長はボクジャをここへ連れて来たかったと話す。

710_2017071613461317d.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

711_20170716135231988.png

アジンは、カン・ギホからの電話を受ける。
次の心の教室でリーダー役になるので、
何か良いトピックはないか?と相談の電話。
アジンの様子がおかしいと感じた彼は、何かあったの?そこはどこ?
とアジンに会いに行こうと聞くが、アジンは大丈夫と電話を切る。

712.png
713.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ボクジャは会長と一緒、車中。
彼女が住職に挨拶へ行った時、住職はアジンが来て全て取り計らうから
ボクジャは何もすることがないと話した。
全て、アジンが最初で自分は家の事で何もすることがないと機嫌が悪いボクジャ。

714.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

妻キム・ヒョジュの浮気現場を押さえようと、ホテルのスタッフと共に
その部屋を開けた夫ソ・ムンタク。
だが、妻が部屋で若い男と会っていたのは、
彼女のブログビジネスの打ち合わせのためだった。

610_20170716144142231.png

実は、ムンタクが味方に付けたと思っていたスタッフは、
彼の傲慢さが嫌で彼を裏切ったのだ。
彼女の味方をしたのは、ムンタクとは違って彼を使い捨てにはしないと思ったから。
彼のおかげでムンタクを出し抜けたキム・ヒョジュです。

611_20170716144144f0f.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、ちょっと前後しますが
チヤ・ギオクの話です。
彼女にまた「ご主人は他の女とデートしている」とメールが届く。

715.png

メールを送信した人とやっと話す事が出来、あなたは誰?と聞くと、
「私です」と映像はクリニックスタッフの後ろ姿・・
スタッフと会い、話を聞くチヤ・ギオク

590.png

自分の父も浮気をして母親が苦しい思いをしていたこと、
クリニックの全員が院長の浮気を知っていて、
妻のチヤ・ギオクだけが知らないのも気になり知らせたと言う。

591.png

浮気相手の女は知っているか?に
顔を見たことがある、クリニックの患者、名前を知りたいのなら、
調べる方法がありますとスタッフ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ミス・チョン(新メイド)はボクジャにアン・ジェソクは浮気をしている。
100%間違いないと報告。

550.png

ボクジャはズカズカとアジン宅へ、部屋を確認し
家政婦にアジン夫婦はいつから別の部屋で寝ているのか?と聞く。
なかなか答えない家政婦に、いつからアジン夫は浮気しているのか?
驚く家政婦、答えないとクビと脅かし・・聞いたねボクジャ (^^;

アジンを呼び出す

540.png
539.png

早くしなくてはならないこともあるのよとボクジャ、
これから私に付いてきてとギャラリーを出る2人。

浮気相手は画家だって、彼女の家へ行ってと言うボクジャにアジンは
プライベートことなので知らない振りをしてほしい、どうして知ったのかも知らないが・・
ボクジャは会長が知ったらどうするのか、会社を任せる息子の事でもある。
「ジフのお母さん、あなたが出来ない汚いことを私が代わりにやってあげる」

538.png
537.png

ユン・ソンヒのアパートに到着。
アジンは部屋番号をボクジャに伝える。

部屋へ乗り込むボクジャ、
誰?と言う問いにも答えず、彼女を追い詰める。

536.png

人の夫に手を出して、いったいどういうつもりだ。
どうするつもりなんだよ!

ボクジャはソンヒの髪を引っ張り、頬を平手打ち

535.png
532.png

髪に水道の水をかけ
陶器を割りその破片で脅す ((((;゚Д゚)))))))
「綺麗な顔を切られたくなかったら、もう彼に金輪際近づくな!」
「私が見張っているぞ!」

531.png

530.png

529_20170716155405703.png


終えてアジンの車に戻るボクジャ、
アジンとボクジャは車中、会話があったのかは分からず。

527.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アン・ジェソクに電話をするユン・ソンヒ
自分の身に起こったことを泣きながら話す、
だが、誰が来たのか分かっていない。
ジェソクが行くと言うが、まだ彼女が近くにいるかもしれないから来るなと。

400_20170716180038599.png
401_2017071618004022d.png

ボクジャと分かってないのよね、彼女名乗らなかったものね。
なんだか、笑っちゃう(~_~;) このソンヒ (スミマセン 笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・

ボクジャは果物(?)を食べて吐き気!?

402_20170716180744c1b.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何事もなかったようにジフには明るいジェソク。

403_20170716183659ab7.png

使っていたベッドルームは姉が占領。

404.png

アジンはため息をつきながら、引き出しから取り出した書類を眺める。

405.png

ここへ引っ越そうか、ここでもう一度新しくやり直そうか・・

406.png

アパートの契約書とかそういった類の物なのかな?

ジェソクがアジンの所へ来て話す。
離婚はしたくない。
僕がしたいのは共存だ。
(なんて奴、おバカ過ぎ! 私も呆れるわ (♯`∧´)

407.png


アジン「出ていって! 死んで!」

408.png

こう言われてもジェソクのおバカ発言が続く (;'∀')
「疲れているんだ」「行くところがないんだ」
「ソンヒの家には、誰かが押し入り彼女はそいつに叩かれたそうだ」
「誰か知っている?」「あなたがやらせたのか?」

相手にしていられないアジンはその場を去る。

409.png

ジェソクは続けて
「あなたのお母さんか?」
「彼女は年を取った女ではないと言っていたが」
「お母さん、ボトックスか何かしたのか?!」

もう、笑える~(-_-;)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

410_20170716191213b80.png

ボクジャはベッドに入っても機嫌が悪い。
会長はわかった、わかったとボクジャに忌日に関することをはじめ
全ての家の事をアジンに替わってボクジャに任せるようにしょうと話す。

411_2017071619121594f.png
412.png

ボクジャの作戦成功のようです。

突然聞こえて来た怒鳴り声 (*゚Q゚*)
長男ジェグが新メイドを捕まえて来た。
彼女が寝ていた彼のベッドに入って来たと言う。

350_20170716192942f78.png
351_201707161928507a5.png

自分の毛布を取に入っただけと説明する新メイドをいきなり叩いたボクジャ
そして、𠮟りつける。謝罪をする新メイド。

352_201707161928523d0.png

続けて文句を言うジェグに黙ってろって前に言ったわよねとボクジャ、
彼はボクジャへ持っていたライフル銃を向けた。
前に人を殺したことがあるんだ、気を付けろ。
お前は決してこの家から何も持ってはいけないぞ。

あんたは既に追い出された人だと最初に気づくべきでしょ。

引き金を引いたジェグに「さあ、打ちなさいよ」「打ちなさい」と挑発するボクジャ。

349.png

引き金を引こうとしたとき長男嫁ジュミが止めに入り
弾はシャンデリアにあたり落ちた。

348.png
347.png
346.png

警察へ通報し、長男は警察へ

長男嫁ジュミは新メイドへ詰め寄る。

警察ではキム・ボンシクが暴行犯と妻(オ・ギョンヒ)は関係がある。
と警官に話している。
その向こうには、また嵌められたであろうアン・ジェグがいる。

345.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

警察へ行く長男嫁ジュミ

343.png
342.png

見送る姿が嬉しそうな(;'∀') ボクジャ・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アジンはMATEのカン・ギホとブランチ

341.png
340.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジェソクと会っているソンヒは押し入った女が誰か分からない
似顔絵を描いてみたらいいとジェソクのアイディア

339.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

警察では必死にジェグを弁護する妻ジェヒ

338.png

・・・・・・・・・・・・・・・・

チヤ・ギオクは夫の不倫相手の確認のためクリックへ
出て来た写真を見て、びっくりΣ(゚Д゚) のギオク

336.png
337_20170716204047e9a.png
335.png

ソンヒは似顔絵を描く
出来た絵を見て驚くΣ(゚Д゚) ジェソク

151_20170716204423a3b.png
152.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新メイドは今回の事で、ボクジャにクビと言われるが
なんとか頼み込んで、とりあえず見守るからと言うことでクビはまぬがれた。

149.png
148.png

妊娠検査薬を使用したボクジャ・・・結果は?

147.png

・・・・・・・・・・・・・・

怖くて自分の家に帰れないと言うソンヒに家を用意してあげると言う。
そのアパートはアジンが買ったものだが、名義は自分だと。

146.png

アジンが見ていたあの書類の・・なんて奴!許せない!(私の心の叫び 笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ギャラリーオーナーから呼び出されたアジン
ジェソクとユン・ソンヒの事を知って、彼女の絵を外すと言うが
アジンは外さないでくださいと言った。

145.png
144.png

ここでボクジャ(キム・ソナ)のナレーション
それは毎日、毎日爆弾を投下される戦場だ。

143.png

そして、ナレーションとともにボクジャが殺害されたシーンが流れる。

142.png
141.png
140.png

またまたボクジャ殺しの犯人は誰か?
謎です・・・。


・・・・・・・・第9話見終えた感想・・・・・・・・・・・・・・

朝、ジェソクが車で出ていって・・
アジンはユン・ソンヒの家へ、彼女とのバトルが始まるのかと思ったけれど
ジフの事を思ってのアジンの言葉、行動には心が揺さぶられた。
アジン(キム・ヒソン)に感動したシーンだった。一緒に泣けた( ノД`)シクシク…

にしても、アン・ジェソクには腹が立つ(笑)
酷い奴だ!

ボクジャがソンヒをボコボコにしたね。
ソナさん凄い(笑)
見ていて面白かった。
一瞬ドラマだと忘れてしまったわ(;'∀')
この時のBGMが「プッチーニ のトゥーランドット、誰も寝てはならぬ 」で
これでかなり盛り上がったピッタリの音楽♪

アジンはギャラリーオーナーからソンヒの絵を外す話を断って
そのままにしたけれど、狙いは何なのだろう?

ボクジャの妊娠検査薬の結果も気になるところ。

会長妻のゴージャスなボクジャさん姿も慣れて来ましたよ(o^―^o)

アジンとジェソクの今後が一番気になる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





Posted by zukka  on  | 0 comments 
このカテゴリーに該当する記事はありません。