気ままに綴りたい |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by zukka  on  | 

私の名前はキム・サムスン

まずは、このドラマのDVD貸してくれたKさんにお礼を。
ありがとう!!
left_01.jpg samusoon2.jpg

とても楽しめました。いやーホントにいいドラマですね。
なんといっても「サムスン」役の「キム・ソナ」さんの演技力。
笑い・涙・パワー有りの素晴らしい女性です。

2005年韓国でドラマ最高視聴率を記録。
「私の名前はキム・サムスン」大変なブームだったとは、
今回調べて初めて知りました。

1話からど派手な会話シーン、
その後も頻繁に登場するトイレ(男子用、女子用おかまいなし)、
ママ達の凶暴さ等、私にとってかなり新鮮。
韓国ドラマならでは?いえいえこのドラマ独特だそう・・で。

実は16話完結のドラマ3回みました。

<ネタバレしています>
さすがに3回目はお気に入りの場面のみ見るという飛ばし見でしたが・・・
1回目の時は、ワインを飲みながらだったせいか、
いろんな場面で号泣。
で、どんな場面でよく泣いていたかと振り返ると、
「家族愛」が全面に出ている場面なんですね。
このドラマの魅力は「サムスン」はもちろんだけれど、
私には「家族愛」が大きな魅力でした。
ヒョンビン演じる「ジノン(サムシグ)」も魅力的heart02

c02.gif jinonn.jpg


最も印象的なのはジノンの母のナ社長がヒジンとの再会後、
一人で部屋に戻り家族の写真を見ながら、泣くシーン。
ヒジンも泣いて、ミジュも泣いて、(私も泣いて)。
今まで強い、冷たい人とばかり思っていたのに、
実はヒジンが大好きなのに冷たくしなくてはならない、
息子夫婦を亡くしてつらい思いをしているから、
また愛する人を失うつらさを二度とさせたくないという家族愛。
このシーンはおいおい泣きました。


すきな1すきな2好きな3


この後、サムスンが叔母さんの店で焼酎を飲みながら
空想の中で亡くなったお父さんと話すシーン。
これも泣けました。
切ない場面に流れてくる音楽は勿論、場面々の音楽もいいな。
ジョージ ウィンストンの曲(living in the country)もあって。
「She is」
いいね。
これもかなりの人気とのこと

ヒジンといえば主治医の「ヘンリー」ですが、彼も素敵。

samusun10-6s.jpgsamusun10-7s.jpg


主役はこの二人↓、さてどうなるのか・・・まずは
二人でピアノのシーン、”おおーおおおー”♪の歌も良かった。
ジノンがサムスンの腰に
ぐいっと手を回すところやっぱりいいですよね。

二人でぴあの 二人2


16話通して魅力満載、書いていたら長くなりそう。
で、かなり端折って。

12話、済州島は雨。雨の中、山に登るサムスン。
女としてではなく、パティシェ、キム・ヒジンとして、ジノンに
会った時、無気力ではなく、堂々と話そう~と思いながら・・・
「私は、キム・ヒジンだ~~~~。サムシギー~~~もう完全終結だ~~~。」
後ろから声がする、「勝手に決めんな~~遅かったな」

samusun12-6s.jpg山 samusun13-3s.jpg


何となく予想できたシーンでしたが、
かっこよすぎ「ジノン」

たくさん笑える場面がありましたが、これはピカイチかと

samusun14-13.jpg


みんなノリノリで、ジノンもかなり頑張ってました。
サムスンも可笑しかった。


ラスト、サムスンがジノンに
「ママがどんなに心配したか、口の悪いお姉ちゃんが心配したか」
と話すシーンはじーんときます。
お姉ちゃん、ホント口は悪いけど妹思いのいい姉。

samusun16-22s.jpg


最終回はこのシーンで終わりでした。

ラスト


スポンサーサイト
Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 4 comments  0 trackback

私の名前はキム・サムスン <その2>

伝えたい。このドラマの良さを!

ということで、何とかトライしてみます。

最高視聴率50.5%をマークした大ヒット韓国ドラマ
 『私の名前はキム・サムスン

アメリカのYahoo!エンターテイメントでも紹介された『私の名前はキム・サムスン』
2_3.gif


<見てみて~>
   ↓
徹底ガイド

主人公は30歳になるパティシエの女性。
3人姉妹の末っ子です。
サムスンは漢字を充てると三順となり三番目の娘さん、
という意味になるそうな。
同じように、サムシクは三息で三番目の息子となるそうな。
昔風の名前で「とめ」「花子」風なのでしょうか。
現代の韓国社会で息子にしろ娘にしろ
わざわざ何番目の子供と分かるような名前
(○息や○順:○には数字)を付けることは無いとのことで、
それで馬鹿にされるというわけのようです。

ドラマの中で、キム・サムスンが
名前のことを馬鹿にされて泣いていると
タクシーの運転手が、
「名前のことをけなされて泣く必要はないよ。
その名前がキム・サムスンというのでなければ」と言って笑わせる
(サムスンはさらに大泣きする)場面がありました。


2_5.gif


サムスンの台詞が呟きが妄想が・・・
とにかく面白くて、爆笑、そしてジーンとする。
サムスンが呟く数々の名語録、弾丸のように繰り出される台詞の応酬。。
サムスンの心の呟き「ナレーション」も心に染みる。


とにかく、絶対!お勧め!
時間ができたな・・・という時は『私の名前はキム・サムスン』
お正月見てみては。
この世の中にこんなにも心を和ませてくれるドラマがあるんですもの知らせたい
(大げさではないのよ)


samsoon100.jpg

zukka、サムスンにはまる。
今年の出来事その1になりそうです。

主演女優のキム・ソナさん 日本語堪能。魅力満載。
キム・ソナ来日映像配信中クリックして
    ↓
キム・ソナ


Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 4 comments  0 trackback

私の名前はキム・サムスン <その3>

日本語吹き替えでTV放映中ですが、
今日録画したのを初めて見ました。

残念な事に、
ドラマの魅力半減 です・・・

是非、字幕で韓国語を聞きながらみて欲しいな。
絶対楽しめます。
   

Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 4 comments  0 trackback

砂時計 韓国ドラマ

2本目のお気に入り韓国ドラマになりました。
最終回を見終えて、何日か経ちましたが、
未だにずっしりと・・・かなりの重さで。
衝撃のドラマです。

砂時計2 砂時計1

1995年制作
韓国ドラマの名作「砂時計」
平均視聴率45.3%、最高64.5%という
驚くべき視聴率を韓国で記録したドラマです。
放送日には視聴者の帰宅時間を早め、別名「帰宅時計」とも呼ばれたほど、
韓国で、多くの社会現象を生み出した作品とのことです。

解放および韓国戦争以降最大の激動期だった70年代末から90年代初めの韓国現代史を背景に、
韓国の政界、財界の実力者たち、そしてヤクザに対抗する正義感に満ちた若き青年検事の挫折と
勝利、そして暗黒街に生きる青年の人生を通じ、韓国社会の断面を描いた。

テスは怖いもの知らずの不良少年、ウソクは明晰な頭脳の持ち主で、ひょんなことから親友になる。
ところが、父親の履歴が問題となり士官学校に入れなかったテスは、裏組織の一員になって政治界にも関与するように。
一方ウソクは、司法試験に合格し検事として社会正義の実現のために懸命に働くものの、
厚い壁を前に挫折を味わう。
ヒロインのヘリンは、カジノ界の大物であるお父さんの死をきっかけに、カジノ事業を受け継ぐ。
それから、激動の時代の真ん中で向き合った彼らは、
ずたずたに傷つきながらも決して愛することをあきらめない。
たとえ、砂時計の砂が全部落ちてしまうとしても・・・(作品紹介より)

 究極の「愛」と究極の「男」の物語。
常に常識において判断し、正義感の持ち主検事ウソク(パク・サンウォン)、裏社会で自分の生き方を貫こうとするテス(チェ・ミンス)、カジノ界の大物を父に持ち、自分の人生を生きられない愛に苦悩するヘリン(コ・ヒョンジョン)、献身的な愛でヘリンを守ろうとするボディーガードのジェヒ(イ・ジョンジェ)。
ウソク(パク・サンウォン)、テス(チェ・ミンス)、は初めて知った俳優さん達です。
ヘリン(コ・ヒョンジョン)は「キツネちゃん何してるの?」の主役女優ですね。
そして、ジェヒ(イ・ジョンジェ)は「イルマーレ」の彼だとわかりました。
とっても若くて、演技も抜群。

同じ監督と作家でヨン様出演作「太王四神記」が現在BShiで放送中。
この作品にパク・サンウォン氏とチェ・ミンス氏も出演しているとのことだが、
私は、見られる環境にないので残念。

「砂時計」お勧めドラマですね。(今更ながらですが、)知るのが遅すぎと言われそう。

テスとウソクの友情に心打たれました。

Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 4 comments  0 trackback

ラストダンスは私と一緒に

今回の韓国ドラマ、ドラマ自体も勿論ツボに嵌りましたが、
主役俳優のふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート チソンにメロメロ状態です 笑
                                 

ラストダンス3
2004年~2005年に韓国SBSで放映
出演、チソン(カン・ヒョヌ/チャンホ役)
     ユジン(チ・ウンス役)
     リュ・スヨン(チョン・テミン役)
     イ・ボヨン(ユン・スジン役)

 事故で記憶喪失となった御曹司ヒョヌ(チソン)は、彼を助けたウンス(ユジン)と永遠の愛を誓う。
一年後、とあるきっかけで記憶を取り戻したヒョヌはソウルへ。
その後偶然二人はソウルで再会を果たすが、ヒョヌの記憶にウンスは無かった。奇跡を信じてヒョヌの会社に就職するウンス。
二人の過去を思い出せないままのヒョヌはウンスを再び愛し始めるが、
御曹司ゆえの障壁が二人の行く手を阻む。そしてヒョヌを愛し続けた元婚約者の自殺未遂が二人の道を分けることに…。
運命のいたずらにも屈せず互いを想い続けるヒョヌとウンスの純愛ストーリー。(DVD紹介より)

「冬のソナタ」を思い起こすストーリー。
記憶を失っても、同じ人を再び愛し始めるなんて同じキラ~ン
元婚約者がボロボロになるのも似てるかも・・・
ウンスと暮らした1年間の記憶がないヒョヌ(チソン)がウンスに冷たく対応するといったあたり、
同じような展開。そしてこんなシーンが切なくて、ドツボに嵌り。

ラストダンス1

チャンホという名前で、ウンスのペンションで暮らしている時のチソン。
爽やかではーと 好青年で素敵。


ラストダンス2

ヒョヌに戻ったチソン、自分がチャンホだった記憶なし。
ヒョヌのチソンも素敵なんですよね。スーツ姿似合ってますキラキラ

ヒョヌとチャンホの役を微妙に演じ分けているのがうまいなと。
たっぷり楽しませて貰いました。幸せ~にっこり

チソンをたっぷり→テレビラストダンスは私と一緒に

Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 4 comments  0 trackback

復活   韓国ドラマ

ふるーつ☆Cultivation・キラキラ星 傑作です!ふるーつ☆Cultivation・キラキラ星またまた、お気に入りドラマ。

斬新な映像とストーリー、サスペンスタッチでスピード感ある展開。
推理ドラマであり愛情がたっぷりの人間ドラマでもあり。
                                     
fukkatu.jpg 2005年 KBS 24話
演出:パク・チャンホン、チョン・チャングン 
脚本:キム・ジウ
キャスト: オム・テウン(ソ・ハウン、ユ・ガンヒョク、ユ・シンヒョク役)
ハン・ジミン(ソ・ウナ役)
コ・ジュウォン(チョン・ジヌ役)
ソ・イヒョン(イ・ガンジュ役)

ー益々期待大ですよ。ー
「誰も予測のつかない複雑、かつ緻密なストーリー展開と、
キャストの卓越した演技力が高い評価を獲得。
韓国TV界の各賞を総なめにした、
2005年文句なしの韓国ドラマの最高傑作。(SO-net紹介文より)」


        復活1
        
一話一話の始まりは、この画像からそして主題歌「無罪」が流れます。
この瞬間、心が高鳴りドキドキ状態キラキラ(水色)
キム・テフンが歌うこの曲がドラマに不可欠、ピッタリです。良い曲だわぁ。

ハウン(オム・テウン)は7歳の時に、汚職事件を捜査中の刑事だった父の車にこっそり乗り込み、
その車は事故に遭う。だがそれは、事故ではなく何者かに仕組まれたものだった。
父は死。ハウンは生き残り、ある父娘の家に引き取られて育ち、刑事になる。
事故に遭う前の記憶は失ったまま。
刑事ハウンは一人の男の死について捜査を進めていた。
彼はまだ何も知らないが・・・
その男は、20年前の父親の事故死とつながりがあるらしい。

陰謀を解き明かすため(復讐のため)、ひとりの男が『復活』するドラマ。


なんたって『オム・テウン』 キラキラ 
 復活双子

明るく、正義感あふれた刑事「ソ・ハウン」と双子の弟「シンヒョク」
そして、シンヒョクに成り代わり、合体した「シンヒョク(ガンヒョク)」の3役を見事演じた。
彼の演技力によって、このドラマの出来は素晴らしいものになったといえるのではないかと。
笑顔のガンヒョクからやや神経質なシンヒョク。
そして合体、変身後シンヒョクの仮面の下のガンヒョクが顔を出すところ。
ウナを愛しながら真実を隠さなくてはならない、周囲の愛する人達まで騙さなくてはならない。
切ない彼の気持ちがヒシヒシと画面から伝わる。

                復活ウナ

            ハン・ジミン(ソ・ウナ)は誠実でやさしくかわいく、時には賢く強く。
            清楚で一途な女性を演じてとても好感が持てる。

脇役の存在も見逃せない。復活ウナの父
ウナの父。ハウンを7歳から育ててくれた。
最初はいい加減な、調子の良い父かと、
でも、違ったね。本当にハウンを自分の子供のように、大切に思い育ててくれた。
情が厚く、ハウンが死んだと知らされてから判る、彼の愛情の深さ。
本当にいいお父さん。






        復活アン秘書 


 
アン秘書。彼はシンヒョクの正体を知っていたのでしょうか?
彼に何度も助けられ、温かく見守ってくれ・・・
ハラハラする場面が何度もありますが、よくぞ乗り切ってくれた。
あなたのおかげです。と言いたい。
 




           復活チェ社長悪

              極めつけがチェ・ドンチャン役。
              前半はなんて嫌な奴。悪党と。
              彼の演技が又凄くて、顔の表情の作り方。目の表情。
              口の曲げ方。
              後半は彼に注目です。
              あまりの表情に笑いさえ出てしまった。


男同士の信頼関係がドラマを支えている。
ガンヒョクとキョン・ギドとは上司と部下の心のつながり、同僚スチョルとの関係。
ガンヒョクの復讐を手伝う事になるゴンミョンの思いやり。
パク・ヒスとの複雑な関係など。

良い作品は、音楽も素晴らしい。
音楽がガンヒョクの気持ちを代弁したり、ウナの気持ちを切なく伝えます。
一話一話の終わり、バッンと来る効果音。効いてました。
見事にたっぷりと影響されました。
 
正しく、私好みのドラマだったよ。chizuさんにっこり 

Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 6 comments  0 trackback

宮(クン)~Love in Palace 韓国ドラマ

宮 最初に








韓国放送日:2006年1月11日~2006年3月30日 全24話(MBCドラマ)
CAST:ユン・ウネ(シン・チェギョン皇太子妃役)
チュ・ジフン(イ・シン皇太子役)/キム・ジョンフン(イ・ユル役)
ソン・ジヒョ(ミン・ヒョリン役)他



原作は人気コミック「宮」。
もし韓国が立憲君主制で王様がいたら・・・
という設定で繰り広げられる王宮ロマンス。

最初は、 高校生が主人公達のドラマ、
そして原作がコミックというんであまり見る気はなかったよねぇ。
(たぶん、おばさんには合わないかな・・と)
評判はすこぶる良くて、皇太子役の「チュ・ジフン」の人気も凄いらしい。
写真を見るに「チュ・ジフン」も
「キム・ジョンフン」も素敵には見えないが??
どうも、見ていた写真がいまいちだったのか汗;
   
宮 シンとユル うね

この画像を最初に見ていたら素敵に思ったのになあ。

いや~ 嵌っちゃいましたヨ。 
チュ・ジフン演じるイ・シンに、このドラマに。
氷の王子様がチェギョン皇太子妃(ユン・ウネ)の影響で徐々に溶けていく、
チェギョンを愛おしくなっていく様子に。
また、ユン・ウネちゃん可愛いのよ。

宮背中 宮 布団


チェギョンに冷たい対応しかできないシン皇太子が、
時と共にチェギョンを気になり始める。
お互いに思っているのだけれど、
それは直ぐには上手くいかず、
何度もすれ違い、
このすれ違いがドラマを面白くするのよねえキラキラ(ピンク)
最終的には・・・・の展開のドラマ、好きかも。
「私の名前はキムサムスン」もそうだったし。

何度見ても面白く、何度も見たいシーンが満載!

宮 熊 宮 ある
ティディベアの「アルフレッド」可愛かった~

チュ・ジフン氏「魔王」では折れそうなくらいスリムになって、ダンディ。

Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 4 comments  0 trackback

魔 王  韓国ドラマ

ラッキーな事に、友人がDVDを貸してくれました。
お気に入りのドラマ「復活」のオム・テウンと 「宮~Love in Palace」のチュ・ジフン 共演。
そして、「復活」の脚本家キム・ジウと演出家で監督のパク・チャンホンが再び手を組んだドラマ。
大注目、見る前から期待は膨らみドキドキもの。
魔王 タイトル     魔王 タイトル2

韓国放送日:2007年3月~2007年5月 全20話(KBSドラマ)
演出:パク・チャノン  脚本:キム・ジウ
CAST:オム・テウン(カン・オス役) / チュ・ジフン(オ・スンハ役)/シン・ミナ(ソ・ヘイン役)
     
< ストーリー >
それは差出人不明の一枚のタロットカードから始まった――
正義感あふれる刑事のオス(オム・テウン)のもとに、ある日、宅配便で1枚のタロットカードと奇妙なメッセージが届く。その晩、名高い弁護士が殺され、現場にはオスに届いたものと同じタロットカードが残されていた。
捜査を進めるうち、オスは2人の人物と出会う。
1人はタロットの絵を描いたという女性ヘイン(シン・ミナ)。
彼女は、触れた人や物にまつわる記憶が見える“サイコメトラー”だった。
そしてもう1人は謎めいた若い弁護士スンハ(チュ・ジフン)。
オス、スンハ、ヘイン…事件に関わる3人はやがて12 年前のとある殺人事件へと導かれていく――
(BS Asahi より)

ヘイン(シン・ミナ)は子供頃(12年前)、転がってきたボールを拾いあげた瞬間に「ある事件の映像」を自分の頭の中で見てしまう(なんとも変な表現ですが)。
一人の男子学生が数人の男子学生といる、そしてナイフで刺され倒れるというもの。
この事件がすべての事の始まりでした。
ヘインは“サイコメトラー”、思わずこのシーンで「デッドゾーン」(海外ドラマ)を思い浮かべる・・私。
さて、彼女の“サイコメトラー”能力はドラマとどう関わっていくのか。またまた期待が膨らみ。
もう一つの小道具が「タロットカード」
               魔王 タロットカード

このタロットカードが事件の始まり毎に送られて来るのです。
困りました。タロットカードについて何も知識がありません、私。
いろいろ解釈の仕方があるようで、その説明を理解するのにかなりエネルギーを使いました。

12年前の事件は「刑事のオス(オム・テウン)」が起こしたようです。
そして、この事件に関わった人達に「タロットカード」が送られ、次々に殺されていく。
オスに対する、復讐であるようだということは解ります。
どうも若い弁護士スンハ(チュ・ジフン)が何か関係がありそうとも・・。
どこで誰がどのように繋がっていくのか、殺人事件の犯人もいろいろと複雑で。

          緻密な計算で作られたすばらしい脚本です。

回の後半に入ると、オム・テウン(カン・オス役)と チュ・ジフン(オ・スンハ役)
それぞれの悲しみ、苦悩がズシン、ズシンと迫ってきます。
カン・オス  シン・ミナ  オ・スンハ

最初自分の好みで「オム・テウン」寄りでいたのですが笑2
後半になると、 チュ・ジフンの演技が見事でどちらとも・・・と苦悩を共にし始める事に汗;
さて、ヒロインのシン・ミナ(ソ・ヘイン役)、どちらと・・・と思って見ていましたが、
チュ・ジフン(オ・スンハ役)に気持ちはあるようで。
二人の切ないシーンもたくさんで涙を誘いました。
お気に入りのシーンはこれです。
               魔王雨2人
     はあー 切ないです・・・・

ラストはなんとも、なんともですが。
こういうドラマの場合、ストーリーを明かせない辛さありです。

また違った意味で楽しませてもらいました。
「復活」に出演していた役者さん、「魔王」にも出演。
注目は「復活」であの素敵なアン秘書→「魔王」では復讐する側のヨンチョル
アン秘書 →       魔王 ヨンチョル


とても同じ人とは思えません。役者ってホント凄いです。

もう一人「復活」で素晴らしい悪役を演じていたキム・ギュチョル(チェ社長役)→「魔王」では2人に理解を示す心優しい「スンハの弁護士事務所の事務局長役」

復活チェ社長→   ちぇ


物語的には奥の深い、考えさせられる、良く出来た素晴らしいドラマでした。
私はどちらかというと「復活」の方が好きです。
何故か、やぱっりオム・テウンとハン・ジミン(ソ・ウナ役)の切ない恋愛関係があったからと。
そして挿入歌も「復活」の方が自分好みでした。

Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 4 comments  0 trackback

ヒョンビン 

     ドラマ「雪の女王」をGyaoで見終わる。

     このドラマのヒョンビンはまたまた素敵
    ストーリーが悲しいドラマなので何度も見る気にはなりませんが・・
                  ふるーつ☆Cultivation・ドキドキハートヒョンビンLOVE最高heart02
                             今のところ、お気に入り韓国俳優№1
                                          (すぐ変わる可能性大)
役どころが天才数学者ってのもいいね・・
ドラマは全体に重い雰囲気で、ヒョンビンが演じる「ハン・テウン ハン・ドック」
心に傷を持った痛々しい役柄。
笑顔の少ない、抑え目の演技でしたが、またそれがいいんですよ。
度々目から流れる、一筋の涙・・ジーンときます。最高の演技Brilliant

ラストは永久保存版の名シーンでした。
一人で図書館に行き、机に顔をつけてボラとのことを思い出す・・・
とっても、よいドラマでしたね・・・

 ヒョンビン4
 
 ヒョンビン5


1話で高校生役のヒョンビン登場では、ガーンだったのですが
ヒョンビン3


ヒョンビン1

              こんなに素敵に成長しました~

「雪の女王」を見ながら、「私の名前はキム・サムスン」のサムシクをずーっと探してました。
けれどさすが役者。サムシクの面影は見つけられませんでした・・
        サムシク2

         こちら「私の名前はキム・サムスン」のヒョンビン。

Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 2 comments  0 trackback

頑張れ!クムスン!  韓国ドラマ

睡眠時間、命削って・・(かなりオーバーですが)見終わる(爆)
なんたって全163話 一話30分ですが。
現在、ボーッとしております。
とってもいいドラマで、
どうしよう・・orz「サムスン」を抜いちゃった・・・キラキラ(ピンク)


「頑張れ!クムスン」

頑張れ!クムスン1


頭の中はクムスンで一杯
少し落ち着くまで、何も書けない気分
あー病気だ・・
重症のようです、クムスン病・・えーん 汗;

その内、落ち着いたら、感想書こう・・

Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 4 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。