気ままに綴りたい |

長江哀歌 

長江哀歌

カテゴリ ドラマ
製作年 2006年
製作国 中国
原題 STILL LIFE
時間 113分
公式サイト www.bitters.co.jp/choukou/
公開日 2007-08-18~
監督 ジャ・ジャンクー

出演
チャオ・タオ ワン・ホンウェイ ハン・サンミン リー・チュウビン
チョウ・リン マー・リーチェン



2006年ベネチア国際映画祭金獅子賞グランプリを受賞。
ジャ・ジャンクー監督の新作「長江哀歌」。
四川省・奉節を舞台に、自然の絶景の中で、ほろびゆく町を見事な映像美で描く。

長江の山峡の絶景、ダムの建設によって変わるであろう風景を壮大に映し出す。
廃墟へと姿を変えていく町、そこへやってくる2人の主人公とそこに暮らす人々。
上半身裸で労働する男達、流行歌を歌う少年、そこに長く住んでいるであろう老人。
中国の魅力が満載。

決してハイテクの生活をしているようには見えない人達が、時折、携帯電話を使用している姿に違和感を感じた。

ストーリー展開の早い、一瞬たりとも見逃せないような映画を見慣れていると、この映画の時間の刻み方、生活を映す映像の世界に同調するのはいささか困難かも・・・
不覚にも、途中数分(?)眠ってしまった。
映画は、中国人に大切な(後で解説を読んで知った)4つの言葉「タバコ」「酒」「茶」「糖(アメ)」
でパート分けされている。労働者達がそれらを分け合っている姿が印象的。
見終わった後には、この映画の時間の刻み方が心地よく、もう一度この映像と人々の世界をみたいと思う。

長江1


The story is set in the ancient city [Fonju] by the Chang Jiang which is going to sink to the bottom of the dam.
San Min comes here to look for his ex-wife and his child form 山西省.
They broke up 16 years before.
He goes to the place where his ex-wife lived before.
But it has already gone to the bottom of water.
He decides to stay in Fonju and to go on looking for them.
He has a job. That is wreaking houses.
When he sees the canyon, She Fon sees it, too.
She is looking for her husband who works at the factory in 三峡.
He hasn’t been in touch with her for 2 years.

Category : 映画(2007)
Posted by zukka  on  | 0 comments  0 trackback

ディスタービア

ディスタービア
予告編を観て「裏窓」をすぐ思い出した。気になって、映画館へ(11月)

でスタービアカテゴリ スリラー/サスペンス
製作年 2007年製作国 アメリカ
原題 DISTURBIA
時間 104分
公式サイト www.disturbia.jp/
公開日 2007-11-10~
監督 D・J・カルーソー

出演
デヴィッド・モース/ シャイア・ラブーフ/ サラ・ローマー/ アーロン・ヨー
キャリー=アン・モス マット・クレイヴン




disturbia→ [disturb]と[suburbia]の造語
disturb-【動】(他)
1.〈…を〉 (かき)乱す
2.〈平安・平穏・人の心などを〉 乱す; 妨げる、妨害する
3.[~ oneselfで] 仕事(など)を邪魔する
-【動】(自)
  (人の睡眠中・休息中などに)邪魔をする

suburbia-【名】(U)
1.[集合的に] 郊外、郊外住居者[住民]
2.郊外風の生活様式[習慣、風俗]


ヒッチコックの「裏窓」がやっぱりベースなんだろうな。
「裏窓」では主人公は骨折により部屋に閉じこもり状態。
同じ角度からの隣人覗き。でも、この映画を見たときの斬新さへの驚きは、はっきり覚えている。

こちらは、行動範囲は限られるがあらゆる角度から、双眼鏡ばかりではなく、携帯電話、パソコン、デジタルカメラを使っての覗き。主人公とその仲間は高校生、彼らの若すぎる行動がより一層緊張感をもたらした。

そして、「デヴィッド・モース」彼が怖すぎデビットモース


「キャリー=アン・モス」 でぃす
この写真では違いがよくわかりませんが、あの『マトリックス』の彼女!?
かなり体型が違うのでは・・・役作りのためか。この映画では主人公ケールの母親役。



「 シャイア・ラブーフ」でスタービア2

『コンスタンティン』『アイ,ロボット』『トランスフォーマー』等に出演、これから期待されている俳優とか。
『インディジョーンズ~』もこれかららしい。シャイア君、私は好みじゃないかな。

Kale (Shia LaBeouf) and his father went fishing.
On the way home, they had an car accident and his father died.
Kale drove this car.
After his father’s death, he had troubles.
He received punishment for hitting his teacher.
The punishment was that he had to stay in his house and could not go to over 30m radius from his house.
If he goes to passes it, the police would come there.
He wore GPS.
So he was spending boring days.
He tried to look neighbors with his field glasses.
He found that one of his neighbors had a criminal action.
He kept watching him (David Morse).
His friend Ronnie and another neighbor Ashley joined him.


裏窓 1954・米
製作:監督:アルフレッド・ヒッチコック
出演・ジェームス・スチュアート  グレイス・ケリー
裏窓  裏窓3

白黒だと思っていましたが、カラーでした。

ジェームス・スチュアートといえば、この映画今の時期にぴったり。 

『 素晴らしき哉、人生! 』 ( 1946年/アメリカ 原題:IT'S A WONDERFUL LIFE )
【出演】 ジェームズ・スチュワート/ドナ・リード
    
wonderful1.gif   素晴らしき
クリスマスが近づくと思い出す作品。最後は感動の涙を!!
ホントに映画っていいですね。
(個人的には、ジェームズ・スチュワートの声と話し方は好きではない・・・)

感動の場面をもう一度(↓クリックでみられると思う)
It's A Wonderful Life Ending

Category : 映画(2007)
Posted by zukka  on  | 0 comments  0 trackback

私の名前はキム・サムスン

まずは、このドラマのDVD貸してくれたKさんにお礼を。
ありがとう!!
left_01.jpg samusoon2.jpg

とても楽しめました。いやーホントにいいドラマですね。
なんといっても「サムスン」役の「キム・ソナ」さんの演技力。
笑い・涙・パワー有りの素晴らしい女性です。

2005年韓国でドラマ最高視聴率を記録。
「私の名前はキム・サムスン」大変なブームだったとは、
今回調べて初めて知りました。

1話からど派手な会話シーン、
その後も頻繁に登場するトイレ(男子用、女子用おかまいなし)、
ママ達の凶暴さ等、私にとってかなり新鮮。
韓国ドラマならでは?いえいえこのドラマ独特だそう・・で。

実は16話完結のドラマ3回みました。

<ネタバレしています>
さすがに3回目はお気に入りの場面のみ見るという飛ばし見でしたが・・・
1回目の時は、ワインを飲みながらだったせいか、
いろんな場面で号泣。
で、どんな場面でよく泣いていたかと振り返ると、
「家族愛」が全面に出ている場面なんですね。
このドラマの魅力は「サムスン」はもちろんだけれど、
私には「家族愛」が大きな魅力でした。
ヒョンビン演じる「ジノン(サムシグ)」も魅力的heart02

c02.gif jinonn.jpg


最も印象的なのはジノンの母のナ社長がヒジンとの再会後、
一人で部屋に戻り家族の写真を見ながら、泣くシーン。
ヒジンも泣いて、ミジュも泣いて、(私も泣いて)。
今まで強い、冷たい人とばかり思っていたのに、
実はヒジンが大好きなのに冷たくしなくてはならない、
息子夫婦を亡くしてつらい思いをしているから、
また愛する人を失うつらさを二度とさせたくないという家族愛。
このシーンはおいおい泣きました。


すきな1すきな2好きな3


この後、サムスンが叔母さんの店で焼酎を飲みながら
空想の中で亡くなったお父さんと話すシーン。
これも泣けました。
切ない場面に流れてくる音楽は勿論、場面々の音楽もいいな。
ジョージ ウィンストンの曲(living in the country)もあって。
「She is」
いいね。
これもかなりの人気とのこと

ヒジンといえば主治医の「ヘンリー」ですが、彼も素敵。

samusun10-6s.jpgsamusun10-7s.jpg


主役はこの二人↓、さてどうなるのか・・・まずは
二人でピアノのシーン、”おおーおおおー”♪の歌も良かった。
ジノンがサムスンの腰に
ぐいっと手を回すところやっぱりいいですよね。

二人でぴあの 二人2


16話通して魅力満載、書いていたら長くなりそう。
で、かなり端折って。

12話、済州島は雨。雨の中、山に登るサムスン。
女としてではなく、パティシェ、キム・ヒジンとして、ジノンに
会った時、無気力ではなく、堂々と話そう~と思いながら・・・
「私は、キム・ヒジンだ~~~~。サムシギー~~~もう完全終結だ~~~。」
後ろから声がする、「勝手に決めんな~~遅かったな」

samusun12-6s.jpg山 samusun13-3s.jpg


何となく予想できたシーンでしたが、
かっこよすぎ「ジノン」

たくさん笑える場面がありましたが、これはピカイチかと

samusun14-13.jpg


みんなノリノリで、ジノンもかなり頑張ってました。
サムスンも可笑しかった。


ラスト、サムスンがジノンに
「ママがどんなに心配したか、口の悪いお姉ちゃんが心配したか」
と話すシーンはじーんときます。
お姉ちゃん、ホント口は悪いけど妹思いのいい姉。

samusun16-22s.jpg


最終回はこのシーンで終わりでした。

ラスト


Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 4 comments  0 trackback

私の名前はキム・サムスン <その2>

伝えたい。このドラマの良さを!

ということで、何とかトライしてみます。

最高視聴率50.5%をマークした大ヒット韓国ドラマ
 『私の名前はキム・サムスン

アメリカのYahoo!エンターテイメントでも紹介された『私の名前はキム・サムスン』
2_3.gif


<見てみて~>
   ↓
徹底ガイド

主人公は30歳になるパティシエの女性。
3人姉妹の末っ子です。
サムスンは漢字を充てると三順となり三番目の娘さん、
という意味になるそうな。
同じように、サムシクは三息で三番目の息子となるそうな。
昔風の名前で「とめ」「花子」風なのでしょうか。
現代の韓国社会で息子にしろ娘にしろ
わざわざ何番目の子供と分かるような名前
(○息や○順:○には数字)を付けることは無いとのことで、
それで馬鹿にされるというわけのようです。

ドラマの中で、キム・サムスンが
名前のことを馬鹿にされて泣いていると
タクシーの運転手が、
「名前のことをけなされて泣く必要はないよ。
その名前がキム・サムスンというのでなければ」と言って笑わせる
(サムスンはさらに大泣きする)場面がありました。


2_5.gif


サムスンの台詞が呟きが妄想が・・・
とにかく面白くて、爆笑、そしてジーンとする。
サムスンが呟く数々の名語録、弾丸のように繰り出される台詞の応酬。。
サムスンの心の呟き「ナレーション」も心に染みる。


とにかく、絶対!お勧め!
時間ができたな・・・という時は『私の名前はキム・サムスン』
お正月見てみては。
この世の中にこんなにも心を和ませてくれるドラマがあるんですもの知らせたい
(大げさではないのよ)


samsoon100.jpg

zukka、サムスンにはまる。
今年の出来事その1になりそうです。

主演女優のキム・ソナさん 日本語堪能。魅力満載。
キム・ソナ来日映像配信中クリックして
    ↓
キム・ソナ


Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 4 comments  0 trackback

おこげの海鮮あんかけ

23日夜はお気に入りの
「おこげの海鮮あんかけ」を食べに「花うさぎ」へ。
おこげがパリパリとお煎餅のようで、
あんかけの味はちょっとピリ辛のいいお味。
ホント、おいしい~。
他のメニューもとっても美味しい。

おこげ1 おこげ2

お店は市電「中島公園通」の電停の前。
電停


お腹一杯、ほろ酔い気分ですぐ近くの「キタラ」まで・・
きたら きたらのツリー

今日の公演は「キタラのクリスマス」札響のようです。
そろそろ終わりかな、という時間。
中庭にいってみる。去年は大きなツリーがあったように記憶しているが(自信なし)、
今日のツリーは小さい。

豊平館も素敵。
豊平館

この後はぶるぶる震えながら家に帰る。
いえ、途中寄り道ゲオへ.

Category :
Posted by zukka  on  | 0 comments  0 trackback

2007年劇場鑑賞 my favorite movies

『私の2007年ベスト』をまとめよう。 Let's try!

<私を賢くしてくれた感動の2作品>
1.ブラッド・ダイヤモンド
ブラッドダイアモンド ブラッドダイアモンド2 ブラッドダイアモンド3 ブラッド4

1990年代後半のアフリカ、
シエラレオネでの激しい内戦を描いた社会派アクション映画。
“ブラッド・ダイヤモンド”という
ダイヤモンドの不正な取引をめぐって起きる不毛な争いを
サスペンスフルに描く。
私自身「ダイアモンド」にはもともと、縁も興味もない。
しかし、この映画を見終わると「ダイアモンド」が
ショウケースに並んでいるのを見ることさえ辛い。
(見に行く必要がないのが事実ですが・・)

2,バベル
バベル バベル1 バベル2 バベル4 バベル3


旧約聖書の創世記11章「バベルの塔」の話がキーのような。
もともと、世界の人々は同じ一つの言葉を話していた。
技術の進歩は人間を傲慢にし、天まで届く塔のある町を建てた。
神はこの塔を見て、神への反逆ととらえ、
人間の尊大さをこらしめるため言葉を乱して、
お互いに意志が通じ合わないようにした。
このため彼らは混乱し、世界各地へ散っていった。
この映画の舞台はモロッコ、アメリカ、メキシコそして日本。
言葉も通じない。心も通じない。想いはどこにも届かない。
私が一番心に残ったのは「チエコ」菊池凛子。
チエコは耳が聞こえず口を利けない。
チエコの感じている絶望的な孤独感がヒシヒシと伝わってくる。
彼女が友人達とクラブへ行った時のシーンは忘れられない。
クラブに入ると同時に流れる「アースエンドファイアー」の曲、
彼女だけが音楽は聞こえず、リズムに乗ることもできない・・孤独感。

<忘れられない彼>何とか3人に絞る 
1.ジェイソン・ボーン「マッド・ディモン」
ぼーん1

彼には敵いません。CIAの裏をかき、
次々に敵をかわしていく磨きぬかれた能力の高さ。
いつか又、お会いできるでしょうか・・・忘れません。

2.ジョン・マクレーン刑事「ブルース・ウィリス」
ダイハード1  マクレーン2

何はともあれ、めちゃくちゃですが、目茶面白い映画。
戦闘機とトラックでのシーンでは、
戦闘機のミサイルさえよけてしまう。
不死身のボロボロ刑事、ジョン・マクレーン、
あなたの事は忘れられません。

3、ジュード・ロウ
jyu-ou 1  ホリディ1


文句なし。もう素敵すぎです。
忘れようにも、忘れられません。

<勝手に選ぶ女優賞>
1.エディット・ピアフに扮したマリオン・コティヤール
エディット

主演女優賞に決まり。
ピアフの少女時代から亡くなるまでの波瀾万丈の生涯を見事、演じ切る。
この映画鑑賞中、私の斜め後ろの女性、お構いなしに鼻をすする音、
声を出しての泣きに参ってしまった。
思い出多き作品。

2、ドリームガールズのジェニファー・ハドソン
ドリーム2

新人とは思えない演技力、迫力ある歌声。
アカデミー賞助演女優賞は納得。

<地味に感動作品>
フリーダム・ライターズ

『ミリオンダラー・ベイビー』などで
2度のアカデミー賞主演女優賞に輝いたヒラリー・スワンクが、
初めてプロデュースを手掛けたヒューマンドラマ。
実在の英語教師とその生徒たちによるベストセラーを基に、
人種問題がはびこる過酷な環境に生きる若者たちと、
彼らを思う教師の感動の物語を描く。
監督は『パリ、ジュテーム』にも参加したリチャード・ラグラヴェネーズ。
実話ならではのさわやかな感動が味わえる。
(yahoo!映画より)
フィーダ無ライターズ ふりーだむらいたーず


<なぜか気になるこの1本>初めての出会い
バンズ・ラビリンス
パンズ・ラビリンス バンズラビリンス5
バンズ6

残酷な現実と恐怖の幻想世界を行き来する少女の心の闇を、
圧倒的な映像美で描き出す。
「1944年」、スペイン。少女オフェリアは内戦で父を亡くし、
母の再婚相手である大尉と暮らすことに。
大尉の残忍な性格に怯えたオフェリアは、
森でいたずら好きの牧神パンと出会い、
魔法の王国に行くための3つの試練を受ける。
ファンジーだと思って観にいったが、ダークファンタジーとは・・・
けどこの映画気になる存在。

<番外 とにかくはずせない>
傷だらけの男たち
傷だらけの男たち1 トニーレオン1

あの名作『インファナル・アフェア』のスタッフが再結集して制作した作品。
そして「トニーレオン」主演と来れば外せない。
この作品も『インファナル・アフェア』と同様、
レオナルド・ディカプリオの出演によるリメイクが決定されているとのこと。

「インファナル・アフェア」今年の映画ではないが大好きな作品
いんふぁなる・アフェア  インファナル・アフェア3



2008年はどんな映画に出会えるか楽しみ。

「2007年劇場鑑賞 合計43本」
ラッキーナンバー7 ディパーテッド 不都合な事実
幸せのちから デジャブ 今宵、フィッツジェラルド劇場で
ドリームガールズ ブラックブック(ベルギー)
善き人のためのソナタ(ドイツ) ブラッド・ダイヤモンド ホリディ  
クイーン(イギリス) バベル あるスキャンダルの覚え書き(イギリス)
スッテプ・アップ  サラバンド(スウェーデン)
フランシスコの2人の息子(ブラジル) キサラギ(日本)
約束の旅路(フランス) ゾディアック ダイ・ハード4.0
フリーダム・ライターズ 消えた天使 トランスフォーマー
ハリーポッターと不死鳥の騎士団  傷だらけの男たち(香港)
ミス・ポター オーシャンズ13 インランド・エンパイア
あるいは裏切りという名の犬(フランス) パンズ・ラビリンス(メキシコ・スペイン)
プロヴァンスの贈りもの グッド・シェパード 
題名のない子守唄(イタリア) バイオハザードⅢ  
ブレイブワン  エディット・ピアフ(イギリス チェコ フランス) 
ALWAYS続・三丁目の夕日(日本)ボーン・アルティメイタム
ディスタービア  長江哀歌(中国)
ウィカーマン  ベオウルフ  

2008年へ繰越
アイ アム レジェンド ナショナルトレジャーリンカーン暗殺者の日記
4分間のピアニスト(ドイツ)

Category : 映画(2007)
Posted by zukka  on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。