気ままに綴りたい |

アフタースクール

久々の邦画鑑賞です。今日は映画の日のためか、見たい回は既に満席。
次の回まで待っての鑑賞。やっぱり満席で、かなりの人気映画のようです。
札幌だからかしら?

どうも何かがある映画らしい、とは情報入手済み。
なるべく無のまま見た方が良いということで・・・
さて、どんな映画なの??

アフタースクール3
 カテゴリ ドラマ
 製作年 2008年
 製作国 日本
 時間 101分
 公式サイト www.after-school.jp/
 公開日 2008-05-24~ 公開中
 監督 内田けんじ

 出演 大泉洋  佐々木蔵之介  堺雅人 
     常盤貴子   田畑智子  北見敏之

母校の中学校で働く人のいい教師、神野。夏休みにもかかわらず部活動のために出勤していた彼のもとに、同級生だと名乗る探偵が訪ねてくる。彼は、神野の同級生で親友のエリートサラリーマン、
木村の行方を追っていた。神野はちょうどその朝、仕事で全然つかまらない木村に代わって産気づいた彼の妻を病院へ連れて行ったところだった。そんな神野に探偵は、今朝撮られたという写真を見せる。
そこには、若い女性と親しげにしている木村の姿が。ショックを受けた神野は、そのまま探偵の強引なペースに引きずられるように木村捜しを手伝わされるハメになるのだったが…。(allcinemaより)


オープニングは
中学校の下駄箱前、清楚な感じの可愛い女生徒が外から入ってきた男子に声をかけます。
「木村君!」と。彼女は木村君に手紙を差し出します。
映像は時が経ち、現在。
アパートの一室には、身重の妻(常磐貴子)と夫(木村君・堺雅人)たぶん妻の父と思われる男性。
朝食を終え、夫はお腹の赤ちゃんに声をかけ出勤。
あの中学生の2人が結婚し幸せに暮らしているのだな。と誰しもが思うよねえ。

               アフタースクール1

大泉洋(神野先生)は木村君の親友で、現在は中学校の先生。
木村君の妻の陣痛が始まり、神野君に助けを求めたって、親友の妻だもの・・
ってあまり深くは考えなかったよ・・・。

            結局、そーだったの!
             わかんなかった・・
            上手い具合に騙してくれましたね


            アフタースクール2

自称探偵の佐々木蔵之介と大泉洋が木村君を捜して行くあたり、面白かった。

作品はユーモアたっぷり、随所で声を出して笑いました。

でも途中、退屈しちゃう。
終盤にどんでん返しで、「そーだったの」って判るんだけど・・
中盤にちょっとだけでも観客に、何かヒントになるエピソードを明かすとか、見せるとかして、
楽しみを、一緒に考えるような工夫を与えてくれないと、ドキドキすることもなく退屈。
その辺が・・・不満かな。


大泉洋はいい味出してました。

                情報は仕入れず、見て騙されてくださいなグー!

Category : 映画(2008)
Posted by zukka  on  | 8 comments  0 trackback

ジェイン・オースティンの読書会

             ワインとおしゃべり、時々恋ー
             それが女たちの読書会。


    このフレーズと、こちらのチラシに惹かれて・・
    実は「ジェイン・オースティン」の小説、読んでいないのですが。
    女性好みの映画です。

ジェイン・オースティンの読書会1 カテゴリ ドラマ ラブ・ストーリー
製作年 2007年
製作国 アメリカ
原題 THE JANE AUSTEN BOOK CLUB
時間 105分
公式サイト www.sonypictures.jp/movies/janeau...
公開日 2008-04-12~2008-06-06 公開中
監督 ロビン・スウィコード

出演 キャシー・ベイカー マリア・ベロ エミリー・ブラント
エイミー・ブレネマン ヒュー・ダンシー マギー・グレイス

        ジェイン・オースティンの読書会3
監督は「若草物語」「SAYURI」などの脚本で知られるロビン・スウィコード(女性)。これが初監督作。

<読書会のメンバー6人は>
*バーナデット(キャシー・ベイカー)・・・ 離婚歴6回を誇る女性。
                     “オースティンは、人生最高の解毒剤”と常々考えている。
*ジョスリン(マリア・ベロ)・・・ ブリィーダー、独身、愛犬を亡くして落ち込んでいた。
*シルヴィア(エイミー・ブレネマン)・・・ 夫(ジミー・スミッツ)から“他に好きな人ができた”と告げられ
                         窮地に陥っていた。
この3人は親友、ジョスリンとシルヴィアは高校時代からの親友。

*アレグラ(マギー・グレイス)・・・ シルヴィアの娘、同性愛者。
*プルーディー(エミリー・ブラント)・・・ 高校教師(フランス語)
                       趣味の合わない夫より教え子に心惹かれている。
*グリッグ(ヒュー・ダンシー)・・・ 2人の姉を持つ、SF大好き青年、オースティン初体験。
                     年上の女性ジョスリンに誘われ仲間入り。

<オースティンの長編小説は6冊>
*分別と多感(Sense and Sensibility、1811年)
*高慢と偏見(Pride and Prejudice、1813年)
*マンスフィールド・パーク(Mansfield Park、1814年)
*エマ(Emma、1816年)
*ノーサンガー僧院(Northanger Abbey、1817年)
*説得(Persuasion、1818年)

ジェイン・オースティンの読書会2


小説は6冊、メンバーそれぞれ1冊担当を決め、6ヶ月で6冊の本を語り合う。
最初の顔合わせ、もうメチャクチャ。
それぞれの事情があり、個性的な人達の集まりで、担当小説を決めるのも簡単ではない。
ジェイン・オースティンの読書会4

その中でキラリ注目の女性が、プルーディー(エミリー・ブラント)。「プラダを着た悪魔」の彼女。
自分の母親の生き方が嫌いで、自由な考え方を嫌い、古くさく気取ったお堅さ。
その頑なさが、最初、この会を気まずくさせていた。

メンバーが、オースティンの小説に出てくる主人公達にそれぞれが通ずるところがあり。
これが上手い設定で、自分の人生を探す手助けとなっているよう。  
それぞれの持ち回りで、自宅での読書会。
これも女性向き、楽しいのです。
我が家で集まるとなれば、1週間前からお掃除に料理の準備にと大事になりそうですが、
やはりホームパティーに慣れているお国柄、とても楽しそう。

読書会も会を重ねるごと、人間関係の思いやりも感じられ議論も勿論、盛り上がって面白くなっていく。
だんだんと皆の本音が露わになり、
小説の主人公について話しているはずだったのに・・・
いつの間にか、自分と重なり自分の悩みを語っているように。

なぜか年上の女性がモテる映画。
唯一男性メンバーのグリッグ(ヒュー・ダンシー)がいい味を出している。
ジョスリン(マリア・ベロ)に気があるのですが、肝心のジョスリンは心を開いてくれず。
それでも真面目に最後まで向き合い、ハッピーエンドに持ち込むあたり、女性監督ならではでしょうか。
グリッグが大好きなSF小説との絡みもとても面白い。
ジョスリンがSFに嵌るあたり、とっても気持ちが解り一人にやけていたと思う私。
                
         やっぱり、「ジェイン・オースティン」の小説読んでいたら・・・
         数倍楽しめる作品でしょう。


         せめて映画化されているいくつかの作品を見ましょう。
         できれば小説を読んでもう一度見直したい映画です。

Category : 映画(2008)
Posted by zukka  on  | 0 comments  0 trackback

魔 王  韓国ドラマ

ラッキーな事に、友人がDVDを貸してくれました。
お気に入りのドラマ「復活」のオム・テウンと 「宮~Love in Palace」のチュ・ジフン 共演。
そして、「復活」の脚本家キム・ジウと演出家で監督のパク・チャンホンが再び手を組んだドラマ。
大注目、見る前から期待は膨らみドキドキもの。
魔王 タイトル     魔王 タイトル2

韓国放送日:2007年3月~2007年5月 全20話(KBSドラマ)
演出:パク・チャノン  脚本:キム・ジウ
CAST:オム・テウン(カン・オス役) / チュ・ジフン(オ・スンハ役)/シン・ミナ(ソ・ヘイン役)
     
< ストーリー >
それは差出人不明の一枚のタロットカードから始まった――
正義感あふれる刑事のオス(オム・テウン)のもとに、ある日、宅配便で1枚のタロットカードと奇妙なメッセージが届く。その晩、名高い弁護士が殺され、現場にはオスに届いたものと同じタロットカードが残されていた。
捜査を進めるうち、オスは2人の人物と出会う。
1人はタロットの絵を描いたという女性ヘイン(シン・ミナ)。
彼女は、触れた人や物にまつわる記憶が見える“サイコメトラー”だった。
そしてもう1人は謎めいた若い弁護士スンハ(チュ・ジフン)。
オス、スンハ、ヘイン…事件に関わる3人はやがて12 年前のとある殺人事件へと導かれていく――
(BS Asahi より)

ヘイン(シン・ミナ)は子供頃(12年前)、転がってきたボールを拾いあげた瞬間に「ある事件の映像」を自分の頭の中で見てしまう(なんとも変な表現ですが)。
一人の男子学生が数人の男子学生といる、そしてナイフで刺され倒れるというもの。
この事件がすべての事の始まりでした。
ヘインは“サイコメトラー”、思わずこのシーンで「デッドゾーン」(海外ドラマ)を思い浮かべる・・私。
さて、彼女の“サイコメトラー”能力はドラマとどう関わっていくのか。またまた期待が膨らみ。
もう一つの小道具が「タロットカード」
               魔王 タロットカード

このタロットカードが事件の始まり毎に送られて来るのです。
困りました。タロットカードについて何も知識がありません、私。
いろいろ解釈の仕方があるようで、その説明を理解するのにかなりエネルギーを使いました。

12年前の事件は「刑事のオス(オム・テウン)」が起こしたようです。
そして、この事件に関わった人達に「タロットカード」が送られ、次々に殺されていく。
オスに対する、復讐であるようだということは解ります。
どうも若い弁護士スンハ(チュ・ジフン)が何か関係がありそうとも・・。
どこで誰がどのように繋がっていくのか、殺人事件の犯人もいろいろと複雑で。

          緻密な計算で作られたすばらしい脚本です。

回の後半に入ると、オム・テウン(カン・オス役)と チュ・ジフン(オ・スンハ役)
それぞれの悲しみ、苦悩がズシン、ズシンと迫ってきます。
カン・オス  シン・ミナ  オ・スンハ

最初自分の好みで「オム・テウン」寄りでいたのですが笑2
後半になると、 チュ・ジフンの演技が見事でどちらとも・・・と苦悩を共にし始める事に汗;
さて、ヒロインのシン・ミナ(ソ・ヘイン役)、どちらと・・・と思って見ていましたが、
チュ・ジフン(オ・スンハ役)に気持ちはあるようで。
二人の切ないシーンもたくさんで涙を誘いました。
お気に入りのシーンはこれです。
               魔王雨2人
     はあー 切ないです・・・・

ラストはなんとも、なんともですが。
こういうドラマの場合、ストーリーを明かせない辛さありです。

また違った意味で楽しませてもらいました。
「復活」に出演していた役者さん、「魔王」にも出演。
注目は「復活」であの素敵なアン秘書→「魔王」では復讐する側のヨンチョル
アン秘書 →       魔王 ヨンチョル


とても同じ人とは思えません。役者ってホント凄いです。

もう一人「復活」で素晴らしい悪役を演じていたキム・ギュチョル(チェ社長役)→「魔王」では2人に理解を示す心優しい「スンハの弁護士事務所の事務局長役」

復活チェ社長→   ちぇ


物語的には奥の深い、考えさせられる、良く出来た素晴らしいドラマでした。
私はどちらかというと「復活」の方が好きです。
何故か、やぱっりオム・テウンとハン・ジミン(ソ・ウナ役)の切ない恋愛関係があったからと。
そして挿入歌も「復活」の方が自分好みでした。

Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 4 comments  0 trackback

miya-vie

 久しぶりのランチ
 HP→miya-vie  南6西23

 miya-vie.jpg

シェフはザ・ウィンザーホテル洞爺「ミシェル・ブラン トーヤ ジャポン」
の料理長を務めていた方。
久しぶりに会う友人と美味しい、贅沢な時間。
レストランに入ると、真正面にワインセラーが。
店内もとっても素敵でした。
ワイン miyavie2.jpg

再会を祝してグラスシャンパーニュで乾杯。
お供はこちら、カレー風味のピロシキと・・・忘れた
こちらのお料理。レンズ豆が歯ざわりよく、
風味豊かな、コショウがピリッと効いておいしいぃ。

ミヤビ 1


前菜です。リゾットの様に仕上げた、
アサリ、ブロッコリー、卵、絹さやとアーモンド、
虹鱒のポワレと、春の葉.
リゾット、美味しい。
ブロッコリーの粒粒とアーモンド、アサリといいお味。

ミヤビ2

メイン。
北広島産サッポロポークのフィレとバラ肉、
メークイーンの軽いムスリーヌと歯ざわりを、
青ねぎのソースと生姜の香りでお皿を高めて.
こういった料理法のポーク初めてキラキラ

po-ku.jpg miyavie 3

ポークって感じがしなくて、柔らかくて、
生ハムの塊を頂いているような・・・味もソースにぴったり。

pann.jpg


食べかけのパン、
この「ライ麦パン」もちろん自家製とのこと。
すっごーく美味しいのです絵文字名を入力してください
硬さもちょうどよくて、噛めばかむほどに美味しさが広がり。

デザート。凝りに凝っております。
deza-to.jpg

アプリコットとオレンジの冷たいブイヨンを
濃厚なほうじ茶のクリームと共に、
大葉のシャーベットとビューニュを添えて.
絶妙キラキラ(ピンク)大葉にほうじ茶が和風テイストなのです。
ビューニュのサクサクもとっても美味しくて、
不思議な素敵な価値あるデザートでした。

これまた、ステキ~
koucya.jpg cake.jpg

紅茶はこちらのポット(?)で。
ステキですよねえ。
そして飲み物のお供は「ジャガイモのケーキ」
さすがの私たちも、
もう満腹で、お持ち帰り用の袋にて頂きました。
なんとも気の利いた心使い。うれしいです。

Category :
Posted by zukka  on  | 0 comments  0 trackback

ラスベガスをぶっつぶせ

          圧倒的な数学力、実話の映画化。
       マサチューセッツ工科大学の数学の天才学生たちが、
        ラスベガスのカジノで荒稼ぎしたという実話を基にした大ベストセラーを映画化
         数学のできる人に弱い、それだけで絶対!見逃せない。
     なんとケヴィン・スペイシーも出演。これは何かありそうな予感キラキラ

ラスベガスをぶっつぶせ1
カテゴリ ドラマ
製作年 2008年
製作国 アメリカ
原題 21
時間 122分
公式サイト www.sonypictures.jp/movies/21/
公開日 2008-05-31~ 公開中
監督 ロバート・ルケティック

出演: ジム・スタージェス、 ケイト・ボスワース、
ローレンス・フィッシュバーン、 ケヴィン・スペイシー
アーロン・ヨー、ライザ・ラピラ、ジェイコブ・ピッツ、
ジョシュ・ギャッド


理系大学の最高峰MIT(マサチューセッツ工科大学)の学生ベン・キャンベル。
医者を目指している彼にとって目下の悩みは、そのあまりにも巨額な学費。
そんなある日、ベンの頭脳に目を付けたミッキー・ローザ教授が彼を自分の研究チームに勧誘する。
その研究テーマは、“カード・カウンティング”という手法を用いてブラックジャックで必勝するためのテクニックとチームプレイを習得するというものだった。一度はためらうベンだったが、チーム内に憧れの美女ジルがいたことも手伝って、学費のためと割り切り参加する。
やがてトレーニングを積んだチームは、満を持してラスベガスへと乗り込むと、みごと作戦通り大金を手にすることに成功するのだが…。(allcinemaより)

ベンはロボットコンテストで優勝することを目標にしている、“オタク学生”。
成績は優秀ですべてA。
ハーバードの医科に進学するため、遊ぶこともせず学業一筋だった。
進学は決まったけれど、学費は奨学金が頼り。
その奨学金の相談面接では「成績が優秀だけでは選ばれることは難しいだろう。
何か特別なアピールがないと。」みたいなことを言われてしまう。

ベンのバイト先が「JPRESS」で親しみを感じちゃいました音符

ミッキー・ローザ教授(ケヴィン・スペイシー)の講義時、
ミッキーはベンに「ここに3つのドアがある。ひとつに新車が、どのドアを選ぶか?」と聞きます。
ベンはそのうちの1つを選び、教授は1つを開け、はずれであることを確認。
次にベンに「残り二つになったが変更するか?」と聞きます。
すると「勿論変更する。」と
なぜなら・・・・・変数変換が何たら~~と説明が
この場面からドーッツと面白くなりました!!

そして、ミッキーの研究チームにスカウトされることに。

kebinn.jpg ラスベガスをぶっつぶせ4


ラスベガスデビューです。
カウンティングをマスターしてブラックジャックで稼ぐというもの。
さて、カウンティングとは???
ブラックジャック?

とにかくベンの頭脳はすごいのですよ。
私はチンプンカンプン。
暗算能力もすごいよねえ。

             ケヴィン・スペイシーに注目です。
          彼は絶対にキーパーソンだとは思っていましたが・・
           やっぱり、期待に応えてくれました。
           彼がいるところ、何かは起こりそうです。

ベンは予想通り、大金を稼ぎます。
今までの生活とは無縁だった豪華な生活。
所詮ギャンブルでもうけたお金・・このままではないはず。
やはり普通の人間、ギャンブルの恐ろしさにはまり・・「賭け事は身を滅ぼす」

人生のどん底を味わい、真の友情に気づき
親友はベンに「いい人生経験じゃないか」といってくれるのです。
なんて良い友人でしょう。

ラストではオタクの友人たちも、ラスベガスチームに。
あーなんてこと、こんな事って苦笑い(独り言)
個人的には“オタクのベン”のほうが好み。

ラスベガスをぶっつぶせらすと


Category : 映画(2008)
Posted by zukka  on  | 2 comments  0 trackback

ヒョンビン 

     ドラマ「雪の女王」をGyaoで見終わる。

     このドラマのヒョンビンはまたまた素敵
    ストーリーが悲しいドラマなので何度も見る気にはなりませんが・・
                  ふるーつ☆Cultivation・ドキドキハートヒョンビンLOVE最高heart02
                             今のところ、お気に入り韓国俳優№1
                                          (すぐ変わる可能性大)
役どころが天才数学者ってのもいいね・・
ドラマは全体に重い雰囲気で、ヒョンビンが演じる「ハン・テウン ハン・ドック」
心に傷を持った痛々しい役柄。
笑顔の少ない、抑え目の演技でしたが、またそれがいいんですよ。
度々目から流れる、一筋の涙・・ジーンときます。最高の演技Brilliant

ラストは永久保存版の名シーンでした。
一人で図書館に行き、机に顔をつけてボラとのことを思い出す・・・
とっても、よいドラマでしたね・・・

 ヒョンビン4
 
 ヒョンビン5


1話で高校生役のヒョンビン登場では、ガーンだったのですが
ヒョンビン3


ヒョンビン1

              こんなに素敵に成長しました~

「雪の女王」を見ながら、「私の名前はキム・サムスン」のサムシクをずーっと探してました。
けれどさすが役者。サムシクの面影は見つけられませんでした・・
        サムシク2

         こちら「私の名前はキム・サムスン」のヒョンビン。

Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 2 comments  0 trackback

シークレット・サンシャイン

思いもかけぬ衝撃が待っていました。
この映画を忘れられなくしたシーン
うーんと唸ってしまった・・

miryan.jpg
メカテゴリ ドラマ ラブ・ストーリー
製作年 2007年
製作国 韓国
原題 密陽
時間 142分
公式サイト www.cinemart.co.jp/sunshine/
公開日 2008-06-07~ 公開中
監督 イ・チャンドン

出演: チョン・ドヨン ソン・ガンホ






シングルマザーのシネは、幼い息子ジュンと2人で、
亡き夫の故郷・密陽(ミリャン)に引っ越し再出発を誓う。
地元の小さな自動車修理工場の社長ジョンチャンは、
そんなシネと出会い心惹かれる。
何かと世話を焼いてはシネの気を惹こうとするジョンチャンだったが、
今も夫を心から愛しているシネは、
彼を俗物男と評して冷ややかな対応。
そしてようやく新生活も落ち着きを見せ始めたとき、
思いもよらぬ悲劇が彼女を襲う。
息子のジュンが誘拐され、
全財産を身代金として渡したものの、
結局ジュンは遺体となって発見されたのだった。
絶望の末に、薬局の女主人に勧められた
キリスト教への入信を決断するシネだったが…。
(allcinemaより)

シークレットサンシャイン1

シネ (チョン・ドヨン)は最愛の息子ジュンが誘拐され、殺害された。
深い悲しみをどうすることもできず、もがき苦しむ日々。
そんなシネが短期間に何かに取り付かれたように、
キリスト教にのめりこんでいく過程が興味深い。
あまりにも簡単に神の存在を受け入れ、
にこやかな顔になり活動的になって行く姿に、
不安を感じたのは私だけではないはず・・

シネはキリスト教にのめり込むあまり、
「人を赦す」という神の教えを実行しようとする。
それは、息子を殺害した犯人さえも赦そうと、
刑務所へ会いに出かける。

この後衝撃のシーンへ・・この作品の見せ場だと思う。

面会室で殺人犯と向かい会うシネ。
彼女が男に重要なことを伝えたいと言うと、
男も彼女に伝えたいことがあると言う。
殺人犯も獄中で神への信仰に出会い、
心穏やかに過ごしていたと言うのです。
「わたしも刑務所の中で信仰と出会い、
心から神に懺悔しました。するとどうでしょう。
神が私を赦されたのです!」
これまでの自分の唯一の拠り所であった同じ神が、
こともあろうに息子の殺害犯を、
自分が許す前に許していたとは、
一体どういうことなのか??

ガラガラと足元から土台が崩れていくような衝撃。
うーん、やられた・・・と心の中で叫びました。

その後のシネは正気を失っていくのですが。
キリスト教の集会で教義のスピーチ中に、
シネがCDを勝手に流すシーン。
そのCDの歌詞は
「うそだー♪うそだー♪」ここ・・笑った♪

シークレットサンシャイン2 
白熱の演技を見せるシネ (チョン・ドヨン)のそばに、
いつも寄り添うように見守るジョンチャン(ソン・ガンホ)
の存在がわずかな救い。

チョン・ドヨン カンヌ

チョン・ドヨン
 第60回カンヌ映画祭で主演女優賞を受賞

Category : 映画(2008)
Posted by zukka  on  | 2 comments  0 trackback

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国

スピルバーグ監督 ルーカス製作総指揮
ハリソン・フォード主演
 劇場でインディ・ジョーンズに会えるというだけで
すでに クラッカー 満点 キラリラ

インディジョーズ帽子

カテゴリ アクション アドベンチャー
製作年 2008年
製作国 アメリカ
時間 123分
公式サイト www.indianajones.jp/
公開日 2008-06-21~ 公開中
監督 スティーヴン・スピルバーグ

出演 ハリソン・フォード   シャイア・ラブーフ   レイ・ウィンストン   カレン・アレン
    ケイト・ブランシェット   ジョン・ハート    ジム・ブロードベント

インディ・ジョーンズ・クリスタル・スカルの王国2jpg

 車のトランクから放り出された帽子・・・
 そして・・このシルエット
 この時点で心臓が高鳴り、感涙。ちょっと、大袈裟か苦笑い
インディ・ジョーンズの登場
この日が来るなんてbikkuri011989年の「最後の聖戦」から約20年。
再びハリソン・フォードのインディと劇場で会えるなんて、
ホント感激。

1936年舞台の「レイダース 失われたアーク」
1935年舞台の「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」
1938年舞台の「インディ・ジョーンズ最後の聖戦」
そして 1957年舞台の
「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」
さすがにインディも年をとっているはずです。

<ストーリーはさて置いて、思いついたままを>

格納庫

1957年が舞台、
米国ネバダ州の米軍施設の格納庫から物語は始まった。
この格納庫には、
軍が集めた膨大な量の財宝が保管されていた。
「ロズウェル 1947」との文字が飛び込んでくる・・
ムム、あの隠された宇宙人とやらと関係があるのか・・
と考える自分。
激しい爆発が格納庫の木箱を吹き飛ばす、
その映像にはチッラと、1936年にマリオンと共に
戦って手に入れたあのアークキラキラおおー感激~

インディ


インディ・ジョーンズは
ジョン・ウィリアムズ作曲のテーマ曲
なくしてあり得ない


この映画になくてはならないのがジョン・ウィリアムズの音楽。
テーマ曲が流れインディが現れ、もう何もいうことはない。
胸いっぱい。

冒険、アクション、生物の大群、
神殿、遺跡、仕掛けとお馴染みの見所。
今作品は-----

注目はマット役のシャイア・ラブーフ。
インディの代わりに見事なアクションを披露していた。
バイクの運転、剣をとってスパルコ(ケイト・ブランシェット)と
走行する車両の上での戦い。
未来のインディ役を予感。
シャイア 147189_indiana_ga09.jpg
 

神殿・遺跡での数々の仕掛けも楽しみの一つ
今回もいろいろとあったけれど、
「ハムナプトラ」「ナショナルトレジャー」と
この手の映画を見てきたせいでしょう
いつものドキドキ感がない・・・
でも、インディの経験と知識が随所に出ていてオーライjumee☆peace1
インディ・ジョーンズシリーズで印象的なシーンは
「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」での
トロッコ・チェイス 
このシーンを見たときの緊迫感は今でもはっきりと覚えている。
「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」では、
滝の3段落とし、この映像もすごかった。
でも、緊迫感はなかったけど、
思わず「スプラッシュ・マウンテン」3回連続か。なんて
ディズニーランド思い浮かべてしまった焦る3

ラストシーンは大サービスだったなあー
幸せなシーン、
そしてまたまた帽子が転がりオープニングとつながるよねえ
さてこの帽子、マットが拾うのかと思いきや、
インディがしっかり自分の頭へ。


何はともあれ、最高に幸せな時間を過ごしました。
ははは・・にっこり絶賛!
インディジョーンズパンフ2

公開終了まで、もう一度、何度でもいきたあーい。

Category : 映画(2008)
Posted by zukka  on  | 8 comments  0 trackback

マビの台所  韓国料理

        お約束のメンバーで、待望の韓国料理楽しみましたグー
       <マビの台所> 南1条西5-20 郵政福祉札幌第一ビルB1
                 (店長の奥様がオ・マビさんとのことです)
       マビの台所

           家庭的な落ち着けるお店。
           壁には、韓国ドラマでお馴染みの俳優の写真があります。
           テレビでは「プラハの恋人」が流れていましたね。
           憧れキラキラ(オレンジ)のスプーンとお箸でいただきマースグー!

          hashi_1.jpg


≪よせチゲ≫ スライスしたお餅が入っていました。最後はラーメンを入れて食べました。
     寄せチゲ


≪キムチ・ナムル≫
     ナムル・キムチ



≪豚肉とにらのチヂミ≫美味しかったにっこり 外はパリパリ、中はモチモチとして、ホントおいしかった~
     チヂミ


≪ねばねばサラダ≫サンチュに巻いて食べます。なんか、だんだん韓国って感じしてきました笑
ねばねばサラダ  サンチェ


≪チャプチェ≫魔王のスンハの母が得意な料理。スンハはヘインの家でチャプチェを出され
         オンマを思い出し涙・涙で・・・・
         春雨とは違って、腰があり歯ごたえもあり、自分好み。おいしーいぃ。
cyapuche.jpg   cyapucheup.jpg


≪トッポギとスパムの炒め物≫ トッポギ キラキラ ずーっと食べてみたかったものの第一位!
やっとありつけた・・
チラッと辛かったけど、それほどでもない。「宮」のチェギョンを思い出すわぁ~
toppoki.jpg  トッポキ アップ


この後デザートは「ゆずのシャーベット」

そして、今回、初挑戦!≪マッコリ≫
これがフルーティで飲みやすい。すっかりお気に入りふるーつ☆Cultivation・キラキラ星 勿論!飲み放題、おかわり~何杯!?
     まっこり


念願の韓国料理も楽しみ、トッポギも食べて、次は・・・
本場韓国の屋台デビューしかないふるーつ☆Cultivation・笑(小)
韓国行くよ~!と盛り上がり・・行こう!

Category :
Posted by zukka  on  | 0 comments  0 trackback

奇跡のシンフォニー

一言、ロマンチックなの、奇跡魔法は存在する音符

シンプルなストーリー、そのまま感動できる、
とっても良い作品。
音楽は素晴らしい、人生になくてはならないものBrilliant
安心して見られる、
心暖まるお気に入り仲間入り確定作品。


奇跡のシンホニー2
カテゴリ Music/ミュージカル ドラマ
製作年 2007年
製作国 アメリカ
原題 AUGUST RUSH
時間 114分
公式サイト www.kiseki-symphony.com/
公開日 2008-06-21~ 公開中
監督 カーステン・シェリダン


出演 フレディ・ハイモア   ケリー・ラッセル
 ジョナサン・リス=マイヤーズ テレンス・ハワード  
  ロビン・ウィリアムズ ウィリアム・サドラー
     
監督は父ジム・シェリダンの監督作「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」で
脚本を手掛けたカーステン・シェリダン。
ニューヨークの養護施設で育った11歳の少年エヴァン。
生まれつき類い希な音感を持つ彼は、
音楽を通じていつか両親に出逢えると信じていた。
だが、その実の親であるライラとルイスは
息子が生きていることをまだ知らない。
11年前、新進チェリストのライラと
ロック・ミュージシャンのルイスは運命的に出会うも
ライラの父によって仲を引き裂かれ、
その後妊娠した彼女は交通事故に遭い、
死産したことを知らされた。
以来、ライラは傷心の日々を過ごし、
彼女を失ったルイスは音楽への情熱も失い息子の存在も知らないまま
金融業界へ身を投じていた。
そんな両親への思いが募るエヴァンは、
ある時ふとしたことから施設を抜け出し、マンハッタンに辿り着く。
やがて、ウィザードと呼ばれる元ストリート・ミュージシャンに
ギターの才能を見出され、両親探しのきっかけを掴むエヴァンだが…。
(allcinemaより)

オープニングのエヴァン“オーガスト”が小麦畑で指揮をするシーンから、
奇跡は起こっていた・・
印象に残るシーン。
既に、映画の序盤で奇跡は起こっていたのよ・・
エヴァンの父と母は、ロック・ミュージシャンとチェリスト。
違うステージで演奏されている、
ルイスのロックとライラのチェロが一体となって素晴らしい音楽。
この時点で、ラストが見えた!?
奇跡2



 満月の光に誘われ、音に導かれて出会った二人。
 この世で会うべき運命の人。




エヴァン。11年と16日・・・施設で育った孤独な小年。
彼は信じていた。
まだ見ぬ両親がこの世のどこかで待っていることを。
「音は宇宙からやってくる」
「音楽は、そばにある。心を開けば聞こえてくる。
 心の耳を澄ませば。」
初めてギター

施設を抜け出し、
生まれてはじめてギターに触れる「エヴァン」
素晴らしかった・・・ギターのこの演奏。
やはり是非映画館で聞いて!

ゴスペル

次に彼が出会った音楽は教会。
教会のオルガンを弾いているのを聞いて、神父は「神童」と・・
神父の推薦でジュリアード音楽院へ、
「あなたの音楽はどこから来るの?」
「ただ聞こえる。朝起きた時や、道を歩いている時にも。
 誰かが僕を呼んでいる。
 楽譜に書くのは返事です。僕に音楽をくれた人に。」

音楽は3人に再会の奇跡を呼び起こす。
指揮 父ロック ライラ

このシーンはとっても良かった。
この少年が自分の子供だとは知らずに、
音楽で心を通わせるルイス。
(自分に子供あったことすら知らないし・・)
けれど、感じるものがあるのですね。
奇跡のシンホニー1

ルイスはオーガストに伝えます。
「音楽は捨てるな。何が起きても。どんなにつらい時だって、
 音楽さえあれば感情を吐き出せる。僕の経験だ。
 でも大丈夫。悪いことは起きない。自分を信じろ。」
 この台詞を聞いて、私も安心したよ。
 ラストは幸せになれるってstar pink
 勿論、ラストは感動のハッピーエンド
 音楽が素晴らしかった!!
 サウンドトラックが欲しくなるね。

お久しぶりが「 ロビン・ウィリアムズ 」
さすがの役者さんでした。頻繁にお目にかかりたいな・・
ロビン

   

Category : 映画(2008)
Posted by zukka  on  | 10 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。