気ままに綴りたい |

ザ・マジックアワー

          声を出して笑っちゃった      
            懐かしいいような・・面白い映画だった
                    実は三谷幸喜 作品苦手なんだけど・
        この作品は映画好きには堪らない要素がたくさん詰まっていて楽しめたよ

majikku.jpg カテゴリ コメディ
製作年 2008年
製作国 日本
時間 136分
公式サイト www.magic-hour.jp
公開日 2008-06-07~ 公開中
監督 三谷幸喜


出演 佐藤浩市 妻夫木聡 深津絵里 綾瀬はるか 西田敏行
小日向文世 寺島進 戸田恵子 伊吹吾郎 寺脇康文 谷原章介
中井貴一 鈴木京香 香川照之 天海祐希 唐沢寿明

港町・守加護(すかご)。街を牛耳るギャングのボス・天塩(西田敏行)の愛人・マリ(深津絵里)に手を出してしまった手下のホテル支配人・備後(妻夫木聡)。はたして天塩に捕まり絶体絶命となる。助かる唯一の条件として天塩が示したのは、5日以内に幻の殺し屋“デラ富樫”を連れてくること。
条件を飲んだ備後だったが、そう簡単にデラが見つかるわけもなく、最後の非常手段としてニセモノを用意することに。そこで備後は、映画監督になりすまして無名の俳優・村田大樹(佐藤浩市)を雇うと、映画の撮影と称して彼に殺し屋“デラ富樫”を演じさせ、天塩の前に差し出すのだったが…。
(allcinemaより)


まずは舞台となる港町・守加護(すかご)。この街がとってもいいキラキラ
レトロ感、街並み、港町、映画のために作られた様な・・・
あっびっくり 映画のために作ったのですよね。いい雰囲気・・
エンドロールでここのセットができていく様子が流れますよ。

ところ変わって、映画撮影所。
またまた、これがとってもいいのBrilliant
無名の俳優・村田大樹(佐藤浩市)が中井貴一 のスタントをしたり、 唐沢寿明 の相手役(台詞1つ)
をしたりのシーン。
映画製作中の役者・スタッフの現場の様子が伝わり、映画ファンには堪らない。
市川崑がそのまま監督役で登場しているのは、ちよっとびっくり・・このシーンは緊張してしまった私。

今回主役の佐藤浩市、無名の俳優・村田大樹役が素晴らしい演技でした。
撮影所での助っ人役者はぜんぜん冴えない、くさい演技丸出し俳優を演じ。
主演映画と騙され演ずる「デラ富樫」役では、たっぷり笑わせて貰いました笑い。
ギャングのボス・天塩(西田敏行)と初めて会うシーン。
ペーパーナイフを3度とも違った舐めりで・・・大爆笑!!
役者魂を感じさせますよ。
真面目に演じているがゆえに、大爆笑でもあるのでしょうね。うまいです。

村田大樹(佐藤浩市)がこよなく愛する映画が映画館で上映中の設定で、
「カサブランカ」を思わせるような、日活映画ような、モノクロ映画。
何度も何度も登場します。彼が大好きな台詞も。
村田大樹がいかに映画を愛しているか、確実に伝わる。
わかるなあ。何度でも見たい。好きな映画のシーン・台詞ってあるんだよねえ。

すっかりギャングの仲間となった「デラ富樫」
港の武器取引場面では銃の撃ち合いに・・・
イヤー映画とはいえ、本物の銃を撃っているんだよ!「デラ富樫」!と叫びそう・・
彼は撮影と思っているので、やりたい放題。
でも上手なんだね、玉に当たらなかった汗;

        マジックアワー1


西田敏行 はゴットファーザーを一瞬思わせるような、ギャングのボス。
ラストは普通のおじさん西田敏行になってましたが。
戸田恵子 に 伊吹吾郎 いい感じ。 伊吹吾郎の時代劇調が笑える。
好きな俳優の香川照之は新興ギャングのボス役なんだけど・・もう少し絡んで欲しかった。
妻夫木聡 と 深津絵里、重要な役回りなのだが、あんまり印象にないんだよね。
良くも悪くも・・・


映画を作る人、演ずる人、観る人、語る人、愛する人、全てひっくるめて。<映画 >そのものがたっぷり詰まった作品。
         いつか、スクリーンで村田大樹に会いたいなふるーつ☆Cultivation・キラキラ星

Category : 映画(2008)
Posted by zukka  on  | 6 comments  0 trackback

頑張れ!クムスン!  韓国ドラマ

睡眠時間、命削って・・(かなりオーバーですが)見終わる(爆)
なんたって全163話 一話30分ですが。
現在、ボーッとしております。
とってもいいドラマで、
どうしよう・・orz「サムスン」を抜いちゃった・・・キラキラ(ピンク)


「頑張れ!クムスン」

頑張れ!クムスン1


頭の中はクムスンで一杯
少し落ち着くまで、何も書けない気分
あー病気だ・・
重症のようです、クムスン病・・えーん 汗;

その内、落ち着いたら、感想書こう・・

Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 4 comments  0 trackback

頑張れ!クムスン VS 私の名前はキム・サムスン

韓国ドラマファンの人達には今更・・と言われそうですが焦る3
         (遅れてきた春を今、謳歌している私ですので??)
この二つのドラマ、同じ2005年のMBCドラマだったということを、最近知る。
「MBC演技大賞」というのにも、お隣同士の席で出演してました。
【ヒョンビン】 【キム・ソナ】【ハン・ヘジン】【カン・ジファン】と勢ぞろい!
視聴率も受賞も「キム・サムスン」の方が上だったみたい。

            オモニも同じ【キム・ジャオク】なんだよね。
            頑張れ クムスン 母
≪サムスン≫でも≪クムスン≫でも、素敵なカラオケシーンを披露してくれてました。
そして、素敵なお母さんなんだよね。

「頑張れ!クムスン」がこんなにもいいのは
彼女の存在が大きい。
ハルモニ クムスンのお祖母ちゃん【ユン・ヨジョン】
彼女の演技は最高だったし、話してくれることが心にズシン・ズシンと響きました。
harumoni.jpg

クムスンの事は、まだまだこれから書きたい・・
今日はここまでとしよう。

Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 4 comments  0 trackback

頑張れ!クムスン その3 ストーリーに触れています

ナ・クムスン  クムスナー クムスナー 白菜頭 
幸せになってよ~ Brilliant


≪ナ・クムスン≫の両親はいなく、
祖母に育てられた。
素直で明るく、計算高くなく、
純粋で暖かい心を持った、
ちょっぴり(かなり?)田舎臭い子。
このクムスンが健気で、
始って数回で涙 えーん 涙。  
(実は爆笑シーンもたくさん!)
先が思いやられたが、案の定ティッシュでは足りなくて、
毎回タオルを持っての鑑賞となる。

物語の終盤には義父ノ・ビルド(パク・インファン)が
ジェヒ(カン・ジファン)に
「君は福をつかんだんだよ。
こんな素晴らしい子はいないよ。」
と・・。
クムスンを表した素敵な、ピッタリの台詞。
辛い辛いシーンもたくさんあるが、
この台詞と Happy end のシーンのためなら耐えられた。
頑張るクムスン変化

チョンワンが交通事故で亡くなってからのクムスンは、
不憫で不憫で・・・
最愛の末っ子をなくした両親の悲しみ、
怒りも理解しなくてはいけないが、
クムスンの気持ち、境遇。義父の話。
義兄シワン(キム・ユソク)がラーメンを作ってくれた回は涙・涙・・

タイトル通り、「頑張れ!クムスン 頑張れ! 頑張れ!」
画面に向かって念を送る私。

義兄テワン(イ・ミンギ)にクムスンが
「チョンワンが死んだのは自分のせいだと思っている」と話す件、
その後星空に向かって亡きチョンワンに話しかけるシーン。
涙・涙泣
涙のシーンはこれからも数え切れないほどなので・・・

幼いフィソンを背負って、仕事へ。
念願の美容室に就職するも、
なぜか苛められて、苦労が絶えず。
自分のためにも、子供のためにも少しでも早く自立しなければと、
頑張るクムスン!
それを、深い愛情でいつも助けてくれるハルモニ。
ハルモニの一杯の愛情で育ったから、
こんなに素敵なクムスンなのね。
クムスン4
回を重ねる毎に、段々ときれいになっていくクムスン。
ジェヒとの事は、ここでは書ききれないので又別に。

テワンからは時々、
「何で髪下ろしているんだ。みっともないから結べ。」
と言われて。
可愛いって認めてるんだよなあ。

さて、クムスンの波乱万丈の人生。
またまた大変なことが・・・
死んだと思っていたお母さんが生きていて、
腎臓移植のみでしか生きていけない状態と知るがっくり
クムスン偉かったな。すごく辛くて大変だったのに、
ハルモニを説得し生み母を説得し・・・
自分の腎臓を移植。
この時のハルモニとクムスンの会話シーン。
義両親達の対応に。涙・涙えーん

クムスン写真つらい

移植問題が終わって、次はジェヒとの・・・
素敵なシーンに、辛いシーン、
号泣シーンとてんこ盛りキラキラ(オレンジ)
これを語らずして「頑張れ!クムスン」はなし。だよね。
次にしよう。

Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 0 comments  0 trackback

クライマーズ ・ ハイ

           145分、短く感じた。
           引き込まれて観ていたんだ。
           いい映画だった。
           原作は出版されてすぐ読了済み。
           横山秀夫の小説は好き。この小説も一気に読み終えたことはよく覚えている。
           けれど、忘れてしまっているところ結構ありで・・・

           クライマーズ・ハイ
カテゴリ スリラー/サスペンス ドラマ
製作年 2008年
製作国 日本
時間 145分
公式サイト climbershigh.gyao.jp/
公開日 2008-07-05~ 公開中
監督 原田眞人

出演 堤真一 堺雅人 尾野真千子 高嶋政宏 山崎努 遠藤憲一
小澤征悦 田口トモロヲ 堀部圭亮 マギー 滝藤賢一 でんでん
中村育二 螢雪次朗



当時、地元紙記者として御巣鷹山日航機墜落事故を取材した作家・横山秀夫が、自らの体験を基に“世界最大の航空機事故”を最前線で扱うことになった地方新聞社が異常な昂奮状態に置かれ、社内外で壮絶な軋轢と葛藤を繰り広げていく狂騒の一週間を極限の臨場感で描き出した傑作群像小説を映画化。
遊軍記者でありながら事故取材の全権デスクを命じられた主人公を中心に、未曾有の大惨事をめぐる様々な人間模様を緊迫感と情感あふれるタッチで描く。(allcinemaより)

クライマーズハイ2

かなり忘れてしまった小説の内容だが、忘れず強く印象に残っている部分が、
「大久保連赤事件」を担当した先輩記者達と今回の「日航機墜落事故」の全権、悠木和雅記者
との対立場面。
映画も裏切られることなく、充分にこの部分を描いてくれていた。
嘗て「大久保連赤事件」を担当した花形記者達は、北関東新聞の幹部になっており
未だ旧体質を引き摺る。
社会部部長・等々力(遠藤憲一)と悠木(堤真一)との対立場面、悠木は後半、
抜きネタ記事の相談に等々力を選び、悠木チームがそれとなく力を合わせて対応する場面等、
緊張し見ごたえがあった。

クライマーズはい


新聞社編集局の狂騒の一週間、興奮状態の日々と平行して描かれる、安西の息子(小澤征悦)と
悠木の谷川岳を目指す映像が良かった。映画ならではの絶景、迫力。
男社会の中で奮闘する女性記者の玉置(尾野真千子)が、墜落原因のスクープを掴む。
県警キャップの佐山(堺 雅人)が補佐し、今までの経験から本物かどうか、事故調の担当者の宿に張り込み、時間と戦いながら、裏を取ろうとする。
唯一ある電話に何度も走る、玉置(尾野真千子)。
この緊迫した時間との戦い、臨場感が登山シーンと絡まり。
編集局では最後の佐山(堺 雅人)からの電話を悠木が取り、スクープにするかどうか判断の極限状況であった時、山の映像は、安西の息子(小澤征悦)の声かけにも気がつかない悠木が足を滑らせ
宙吊りになる。「クライマーズ・ハイ」状態を表していたように私は感じた。
最終的には、佐山(堺 雅人)の「100%だと言えます。 教授も認めている。けれど、なにか違う。
出来過ぎの気がするんです。」との言葉で悠木の判断は、「チェック。ダブルチェック。」で記事にはしない事に。山では、我に返っていた。
まさにこの一連のシーンは緊張感たっぷりで、原作で結果を知っていたにも関わらずドキドキしながら観ていた。

NHKドラマ「篤姫」でお馴染みの「堺 雅人」と「小澤征悦」は良かったな。

締め切りを巡っての販売と編集局との争い。
広告あっての新聞か、記事の出来あっての新聞か。
それぞれのシーンが迫力満点で、時間を忘れて見入ってしまう。

Category : 映画(2008)
Posted by zukka  on  | 0 comments  0 trackback

頑張れ!クムスン その4

「頑張れ!クムスン」で外せないのは、ジェヒ(カン・ジファン)
         ジェヒ1


たくさん、たくさんお気に入りシーンはあれども・・
まだまだ出し惜しみします

最初は「大爆笑シーン」
30話 クムスンがジェヒにお茶を出そうとしてこぼしちゃった。
こぼれたところが・・イヤー爆笑  大爆笑。ジェヒの表情。
爆笑シーン、この後の話でもいくつかありましたが、これが一番かと。

         ジェヒ大爆笑お茶
【頑張れ!クムスン(全163話)】
韓国MBC放送 2005年2月14日~9月30日
ナ・クムスン・・・ハン・ヘジン
ク・ジェヒ・・・カン・ジファン
クムスンのおばあちゃん・・・ユン・ヨジョン
クムスンの叔母・・・ヤン・ヒギョン
キム・ジョンシム(チョンワンの母)・・・キム・ジャオク
ノ・ビルド(チョンワンの父)・・・パク・インファン
ノ・チョンワン・・・キム・ナムギル
ヨンオク(クムスンの生みの母)・・・ヤン・ミギョン
ヨンオクの夫・チャン教授・・・チャン・ヨン
ジェヒの母、店長・・・ユン・ミラ
チャン・ウンジュ・・・イ・セウン
ノ・シワン(チョンワンの兄)・・・キム・ユソク
ノ・テワン(チョンワンの2番目の兄)イ・ミンギ
ソンラン・・・キム・ソヒョン
クマ・・・チェ・ジャヘ

Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 4 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。