気ままに綴りたい |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by zukka  on  | 

PARIS

          『これがパリ、誰もが不満だらけで、
            文句を言うのがすき。皆、幸運に気づいていない。
             歩いて、恋して、口論して、遅刻して、なんという幸せ。
                              気軽にパリで生きられるなんて。』

Paris.jpg 
   【英題】 PARIS
   【製作年】 2008年
   【製作国】 フランス
   【日本公開】 2008年12月20日
    【上映時間】: 2時間10分

   【キャスト】  ロマン・デュリス    ジュリエット・ビノシュ
          アルベール・デュポンテル   ファブリス・ルキーニ
          フランソワ・クルゼ    カリン・ヴィアール
          ジル・ルルーシュ     オリヴィア・ボナミー
          メラニー・ロラン    他

  様々な顔を持ち合わせるパリの街を背景に、そこに暮らす男女の
  悲喜こもごもの人生模様が優しい眼差しで切り取られていく。
 心臓病を患い、余命わずかと宣告されたムーラン・ルージュの元ダンサー、ピエール。
心臓移植にかすかな望みを託しつつ、ドナーが現われるのを待つアテのない日々。
自宅のアパルトマンからパリの街を眺めては行交う人々の人生に思いを馳せることで、沈みがちな気持ちを紛らわせていた。そんなピエールを案じて姉のエリーズが同居を始める。
3人の子どもを女手一つで育てている彼女は、もう若くないからと自分の人生を諦めていたが…。
一方、歴史学者のロランは自分の講義を受ける学生レティシアに年甲斐もなく惚れてしまい…。
彼の弟で建築家のフィリップ、離婚後も同じマルシェで働くジャンとカロリーヌ、兄を頼りに不法入国を図るカメルーンのブノワ、そして華やかなファッション業界で働くマルジョレーヌ、誰もがパリの空の下、小さな不満や問題を抱えながら日々を送っていたが…。(allcinemaより)

            20081127_paris03.jpg

病に冒され、心臓移植をしても40%の生存率であると医師に告げられたピエール(ロマン・デュリス)が
毎日自宅の窓からパリの街を眺めている、その後ろ姿がやけに印象的で心に残る。
彼は自棄になるでもなく、泣き暮らすでもなく自分自身の中に悔しさ、悲しみ等を閉じ込め
淡々と生きているように感じた。
時折見せる苦悩の表情や、姉のエリーズ(ジュリエット・ビノシュ)と交わす会話の中に彼の気持ちや、
人生へのメッセージが語られる。
これが、どのフレーズもグサッと心に刺さるのです。

パリとパリに住む人々がパリの街の様々な姿と共にスクリーンに映し出される群像ドラマ。
特に誇張した演出をするでもなく、掘り下げて考えさせるでもなく、憧れのパリを映し出すでもない・・・
単に日常のパリを描きたかったのか・・。

一人一人を見ると個性的で、人間的で魅力に溢れていそうな気がするのだが、
この作品はなんとなく出来事が過ぎてゆくだけで、個人のストーリーに深さがないのです。
監督の意図するところなのか、私が汲み取れないのか。

          showPhoto.jpg

お馴染みの「ショコラ」、「イングリッシュ・ペイシェント」の“ジュリエット・ビノシュ”が美しいですが、
彼女の演技はどうも、心に響いてこず。
彼女の弟ピエール(ロマン・デュリス)が余命数カ月と打ち明けた時、最後の別れになるかもしれない、
ピエールとの別れの時、彼女から感動は貰えなかった。
ロマン・デュリスは良かったよ。
彼の演技は深くて、踊っている姿でさえ心にズシーンと。

予告編を観たとき、すごーく良くって。
ジワーンと涙が出そうになったくらい・・
そしてタイトルが≪PARIS≫でしょ。
かなり期待しての鑑賞だった。
そのせいかしら、期待はずれ・・・・

同じ群像劇としてなら、この前観た作品「そして、私たちは愛に帰る」に1票 キラキラ(オレンジ)

けれど、舞台がパリという独特の雰囲気を持つ街。
いろいろ言っても、≪PARIS≫はやっぱり素敵なのであります。

スポンサーサイト
Category : 映画(2009)
Posted by zukka  on  | 0 comments  0 trackback

花より男子

観終った~
はまったわけではないけれど・・結構楽しみにしながら観てましたあ。
「エデンの東」「ごめん 愛してる」「茶母」と辛い最終回のドラマが続いたので
お気軽、幸せな気分を求めて、観始めたら・・・放送が待ち遠しくなってました笑い。

面白かったよ~  クラッカー

「宮」に似た雰囲気と・・聞いてましたが、
胸キュン・ドキドキ感はホンノ少し「宮」の勝ちかな
                                          
3072_img_1.jpg
   【放送局】  KBS2
   【放送期間】 2009-01-05 ~2009- 03-31
   【放送時間】 毎週月・火曜日 夜9:55~

    【キャスト】ク・ヘソン、キム・ヒョンジュン、 
         イ・ミンホ キム・ボム、
         キム・ジュン、ハン・チェヨン、 
         キム・ヒョンジュ  など

   漫画も日本版のドラマも見たことがなく、
  いきなり「韓国版」鑑賞でした。
  主役の「ク・ジュンピョ(イ・ミンホ)」の登場はあまりに、
  酷い奴なんでビックリ!
  F4って一体なに?? 状態の私でした(笑)
  “F4 red card”を貰った人への苛めの酷さ・・・おお。

ニューカレドニア・マカオのシーンとタップリ楽しめました。

これに味をしめて、「日本版」も気になった私。
チラッと「日本版」も観たのです。

主役の役者は韓国の「ク・ジュンピョ(イ・ミンホ)」が絶対カッコイーわ。
で、日本の“道明寺 司”があまりの「おバカ」で爆笑のし通し。
韓国の「ク・ジュンピョ」もおバカなこと言ってたのかしら?
ハングルが分からないので・・・。
英語字幕では、普通だったんだけど。
日本版では高校生達の会話が 「・・・・っうか」で
英語だと「ANYWAY」になっていて、ハングルはハングルであるのでしょうね。

韓国版のほうが、人物描写にしても苛めの派手さにせつない展開も、上手のような。
日本の「花澤 類」にあたる「ユン・ジフ (キム・ヒョンジュン)」も人としてのストーリーが出来ていて、
クム・ジャンディ (ク・ヘソン)との関わりもせつなくさせて、旨いなあーと思った次第。
私はこの「ユン・ジフ (キム・ヒョンジュン)」がお気に入りです。

「エデンの東」でお馴染みの「ソ・イジョン (キム・ボム)」も素敵でした。
そして、カップルでの登場がほとんどない寂しい「ソン・ウビン (キム・ジュン)」ですが
彼も大人っぽくって素敵でした 音符

F4 は韓国の勝ち~
お姉さんは日本の「松島奈々子」がいいかな

m176937653.jpg

Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 8 comments  0 trackback

『シェルブールの雨傘』 デジタルリマスター版

   ♪ I will wait for you
                 この音楽を聴いただけで、胸が一杯になる名作です。

             雪の降るスタンド(ESSO)、美しい音楽に包まれながらのラスト
             抑えた、余韻の残る美しいシーン。 
  
        洒落た映像のオープニングも独特です。
        なんて素敵なんでしょう・・・     

         


lpdcs.jpg
   【カテゴリ】  Music/ミュージカル ラブ・ストーリー
   【製作年】  1964年
   【製作国】  フランス
   【原題】  LES PARAPLUIES DE CHERBOURG
   【時間】  91分
   【公式サイト】 www.demy.jp/
   【公開日】 1964-10-01~ 公開中
   【監督】 ジャック・ドゥミ
   【音楽】 ミシェル・ルグラン

   【出演】  カトリーヌ・ドヌーヴ  ニーノ・カステルヌオーヴォ
         マルク・ミシェル     エレン・ファルナー
         アンヌ・ヴェルノン



  傘屋の娘ジュヌヴィエーブと工員の青年ギイの恋が、
アルジェ戦争によって引き裂かれ、互いに愛し合いながらも、別々の道を歩くまでを描いた悲恋劇。
台詞というものは無く、全編、歌によってストーリーが進行していく、という歌曲形式をとっている。
                                          (allcinmaより)


主演のカトリーヌ・ドヌーヴとミシェル・ルグランの音楽に酔いしれる美しくも切ない物語。

普通のミュージカルは台詞から歌やダンスへと移行する形式ですが、
この作品は、最初から最後まで台詞のすべてが歌。オペラのような形式になっています。
最初は不自然で違和感がありましたが、観ているうちに映画に引き込まれていたよう。

ファション雑誌から抜け出てきたような、服や傘・部屋の壁紙。
カラフルでお洒落、素敵な映像に驚きです。
さすがフランス
「カトリーヌ・ドヌーヴ」のファションは清楚・可憐。
服のデザインがどれも好みで、「セリンヌファション」というのかしら・・大好きです LOVE

とにかく「カトリーヌ・ドヌーヴ」が美しく輝いています。

       この映画には淀川長治さんのコメントがピッタリでしょう。

        『こんな映画が見たかった。そしてそんな映画がついに生まれた。
           会話がぜんぶ「歌」でうたわれるそのやわらかさ。
        クリスマスの雪の日に終わる恋の哀れが、そのためさらに痛ましく美しい。
                   いかにもフランス映画らしい。』

Category : 映画(2009)
Posted by zukka  on  | 0 comments  0 trackback

快刀 ホン・ギルドン

観終わってみると、実は 超シリアスなストーリーに驚き、
感動している
 キラキラ の

思いがけず出逢った縁が「お宝」になる、
そんな存在のドラマになったようです。

弱いんですよね~ 私。    
強い意志を持ち自分が信じる道を最期まで進む人間を描く物語
完璧にツボです。

ホン・ギルドン(カン・ジファン)
ホ・イノク(ソン・ユリ)
 イ・チャンフィ(チャン・グンソク)

代表してこの3人、最後まで素敵でした キラリラ
あっぱれ 拍手

w139541977.jpg
2008/1/2-3/26(全24話) KBS
演出 イ・ジュンソプ
脚本 ホン・ミラン ホン・ジョンウン

≪ネタバレ(たぶん)ありです、ご注意≫

衣装や小道具、ワイヤーアクションと見始める前の情報から、
ノリの良い楽しいドラマとなんとなく思い込んでいました。
それに加えて、
オープニングシーンが最高に楽しくって、ワクワク。
さて、これからどれだけ楽しませてくれるのか?と、
コミカル・斬新ドラマを想像。

観終えて、想像は半分外れたようです。

中盤以降、終盤は・・・私のツボを刺激しまくり グー
ホントに弱いのよね こういうストーリー。

ギルドンが王子のために力を尽くすと決めたあたりから、
完璧につぼにきました。
自分の信念を貫く、たとえ命が尽きることになろうとも
最期まで戦う、そしてそれについていく多くの同志たち。
こんな展開は好きですね~。

注目は『ギルドン』『チャンフィ』『イノク』の心の変化・成長。

130004043_L.jpg 130006015_L.jpg

父から「お前は(妾の子)、何もするな」と言われ、
何の希望もなく目標も持てず、
毎日フラフラと生きているギルドンが、
自分の死と直面し、「どう生きるべきか、その答えを見つけてみろ」
和尚に言われたことを考えた時。
どんどんギルドンが変わっていきます。

130005028_L.jpg 130004044_L.jpg

生まれた時から王になるのが当たり前と信じているチャンフィに
「なぜ、王になるべきなのか。
それで良いのかを、生き残るお前が考えてみろ」

ギルドンは問います。
この時から又、チャンフィも変わっていくのです。

130004073_L.jpg

ホ・イノク(ソン・ユリ)が最高でした。
彼女の存在は貴重です。
純粋でお茶目で、思いやりがありあったかくて、
おバカと言われていても、実はかなり賢く、しっかりしていました。
そんなイノクを演じたソン・ユリに大拍手クラッカー
彼女自身もずいぶんと涙を流しましたが、
私も彼女のシーンでは涙・涙が多かったです。
勿論、爆笑シーンも多数。
忘れられないのは確か19話(?)、
恥ずかしがりやのイノク、恥ずかしくって階段から転げ、
柵にぶつかり、井戸に落ちるシーンは最高でしたグー!

まだまだ話はつきませんが、今回はこの辺で

私は発表するまでもありませんが、
ホン・ギルドン(カン・ジファン)派ですわ・・

130003080_L.jpg   130006058_L.jpg
 
(Yさんに感謝!)

Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 10 comments  0 trackback

レッドクリフ PARTⅡ

        キラリラ 見応えタップリの赤壁の戦闘シーン
        炎・矢・組織と迫力タップリ、魅せてくれました 
         テーマは≪友情・絆・夢・団結≫
      ジョン・ウー監督ならではの「男達」も堪能
          私的には満足・満足です ふるーつ☆Cultivation・キラキラ星


332747_02_03_02.jpg
  【カテゴリ】 アクション ドラマ
  【製作年】 2009年
  【製作国】 日本 アメリカ 韓国 台湾 中国
  【原題】 赤壁
  【時間】 144分
  【公式サイト 】redcliff.jp/
  【公開日】 2009-04-10~ 公開中
  【監督】 ジョン・ウー
  【出演】  トニー・レオン(周瑜)  金城武 (孔明 )
        チャン・フォンイー(曹操)  チャン・チェン (孫権 )
        ヴィッキー・チャオ(尚香)  フー・ジュン(趙雲 )
       中村獅童 (甘興)   リン・チーリン (小喬 )
       ユウ・ヨン (劉備 )   ホウ・ヨン (魯粛 )
        バーサンジャプ(関羽 )  ザン・ジンシェン(張飛 ) 

80万の曹操軍をわずか5万で迎え撃つ劉備・孫権連合軍は、
軍師・孔明の知略と指揮官・周瑜の活躍でどうにか撃退に成功する。
思わぬ大敗にも依然圧倒的な勢力を誇る曹操は、2000隻の戦艦を率いて赤壁へと進軍する。
そんな中、曹操軍には疫病が蔓延してしまうが、非情な曹操は死体を船に積み、
連合軍のいる対岸へと流す。これにより連合軍にも疫病が拡がり、
ついに劉備は自軍の兵と民のため撤退を決断する。
ただひとり戦地に残り、周瑜とともに戦う道を選んだ孔明だったが、
劉備軍が持ち帰ったことで生じた矢の不足の責めを問われてしまう。
すると孔明は、周瑜に3日で10万本の矢を調達してみせると宣言するのだったが。 (allcinemaより)
 

             photo_21_2.jpg

待ちわびていた「PARTⅡ」、大軍を率いる曹操軍に『軍師・孔明』『指揮官・周瑜』
どのような作戦で挑むのか・・・、『赤壁の戦い』をどのように見せてくれるのか。
ジョン・ウー 監督に期待は膨らんで。

332747_01_40_02.jpg 332747_01_42_02.jpg

『金城武の孔明』はやっぱりイメージピッタリ!
アクションがない分、瞳の輝きとキリッツとし佇まいで凛とした姿。
雲を観察し風の動きを読んでの戦略。
天候を味方につけての矢の調達。

対する周瑜の敵将を罠に掛ける手紙作戦。
団結・信頼の上に成り立つ、「敵を欺くには味方から・・・」三手四手先を読んだ戦略。

22.jpg 33.jpg

出陣前の冬至の団子を食べるシーンは、各々の秘めたる決意や信頼・闘志が静かに流れる
スクリーン映像に表れ、これからの大激戦をより力強く、ドラマチックにみせてくれます。

中村獅童 (甘興)の感動的なシーンでした。
背中に何本も矢を受けながら、敵陣の扉を突破するべく最後の力を・・
           332747_01_37_02.jpg
   332747_01_33_03.jpg   9.jpg

炎と矢が満載の戦闘シーンですが、陸に戦いが移ってからはPARTⅠでもおなじみの組織戦と
個人戦へ、盾を使っての変形、そこから飛び出して来る武将達のシーンはやっぱり見所。


女性陣の活躍も見逃せません。

             332747_01_27_02.jpg

「PARTⅠ」のラストでは“尚香(ヴィッキー・チャオ)”が対岸の敵陣で、
「一騒動起こしてみせる。」なんて言っていましたが、その通り今回も大活躍。
彼女は曹操軍に紛れ込み、敵の情報を「白い鳩」で連合軍へ送ります。
ここで純真な兵士と知り合うのですが、この触れ合い友情がこの物語のラストで重要な意味を持ってきます。
尚香が戻ってきた時、妹を思いやる兄の思いやりがジーンとして、思わず涙してしまい。
それ以上に、一番の泣きどころが・・・この“デブ助”になるとは・・ラストの、周瑜の台詞が心に響きます。

       332747_01_18_02.jpg
リン・チーリン (小喬 )、PARTⅠではあまり良い印象がない彼女(個人的好みです)
今回はかなり好印象。
一人敵陣に乗り込む、孔明と周瑜の琴の演奏をバックにした映像は神秘的で最高の美しさ。
戦略的にも、しっかり重要な役割を果たしてくれました。

7.jpg  6.jpg

終盤は「男たちの挽歌」を彷彿とする男たちです。
お互いを信頼し合い、満足し顔を見合わせます。
いろいろなエピソードに友情と愛、信頼関係と団結。
小さな力がいかにして大きなものに挑んでいくか、メッセージと共に
存分に楽しませ感動させてくれた、贅沢なエンターテインメント作品です。

お気に入りのフー・ジュン(趙雲 )も勿論大活躍でした。
彼の活躍は次のページで思いっきり書くことにしましょう。

Category : 映画(2009)
Posted by zukka  on  | 2 comments  0 trackback

レッドクリフ PARTⅡ その2

         お気に入りです~
            期待通り、大活躍してくれました
                     キラリラ  趙雲 (フー・ジュン)
                 棒高跳びの趙雲
 ふるーつ☆Cultivation・キラキラ星

           332747_01_11_02.jpg


        棒高跳びのように、ふわりと舞い敵陣へ
                    なんとも華麗で力強く


        11.jpg
        12.jpg
        13.jpg
        14.jpg
        15.jpg


          ジョン・ウー監督ならではの、二人の映像
            ジーンと痺れます 


        332747_01_50_02.jpg
 
窮地を救うのはやはり彼、趙雲、PARTⅠでもしかっりと捕まえてくれましたが・・・
今回は下で周瑜が受け止めてくれます。

        16.jpg
        17.jpg

       本当にカッコイーです・・flower

Category : 映画(2009)
Posted by zukka  on  | 4 comments  0 trackback

「エデンの東」

今日、2009年4月14日火曜日 夜9:00~ BS-TBS
「エデンの東」スタートです!


このオープニングシーンで、
私は ≪ソン・スンホン≫ に一目惚れ c001

この映像が 運命 ぷぷ の出会いでした~
01.jpg 02.jpg
donncyoru 2 donncyoru 1
  
同じ日に同じ病院で生まれた二人の男性の運命を描く韓国ドラマ。
1961年、幼いドンチョルは、鉱員の父・ギチョルと母・チュニと一緒に、
貧しいながらも幸せに暮らしていた。
一方、テソングループの後継者の座を狙うテファンは、
全国の炭鉱労働組合を主導するギチョルの影響力を疎ましく思っていた。(道新より)
4.jpg


観た人と、楽しくお話できるといいなあー。
皆さん、観てね。


≪追伸 4月14日記 ≫
【観ました~】
なんか異常にドキドキしながら待った、
日本での吹替え放送開始、1話。
無事(笑)観終えました。
上手に編集・カットしてありましたね。
ドンチョル(ソン・スンホン)の声は違和感有りですが、
最初からこちらの声とのお付き合いであれば問題ないのかと・・・
やっぱりCMが入るのが気になります~。
皆さんどうか続けて観てくださいね。
ソン・スンホンがマカオで素敵な姿で登場しますから~
そのうち(笑)

Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 10 comments  0 trackback

スラムドッグ$ミリオネア

     良かった~ Brilliant とっても好きな映画星やっぱり傑作だわ

         躍動感溢れる子供達、パワーとエネルギーに満ちたインド
    迷路のようなスラム街を子ども達が駆け抜けるシーンの数々が
         パワフルな音楽と映像の見事な調和で魅力的
          ホントに旨いわー キラキラ リズムが良くって
          カメラが良くって、子ども達がキラキラ輝いている!
 

         20090125111135s.jpg       332328_02_01_03.jpg

  【カテゴリ】 ドラマ  ロマンス   【製作年】 2008年   【製作国】 アメリカ イギリス
  【原題】 Slumdog Millionaire   【時間】 120分      【公式サイト 】slumdog.gyao.jp/
  【公開日】 2009-04-18~ 公開中   【監督】 ダニー・ボイル

  【出演】 デーヴ・パテル  マドゥール・ミタル  フリーダ・ピント  
        アニル・カプール   イルファン・カーン


日本でもお馴染みのクイズ番組で史上最高額まであと1問と迫ったスラム育ちの青年が語る
過酷にして波瀾万丈の生い立ちが、
多彩な要素を巧みに織り込みつつスリリングかつ躍動感いっぱいに描かれてゆく。
世界中で数々の映画賞を獲得し、
ついにはアカデミー賞で作品賞を含む最多8部門を受賞する快挙を成し遂げた。
 インドの国民的人気番組“クイズ$ミリオネア”。
この日、ムンバイ出身の青年ジャマールが、次々と難問をクリアし、ついにいまだかつて誰も辿り着けなかった残り1問までやって来た。
ところが、1日目の収録が終わりスタジオを後にしようとしたジャマールは、
イカサマの容疑で警察に逮捕されてしまう。
スラム育ちの孤児でまともな教育を受けたこともないジャマールが
クイズを勝ち抜けるわけがないと決めつけ、執拗な尋問と拷問を繰り返す警察。
ジャマールは自らの無実を証明するため、これまでに出された問題の答えは、
すべてストリートで生きながら学んだと、その過酷な過去を語り始めるのだったが…。(allcinemaより)


3941_7115561170.jpg  970_9953638349.jpg

終盤でジャマールの兄サリームが「弟ジャマールは最後まで決して諦めない。」と言ってます、
なるほど、最初の問題の答えを導く体験シーンで彼のガッツが良く表れていました(笑)
爆笑でした、写真左のジャマール・・この姿では誰もが彼に道を開けざるを得ないですね。

ジャマール兄弟が体験してきたスラムでの凄まじい生活。
ゴミの中での生活、宗教間の争いに子供を騙し儲けるヤクザ世界、
これほどまでに過酷な悲惨な世界の中で、子供達は底抜けに明るく、生き生きしている。
彼らが母を失った後、二人でどんなに酷い状況でも暗くなく、生きるすべを見つけていく
底抜けパワーは素晴らしい、映像から溢れそうです。

「クイズミリオネア」の進行に合わせジャマールの生きながら学んだ答えが語られ、それを聞いてくれる刑事(イルファン・カーン)、彼は真面目に聞いてくれていたのでほっとしました。

       332328_01_01_02.jpg
インドでも「クイズミリオネア」が人気だったのですね。
“ファイナルアンサー”と聞いたときは、なんだか嬉しくなっちゃました。
音楽も進行も同じで、司会者の間の取り方と顔の表情は「みのさん」が上手でしょうか(?笑)
ストーリー展開としては、分かりやすく緊張感にスリルと楽しめます。

3356_12103264324.jpg   2245_4490622636.jpg

ジャマールが「クイズミリオネア」に出演することにした理由が、ラティカに再会するためだった
ということが、明かされていく。
幼い時に一緒に逃げてきた彼女ラティカを「三銃士の3人目にしよう」と兄に頼む件・・・
この時、三銃士の3人目の名前は・・・知らないんだったよね。
これがラストに繋がるなんて! 心臓ドキドキ 絵文字名を入力してください
そして最後のライフラインの電話。
掛けた先は・・電話を取ったのは・・・
兄弟の愛を感じ、ラストの運命に感動した

     1361_12252299316.jpg

一途にラティカを思うジャマール。そんな弟の最愛の人を逃がすサリーム。
サリームの壮絶な最期と、ジャマールの運命の勝利が交差するシーンは、美しく泣ける泣き顔

風景や列車での二人のシーン、タージマハールで稼ぐシーンと見所が一杯です。
エンド・クレジットの大勢のダンスはインドっぽくってこれまた素敵でした。

Category : 映画(2009)
Posted by zukka  on  | 7 comments  0 trackback

愛には奇跡が必要

今度はラブコメを・・・と選んだのは
       yoongunさんのブログ 私と韓国ドラマ の「お気に入りドラマ」カテゴリーで気になった
               【愛には奇跡が必要】をレンタルDVDで観ています。

これが話の先が気になって “止められない・止まらない 状態 うふ

51NL7fW0YAL__SL500_AA240_.jpg  7654_l.jpg
2005/10/5-12/8(全20話) SBS 
右写真左から
ユ・セビ(イ・セウン) ジン・ジョンス (オ・デギュ)  チャ・ボンシム (キム・ウォニ)
                                        チン・ジョンピョ(イ・ギュハン)


チン・ジョンピョ(イ・ギュハン)は「私の名前はキム・サムスン」でサムスンの元彼役の俳優さんね。
このドラマでは主役で大財閥の次男、御曹司役。
彼がお見合いをするシーンが始まりで、見合い相手はボンシム(キム・ウォニ)
ボンシムはお見合いを壊すために雇われたバイト、ジョンピョのことは詐欺師だと思っている。
このシーンでの二人には、特に魅力も感じず、リタイアせず見終えられるかなあ?
なんて思ってましたが。

直ぐ面白くなったわー。
チン・ジョンピョ(イ・ギュハン)が父親から、2ヵ月間の勘当を言い渡され、
無一文で生活しなければならなくなり、偶然の出会いからボンシム(キム・ウォニ)の家に。


チン・ジョンピョ(イ・ギュハン)はお坊ちゃまで、人に頼ることしか思いつかないどうしょうもない奴。
かなり観ていて、「酷い奴~」と思った(笑)
彼は、チャ・ボンシム (キム・ウォニ)の影響で少しずつ変わっていくんだよね。
このチャ・ボンシム (キム・ウォニ)が素晴らしい女性。
年は彼よりかなり上なのかしら・・
貧しい暮らしをしているけれど、身の丈に合った暮らしが大切と考え物を大切にし、人に優しく、
思いやりに溢れ情に篤く、前向きでパワーがあって。
苦労が耐えないのよねー。

話が進むにつれ、気になることやなぞが沢山出てきましたよ。

チャ・ボンシム (キム・ウォニ)を母と呼ぶ息子「ジント」の父親は?
チン・ジョンピョ(イ・ギュハン)とジン・ジョンス (オ・デギュ) 兄弟は?
兄ジン・ジョンスは過去に何があったのか?
会長の父は故郷北朝鮮に借りがあるというが・・・何?

チャ・ボンシム (キム・ウォニ)とチン・ジョンピョ(イ・ギュハン)はこれからどうなる?

私も一応、予想はあれこれしていますが。。。
とにかく、早く続きを見なくっちゃ!  って事で、この辺で。

【追記】 観終わった グー
 続きはこちらに

Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 4 comments  0 trackback

Gran Torino

凄いわ・・・
一言、凄すぎる・・

キラキラ(水色) クリント・イーストウッド キラリラ
  
彼は映画そのものかも
大袈裟かしら、イエイエ・・
このラストシーンを観たら確信できます


08102908.jpg
  【カテゴリ】 ドラマ
  【製作年】 2008年
  【製作国】 アメリカ
  【原題】 Gran Torino
  【時間】 117分
  【公式サイト】wwws.warnerbros.co.jp/grantorino/
  【公開日】 2009-04-25~ 公開中
  【監督】 クリント・イーストウッド

【 出演】 クリント・イーストウッド (ウォルト・コワルスキー )
     ビー・ヴァン (タオ・ロー )  アーニー・ハー (スー・ロー )
    クリストファー・カーリー (ヤノビッチ神父) 
     コリー・ハードリクト (デューク )

老人は迷っていた、人生の締めくくり方をー。
少年は迷っていた、人生の始め方をー。
 (パンフレットより)

巨匠クリント・イーストウッド監督が、
自ら主演して世の中に怒れるガンコ老人を演じた感動の人間ドラマ。
急速に様変わりしていく世間を嘆き、
孤独に生きる人種差別主義者の偏屈老人が、ひょんなことから
隣人のアジア系移民家族と思いがけず交流を深めていくさまを
ユーモアを織り交ぜつつ綴る。
 長年一筋で勤め上げたフォードの工場を引退し、
妻にも先立たれた孤独な老人ウォルト・コワルスキー。
自宅を常にきれいに手入れしながら、
M-1ライフルと72年製フォード車グラン・トリノを心の友に
静かで退屈な余生を送っていた。
しかし彼の暮らす住宅街に、もはや昔馴染みは一人もおらず、
朝鮮戦争帰還兵のコワルスキーが
嫌ってやまないアジア人をはじめ移民の外国人ばかりが
我が物顔でねり歩く光景に苦虫をかみつぶす毎日だった。
そんなある日、彼が大切にする庭で、
隣に住むモン族の気弱な少年タオが不良少年グループに絡まれていた。
彼らを追い払おうとライフルを手にしたコワルスキーだったが、
結果的にタオを助けることに。
タオの母親と姉がこれに感謝し、
以来何かとお節介を焼き始める。最初は迷惑がるものの、
次第に父親のいないタオのことを気に掛けるようになる
コワルスキーだったが…。(allcinemaより)

img3_1234142852.jpg
『Gran Torino 』は車の名前だったのね・・・
知らなかった。
定年までフォードの自動車工を勤め上げたウォルト
(クリント・イーストウッド)が、
1972年に自らステアリング・コラムを取り付けた
自慢のヴィンテージカー。

ウォルト・コワルスキーは朝鮮戦争での体験が心に深い傷となり、
2人の息子との関わり方も不器用な古風で偏屈、頑固者の老人。
そんな彼が、隣人のモン族との交流がきっかけで徐々に心を開いていく。
隣人のモン族の娘、姉のアーニー・ハー (スー・ロー )が
とっても心の優しい、しっかりとした娘で
彼女が橋渡しとなり、モン族の律儀さもあり弟 ビー・ヴァン
(タオ・ロー )とウォルトの関係が深まる。

タオ 心の変化
この作品もBGMの多用はなく、
ここぞというシーンでピッタリの名曲が・・・
このシーンも然り。
タオが罪滅ぼしのためウォルトの元で生き生きと働き、
それを見つめるウォルト。
お互いに心を開き始めた、心の変化が良く表れている印象的なシーン。

作品を理解するためには、
ウォルト・コワルスキーは朝鮮戦争の生き残りで、
心に深い苦しみを抱えているいる人であること。
この地域の特徴や、
未だに残っているらしい人種別による棲み分け等を
肌で感じる必要があるのかも知れない。
日本に住む私には、
日常会話の中でイエローだのポーランドやろうにイタ公と・・・
ごく普通に銃を持ち歩き、
機関銃で家を撃ちまくる社会は別世界でしかない。
しかし、このアメリカを深く理解できないまでも、
この作品からのメッセージは少しは汲み取れたように思う。

332286_01_06_02.jpg デイジー

いつもウォルトと一緒の愛犬デイジーがツボでした。
 (若き彼のハンサムな写真も 笑)

クリント・イーストウッドの迫力満点の演技は見事としか言いようがない。

そして、ユーモアがあり笑うシーンもあったり
クリント・イーストウッドならではの、静かに淡々と進むストーリー。
胸に迫るシーンの数々。

とにかく、これに尽きます。

この映画のラストシーン
映画史上永遠に語り継がれる
傑作ではないでしょうか


予想が当たったラストではありますが素晴らしいふるーつ☆Cultivation・キラキラ星
映像といい、音楽の入り方に曲も、
勿論クリント・イーストウッドの演技も 
胸が震えます、痺れます。  



エンドクレジットで流れる、
クリント・イーストウッドの歌声には心臓が痛くなったわ。

エンディング
  
デイジー2
          
  キラキラ(ピンク) ブラボー flower

Category : 映画(2009)
Posted by zukka  on  | 10 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。