気ままに綴りたい |

96時間

うーん むぅ・・・ 日本タイトル 「96時間」 は失敗だったんじゃ・・・(過激な発言を・・汗
原題の「TAKEN」の方がいいと思うけど。

333828_02_01_02.jpg
 【カテゴリ】 アクション スリラー/サスペンス
 【製作年】 2009年
 【製作国】 フランス
 【原題】 TAKEN
 【時間】 93分
 【公式サイト】 movies.foxjapan.co...
 【公開日】 2009-08-22~ 公開中
 【監督】 ピエール・モレル

 【出演】 リーアム・ニーソン  マギー・グレイス  リーランド・オーサー
      ジョン・グライス  デヴィッド・ウォーショフスキー  ケイティ・キャシディ
      
製作・脚本リュック・ベッソン、名優リーアム・ニーソン主演によるサスペンス・アクション。
最愛の娘を海外旅行先で拉致された元秘密工作員の父親が非情な追跡者へと変貌、
96時間というタイムリミットの中で、百戦錬磨のスキルを駆使しながら娘の救出に奔走するさまをスピーディーかつスリリングに描く。監督は「アルティメット」のピエール・モレル。(allcinemaより)


333828_01_11_02_convert_20090830202847.jpg   333828_01_03_02_convert_20090830202707.jpg

「製作・脚本リュック・ベッソン、名優リーアム・ニーソン主演」に惹かれて、映画館へ。
そして「元秘密工作員」に「96時間」キーワードが魅力的、ワクワクしていたのですが。

現役のときは、家庭を顧みずに仕事一筋だったブライアン・ミルズ(リーアム・ニーソン)。
仕事を引退し、ひとり娘キムの側で暮らしたいと、離婚した元妻の再婚先の近くで暮らす。
17歳のキムが友人と海外旅行をするというのを、危険だからとなかなか許さない父(リーアム・ニーソン)。
なんだか、突然過保護の父親になった様で、違和感有り。
彼の不安が的中し、彼女達はフランスでアルバニア系の人身売買組織に拉致されてしまう。
キムの友人アマンダが拉致されるところをキムが発見し、隠れながら父に電話をし助けを求める。
このときの、父(リーアム・ニーソン)の対処の仕方が、テキパキと「元秘密工作員」スキル全開 GOOD
ワクワクで、これからの展開に大期待~。
けれど、期待しすぎがよくなかったのね・・・

この後も「元秘密工作員」のスキルを見せる場面があるのだけど、
全然魅力を感じないのですよ。
彼はリズム良く、スピーディにぽんぽんと組織の中枢に迫り、
パンパン、ドバンドバンと 笑 大勢の敵を倒していく。

ダイハードや24のジャック以上にそしてジェイソン・ボーン顔負けに強い、強すぎ~。
リーアム・ニーソン演じる父親の意外性がいい~爽快感が良いと評判も良いようですが。

タイムリミッドの時間にも時々触れるが、切羽詰まっているように感じられない。

リズム良く簡潔に、飽きさせることなく見られるという点では、面白い映画。
でも、印象に残らないのよね・・・。

好みの違いだなあー。
かなり辛口になりました ><

Category : 映画(2009)
Posted by zukka  on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。