気ままに綴りたい |

幸せはシャンソニア劇場から

                         くり抜きハート1 素敵でしょう 手書き風シリーズ星

          G157581027076935.jpg

映画の舞台はここ、「シャンソニア劇場」 FAUBOURG 36 です。
主人公のピゴワルが言う「出身はフォブール」、「フォブールはひとつしかない」。
フランス映画よ~! と叫びそうになるくらい、フランスっぽいと思いませんか? 感覚的に・・。

バラティエ監督は「戦前のパリが持つ独特の雰囲気を描きたかった」と語る。
 「描きたかったのは、シャンソンの世界。戦前のパリの庶民的な部分を取り上げています。
今ではなくなってしまった『パリの薫り』が、私は大好きなんです」

            『パリの薫り』満喫、素敵な映像と音楽の数々

faubourg36_03poster.jpg
  【カテゴリ】 ドラマ
  【製作年】 2008年
  【製作国】 チェコ ドイツ フランス
  【原題】 FAUBOURG 36
  【時間】 120分
  【公式サイト 】www.chansonia.jp/
  【公開日】 2009-09-05~ 公開中
  【監督】 クリストフ・バラティエ

  【出演】 ジェラール・ジュニョ   クロヴィス・コルニアック
       カド・メラッド ノラ・アルネゼデール ピエール・リシャール
       ベルナール・ピエール・ドナデュー    マクサンス・ペラン



 1936年、パリ。長年パリっ子たちに愛されてきた下町のミュージック・ホール“シャンソニア劇場”も不況のあおりでついに閉館に。裏方としてこの劇場に人生を捧げてきたピゴワルは悲嘆の中で酒に溺れる日々。
そんな父に代わって健気な息子ジョジョが得意のアコーディオンで日銭を稼ぐが、ほどなく警察に見つかってしまう。失業中のピゴワルは保護者失格と言われ、ジョジョは別れた元妻が引き取ることに。
最愛の息子を取り戻すため、ピゴワルは劇場の再建を決意、新オーナーを説得して一ヵ月間の猶予を手に入れると、かつての仲間たちとシャンソニア劇場復活に立ち上がるが…。(allcinemaより)

G15758332630053.jpgG15758469796179.jpgG15758917328282.jpg

1936年、労働者のストライキや反ファシズム運動が高まる第二次大戦の直前。
この時代の政治的背景を知っていると、もっと作品に寄り添えるでしょうね。

息子のジョジョ(マクサンス・ペラン)を取り戻そうとするピゴワル(ジュラール・ジュニョ)、劇場を再建しようと奮闘する人々、人民戦線の闘士ミルー(クロヴィス・コルニアック)、売れないボードビリアン・ジャッキー(カド・メラッド)らの愛溢れる物語がノスタルジックな映像と素敵な音楽に乗って語られる。

父・ピゴワルと息子・ジョジョの二人を見ると、「ニューシネマパラダイス」が思わず浮かんでしまう、
雰囲気も似てるのよ~ と思っていたら、「ニューシネマパラダイス」の制作者ジャック・ペラン氏の作品でした。
息子・ジョジョのアコーディオンがノスタルジックなムードで心地よい オンプB2
ドゥース(ノラ・アルネゼデール)が唯一、劇場再建への頼みの綱と思われるが、
彼女の歌も良かった。
後半、ラジオ男(ピエール・リシャール)がやる気を起こしてからの展開はワクワク、楽しかった~。

↓『パリの空の下』や『巴里野郎』などのシャンソン
映画で聴いた音楽はこちらで!

仲間たちが、ホロッとさせ笑って・・・
この時代の劇場が素敵~。赤いカーテン、観客は正装ですし。

父・ピゴワルが息子ジョジョと再会するシーンは印象的、ジーンとしましたね。
アパートの窓の下、仲間が歌いジョジョがアコーディオンを奏でる。
物音に気付いたピゴワルが窓から顔を出すと、そこには息子が。
 
映像では日本映画の「マジックアワー」を思い出し。
雰囲気が同じで、終盤のサスペンスタッチも近いものがある。
シアターと屋上シーンは「ムーランルージュ」を思い浮かべ。
あれこれ、思い出しながらもまた、印象に残る映画。 

Category : 映画(2009)
Posted by zukka  on  | 0 comments  0 trackback

「あいつはカッコよかった」  ソン・スンホン

      自称≪ソン・スンホン≫ファンの私 笑
            劇場公開になったこの映画、やっぱり駆けつけました~ ウインク

       IMG_3925.jpg      5659_l.jpg

【カテゴリ】 コメディ ドラマ ラブ・ストーリー   【製作年】 2004年
【製作国】 韓国                    【原題】 THE GUY WAS COOL
【時間】 117分                     【公式サイト 】aitsu.ponycanyon.c...
【公開日】 2009-09-26~ 公開中         【監督】 イ・ファンギョン

【出演】: ソン・スンホン    チョン・ダビン     イ・ギウ

韓流スター、ソン・スンホン主演のラブ・コメディ。
根は純情な不良高校生のちょっと不器用な恋の行方をコミカルに描く。共演はチョン・ダビン。
ネットの掲示板で自分たちの学校の生徒をけなした男に仕返しした平凡な女子高生のハン・イェウォン。
ところが、相手は札付きのワルで知られる不良高校のリーダー、チ・ウンソンだった。
ある日、学校まで押しかけてきたウンソンから逃げようと、こっそり学校の塀を乗り越えたイェウォンだったが、なんと、たまたま下にいたウンソンの上に落下、倒れ込んだ勢いでキスまでしてしまう。
どんな仕打ちを受けるかと身構えていたイェウォンだったが、ウンソンの反応は“責任を取ってオレと付き合え”という意外なものだった。(allcinemaより)

作品については、特に書くことなしです 汗 すみません アップロードファイル

タイトル通り、あいつはカッコよかった 「スンホンはカッコよかった」 くり抜きハート1 に尽きます。
スンホンのファン以外は観ないでしょうね・・。爆弾発言か、どうしよう。

では、素敵な映画の画像を貼り付けました。

152169.jpg   001755188.jpg

高校生姿のスンホン、カッコイーですぅうう。

004616750.jpg   004626493.jpg

チョン・ダビン のプレゼント、ウサギ。
ウサギで顔を拭く、スンホン。
彼、大事にしてましたね。うさちゃん。

004679979.jpg   006186319.jpg

画像左の「赤の電話ボックス」見覚えありませんか?
そう、「エデンの東」に出ていた、「赤の電話ボックス」にそっくりなんですけど jumee☆a 同じかしら?

男の友情、このシーンはジーンと胸に迫るものがありました。

さて、ソン・スンホン出演の映画ですが。
数本見ましたが、「氷雨」が印象に残っています。
私の苦手の女優さん、キム・ハヌルさんとの共演ですが。

札幌の「あいつはカッコよかった」上映映画館には、素晴らしい花がありました~
               IMG_3926.jpg

Category : 映画(2009)
Posted by zukka  on  | 0 comments  0 trackback

サブウェイ123 激突

                 ライダーを演じるジョン・トラボルタ
                 対するガーバー役をデンゼル・ワシントン
                 ポスターのお二人、渋いですね。
                       やっぱり、劇場で観ておかなくっちゃ!

pelham_123_2.jpg
   【カテゴリ】 スリラー/サスペンス
   【製作年】 2009年
   【製作国】 アメリカ
   【原題】 THE TAKING OF PELHAM 1 2 3
   【時間】 105分
   【公式サイト 】 www.sonypictures.j...
   【公開日】 2009-09-04~ 公開中
   【監督】 トニー・スコット

   【出演】 デンゼル・ワシントン   ジョン・トラヴォルタ 
         ジョン・タートゥーロ   ルイス・ガスマン


ニューヨーク、午後2時。地下鉄運行指令室で勤務中のガーバーは、緊急停車したペラム駅1時23分発の列車へ応答を促す。その列車は、19名が乗車した1両目だけを切り離して停車している状態だった。
すると、無線で応答してきたライダーと名乗る男から、“この1時間で市長に身代金1000万ドルを用意させ、
期限に遅れた場合は1分ごとに人質をひとりずつ殺していく”との要求を告げられる。さらに、ライダーは交渉相手に何故かガーバーを指名。ところが、警察が指令室にやって来ると、ガーバーはある理由で退席させられてしまう。しかし、ガーバーが席を離れたことを知ったライダーは激怒、運転士を射殺し、ガーバーを強制的に交渉役へ戻させる。こうしてガーバーは警察のサポートのもと、粘り強く交渉を続けながら人質解放と事件解決への糸口を探っていくのだが…。(allcinemaより)


1974年の「サブウェイ・パニック」に続いて再映画化だそうです。こちらは観ていないわ。

img091006085424_t.jpg    img091006085644_t.jpg

予告編で観た、デンゼル・ワシントン と ジョン・トラヴォルタ の対決。
ガーバー(デンゼル・ワシントン)が単なる地下鉄職員であったなんて、思いもしない。
凄腕のFBIか・・・と勝手に思っていた(汗)。
平凡な会社員役は想像つかないよ~

<ネタバレしてます>

やっぱり、ガーバーを演じたデンゼル・ワシントンが抜群にいいね。
ライダー(ジョン・トラヴォルタ)は、人質を殺すと詰め寄り、ガーバーに収賄の事実を白状させてしまう。
このシーンでのデンゼル・ワシントン、流石だね上手さが炸裂!
ライダー(ジョン・トラヴォルタ)との二人の緊迫したやり取りは、心臓バクバク。
告白した時のガーバーの涙目には、力が抜けたような・・・ほっとしたような。

この後も続く、ライダーのいつ切れるか分からない、悪役ぶり。
ジョン・トラヴォルタの悪役も板についてます。貫禄タップリ 手書き風シリーズ星

photo_05_hires.jpg   photo_03_hires.jpg

ライダーは元証券マンで、仕事でしくじり刑務所にいたようだが、
今回の地下鉄ジャックは復讐(誰に対して?社会?)と金高騰を狙ってのものと理解したのですが・・・
はて jumee☆a
地下鉄にしたのは、単にリメイクだからか、イマイチ地下鉄ならではの特徴が伝わってこない。

ここは噴出しましたぁ~ アップロードファイル 「なんでヘリコプターで運ばないんだ?」
時間制限あり、刻一刻と迫る時間、身代金輸送のためニューヨークを車でガンガン突っ走るも、
白バイとパトカーがドカン、ドカンと簡単に事故る、時間は迫る。
カーアクションシーンの見せ場なのでしょうが・・。この台詞で爆笑。

身代金を届ける役として指名されるガーバー。
妻に、電話をし普段と特に変わらない会話をわざとしているのよね・・・
妻が夫ガーバーに言う、「帰りにミルクの大きなパックを買ってきて」
ジワーンと来ましたよ。よくあるアメリカ映画のシーンですがね。

          photo_14_hires.jpg

デンゼル・ワシントン役作りで25ポンド(11キロ)も太ったと。。。
この画像を見る限り、普通のおじさんっぽく見えますが 汗
やっぱり、終盤、ラストの展開は普通の地下鉄職員おじさんは無理でしょう。
ピストルを構える姿が・・・かっこよすぎ~だし、ラストのタイミングも 笑
いつものクールな彼がはっきりと、見えましたモン。

Category : 映画(2009)
Posted by zukka  on  | 2 comments  0 trackback

Sagra -さぐらー

        10月の初め「さぐら」でランチ。グルメの友人○さんお薦めのお店へ。
         日が経ってしまい、メニューのこと忘れてきております。
        美味しかったのと、楽しかったのはバッチリ記憶アリ アップロードファイル

                 Saguraサイト→さぐら
                  札幌市中央区南1条西8丁目20-1
                  ライオンズMS大通公園 小六ビル1F
                         TEL:011-219-4649 

          ランチコース
              IMG_3899.jpg

          「インカのポテトとバフンうにのバター添え」
          甘くて、黄色が特色のとっても美味しいポテト。
          青葉の下にバターがあります。うに風味バッチリでした。

              IMG_3902.jpg

              次は前菜ですが、お魚は何だっけな?

メインは数種類のパスタとリゾットの中から一つ選びます。
3人だったのでそれぞれ違うお料理をお願いして、味見。
           
             私は、「仔羊のラグーのショートパスタ」
                 ショートパスタがしっかりした歯ごたえ、ソースもいいお味。    
              IMG_3908.jpg


             花咲かにのパスタ おーカニの味~(笑)
              IMG_3906.jpg


             きのこ(名前忘れた)と手打ちパスタ 
             きしめん風のパスタがすごーく美味しいです。
             IMG_3911.jpg
                               これが一番私好み♪

               
             IMG_3912.jpg
             デザートも素敵でしょ、飲み物も勿論アリ。

カジュアルな感じのお店です。
気取らず、美味しい食事を楽しく頂くそんな空間でした。

この後は場所を変えて、おしゃべりの続きーーー。

Category :
Posted by zukka  on  | 0 comments  0 trackback

犬とオオカミの時間

前から見ようと予定していたDVD、やっと見始めた。

250px-TBDAW_Poster.jpg   2007/7/18-9/6(全16話) MBC
    【演出】 キム・ジンミン
    【脚本】 ハン・ジフン  ユ・ヨンジェ 
    【キャスト】 イ・ジュンギ…イ・スヒョン/ケイ 
            ナム・サンミ…ソ・ジウ/アリ 
            チョン・ギョンホ…カン・ミンギ

    幼いころに殺された母の復讐を誓った
    国家情報院のエージェント、スヒョン。
    犯罪組織に潜入した彼が、運命に翻弄され、
    許されぬ愛に身をこがすさまを描く。
    イ・ジュンギ主演によるサスペンス・アクション・シリーズ。
                (TSUTAYA onlineより)

オープニングはカーアクション、イ・ジュンギが敵に追い詰められ、車ごと海へ・・・・
彼と一緒に漂う象の小物は要チェック!
海中で意識をなくし、漂っているシーンは多くのドラマで見られるお馴染みワンシーン 汗
そして時は遡り・・・、さて、このオープニングはどの辺りの出来事なのかしら??
まずは見ていきましょう。

イ・スヒョンとソ・ジウ/アリの子ども時代、タイの風景と子役達が可愛くて、切なくて。
第1話からのタイでのロケーション素敵ですねー。

01515890.jpg    002858534.jpg

この子役さん達は、他のドラマにも出演しているお馴染みだわ。

イ・スヒョンの父は亡くなり(仕事で殉職か?)、母と二人。
母はタイで検事をしており、犯罪組織“チョンバン”を追っている。
どうも、イ・スヒョンの父も“チョンバン”を追っていたよう。

偶然仲良くなったアリの父はこの“チョンバン”の幹部。

07183192.jpg


   スヒョンの目の前で母が銃殺される。
  その時の犯人はお面をつけていたが、
  手首の刺青をはっきりと記憶するスヒョン。
  アリの家の前で一度アリの父と握手をした事のあるスヒョンだが、
  まさか彼が犯人とは結びつきようがない。

  天涯孤独となったスヒョンは、
  母と父の友人であったカンと共に韓国へ。
  (このカンさんが父親となり、
   カンの息子カン・ミンギが同じ年の兄となるのですね。)


その前に、アリは父親と別れ、韓国へ。
二人の別れのシーンで、スヒョンがアリへ渡した贈り物が「象」でした。

2話・3話ではスヒョン(イ・ジュンギ)カン・ミンギ(チョン・ギョンホ)が仲良くなっていく様子、
本当の家族になっていく感動のシーンがあり 泣く
大人になった二人は父親と同じ「国家情報院・NIS」に勤務。

        timeofdog.jpg

そして同じく大人になった、ソ・ジウ/アリ(ナム・サンミ)と出会うわけですが…。

ここまで調子よく見て来れた私ですが、ここにきて問題発生(大袈裟ですみません)。
大人になったソ・ジウ/アリ役の女優ナム・サンミさんが、
どうも苦手みたいなんです うーむ
なぜだろう?どうもよく自分でも分からない・・ソン・ユリさんがこの役ならなぁ・・とか考えると、
嫌ではないので、役柄が嫌いなのではなく女優さん自体が苦手なのかな。
4話で彼女が勝手にスヒョンを追ってバンコクへいくは、ホテルの部屋をツインにする、後をつけるなどなど
「わー嫌だー!!」と声出そうになるしアップロードファイル 早送り~しちゃいました。
ナム・サンミさんファンの方すみません 汗 

でも、評判凄く良いドラマですよね。リタイアはしたくないのよ。
ストーリー的にもこれからどんどん面白くなっていくみたいだし。
けれど、嵌ってみることはないだろうながっくり 自分が嫌になるわ。ちょっと休憩を入れて、
なんとか頑張って見ようと思っている、回を重ねる毎に印象変わるかもしれないしね。
こんなおバカな事言ってるの私くらいでしょうえ。。お恥ずかしい。

Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 6 comments  0 trackback

太陽の女  その2

札幌のTVHでの放送は10月12日最終回でした。

1211970720489.jpg

韓国での放送、最初は地味で視聴率は6%台で始まり、ジワリ、ジワリ面白いと、視聴率は15%に。
最終回は27.3。韓国ドラマらしい韓国ドラマとスタッフ、キャストの力が評価されたドラマらしい。

特に派手さはなかったけれど、先が気になるドラマ。

ドヨンとジヨン・サウォル強烈なキャラを持った主役の二人。
何よりこの二人の対決がドラマの魅力で、それに絡み二人の男性。

003339436.jpg   000041141.jpg

そして、超性格悪い(?)母親、すっかり皮肉れてしまった悪役のホン・ウンソプがいい味付けで
ドラマを一層面白くしていましたね。

さて、ドヨンとジヨン・サウォルのどちら寄りで見てしまうか?
最初は若干サウォル寄りだったのですが、
どちらのキャラも強すぎで、結局どちらにも同情できず。
ドヨンに関しては、可哀想と思いたいのだけれど・・・彼女の自己中が目に余り 汗

なぜか、チャ・ドンウ(チョン・ギョウン)がいいわーハート で 笑

20091013.jpg


ここからはドラマ内容に触れつつ感想を、注意 

Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 2 comments  0 trackback

石渡紅茶店

               ランチ後のおしゃべりの続きは、
                ポットのお茶を楽しみながら、ゆったりと・・・キラキラ(ピンク)

               IMG_3922.jpg

               札幌市中央区大通西14 シェ・プレベービル 2F
                            TEL 011-272-8555


               シェ・プレヴェール邸2階の紅茶専門店。

                  IMG_3923.jpg

            このプレヴェール邸の1階はケーキ屋さん「プチ・ショコラ」があります。
         こちらのケーキを2階の石渡紅茶店でお茶と一緒にいただく事もできるそうです。
                  ケーキもとっても美味しいそうですよ♪ 

            ケーキはとっても魅力的ですが、
          ランチでデザートもしっかり頂いた後、やっぱりお茶のみで。

               IMG_3919.jpg

IMG_3918.jpg   IMG_3921.jpg

店内の棚には、たくさんの紅茶缶が並んでいます。
お茶の葉を選ぶのも、種類が豊富で迷ってしまいますね。
友人は紅茶の葉を、ダージリン? アッサム? 忘れた・・・。
私は中国のキームンを。
初めて飲むお茶です。スタッフの方に尋ねると、「癖があるように思いう人もいるが・・・人それぞれ」。
まあー嗜好は人ぞれぞれですわ。
調べてみると、『世界3大紅茶のひとつが「キームン」。あとの二つは「ダージリン」と「ウヴァ」。
キームンは中国祁門省が産地の紅茶の名前。英国皇室御用達。』との事。
一度は試してみる必要アリですね。私の感想としては、全然嫌な癖は感じません。
中国茶の一種かな、と思う美味しいお茶。

店内は静か過ぎず、普通におしゃべりしている分には気を使う事もなく、のんびりくつろげました。
爆笑の大盛り上がりは出来ないと思いますが(笑)

Category :
Posted by zukka  on  | 0 comments  0 trackback

「ノッティングヒルの恋人」  Notting Hill

“彼女の映画は見ていたし、憧れもした でも彼女と僕では世界が違う
 僕が住むのはノッティングヒル ロンドンの西の町
 平日には野菜や果物の市が立つ -----
 自宅は妻と買った青いドアの家 
 妻はハリソン・フォード似の男に走り 僕を捨てた
 今は独り身で同居人を置いている”

                               
000152720.jpg 174120.jpg

_000203720.jpg 000307560.jpg


最近、ドラマの「スターの恋人」を見始めたが
2話ほどで一旦休止。
なぜなら、どうしても1999年の映画、
「ノッティングヒルの恋人」が恋しくて・・・・ ハート
DVDを取り出し観るも、嵌ってしまい、
久しぶりに繰り返し何度も観ている。
お気に入りなの~ キラリラ  
内容全開、思い入れタップリに綴りたい。

51seRqMiHwL.jpg
  【カテゴリ】 コメディ ラブ・ストーリー
  【製作年】 1999年
  【製作国】 アメリカ
  【原題】 NOTTING HILL
  【時間】 123分
  【公開日】 1999-09-01~
  【監督】 ロジャー・ミッシェル




【出演】ジュリア・ロバーツ  ヒュー・グラント  リス・エヴァンス
  ミーシャ・バートン  ティム・マキナニー  ジーナ・マッキー
 エマ・チャンバース  ヒュー・ボネヴィル  ジェームズ・ドレイファス


世界一有名な美人女優のアナが、
イギリスにロケしている最中、
街で出会った旅行書専門本屋のウィリアムと恋に落ちる。
育った環境も、現在の仕事も、
まったく違う2人の恋はどう展開するのか?
ビバリーヒルズに住むスーパースターが
恋に落ちた相手は、
西ロンドンのノッティングヒルに住む本屋さん。
名作『ローマの休日』を下敷きに、
本当の恋を求め合う2人の姿をコミカルにつづる。
世界的な女優アナには、
この人しかいないジュリア・ロバーツが扮し、
素朴で傷つきやすいウィリアムにはヒュー・グラントが扮している。
恋愛映画として、全米史上最高のオープニング興行成績を記録した。
(アルジオン北村)



現実、ありえないであろう物語だけど、
そこが良いのよねぇ。 幸せな気分に浸れる♪
かなり前の映画だけど「Trailer」↓を観ると思い出すでしょう。



まずは。。。
主役の二人は勿論いいけれど、
それだけじゃこんなに魅力的作品にはなっていないでしょう。
場所がいい~ イギリスのノッティングヒル
イギリスの香りが漂っていそうな多数のシーン。
ここに住む本屋のウィリアム(ヒュー・グランド)
彼の同居人スパイク(リス・エヴァンス)を初めとするお友達に家族
全てが魅力的で、心があったかくなる c001

スパイク(リス・エヴァンス)が最高!!
彼って面白すぎ手書き風シリーズ星
 彼との会話シーンはどれも爆笑。
そのうち、姿を見るだけで笑ってしまう。。
それに加えて、優しくて、
思いやりのあるとっても良い人なのね キラキラ
ピカイチのスパイクを。(画像はクリックで大きくなります。)

000262160.jpg 001133760.jpg 001160520.jpg
001298000.jpg 004806280.jpg 004822800.jpg

落ち込むウィリアム、
やはり話し相手は超個性的なスパイク。
彼との会話は、シリアスな話をしているはずなのに、
なぜかクスッと笑らえて、
ユーモアたっぷり、心がほんわか温かくなってしまう。

003444480.jpg 005047480.jpg

友人たちが集まるウィリアムの妹の誕生会へはアナをお誘いして。
「最後の一つのブラウニーは、一番不幸な人へ・・・と」
不幸自慢スピーチが始まります。
自分がどれだけ不幸であるかの話も、
笑いで包みシリアスな中にも悲観は感じられず、
友人たち一人ひとりの心の温かさ、
明るさがにじみ出ている大好きなシーン。

002408200.jpg
 最後のブラウニーは一番不幸となったアナがゲット。


いつも悩みを聞いてくれ、心配してくれる友人たち。
終盤、ウィリアムの大きな力になってくれました。
アナと出会い、
3度の別れを経験しクタクタになっているウィリアム。
本屋にアナが絵を届けに訪れます。
「もう一度、私を好きになってくれる?」と。
彼の答えは「ノー」・・・・
けれどその後、悩み友人たちに報告、相談。

006192680.jpg 006337440.jpg

アナの元へ急げ~!!と、
全員車に乗り込み出発。

スパイクは勿論、この友人たち等、
ウィルアムの周りの人々が皆いい人なの。
ホテルのフロント係り、本屋のお客までもが。

主役二人も素敵なシーンがたくさん。
「She」をはじめとする挿入歌がシーン、
シーンをより魅力的にしている。

002864240.jpg 002934680.jpg 003088520.jpg


Hさんから本をお借りしました。
何度も見ている作品ですが、
やっぱり読んで分かることありますね~感激♪

IMG.jpg IMG2.jpg 

IMG2_0001_convert_20091016205125.jpg IMG4_convert_20091016205345.jpg

ウィリアムが2度目の失恋をしたあと、
彼はノッティング・ヒルのストリートを6ヶ月歩きます。
シーンの季節が夏から秋、
冬そして春へと変わっていったのは分かりますが、
夏に妊娠6ヶ月の女性が写り、春がやってきたとき、
彼女が赤ちゃんを抱いている姿が映ると。
The pregnant woman—now holding her three-month baby.
The camera holds on her.
このシーンも印象的ですねぇ。
ノッティング・ヒルがとっても素敵です。

そろそろ感動のラストを。
ヘップバーンの名作「ローマの休日」を思い浮かべる
この記者会見シーン。
シーンにオーバーラップして流れる「She(エルヴィス・コステロ)」は、最高にいいハート




 記者 「アナ、いつまでイギリスにいるのか?」
    「How long are you intending to stay here in Britain?」
 アナ 「永遠に」
    「Indefinitely.」
 ハッピーエンドはいいなー flower と思う映画。

Category : 映画(DVD)
Posted by zukka  on  | 4 comments  0 trackback

スターの恋人

今の気持ちを伝えたくて
このドラマ、好きです。
8話で確信しました
お気に入りになると キラリラ


キーは足元に引く
 「線」境界線
これを超えるな
超えたのは・・・
 キャー  キラキラ
     
                            
 続き観ます。

とりあえず・・・・独り言を   ハート

004015277.jpg 004043305.jpg 004045474.jpg

Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 2 comments  0 trackback

春の日は過ぎゆく  One Fine Spring Day

ドラマ「スターの恋人」を見終わり、俳優ユ・ジテが印象深く、
早速く彼の映画出演作「春の日は過ぎゆく」のDVDを観る。
                          (たぶん同じような行動パターンの人多いのでは?)

予備知識無しで観始めるが、
どうも・・私のお気に入り「八月のクリスマス」に雰囲気が似てるわぁ・・・・と思っていたら、
やっぱり、同じホ・ジノ監督作品でした。 観終わってから監督を確認する 手書き風シリーズ汗1 おバカな私。
2001年の作品ですよ、若いわー アップロードファイル ユ・ジテ


          

  【カテゴリ】 ラブ・ストーリー        【製作年】 2001年
  【製作国】 韓国               【時間】 113分
  【公式サイト】 www.shochiku.co.jp...     【公開日】 2002-06-22~2002-08-16
  【監督】 ホ・ジノ

  【出演】 ユ・ジテ・・サンウ   イ・ヨンエ・・ウンス 
       ペク・ソンヒ・・サンウの祖母   パク・イナン・・サンウの父

父と痴呆気味の祖母と暮らしている録音技師の青年サンウはある日、カンヌン(江陵)でラジオのDJ兼プロデューサーをしている女性ウンスから仕事の依頼を受ける。それは自然の音を採集するというもの。
二人は録音のための小旅行をする中で打ち解け合い、いつしか恋に落ちていた。
永遠の愛を心から信じる青年サンウにとって、ウンスが年上で離婚経験者であることは何の障害でもなかった。そんなサンウの気持ちにウンスも心からの愛で応えるのだった。しかし、時が経つにつれてウンスの心には次第にこの愛に対する不安が増大していくのだった……。(allcinemaより)

  onefinespringday4.jpg

<ネタバレしてます>

オープニングシーンはサンウと祖母。
毎日祖父が働いていた駅へ行き、亡き祖父を待つ祖母に付き添うサンウ(ユ・ジテ)。
祖母は若い頃祖父から可愛がられ、熱々の夫婦であったが、最後には祖父が浮気をしてしまったらしい。
今も心の傷が癒えず、幸せだった頃のことしか思い出せずにいるのか・・・。
実はこの祖母の「愛」が伏線となり、サンウの物語、「愛」を厚みのあるものにしていたと思う。
祖母とサンウの二人のシーンが数多く心に深く残っている。

この映画の主人公たち、サンウ(ユ・ジテ)とウンス(イ・ヨンエ)が仕事で移り変わる自然の音を採集する映像はどれも美しい。
身長があり大きいユ・ジテとイ・ヨンエの絡みは、微笑ましく素敵だ。
秋に出会った二人は、熱々で春・夏へと過ごしてゆくが・・・

1184686496267.jpg   1184686489751.jpg

サンウは父から「恋人を紹介しろ」と言われ、ウンスにそのことを話す。
離婚経験を持つウンスにはそれが重荷になってきたのか、少しずつサンウから心が離れていく。
ウンスの言葉で自分の気持ちを語られることは一度もないので、観ている私たちが想像するしかない。

「アリラン」を歌う夫婦を取材するシーン、昔は妻と一緒に歌うことは考えもできなかった、という夫。
アリランの詩は心にジーンと響きます。

♪白髪よ来ないでおくれと 刺の城を作ってみたが
憎き白髪は いつの間にか忍び寄ってきた
西の山に沈む日は 沈みたくして沈むのか
私を捨てて立ち去るあなたは 去りたくして去るのか
アリラン アリラン アラリヨ アリラン いくつもの峠を越えさせておくれ ♪


     1184686495448.jpg

ウンスと別れたサンウ、いつものように駅で祖父を待つ祖母に付き添うが、
もう帰ろうと言ってもなかなか帰ろうとしない祖母に自分を重ね合わせたのか・・・
激しい感情をぶつけるサンウ、彼をやさしく包む祖母、自転車の後ろに祖母を乗せ家へ向かう二人、
自然に胸が熱くなり目頭に涙があふれる。
なんて素晴らしいシーンを撮ってくれるの。
そして極めつけは、ワンカットの長―いじっくり撮ったここ。
縁側で沈み込んでいるサンウを祖母がじっと見つめ寄り添います。
そして祖母の台詞が「つらいんだね? バスと女は去ったら追うもんじゃないよ。」と最高。
その後、祖母は若く綺麗だった頃の写真と同じ姿で家を出て行くのですが・・・。
切なくて、本当にまいるなぁーと私の感想 泣く

     13b409d09a9b3260.jpg    6d39d74b0c066ec0.jpg

ラスト、桜の美しいバックが印象的。
ウンスの誘いを断るサンウ・・・このシーンのカメラの長回しが心臓に悪いわ。
サンウの心がどう揺れているのか・・
観ている私が画面の彼に「耐えるんだ!追うな!」と念を送ってしまった 手書き風シリーズ汗1
本当にラスト、好きなユ・ジテの笑顔を観ることができて良かった。

この映画はサンウの気持ちが主体で見せてくれるので、語られることのないウンスの心ありよう、
人生経験が分からないところに苛立ちも少し感じる。

「ウンスの見方は複雑です。ウンスは本当にサンウを愛していたのか、いなかったのかも。
映画を観て皆さんで判断してください。二人が別れるときに、ウンスの後ろ姿、正面はどうだったのか、想像してみてください。」とDVDの特典でイ・ヨンエが話していた。

ホ・ジノ監督は要チェックですね。って今更ですか・・ 
            1184686491149.jpg

Category : 映画(DVD)
Posted by zukka  on  | 6 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。