気ままに綴りたい |

シティーホール とりあえず番外編とでも

現在も毎日「シティーホール」漬けの状態継続中です 
同じお仲間のLさんから情報~

ラスト、明洞、チョ・グクの街頭演説シーン
この時は一般の人たちが自然に集まってくれるようにしていたので
その時の様子がネットにいろいろUPされているのですよね。
その中から、スンさんが頑張って台詞を覚えている様子が分かり、
ヘビースモーカーなのね~の納得動画をリンクしてみました。

つづく↓


Posted by zukka  on  | 12 comments  0 trackback

再会の食卓

日本やアメリカの映画・ドラマの食卓物には興味はないのですが・・
なぜか、ストーリーには関わらず中国、台湾、香港のものは大好きなのです。
漂う雰囲気というか空気が好きなのでしょうね。
というわけで、今回の映画もポスターを一目観ただけで、
内容は何も知らずとも、絶対!観る!と心に決めておりました。

T01.jpg

「カテゴリ」人間  「製作年」 2010年 「製作国」 中国
「原題」団圓  APART TOGETHER  「時間」96分  「監督」ワン・チュエンアン

第60回ベルリン国際映画祭で、銀熊賞(最優秀脚本賞)を受賞。


上海で暮らす玉娥(ユィアー)のもとに、ある日一通の手紙が届く。
それは、戦争によって生き別れ、
逃れた台湾でその後の人生を送ってきた元国民党軍兵士の夫・燕生(イェンション)からのものだった。
彼は、40年ぶりに中国に戻り、ユィアーと再会することを願っていた。
当のユィアーは、ひとり残され過酷な日々を送っていたときに出会った心優しい男性・善民(シャンミン)と再婚し、今では子どもたち、孫たちに囲まれ平穏な日々を送っていた。
そんなユィアーの家族たちにとって、イェンションの突然の来訪は少なからぬ戸惑いをもたらす。
それでも優しいシャンミンは、イェンションを精一杯のもてなしで迎えるが…。
(allcinemaより)

saikaino.jpg

この映画が出来たのは、
台湾の老兵が上海の妻を訪ねるというニュースを監督がテレビで見たことから、
そのニュースに触発されて、映画化に取り組み始めたそうだ。
政府が最も敏感になっている政治問題のひとつを扱っているので、
製作には予想以上のプレッシャーと困難を経験したとのこと。(公式サイトより)


中国側の検閲があるため、実際の話とはまた違ったものになっているのか?
私には分からないが、そんな先入観を持って(映画を見る前に映画館でこの記事を読んでしまった)
観たせいか、なんとなく穏やかに作られているような雰囲気がした。

1949年に国民党が台湾に撤退して以来、長い間中国と台湾は分断されてきた。
1987年に規制が緩和され、少しずつ交流が行われるようになった。
この背景の中、かつて生き別れた夫・燕生(イェンション)が40数年ぶりに台湾から帰ってくる。
燕生(イェンション)は台湾で結婚したが現在、妻は亡くなり一人となった。
上海に残された妻ユィアーにはすでに新しい家族がいた。
夫・善民(シャンミン)、イェンションとの息子である長男・建国(ジュングオ)、二人の娘、娘婿。

私の予想では、長い間苦楽を共にしたわけでもない生き別れの夫燕生(イェンション)にユィアーは
心は動かないのではないかと思ったのだが、彼女は愛しているのは燕生(イェンション)で
一緒に台湾へ行きたいと話すのだ・・・
燕生は彼女を連れて帰りたいとやってきたわけだが・・・
これを聞いて、現夫の善民(シャンミン)が心良く賛成するのにも
気が抜けてしまった・・・
そんなストーリー展開の中、上海のさまざまな様子が映しだされ、
また孫娘の現代の若者ぶりが挟まり興味ぶかい。

快くユィアーを送り出そうとする善民(シャンミン)が倒れてしまい、
表面とはやはり違った心の痛みが分かる。
そちらにも事情があり、こちらも大変な人生だったと・・・

食卓を囲んでの数々のシーンはやはり期待通り、雰囲気が好きで満足。
市場のシーン、料理のシーンとやはりいいなー
ラスト、ポスターにもなっているシーンはジーンとしつつ絶品だった。

Category : 映画(2011)
Posted by zukka  on  | 2 comments  0 trackback

初めての試み

   楽しい~
   Sさんから教えて頂いたサイトで作ってみました♪

   勿論、チャ・スンウォン!

    syo-.gif

   合成写真ですよ

Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 2 comments  0 trackback

ソウル・キッチン

ソウルは都市のソウルではなくて、魂のソウル、キッチンはレストラン?料理?
またまた、食べ物がらみの作品を~
ヴェネチア国際映画祭、2009年審査員特別賞
ファティ・アキン監督って「そして、私たちは愛に帰る」の監督!!
この映画、好きな作品なのよね・・同じ監督なんだと観終わってから知った(汗)
でも、雰囲気は全然違う作品で、驚きだわ。
そう、ラストシーンの余韻は同じ空気を感じるかな・・
どちらのラストも好きですもの。
       
     soul kitchen

「カテゴリ 」人間 「製作年」 2009年 「製作国」 独=仏=伊
「時間 」99分 「監督」 ファティ・アキン

ドイツ第2の都市、ハンブルク。
ギリシャ系移民の青年ジノスがオーナー・シェフを務める“ソウル・キッチン”は、
味にうるさくない常連客が頼りの寂れた庶民派レストラン。
私生活でのジノスは、恋人が仕事で上海に赴任することになり離れ離れに。
おまけに税務署からは滞納分の督促を迫られ、
挙げ句は突然のギックリ腰と不運続きのジノス。
そんな時、服役していた不肖の兄イリアスを彼の仮出所のために
レストランの従業員として受入れるハメになる。
ところが、イリアスが盗んだDJセットを持ち込み音楽をかけると、
店は意外にも大賑わいに。
さらに、新たに雇った偏屈シェフ、シェインの料理も次第に評判を呼び、
ソウル・キッチンは連日大繁盛となっていくが…。(allcinemaより)

soul kitchen1

倉庫を改装したレストランが良い雰囲気なのです。
オーナーのジノスが主人公、見たところどうにも素敵とは思えない・・
レストランのキッチンは滅茶苦茶で出す料理もいい加減、
けれど味にうるさくない客で賑わってるのが、可笑しい。
ジノスはレストランの営業には真面目なの・・なぜか不思議。
彼の兄イリアスは刑務所に、この刑務所が本当に刑務所なの?
なぜか住みやすそうに(笑)見えたのだけど。

登場人物が皆、曲者だ・・・
上海へ転勤になったジノスの彼女、ジノスの店のウェイトレスは不法入国者、彼女を一目惚れするジノスの兄がまた可愛い(笑)腰を痛めたジノスが行った整体、そこの彼女も個性的。
同級生の不動産業者はヤクザだった!?

“凄腕シェフ”が ジノスの店のシェフとなってからのお料理は美味しそうだったね。
怖かったけど、包丁一本と日本の料理人っぽいか・・

ジノスがドタバタの中でも妙にへこたれず、痛い腰を抱えて頑張るのよね
コメディーなのだろうけど、その辺はやはり外国物・・
どんぴしゃと笑えないところがもどかしい。
けれど、映像にマッチした音楽、バンドと踊りに料理、これは楽しい!

soul kitchen2

ドタバタ、最悪の中で取り戻したレストラン
整体の彼女もジノスもあの二人なの~?と
とっても素敵だったラスト・・ここだけロマンチック映画のよう
絵はがきのようなラストシーンに拍手。

Category : 映画(2011)
Posted by zukka  on  | 2 comments  0 trackback

「シティーホール」 メッセージありがとう!

☆シティーホールファンの皆様へ

「シティーホール」の放送開始は2009年4月29日でした。
今年2011年で2周年を迎えます。
現在もジワリ、ジワリと根強いシティーホール人気は素晴らしいことです。
「シティーホールファンサイト」の方で、
みなさんから寄せられたメッセージ等を公開します。
ありがとうございました♪

PhotoFunia-6a927b.jpg


Posted by zukka  on  | 12 comments  0 trackback

韓国で最も活躍する俳優の一人“チャ・スンウォン”

アサヒビール株式会社のHP記事
http://www.asahibeer.co.jp/news/2011/0415.html

<一部を抜粋>
韓国での『アサヒ スーパードライ』TVCM放映のお知らせ
「チャ・スンウォン篇」4月15日(金)放映開始!
~韓国で活躍中の人気俳優“チャ・スンウォン”を起用~

CMキャラクターには、本年日本でも公開された映画「戦火の中へ」など多数の映画に出演し、
2010年に韓国で権威のある「アジアモデル賞 映画部門 アジア特別賞」を受賞するなど、
韓国で最も活躍する俳優の一人“チャ・スンウォン”を起用。

太字は私が個人的に加工しました~

日本のビールのCMってのがいいですよね!
日本で放映されないのが残念ですが・・



うわぁ~~また、また飲みすぎそうだわ 

一緒に飲みたいわねぇーって・・ありえないか~

asajpeg.jpg

Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 8 comments  0 trackback

ネット配信ラジオのゲストに・・・

【尻ミッターフジオのラジプリ】
毎週火曜日22時からオンエア中♪FM白石With-S
4月26日 火曜日 午後10時放送


尻ミッターフジオさんが「シティーホール」を見て、
「シティーホールファンサイト」にコメントを残して貰ったのがご縁です。
このラジオさん、なんと札幌!? ビックリで・・・
で、丁度「2周年」も近いという事で、
4月26日にゲストで呼んで下さることに・・。

 放送されるのはこのサイトから  http://www.830.fm/

↓この画面につながります。

ラジオ1

 映像も配信ありです。

こちらのサイトから http://www.voiceblog.jp/fujioyaji/

↓この画面になります。USTREAMの部分 をクリックで

ラジオ2

★シティーホールの曲をかけてもらう予定にしています。
 「ユーストリームは楽曲は著作権上流せませんので
  放送日当日は楽曲を聴きたい場合は
  コチラのサイトになります。 http://www.830.fm/」との事です。

先日打ち合わせしてきました。

IMG_7547.jpg  IMG_7550.jpg
尻ミッターフジオさん。                  私。

ここのリスナーさんは多分、韓国ドラマに興味のない方が大半では・・と
何とか、「シティーホール」の魅力をお伝えしたいですが。

「シティーホールファンサイト」の宣伝もしてきま~す。

ファンの皆様、アドバイスまたはこれは「絶対言って~!」等ありましたら
お知らせください!!

また、当日激励のメールもいただけるとありがたいです。
番組のアドレスはwith-s@830.fmです。

                         以上宣伝です。<zukka>

Posted by zukka  on  | 5 comments  0 trackback

「最高の愛」制作発表会 いろいろ

最近はチャ・スンウォン関係ばかりですが、
(なんとも・・彼は働き過ぎよね~笑)

今日は、5月4日から韓国放送スタートの新ドラマ「最高の愛」
制作発表会でしたね。

たくさん出ている記事から印象的だったものを残しておきます。

dc23ae2e8d6dd861b3f8f7d564d5a8b8.jpg

おおー ちょっと画像が大きすぎ!?かしら・・
チョ・グクさんとは違うスンさん、髪もすっきりしていい感じです!!

では記事から

「マネートゥデイ チェボラン記者」
『最高の愛'チャスンウォン"第出演作の中で一番おもしろい"
制作発表会で、"今回のドラマが私の作品の中で一番面白そう"と明らかにした。
チャスンウォンは、"前作SBS『アテナ:戦争の 女神 』で披露した重い雰囲気をボトゴジャ、
また面白い作品にしたいとの思いで『最高の愛』に出演を決心した"と話した。
続いて、"あらすじをジョプヘトヌンデは本当に面白かった。
私が今までしていたドラマの中で一番面白そうだという気がした。
撮影しながらも、決定をよくしたようだ"と言って期待を刺激した。
------------------------------------------------------------------

韓国語は全く分からないので、翻訳機のままです。
スミマセン。意味不明の箇所は想像で(笑)

そうなんだ・・・と現在「シティーホール」漬けの私は、やっぱり複雑
キム作家さんの「シティーホール」が一番と言って欲しい、
あー厄介なこの気持ち。
この場で、そんな事言えるわけないのは承知しているのに。


----------------------------------------------------------------------------

『最高の愛'チャスンウォン"騒々しい芸能界、夢と希望と思う"
[SSTV lイグムジュン記者]
俳優 チャスンウォンが、新しい ドラマ を通じて 健康 な芸能界の姿を見せてあげたいという願いを伝えた。
"最近の芸能界がこのようなあんな事でうるさいのに、
視聴者の方に健康的な芸能界の姿を見せてあげたい"と明らかにした。
引き続き彼は"最近、某 高校の 生徒とのインタビューをすることがあった。
この日の夢と希望を持つ生徒達が責任を負わなければならない"とし、
"私から元気で明るい イメージ を見せなければならない。
芸能界という所が渦巻いて暗く、事件事故が多くの場所ではなく、
明るい未来と夢があるというのも見せてあげたかった"と付け加えた。

これはいい記事ですね。
流石!!


---------------------------------------------------------------------------------

この写真いいでしょ 
制作発表会 写真16制作発表会 写真15

一番印象的なのはこの記事だったのですよ~!!

'チャスンウォン、トップスターの理由を証明する
[スポーツソウルドットコムㅣムンダヨウン記者]
イベントの開始後30分経っても彼の姿は見えなかった。
最先端のスケジュールにより、現場に遅れて到着したせいだった。
ところが、彼はいつものスターたちとは異なっていた。
しかし、チャスンウォンは違った。
チャスンウォンは、フォトタイムが行われていた中ホルレボルトク飛び込んできて、
マイクをとることも前に、大きな声で申し訳ないという言葉をしきりに叫んだ。

スンさんらしいよね!
こんなところが魅力的なのよね~

この記事は全部貼り付けました。
続きです↓

Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 6 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。