気ままに綴りたい |

「女の香り」カンジウク自分の人生を(9話)

カンジウクはイムセギョン、自分の父、
イヨンジェに
「これからは自分自身の人生を生きる」と話します。

カンジウクエピソード9ー4
カンジウクエピソード9ー5

このシーンがねーホンワカ 
いい感じで、お気に入り~ジウクの表情が満点!
会社が大変な事になり、ジウク父が激怒
その後落ち込んだジウクがヨンジェの家へ
少しだけ顔を見て・・ヨンジェを先に行かせるも、
手を振りながらゆっくりと行くヨンジェ、それを見て
手を振るジウク、ナイスな笑顔  

Category : 女の香り
Posted by zukka  on  | 4 comments  0 trackback

キムウンスク作家の次期作は

前にキムウンスク作家の話をしていましが
10月24日に既に記事は出ていたのですね・・

次回作のタイトルが決まったようで
「紳士の品格」ロマンチックメロドラマとのこと。

40代の男性4人が・・なんて話をしていて
キャストは誰がいいかしら~と
一人あれこれ考えていたのだわ(ワタシ)

どうもチャンドンゴンにオファーが行ったようですが
検討中・・とか
あとの3名は???と気になるわー(笑)

でも、楽しみ~ 

続きに記事貼り付け

「チャンドンゴン"キムウンスク作家の提案を受けたのは事実、
 出演するかどうか検討中"」

Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 2 comments  0 trackback

2011.SIA

SIA ではチャスンウォンが

「スタイルアイコンオブザイヤー賞」を受賞  

そして「女の香り」もイドンウクで参加してたのね~

<記事と画像>

Posted by zukka  on  | 6 comments  0 trackback

「最高の愛」 監督版DVD初回限定版

届きました。

当初の予定とは違った物になったようですが・・
とりあえず、監督版として現物到着 

Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 2 comments  0 trackback

「女の香り」10話 タイムカプセル

母との思い出の木10話0

ジウクが何年もずーっと探していて見つけられずにいる丘、
そこをヨンジェが探し当て、ジウクを案内します。

ジウクと亡き母が一緒に来た思い出の木・・
ここに、母と一緒にタイムカプセルを埋めた・・

Category : 女の香り
Posted by zukka  on  | 2 comments  0 trackback

「女の香り 11話」 チェウンソクその4

この「11話」はヨンジェとジウクにとって辛い回ですが
ウンソクがヨンジェのために大活躍、
確実に変わっていくウンソクですね・・
ヨンジェとウンソクのタンゴ、
ステージお披露目の回でもありました 

Category : 女の香り
Posted by zukka  on  | 4 comments  0 trackback

原田芳雄 アゲイン1

2011.11.8
追悼上映「新世界」「どついたるねん」
&阪本順治監督トーク

(↓この原田芳雄さん写真は「どついたるねん」の
 トレーナー左島役、良かったなー)
IMG_91601_convert_20111109093237.jpg

2011年7月19日原田芳雄さんが亡くなられた。
私はちょうどこの数日前に彼の出演作「奇跡」を観たところで
このニュースは衝撃だった・・
原田さんの強烈なファンと言うわけではないし、
出演作品も数本しか観ていないのだが
今回の企画、心惹かれるものが有り行ってきた。

映画 「どついたるねん」 は
赤井英和主演の本格的ボクシング映画
実はワタシ、アクション物は好きなのに・・
なぜか、このボクシング物が苦手で 
なのに行ってきたのは、「阪本順治監督トーク」がお目当。
阪本順治監督の作品も数本しか観ていないが、
大好きな邦画の1本が藤山直美主演の 『顔』 阪本順治監督作。
(原田芳雄さんは出ていませんが)
藤山直美の演技が最高です!お薦めです!!
って話が脱線していますが・・そんな訳です。

はじめに「阪本順治監督トーク」があり、
「新世界」「どついたるねん」の上映
「新世界」はこの日一回限りの上映とのことで、観られて幸運。

映画の事、監督トークは簡単に続きで

Category : 映画(2011)
Posted by zukka  on  | 0 comments  0 trackback

MV T-ara - Cry Cry



歌いいね~
一本の映画のよう
感動~
チャスンウォン 
そして、スンさんシルエットに乾杯 


<追記 メーキング 動画>

Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 4 comments  0 trackback

「女の香り」の話が聞きたくて

2011.11.9は日本でカンジウク役のイドンウクssiファンミ。
(私は不参加です)

「女の香り」の話が聞きたいなーと
記事を探しました・・・

↓ナビコンさんというところの記事発見

イ・ドンウク、2年ぶりのファンミと
記者会見の一部始終をレポート(記者会見編)!


☆一番記憶に残っているシーンは?
「タンゴを踊るシーン」
「自転車に乗ってキム・ソナさんとキスしているシーン」
「久しぶりのドラマなので、全てのシーンや瞬間が
 貴重で記憶に残っていると」

☆台詞の中で、一番記憶に残っている台詞は?
「ナヨ」
ふふ・・あの「ナヨ」ですよね~
「こんな感じでどうやって諦めろというんだ」
あの・・・タンゴのシーンのところですね・・

ソナさんのアドリブはなかったのね~

ファンミの一部始終をレポート(後半)

勿論前半記事もあり、「女の香り」の話は後半記事に登場 

☆忘れられないシーンは?
「ナヨ」
「ヨンジェとのデートで、わざとアイスクリームを彼女の服にくっつけ
 無理に洋服を買ってやったり格好をつけたりする」
「ヨンジェと自転車に乗ってキスするシーン」
「海辺の夕日が沈む浜辺でタンゴを踊るシーン」

Category : 女の香り
Posted by zukka  on  | 4 comments  0 trackback

コンテイジョン

『コンテイジョン』contagion
の意味、辞書から【名】接触伝染(病)、感染、伝染(病)

295870_242228379158423_242224952492099_690870_1752959875_n.jpg

この映画、まずはキャストが豪華なのです。
筆頭はお気に入りのジュード・ロウから
ローレンス・フィッシュバーン、マット・デイモン、
グウィネス・パルトロウ、マリオン・コティヤール、
ケイト・ウィンスレット・・とアカデミー賞常連、凄い!

スティーブン・ソダーバーグ監督のインタビューでは
「沢山のキャラクターが登場する分、各自の撮影期間も短くなるので、
忙しい俳優たちも出演してくれたのではないか。」
「映画自体がスピードある展開なので、演技力が必要だった」
(かなり要約しました)と話されているようです。




「2日目」とスクリーンに映し出され
空港で時折咳き込みながら
携帯電話で話をしているベス(グウィネス・パルトロウ)
彼女は香港出張からの帰りだが
電話の相手はシカゴにいる元恋人、
シカゴに寄ってからの帰宅(ミネソタ)らしい・・

同じく香港ではカジノのウエーターが感染したのか!?
香港のシーンは見入ってしまいます。
「エグザイル」でウーの妻役だった
ジョシー・ホーがチラット出演で嬉しかった。
その香港の彼も死亡、
ロンドン、東京と同じような症状で亡くなる人が・・

フージャーナリストのアラン(ジュード・ロウ)が何かあるのでは
と自分のブログで発表する。

帰国したベス(グウィネス・パルトロウ)が自宅で突然倒れ
病院へ運んだ夫ミッチ(マット・デイモン)は医師から
ベスは亡くなったと聞かされるが、「ええ、ええ」と聞きながら
「で、いつ妻に会えるんです?」と聞き返す。
それだけ突然な出来事であった。この感覚リアルでわかる。
そして家に残してきた子供(ベスの連れ子)も亡くなり。

動き出したそれぞれの機関。
ここで確認しておいたほうがよさそうなのが、
誰がどこの機関の人か?
私にはちょっと難しくて、予習しておけば・・と思った次第。

★世界保険機構(WHO)のドクターはマリオン・コティヤール
 香港へ行き感染源を突き止める為、ベスの行動を調査

★アトランタの疾病予防管理センター(CDC)副所長
 エリス・チユーヴァー博士はローレンス・フィッシュバーン

★アトランタの疾病予防管理センター(CDC)
 ドクター・エリン・ミアーズはケイト・ウィンスレット
 ミネソタへ行き感染が疑われる人の隔離が任務

★アトランタの疾病予防管理センター(CDC)
 ドクター・アリー・ヘクストールはジェニファー・イーリー
 彼女がワクチンを完成させる。


グウィネス・パルトロウが咳き込んで・・むむ・・
マッドデイモンと夫婦なのねーと思っていたら
アッという間にスクリーンからさようなら。
彼女が亡くなった後、死因究明のため解剖するシーンは
凄く印象的だったのだけど、なるほど
彼女自身があの死体を演じていたそうで。
頭皮をはがすシーンは「ハンニバル」かー勘弁を・・
と思ったけれどそこまでは行かず・・ホッ

夫役のマット・デイモンはなぜか感染せず、
彼女とは再婚同士だったのですね・・
彼の娘はこの時家にいず、その後一緒に
彼女を感染から守ろうと必死のマット・デイモンが
極普通の父親役で変な感じ(笑)


「○日目」とテロップが出てリズム良く展開するが
正体不明のウイルスを突き止める事がストーリーの主軸では無く
謎のウイルス感染が早いスピードで世界に広がる
その目に見えない恐怖を現実的に描いていく。
政府機関、医療機関、マスコミ、一般人、
起こりうるであろうこと、本当にリアリティーがある。
冷徹で地味ではあるけれど、引き込まれる。

アメリカらしいと言うのだろうか
暴動や強盗、空き巣などおまけに火を放ったりと
日本では起こらないであろう事が次から次、
ネット上の情報を信じ込み、パニックになっていく人々は今風・・

見終えて、咳をしている人を睨みそうになる。
帰りのエスカレーターの手すりには触らず、
少し神経質な日々を過ごしそう(笑)

Category : 映画(2011)
Posted by zukka  on  | 2 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。