気ままに綴りたい |

ヨンジェ♥ソナさん&本部長♥イドンウクやったね~♥♥

良かったね~ドンウクssi
スピーチでをいろいろ話されていたように思いますが、
???です・・
字幕つきで早く見たいものです(^^♪

ソナさん!!
ブラボー 
良かった~~

ヨヒャンチーム、アッパレ 

"SBS演技大賞'イドンウク、男性最優秀演技賞"
を再サンバトギカジ8年かかった"


31253238.jpg

[テレビデイリーイダヘ記者]
俳優の週末連続ドラマ男最優秀演技賞を受賞した。
31日、ソウル登村洞SBS公開ホールで'2011 SBS演技大賞"は、俳優チソンとチェガンヒが共同MCを引き受けた中で生放送で進行された。
この日、イドンウクは"とてもトリダ。両親にとても感謝して愛する。
来年2月に結婚した弟夫婦えっも愛すると言いたい"と話し始めた。
引き継いで"'女人の香り"一生恩をガプドロクする。
8年前にニュースター賞を受賞した、そのときは、その賞を受けるのが当然だと知っていたが、この席に再び来てみると大切さを知ることになった。
心覚えていて熱心に演技する俳優になる"と受賞所感を伝えた。
一方、今回の2011年SBS演技大賞"では、今年の一年SBSで放送されたドラマ"根深い木"、"ボスを守れ"、"サイン"、"千日の約束"、"アテナ:戦争の女神"、"ミダス"、"武士ベクドンス'、'49日"、"シティーハンター"、"女の香り"などが競合を繰り広げた。


"SBS演技大賞'キムソナ、女最優秀演技賞"一日一日熱心に暮す"

1325343545_253242.jpg

[テレビデイリーイダヘ記者]
俳優の週末連続ドラマ女最優秀演技賞を受賞した。
31日、ソウル登村洞SBS公開ホールで'2011 SBS演技大賞"は、俳優チソンとチェガンヒが共同MCを引き受けた中で生放送で進行された。
この日、キムソナは" "女人の香り"で賞を受けることになってとても嬉しい。
監査する方が多くて別々に連絡を差し上げる"と話し始めた。
続けて"まず、あまりにも幸せにできるようにしてくださった"女性の香り"監督と作家様、スタッフ私たちの俳優たち、あまりにも愛してくださった視聴者の皆さんといつも応援してくださった視聴者の皆さんに感謝する。
"女性の香り"をしながら一日一日一生懸命に生きようということを得た。
皆さんも熱心にサシギルてほしい"と受賞所感を伝えた。
一方、今回の2011年SBS演技大賞"では、今年の一年SBSで放送されたドラマ"根深い木"、"ボスを守れ"、"サイン"、"千日の約束"、"アテナ:戦争の女神"、"ミダス"、"武士ベクドンス'、'49日"、"シティーハンター"、"女の香り"などが競合を繰り広げた。



"SBS演技大賞'イドンウクキムソナ、
週末/ドラマ部門の最優秀演技賞受賞"女の香りパワー立証"


20120101_1325343686_72223300_1.jpg

[TVレポートファンソヨウン記者]'女人の香り"イドンウクキムソナが週末/ドラマ部門の最優秀演技賞を受賞した。

31日午後8時40分から、ソウル江西区登村洞SBS公開ホールで開かれた2011年"SBS演技大賞"で、イドンウクとイヨウォンが受賞の栄誉に授かった。

イドンウクは"両親に感謝し、愛していると伝えたいです。
来年2月に結婚した弟夫婦へのお祝いと伝えてと思い、すべてのスタッフの方々に本当に感謝しています。
8年前のニュースター賞を受けたときは、この席が感謝している場所なのかよく分からなかったが、ここまで再び来るのに7年という時間がかかりました。
本当に貴重に思ってこれからより一層熱心に努力します"と所感を明らかにした。

キムソナは"本当に感謝しています。
"女人の香り"でこの賞を受けることになり嬉しいです。
すぐに終わるよ。わかりました。
多くの支持を送ってくれた視聴者の方々、ファンの方々に感謝してよ。
海外でも"女人の香り"が多くの愛を受けたら良いです"と語った。

一方、この日の放送では"根深い木"が最優秀作品賞を受賞した。

写真= 2011年"SBS演技大賞"のスクリーンショット

Category : 女の香り
Posted by zukka  on  | 4 comments  0 trackback

リメンバー・ミー

お正月、気になる映画が数本
どれを先に観ようか~と気持ちは焦るばかり(笑)
で、札幌での上映は1月6日までの
「リメンバーミー」をまず観ておくことに!
観ておいて良かった~

『こうくるんだ~~参ったな  』 と
見終えた直後の感想。
上映中、「リメンバーミー」とは?
と、ずーっと考えながら観ていたのですが・・
見終えて、ガガーンとやられた・・っと言う感じ。

青春、ラブストーリーそして、人生・家族愛映画でもある
観たあとにジワジワ来る作品。

10010902_Remember_Me_Poster_00.jpg

「トワイライト」シリーズのロバート・パティンソンが
製作総指揮と主演を務めたビター・テイストの青春ラブ・ストーリー。
ということで、人気の「トワイライト」は未見なのですが、
彼が製作総指揮とは凄い。

 ニューヨークの安アパートに暮らす青年、タイラー・ホーキンス。
6年前の兄の自殺が未だに心に深い傷として残る彼は
それ以来、家族よりも仕事を優先する弁護士の父との溝が深まるばかり。
ある日、道端のケンカに仲裁に入ったタイラーは、
駆けつけた警官クレイグによって他の連中もろとも逮捕されてしまう。
一緒に捕まった悪友のエイダンがタイラーの父に電話して
2人は保釈されるが、
タイラーは父の世話になったことが許せない。
その後エイダンにそそのかされ、
クレイグへの復讐で彼の娘アリーを誘惑するタイラー。
しかし、思いがけず本気になってしまう。
やがてアリーから、10年前に母親を暴漢に殺され、
そのために父親は必要以上に過保護になっていると
聞かされるタイラーだったが…。(all cinemaより)

11rememb.jpg 10remem.jpg

オープニングは地下鉄、
親子(母と娘(11才)がホームで電車を待っている時に、
二人の男に金を奪い取りられ、娘の目の前で母親が射殺された。
この冒頭、ほとんど台詞もなく10分間展開される
(10分間あったと、あとで調べた)
ここから、惹きつけられますね・・
その時の娘がアリー、10年後のアリーを演じたのがエミリー・デラヴィン
殺害現場に駆けつけたアリーの父親、警察官にはクリス・クーパー。

そして、10年後・・

もうすぐ22歳になるタイラー・ホーキンス(ロバート・パティンソン)
カフェで手帳に何かを書いている彼
(公式サイトから引用すると↓)
生きる意味を見つけられず“理由なき反抗”を続けているタイラー
「ガンジー曰く“すべての行動は無意味かもしれない”
 それなら行動する意味はあるのか?」
(この手帳はその後、タイラーと常に一緒に登場する。)
彼は自分の兄の首吊り自殺現場を見てしまっていた。
それ以降、弁護士の父親チャールズ(ピアース・ブロスナン)
との折り合いも悪く、人生に対しても希望もないようだ。

12.jpg タイラー8

心に傷を持つ主人公二人が出会い、
だんだんに惹かれ合い・・と、青春ラブストーリーかなと思うが
ただそれだけではない、心にジーンと残るものがある。

7remem.jpg 2remmem.jpg


タイラーが11才の妹をかわいがり世話をする姿が印象的。
この家族も複雑・・この辺は確認してから見たほうが
ストーリーがわかり易くなると思う。
タイラーは自殺した兄と妹の3人兄弟。両親は離婚。
母親は再婚して妹は母親と継父と暮らしている。

タイラーの父親は弁護士(ピアース・ブロスナン)
彼は法律事務所を経営、終盤にならないとこの法律事務所が
どこにあるのかは分からないが・・・

アリーの父が警察官、妻を守れなかった事からか
彼女の事をあれこれ心配しすぎるのは仕方がないか・・
そんなアリーは地下鉄には乗らない。
いつ何があるか分からないから、好きなものから先に食べる
だからデザートを先に食べる・・
父親役の二人はやはりベテラン俳優たち、流石!

続きは完全ネタバレで思いっきり語りたい!

この先注意!! 映画を見ていない人は絶対見るべからず(笑)

Category : 映画(2012)
Posted by zukka  on  | 4 comments  0 trackback

とっても良いんですけど~階伯(ケベク)の父ムジンが!!

MBCでは放送済み・月・火ドラマ、2011年7月25日スタート 全32話
百済最後の将軍、階伯(ケベク)の生涯を描く スペクタクル時代劇

現在KNTVで第4話まで放送済みです。

主役は階伯(ケベク)イ・ソジンですが、まだ始まったばかりなので
彼の父、百済の将軍ムジン(チャ・インピョ)が大活躍中。

mujinn1.jpg mujinn2.jpg

チャ・インピョssiは有名な俳優ですよね・・
私は映画「クロッシング」をすぐに思い浮かべますが・・
彼が出演されたドラマはあまり見ていません。

このムジン役、スゴーク魅力的です
役自体が深みのある魅力的なキャラなのだとは思いますが、
演じているチャ・インピョssiによるところも大きいかと。


<記事貼り付け: ストーリーに触れています。>


Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 2 comments  0 trackback

キム・ソナ出演のGood morning showですが・・

ベトナム、フィリッピンで現在「女の香り」が放映されていると
Facebookで知る私ですが、

「Kim Sun Ah Vietnam FC 」さんで紹介されている記事

Good morning show Kim Sun Ah and Lee Dong Wook at 2011 SBS drama award

で動画があります。とてもステキなヨンジカップル 

日本では規制があってこの動画は見られないのですね。

リンクしてみますが、見られるのかな・・?

Category : 女の香り
Posted by zukka  on  | 2 comments  0 trackback

リアル・スティール

やっと観ました~
皆さん高評価ですよね。
映画ブロガーさんもランキング上位に入れられているので、
とっても気になっていました。
気になっていた割には、記事もよく読まず
予告編すら見ていなかったので、
どんなお話なのかも知らず、
勿論「リアル・スティール」の意味も知らず。
「リアル・スティール」とはロボットのボクシングプロ試合、
タイトルネームなのですね。

実は、ボクシングは苦手なのよ・・・アクション物は好きなのですが・・
でも今回、ロボット同士はなんとか、大丈夫でした(笑)

そろそろ劇場公開も終盤かしら!?




(簡単に感想のみを)

印象的だったのがオープニング・・
ギターの音色と穏やかな歌と共に
ヒュージャックマンの運転するトラックが田舎を走り、
移動遊園地のネオンがスクリーンに重なる。
懐かしいアメリカ映画のようでジワーンとした。

お話は2020年、ロボットが普通に動く 
人間の替わりにボクシングするのよね~
でもSF映画ではなくて、多分人間ドラマ。

元プロボクサーのチャーリー・ケントン(ヒュー・ジャックマン)の
人間再生物語じゃないかな・・
彼、チャーリー・ケントン(ヒュー・ジャックマン)を立ち直らせたのは、
息子マックス(ダコタ・ゴヨ)。
別れた妻が死に、息子マックスの親権の話が来た。
お金のためにマックスと少しの期間一緒に暮らすことに。

このチャーリー(ヒュー・ジャックマン)がもう本当にダメ人間で、
私は観ていて嫌になったわ・・
比べて息子マックス(ダコタ・ゴヨ)がしっかりしてるわ!
ナイス 

マックスが見つけたロボット「ATOM」がこれから大活躍!
これはやっぱり「鉄腕アトム」から来てるのよね!?

ATOMは人間の動作を真似る機能があって、
マックスのダンスを真似るシーンや
チャーリーのボクシングを真似シーンなど
最高に楽しくて、良かったなー!!

ラストは感動のボクシング試合シーン、
会場が一体となりロッキーのような感じかしら
感動的でした!!
予告編にもありますが、
チャーリーと一緒にジャンプするATOMが最高です!

感動の父子物語ですね 

Category : 映画(2012)
Posted by zukka  on  | 0 comments  0 trackback

ドラマティックライブ「ATHENA-アテナ-」その2

2012年1月9日 大阪城ホール 昼・夜公演

「大阪のみなさん、めっちゃ好きやで~~」
by チャ・スンウォン

IMG_9330.jpg IMG_9345.jpg

Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 22 comments  0 trackback

「女の香り」(15話)その2

再視聴を開始して残すは「15話」と「16話」

<1月19日追記:「16話」は見るの止めました・・
 日本語字幕でゆっりみることにします。

☆「女の香り」INDEXに最終回終了後の記事あり>

日本での初放送がKNTVで1月21日から始まる。
それまでに最後まで見終えて・・
そして今度は日本語字幕で再び感動~とリセット予定 

話は脱線
昨日14日SBS演技大賞の日本語字幕付きを見た。
ソナさん受賞時のスピーチ、
やっぱりソナさんらしくて、ふふふ (o^^o)♪
ドンウクssiのスピーチは誠実さが現れているわ^^
ヨンジェ母のキム・ヘオクさんのスピーチも良かった。
ソナさん泣いてたね・・
ドンウクssiとヒョリムさんがプレゼンテーターで
オム・ギジュンが受賞は感動の瞬間!ヨヒャンチーム、\(^^@)/
授賞式の合間の「パートナードラマ愛情村」は爆笑!
ハン・ソッキュのスピーチは流石~ 


と言うことで、「15話」
15話030 15話033

前に書けなかったところと思い書き始めたら・・
同じところもありになり、
画像ばかりの記事に  あらら・・・ 

Category : 女の香り
Posted by zukka  on  | 6 comments  0 trackback

「シティーホール」名場面集 リンク

嬉しいシティーホール話題をリンクしてみます。

「gabll.dcinside.cityhall」への投稿(ピースチェリーさん)

[シティーホール]シティーホールプレイヤー1-20回完結

シティーホールの名場面が見られるように作られています。
素晴らしいですよね!
久しぶりに愛国カップル、そしてグクにも会いたいなーと
思っていたので(〃▽〃) 感激~

Posted by zukka  on  | 10 comments  0 trackback

「マーガレットと素敵な何か」 and 「Crocchio」

友人との約束までの空いた時間、キノで映画~
自宅PCで上映スケジュールをチラット確認して
いざキノへ、スタッフさんに
「ジュリエットのなんとか・・1枚お願いします。」
スタッフさん「・・・・・」
私「直ぐ上映時間ですよね?」
スタッフさん「もう、1ケ月前に終了してますが・・」
私「・・・」キョロキョロ・・パンフレットを見つける
「ああーこれ!マーガレットでした!名前間違った~(^^ゞ」
とお馬鹿丸出しで観た映画「マーガレットと素敵な何か」

T0010446p.jpg
 「世界でいちばん不運で幸せな私」のヤン・サミュエル監督が
ソフィー・マルソーを主演に迎えて贈るハートウォーミング・ストーリー。
仕事に追われるヒロインが、
40歳の誕生日に届いた7歳の自分からの手紙をきっかけに、
封印していた少女時代の辛い記憶と向き合い、
人生を見つめ直していく姿をファンタジックかつキュートなタッチで綴る。
(allcinemaより)

ということで、フランス映画です。
ソフィー・マルソー演じるマーガレットは
バリバリのキャリアウーマン風、
「ココ・シャネル」「エリザベス・テーラー」「マリア・カラス」
と理想の女性たちに自分を置き換え、
プレゼン、会議とテキパキ!
彼女のもとへ公証人と名乗るおじいさんがやって来る。
おじいさんが置いて行った手紙、それは
彼女が7才の時に自分に宛てたものだった。
マーガレットの本当の名前はマグリット・・
自分の名前を変えてまで、変えたかった自分の人生!?
手紙をきっかけに・・変わっていく彼女。

ハイヒールでバリバリの彼女のもとに届く手紙が
可愛くデコレーションされ、流石フランスと思わせる
素敵な小物使い・・内容も洒落ているというかしっかりしてる^^
そのギャップに戸惑う私・・
そうこう観ているうちにウトウトしてしまって(-_-;)
終盤、体制を立て直すも・・見終えて・・印象の浅い映画になる。
結論はフランス映画好きだけど、
どちらかと言うとノワール物が好みなんだわーワタシ・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

映画の後は、友人と待ち合わせ

オステリアクロッキオ (Crocchio)
札幌市中央区南三条西8丁目7-4 遠藤ビル1F
011-207-3522

IMG_9354.jpg

Category :
Posted by zukka  on  | 4 comments  0 trackback

哀しき獣

韓国映画、沢山は観ていないのですが
観る映画は、衝撃的な作品ばかり・・
古いものでいえば「シュリ」「オールド・ボーイ」
最近では「母なる証明」「息もできない」
まだ見ていないけれど「アジョッシ」も・・と予感する。
そして今回観た、「哀しき獣」これも強烈。
昨年の「ゆうばり国際映画祭」に審査員でいらしていたナ・ホンジン監督作
監督のデビュー作「チェイサー」は有名ですよね。

「哀しき獣」も「チェイサー」と同じく
ハ・ジョンウ、キム・ユンソク主演。
このお二人凄いです。

そして、バイオレンスシーンが非常にキツイです・・
ワタシ、銃でのドンパチは好き(笑)なほうですが
この作品は銃を使ったドンパチはなく、
武器は鋭利な刃物、斧、ナタ、ハンマー!
斧、ナタ、ハンマーが怖い!! 
トンデモない(-_-;)シーンになると目を瞑ってしまったりしましたが


(血や暴力的シーンが苦手な方は見ないほうがいいですね。
と言うか多分、覚悟してみてください。うーん、普通に見ないかも・・)


f3a38317eaeccd91252fe79de0684402.jpg

原題: 黄海  製作国:2010年韓国映画
映倫区分: R15+ (韓国ではR19+だったそうな)

【キャスト】ハ・ジョンウ、キム・ユンソク、チョ・ソンハ
【監督:脚本】 ナ・ホンジン

北朝鮮とロシアに接する中国領“延辺朝鮮族自治州”。
ここに暮らす韓国系中国人のタクシー運転手、グナム。
生活は苦しく、妻は韓国に出稼ぎに行ってしまい、
最愛の娘も母親に預けて仕事に励む日々。
しかし、妻を韓国に送り出すときに作った借金に加え、
賭け麻雀でも大負けしてしまい窮地に陥る。
そんな時、裏社会の顔役ミョンからある取引を持ちかけられる。
それは、韓国で一人の男を殺害してくれば、
借金を棒引きにしてやるというもの。
もはや選択の余地のないグナムは、
音信の途絶えていた妻にも会えるとこの取引を受け入れ、
密航船で黄海を渡り、韓国への密入国を果たすのだが…。
(allcinemaより)


ハ・ジョンウ演じる主人公グナムと、
キム・ユンソク演じる犬商人のミョンは
中国延辺朝鮮族自治州で暮らす朝鮮族。
(朝鮮族とは中国に居住する朝鮮民族のこと。中国籍)
ナ・ホンジン監督はチエイサー作成時に取材していた
この朝鮮族の事を作品にしたそうだ。

借金返済の為この方法しかないと思ったのだろう・・
ミョンの取引に応じ依頼殺人の為韓国へ密入国するグナム。
この時に渡るのが原題になっている「黄海」
(中国大陸と朝鮮半島の間にある)

殺害標的はキム・スンヒョン、
グナムは場所と名前のみ知るだけで、何のために殺すのか
何も知らない・・
自分が殺害するはずだった男が他のグループに殺され
その場に居合わせる・・大勢の警察に追われるグナム・・
アクションシーンも凄いですし、
血みどろの殺戮バイオレンスシーンが・・

誰が何のために殺人を依頼し、何を目的としているのか
グナムの妻はどうしているのか・・と
ストーリーを追いますが、バイオレンスシーンばかりで
なかなか疑問には応えてくれないスクリーン(笑)
やっと・・死に際に(死んでいる?)男が呟く台詞が真相を・・
結局はこんなことなのよね 

基本的に逃げるグナムを警察に別の組織、そしてミョン達が
追うという展開を見せているだけで・・
なんだか訳わからず・・みたいな (-_-;)

ラストに登場する銀行員さん・・ストーリー途中で
彼の名刺が登場、何か話もあったようだが・・
見逃したか? 良く分からず・・終了。




Category : 映画(2012)
Posted by zukka  on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。