気ままに綴りたい |

オム・ギジュンのライブ開催決定!

オム・ギジュン出演の【ジャックザリッパー】初日を観てきたKさんから
お便り頂きました。

オム・ギジュン版は何回でも観たいと思うほど良かったとの感想で、
やはり!!そうでしょうね~と納得です。
あー観たいです・・・でも5回の出演では無理だわ・・
と前置きが長くなりました(^^ゞ

★オム・ギジュンのイベント決定!
2013年1月16日(水)・17日(木)


詳細はこちらで→ <ホームページ>

o0800113212214479016.jpg

2日目のミュージカルライヴが気になるんですけど、ワタシ 
これからいろいろと公演詳細が発表になっていくようですね。
要チェックです。

Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 13 comments 

[17回BIFF]釜山国際映画祭開幕

第17回釜山国際映画祭が開幕しましたね。
心躍るというかドキドキ、ワクワクします。
行きたいですね~行きたかった。。

【釜山国際映画祭 公式サイト】

今日はKBS2で開幕式の様子が見られたそうですが・・
私は見逃しました・・なんという詰めの甘さか・・(泣)

昨年の映画祭のころも、行きたーい!と心の中で叫び(外でも言っていた(^^ゞ)
来年(2012年)は必ず行く!と2012年の誓いにもしたはずだったのですが
その間、いろいろな事があり、10月の釜山行きは無理でしょうと・・

「第17回釜山国際映画祭上映表&ゲストリスト」 などを見つめて、ため息ついております。

日本からは、若松監督に.梁英姫監督、佐藤健、加瀬亮は好きな俳優だわ。
ユ・ジテ監督の初長編映画も気になるし、
リンク記事↓
【フォト】笑顔のユ・ジテ&キム・ヒョジン夫妻=釜山映画祭」
「アーロン・クオック&レオン・カーフェイ、「BIFFの開幕作、とても光栄」
レッドカーペットにはソナさんも登場したのかしら?

開幕作はアンディ·ラウ出演、彼が挨拶したのね・・いいなー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[17回BIFF]釜山(プサン)国際映画祭開幕、映画人たちの祭りが、始まる

706514_0_550366_75643.jpg

アジアトゥデイオナムフイ記者=
第17回釜山国際映画祭が華やかに幕を開けた。
釜山国際映画祭が4日午後7時、釜山うどん映画の殿堂で開かれた開幕式を皮切りに、10日間の映画航海を始めた。
今年は映画祭期間を1日延長して二回の週末上映を通じ、観客が映画をより一層楽しめるようにした。

この日の開幕式にはイヨングァン釜山国際映画祭組織委員長、司会者アン·ソンギ·タン·ウェイをはじめ、全世界から参加した映画関係者、映画を愛する観客が参加して釜山(プサン)映画祭の位相を実感させた。
また、釜山(プサン)国際映画祭ガーラ(GALA)プレゼンテーションに招請された"危険な関係"(ホ·ジノ監督)の主演俳優チャン·ドンゴン、チャン·ツィイー·チャン·ベクチをはじめ、ガンソラ、イフイジュン、カン·ジファン、コン·ヒョジン、リュ·ヒョンギョン、ムン·グニョン、ユ·ジテ、チョ·ミンス、ク·ヘソン、ムン·ソリ、イ·ヨニ、チェ·ガンヒ、バクヒョジュ、キム·ソナ、キム·アジュン、ハン·ガイン、イゼフン、チョン·ウソンなどが開幕式に参加して席を輝かせた。

アン·ソンギと海外スターとしては初めてMCを引き受けたタン·ウェイの社会に進行されたこの日の開幕式は午後7時20分イヨングァン組織委員長の開幕宣言に本格的な幕を上げた。
開幕宣言後花火、梁邦彦·市立交響楽団·市立舞踊団の祝賀公演が続いて雰囲気を熱くした。
以降、アジア映画人賞授賞(若松浩二)、韓国映画功労賞(林佳菜子)競争セクションの審査委員の紹介が行われた。

イヨングァン組織委員長の紹介で開幕作"コールド·ウォー"(ロンロクが·サニーラック監督)のアンディ·ラウ、ヤンガフィが舞台に上がって観客たちにあいさつした後、オープニング作品が上映された。

開幕式前のレッドカーペット行事には、国内外のスター、監督を見るのために観客たちが人だかりを成した。
これらは俳優たちが登場するたびに熱い歓呼を送るなど、映画祭の雰囲気を存分に満喫する姿を見せた。

俳優チソン、キム·ジヨン、パク·シフ、グァクドウォン、チョン·ヘビン、チョ·ミンスなどはレッドカーペット観客に向かって手を振り、握手をしてくれるなど、ファンサービスをした。
特に俳優のほか、ムン·ジェイン民主統合党の大統領選候補と朴槿恵セヌリあたりの大統領選候補がレッドカーペットを踏んで観客から多くの拍手を受けた。

今年の釜山国際映画祭は、75カ国から304本の映画が招請された。
世界初公開の作品であるワールドプレミアは93編、自国外初公開の作品であるインターナショナル·プレミアは39編で構成された。
巨匠監督の新作と世界初公開作品、話題作などを紹介する"ガラプレゼンテーション"(5カ国7編)、アジア映画のトレンドを盛り込んだ"アジア映画の窓"(21カ国49編)、アジア映画人材発掘のためのコンペティション部門"ニューカレンツ"(9カ国10編)など総11個のプログラムに飾られる。

"韓国映画の今日-パノラマ"はミゲボンジャク6編を含めて計17編、 "韓国映画-ビジョン"には、可能性のある、低予算映画10編が用意された。
以外にも俳優シン·ヨンギュン韓国映画回顧展、アフガニスタン特別展などがある。
一方、閉会式は13日、映画の殿堂で開かれる。
閉幕作には、モールス打破派ルーキー監督の"テレビ"が上映される。
<釜山=オナムフイ記者wnh@asiatoday.co.kr>
http://www.asiatoday.co.kr/news/view.asp?seq=706514

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ソナさんいました~(^-^)

201210041929221128_1.jpg


キム・ジェジュンも登場~ 記事
20121004190357664.jpg 1349345696_396118.jpg
キム·ヒョジン - ユ·ジテ
http://news.nate.com/view/20121004n32684?mid=e0104

★第17回釜山国際映画祭ガイド
(来年参加(気持ちだけはある)のため手引きとして保存)

☆彡「韓国最大の映画祭「第17回釜山国際映画祭」、華やかに開幕!-①」


<続くに記事を追記 2012.10.9>

Category : 映画(雑記)
Posted by zukka  on  | 2 comments 

「屋根部屋の皇太子 kn版 第11話」

003173306.jpg 76810.jpg
003224691.jpg 003245912.jpg 003323556.jpg 003262462.jpg
パク・ハ
「よりによって、なぜ 私の屋根部屋に落ちたの 
 それが むかつくのよ」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

韓国放送時に書いた記事に台詞の追加をしました。

リンク→「屋根裏部屋の皇太子」11話

Posted by zukka  on  | 2 comments 

「ボーン・レガシー」 THE BOURNE LEGACY

そういえば2007年「ボーン・アルティメイタム」のラストシーンは、
ボーン(マッド・デイモン)が川に飛び込んで・・・でしたね。
今回の2012年「ボーン・レガシー」はアラスカの川、
水中のアーロン・クロス(ジェレミー・レナー)のシーンがオープニング。
いい感じです~
彼が水中からパッと飛び出し登場。うわー冷たい!極寒!でしょうに~
アーロン・クロス(ジェレミー・レナー)はアラスカで訓練中です。

T0012892p.jpg

CIA極秘計画が暴かれた時
国家はすべてを“遺産<レガシー>”にする
公式サイトより

「ボーン・レガシー」は前シリーズと同じ世界、同じ時系列で進行していた
更なる壮大な陰謀が描かれる。(公式サイトより)

ということで、ボーン(マッド・デイモン)が
CIAとの追走劇を展開していると同時期に
アーロン・クロス(ジェレミー・レナー)の物語が並行ですね。

映画の前半は盛り沢山の内容が、小刻みに場所を変え登場人物を変え
進んで行きますが、これが2007年のボーンから5年も経っているのですから
忘れている・・で、必死にスクリーンを見つめて内容を確認するも
あれれれ?でなかなか難しい前半でした。
やはり復習と予習は大切でした。
どちらもしていない私は、見終えてからの復習で解ったところ多し(笑)

オオカミの怒った表情が強烈に印象に残っていますが 

<確認>
CIA暗殺者養成プログラム
ジェイソン・ボーンと関係のあるのは
「トレッドストーン計画」「ブラックブライブライアー計画」

アーロン・クロス(ジェレミー・レナー)
「アウトカム計画」細胞操作による肉体・人格改造の最高傑作とされる。

p (4)

ボーンとCIA内部調査局のパメラ・ランディの告発によっての、機密漏洩をおそれ
証拠隠滅のため全プログラムの抹消が始まった。
命じたのは、国家調査研究所リック・バイアー(エドワード・ノートン)
p (6)

非常に難しい~です。名称が・・
こちらさんはCIAでこちらさんは?みたいな(^^ゞ
で、プログラム名も然り、CIAさんいろいろやりすぎでしょう(笑)


「アウトカム計画」のアーロン(ジェレミー・レナー)も命を狙われる訳ですが
彼は異変が起きていることに気づいていたのですね。
次々に関係者が殺される中、彼は間一髪難を逃れる。
追ってから逃げ、常時服用していた薬を求め研究所で顔を合わせていた
マルタ・シェアリング博士(レイチェル・ワイズ)のところへ

話は逸れますが、レイチェル・ワイズは11年6月に俳優ダニエル・クレイグと極秘で挙式。
と、結婚されていたのですね~そうかあのダニエル・クレイグと・・

p (3)

研究所では同僚の男が銃乱射を始め、彼女も・・というところで
アーロンに助けられます。

マルタ・シェアリング博士(レイチェル・ワイズ)が登場した辺から
だんだんと面白くなってきました。
彼女はいいですね!

薬は服用中止なっていること、半永久的効果を持つ活性ウィルスを求めて
二人はマニラへ向かう。

p (5)

マニラでのアクション、バイクチェイスシーンは凄かったです。
バイクシーンは殆ど、ジェレミー・レナー自身によるものとか。
それもふたり乗りですから大変ですよね。
マニラの雑踏の中での逃走シーンも、スラム街でのシーンも良かった。
殺人兵器として作られたナンバー3、彼は「ラークス計画」で作られたと
読みましたが、まだ他にもプログラムがあるのね・・!?
彼がアーロンを狙って登場、これからハラハラドキドキが始まるかしら?
と期待していたのですが・・・あまりにあっけなく消えてしまって(^^ゞ
彼の凄さが発揮されず、残念でしたね。
かたや、大活躍はマルタ(レイチェル・ワイズ)

p (7)

前3作はボーン自身誰なのか?から始まり
何がどう絡んでどうなっているの?と視聴者も一緒に緊張しながらの鑑賞が
面白さをアップさせていたように思いますが、今回の作品は
全て解っている中での展開なのでそのへんの緊張感は無かったですね。
これからシリーズ化されるのでしょうか?
して欲しいと思います。まだまだ実は隠されている事もありそうですし、
ジェイソン・ボーンもどうなっていくのか知りたい。
本人の出演は無いとしても、話の中での登場だけでもいいなー。
どこかで読みましたが、次回作はもしかすると登場もアリとか!?
そして今回からの主人公アーロンの逃走劇の続き・・
続編を楽しみに待ちたいと思います。

『ボーン・レガシー』ジェレミー・レナー 単独インタビュー

Category : 映画(2012)
Posted by zukka  on  | 2 comments 

「会いたい 보고싶다」 ヒロイン確定

気になっていたユチョンのお相手 
(ドラマのお相手、ヒロイン役)
やっと発表になりましたね。
ホント・・やっと・・って感じです。

ジャジャジャーン  ユン・ウネちゃんでした~
相手役に誰がいいかしら~!?
と勝手にいろいろな女優さんを想像していた私ですが、
勿論、ユン・ウネも想像していました~
何となく・・彼女のような気もしていたのですよね・・ホント 

私は「コーヒープリンス」を見ていないので
このドラマの彼女は知らないのですが、
彼女の出演作で見たのは「宮」、この彼女は好きでした。

さて、ユチョンとはどんな感じでしょうね~楽しみです。
参考までに、ユチョンは1986年6月4日生まれ
ユン・ウネは1984年10月3日生まれなので彼女は年上なのですね。

それまでに「オクセジャ」のガクサタンカップルへの思いを薄めなくちゃ
(無理でしょう・・ね・・独言)

沢山の記事が出ていますね。ホント凄い数の記事です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ユン·ウネ、 "会いたい"出演確定...パク·ユチョンとメロ呼吸

660978_61182_5932.jpg
[OBSプラスギムスクギョン記者]
俳優ユン·ウネが、約1年5ヶ月ぶり​​にブラウン管にカムバックする。

9日 "会いたい"製作会社側は "ユン·ウネがMBC新しい水木ドラマ
'会いたい'の女主人公イ·スヨン役にキャスティングが確定した"と明らかにした。

ユン·ウネが演技するイ·スヨンはハン·ジョンウ(パク·ユチョンの方)の初恋であり、
いつも明るくて堂々一つの中には人知れない痛みを抱いて生きてきた嘱望される新人ファッションデザイナーだ。
清楚ながらも強靭で冷静だが、同時に内面の切なさを込めた
"ユン·ウネ票"​​正統メロをプレゼントすると期待を集めている。

これに '会いたい'のある関係者は "ユン·ウネは多くの作品を通じて演技力を認められた検証された俳優だ。
明るく力強い姿裏面に人知れない痛みを大事に保管しイ·スヨン役を消化することができる適任者と判断した"とし、 "正統メロドラマ"会いたい"を介して一層成熟した演技と風変わりな魅力を発散するユン·ウネの変身に多くの関心と期待お願いする "と伝えた。

一方、 "会いたい"は十五、胸ときめいた初恋の記憶を根こそぎ奪った苦い傷を胸に抱いて生きていく二人の男女のかくれんぼのような愛の物語を描いた正統メロドラマで、
"私の生涯最後のスキャンダル '、'あなた笑います '、 "私の心が聞こえる?"を執筆したムンヒジョン作家と "あんパン"、 "ありがとうございます"など温かい視線で世の中を眺める感性演出のイ·ジェドン監督が引き受けた。"アラン佐藤伝"の後続で来る11月初放送される予定。

(写真= OBSプラスDB)

OBSプラスギムスクギョン記者ssen@obs.co.kr


もう一つ記事を続きに。

Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 7 comments 

フェア・ゲーム(2010)

今更この話をブログに書くのもどうかな?と思ったりもしたのですが・・
丁度偶然にこの作品の監督がボーン3作と同じダク・リーマン監督。
CIA絡みの物語ということも同じなので、ブログに残すことにしようと思います。
最近、DVD鑑賞した映画「フェア・ゲーム」です。

改めて、イラク戦争のことを調べ、考える良い機会となりました。
(今頃、確認するなんて・・何やってたの・・と声が聞こえますが(ーー;)

単純に思うことは、亡くなった多くの軍人や、
何も知らず巻き込まれ犠牲となったイラクの人々への責任は?
戦争で人生を滅茶苦茶にされた人たちを「一体、どうしてくれるのよ~!!」
この思いに尽きます・・・


T0010561p.jpg


やはり「プレイム事件」は再度確認しておきたい。
リンク↓
プレイム事件

合わせてこちらも↓
『フェア・ゲーム』原作者ヴァレリー・プレイム
「政府が民主主義を保持することがいかに大事か



100%そのままが映画となっているのかは分かりませんが、
大量破壊兵器の存在を示すかどうかが、100%無いと断言できるのか?
3%でも5%でもあるのではないかと畳み掛けていく政府高官・・
うーん・・こんなふうに、無いことをあることに仕立てられていくのか


 世界を震撼させた9.11同時多発テロ。
アメリカのブッシュ政権は首謀者であるアルカイダへの報復を進める中で、
その矛先をイラクへと向け始める。
そして、イラクが核兵器の開発を行っているとの疑惑をもとに、
CIAの女性諜報員ヴァレリー・プレイムがその証拠を固めに乗り出す。
彼女の夫で元ニジェール大使のジョー・ウィルソンも、
ウラン買い付けの真偽を確かめるべくアフリカで綿密な調査を実施。
その結果として疑惑は事実無根との結論に達したと上司に報告したヴァレリー。
ところがブッシュ政権は、
彼女が否定したはずの疑惑を根拠としてイラクへの宣戦を布告してしまう。
これに対しジョーは、新聞で事実を暴露して政権を批判するが、
政権側もヴァレリーが諜報員であることの極秘情報をメディアにリークして報復。
彼女ばかりか、各国に散らばる協力者たちにも命の危険が迫る事態となり、
世間の激しいバッシングの中でついには家庭も崩壊の危機を迎えてしまうのだが…。
(allcinemaより)

ナオミ・ワッツが演じるCIAの女性諜報員ヴァレリー・プレイム
実録なので、実際の人物ですが、映画のようにこうやって仕事していたのね・・
と、ビックリの仕事振り、
その彼女の夫である元ニジェール大使のジョー・ウィルソン(ショーン・ペン)は
彼女がCIAの女性諜報員だと知っているというのもちょっと驚き。
ドラマや映画では本人以外には知られてはいけない設定ですよね(笑)
(映画の見すぎ!?)
このお二人の演技は見応えあってとても良かったです!

自分たちが確認、報告した事とは反対のことを根拠とされたジョー・ウィルソンが
事実を暴露して、政権側とやり合う過程で、妻の素性は暴かれ
マスコミはこぞってスキャンダルに仕立てていく、
自分を犠牲にし、家族を犠牲にしていた事もあったろうヴァレリー・プレイムは
スッパとCIAから切られてしまう。
この辺の組織としてのCIA等、超非情です。
ちょっと違うけれど、ボーンと一緒ですね。

国家にCIAに尽くしてきた彼女、簡単には、
夫と一緒に政権側とやり合うことは出来ずにいるわけですが、
最後には「この結婚だけは守りぬく」と真実を公にするのですね。

エンドロールではヴァレリー・プレイム自身が法定で発言している姿が流れます。

見て良かったと思える作品でした。

そういえば、前に「9・11の陰謀説」について知人と話した事があります。
この話もまた思い出したり・・・。

Category : 映画(DVD)
Posted by zukka  on  | 0 comments 

屋根裏部屋皇太子監督版DVDプレビュー映像

(注:韓国で発売されるDVDです。日本版ではありません)

10月8日にこちらの案内がありました。
屋根裏部屋皇太子監督版DVD情報および付加映像詳細構成案内
屋根裏部屋皇太子監督版DVD発売日および選入金関連案内
(2.屋根裏部屋皇太子監督版DVDの発売日は10月末で11月初め予定です。)
<Cafeより>

そして11日にこの動画がUPされましたね(^-^)

(Kntvで初めて視聴されている方へネタバレありです。注意!)

[Eng sub] Rooftop Prince Director's Cut DVD Preview from naicha_kun on Vimeo.


詳細はこちら「屋根部屋の皇太子 監督版DVD Cafe」

早く欲しいですね~
韓国語の勉強マジメにしないと~解らないよ・・(;_;)
しても追いつきませんが 

ー追記ー
販売開始されています。
詳細はCafeへ・・・

Posted by zukka  on  | 2 comments 

「屋根部屋の皇太子 kn版 第12話」

003574507_20121013083553.jpg

第12話~~Kntv版を見終えて思うのは、
この回はまた特別、好きですね
イ・ガクとパク・ハの思いが近づくでしょ・・感動~ 

韓国放送時に書いた記事↓
リンク ★「屋根裏部屋の皇太子」(12話を見終えた直後の感想)

こちらはもっと詳しく書きました。
リンク ★「屋根部屋の皇太子」12話
(台詞を10月12日修正)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょっとズレますが(^^; こちらも。
ヨンスル役の俳優チョン·ソクウォンがあまりに面白いので
ちょっと前の記事になりますが
↓(多分初めてリンクするはずだと思うのですが・・)
"屋根裏部屋皇太子"定石院、コミカルな演技ムルオルラトダ "これ壊れてもいい?"">

再びこの記事もいいー↓
ハン·ジミン、 "時には友達のように、時には恋人のように..."

Posted by zukka  on  | 0 comments 

久々に・・やってしまった・・

1年以上は無かったのですが・・いやー久々です。
ドラマを17話まで一気見~~時間にしてザックリと17時間は使用 
土曜日の休日、「映画でも観に行きましょうか!?」と言いながら
洗濯や掃除などしつつ、HDDへの録画予約も確認~と
見ていたら・・何とな「太陽を抱く月」でも見てみようか?
から、昼食後、本格的にTVの前へ~~
次、次と見ていくうちに夕方・・・この時はさすがに
「うわー一日がこれで終わっていく!」と情けない気持ちになりましたが
夕食準備を超特急で終え、夕食も終え・・ここから後は開き直り
明日も休みだ~行けるところまで行っちゃえーで
現在放送終了済みの「第17話」まで視聴終了・・
時計を見ると、朝5時になっておりました 

以前は全話揃ったDVDでドラマを見る事が多かったので、
何度か「命削って一気見~(笑)」なんて事もあったのですが・・
最近は「女の香り」「屋根部屋の皇太子」と本放送に合わせて
見ていたので・・ドラマで徹夜は久しぶりです。 

このドラマは韓国での最高視聴率が42.2%と人気ドラマ
話題のドラマですから、気になってはいたのでした。
「屋根部屋の皇太子」はこのドラマより後の放送だったので
「太陽を抱く月」と似ている箇所や俳優のことなど
いろいろと話題になっていたので、いつかは見たいなーと思っていたのですよね。
そして今回、「太陽を抱く月」を見て「なるほどなー」と納得でした。

このドラマでの少年時代を演じた彼ら(写真右)全員が素敵~なんですよね。
sunnmoon_photo120110141819imbcdrama0.jpg sunnmoon_photo111209205039imbcdrama0.jpg
ホ・ヨヌの少女時代を演じたキム・ジュジュンがとってもいいですね!
そして、写真では彼女のお隣のキム・ソヒョン・・
彼女は「オクセジャ」の時に記事になっていましたが、
こちらのドラマでも似たような役どころだったのね。
「オクセジャ」のプヨンのオンニを思い出しておりました。
彼女はなんと、ユチョン主演の新ドラマ「会いたい」のヒロイン役
少女時代を演じるのですが・・今度は良い人なのよね?(笑)

sunnmoon_photo120112095811imbcdrama0.jpg sunnmoon_photo111215170823imbcdrama0.jpg

そしてまた被るのが、「会いたい」のユチョン演じる主人公の
少年時代をこのドラマ「太陽を抱く月」の主人公の皇太子時代を
演じたヨ・ジングが演じるのですよね 
見る方の(私)イメージ切り替えを上手くやらないと(^^;

sunnmoon_photo120105111525imbcdrama3.jpg sunnmoon_photo120214112655imbcdrama1.jpg

もう1人「太陽を抱く月」ではヤンミョンの少年時代を演じていた
イ・ミノは「オクセジャ」ではあのマンボ役さん。
彼はどちらのドラマも本当にいい感じです~
ヤンミョン役はチョン・イルですが、こちらはちょっと違和感あり(笑)
でも、だんだんとチョン・イルのヤンミョン君でジーンと・・

sunnmoon_photo120103141813imbcdrama3.jpg

「オクセジャ」へも特別出演(?)されていたホ・ヨム役ソン・ジェヒが
少年時代のシワンと全く結びつかなくて(笑)違和感アリです。
私の好みでは、少年時代のシワンがいいなー
イ・フォンの護衛武官を演じたお二人はどちらもいい感じでした。

sunnmoon_photo120102173516imbcdrama2.jpg

やはり主役お二人はいいですね~!
特にイ・フォンを演じたキム・スヒョン!
彼は大人気ですね。春の韓国旅行時話したチョさんも絶賛されてましたし
コマーシャルも彼の顔ばかりで印象に残っています。
「ドリームハイ」の彼も好きでしたし。これから注目。
どんどんと良い役者になっていきそうですね。

ホ・ヨヌの少女時代を演じたキム・ジュジュンが印象的で、
ハン・ガインになってから大丈夫かな・・とちょっと不安があったのですが
私的には問題なしでとてもスンナリとドラマに入って行けました。
このおふたりの顔も似ているよに感じてきたりしましたよ(笑)

sunnmoon_photo120214112655imbcdrama0.jpg sunnmoon_photo120208132122imbcdrama0.jpg

私的このドラマのツボはこのお二人~
ヒョン・ソン尚膳(チョン・ウンピョ)は最高に面白く、温かくて
抜けていそうで、そうでもなくて・・
「後ろを向いておれ!」とイ・ファンに言われて、する動作が大好き

今日14日はknで「第18話」放送予定
全20話なので物語は終盤に入ってきました。
ドラマの内容については何も触れませんでしたが・・勿論!面白いです 

Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 18 comments 

「会いたい」I miss you. teaser

Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 0 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。