気ままに綴りたい |

舞台「ぼくに炎の戦車を」11月3日初日を迎える。

明日11月3日が初日ですね。
自分が舞台に立つわけではありませんが、
異様にドキドキしています。
初日を観に行かれる方は私以上かと・・・
それ以上に、初舞台に立たれるチャ・スンウォンssi
どんな気持ちでいるかしら?
スンさんガンバーFighting!!!!

ファンミでは経験がある生の舞台ですが、演劇の舞台はお初。
観客は日本人が大半でしょうし・・
努力家のスンさんは
緊張で台詞が飛ぶといったような事はないと思いますが・・
(なんと失礼なこと言ってます スミマセン)

スンさんを応援している沢山のファンがいますから~
思いっきり、初舞台楽しんでくださいね~!!
と、ここから叫びます。

個人的なことですが、私は11月23日、24日の2回
夫を巻き込んで観に行く予定です。
2階席、1階席と2日間違う席なので違った雰囲気を楽しもうと思っています。
観に行かれる皆さんも楽しんできてくださね~。

その前に11月4日のこちら↓
「11/4(日)TBSにて特別番組放送決定!」は必見!
TBSにて11月4日(日)14:00~14:54で放送ですね。
でも・・札幌ではこの放送ないのよ~(TT)
新聞記事も無いし、広告もない 
札幌での公演ではないので当たり前と言えばそうですが・・寂しいわ。

スンさんマネさんのTwitter写真を~
197281_368689586550193_205770063_n.jpg

そして素敵なスンさんは Arena 11월호から
547059_10151201979272221_1206648323_n.jpg
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

<11月3日 追記>
記事リンク↓
草なぎ剛、韓国人俳優との共演に笑顔! 得意の韓国語で通訳も!
香川照之、演じる苦しみの源にあるものを語る
こちらの記事↓読んだだけで泣けてきます(重症のスンペンです(^^;)
SMAP草なぎ剛 チャ・スンウォンとの友情アピールするも「いっぱいいっぱい!」

テレビ、ニュースキャスターに出ましたね~
「たけしの芸能・・・」に草なぎ君のいっぱいいっぱいを見れました~
スンさんも~~感動~~ですね。
(別室でテレビを見ていた夫が
 凄い勢いで私を呼んでくれたので見られました(^^;

こちら清水さんのブログも~☆彡
綱渡りとパントマイムとダンス
スンさんの舞台写真(^-^)
草なぎ剛×チャ・スンウォン!『ぼくに炎の戦車を』囲み取材&公開リハーサル

<11月5日 追記>
舞台が始まってから「ぼくに炎の戦車を」感想などのキーワードで
来てくださる方が沢山いらして、嬉しい反面、
感想の記載はまだない記事で、申し訳なく思っています(ーー;)

観に行かれた方のTwitterなどを読むと、
皆さん感動~のお芝居だったとありますね。
とても楽しみです(o^-^) 
チャ・スンウォンssiは重要な場面が毎回、大変そうです。
早く観たいなー。

今週のこの人 鄭義信

Posted by zukka  on  | 6 comments 

サニー永遠の仲間たち

この映画好きです~~ 
サニー♪♪ って口ずさんじゃう  久々だわー
素直に、楽に、思いっきり笑って泣いて、楽しめる映画に出会いました。
ベタな展開ですが、このベタさを求めていたのよね・・・ワタシ 

今回はDVDでの鑑賞ですが、
劇場公開を観て職場のKさんが良かったよ~とお薦めしてくれた時に
頑張って観ておけば良かったなーとちょっと後悔してます(ーー;)

でも、DVDで既に2度も見てしまった~
笑って・・泣いて・・ラストが絶品なの~ (いつもの台詞ですが ) 

T0013116p.jpg

韓国で大ヒットした女の友情ストーリー。
40代のヒロインが、高校時代の親友と再会し、
余命幾ばくもない彼女の願いを叶えるため、かつての仲間たちを捜し出しながら、
25年前の輝いていた高校時代を回想していくさまを、
70~80年代の懐かしの洋楽ヒット・ナンバーとともに感動的に描き出す。
監督は「過速スキャンダル」のカン・ヒョンチョル。
 優しい夫と高校生の娘に恵まれ、何不自由ない日々を送りながらも、
どこか物足りなさも感じていた専業主婦のナミ。
ある日、母の見舞いに行った病院で高校時代の親友チュナと再会する。
彼女は、田舎から転校してきたばかりでイジメられそうになっていたナミを助けてくれた恩人。
ナミはチュナがリーダーを務める仲良しグループ“サニー”の7人目のメンバーに迎えられ、
永遠の友情を誓い合ったのだった。
それから25年、チュナはガンで余命2ヵ月となっていた。
ナミは“死ぬ前にもう一度だけサニーの仲間たちと会いたい”というチュナの願いを聞き入れ、
ある事件がきっかけで音信不通となっていた仲間たちの消息を調べるため、
輝かしい青春時代を過ごした母校へと向かうのだったが…。<allcinemaより>

002.jpg 005_20121104124811.jpg

ここからネタバレありで綴ります。ご注意!・・・・・・・・・・・

何がいいか? なんたって 音楽 
「Time After Time」 でナミが高校時代を回想するシーン・・・・
上手いなー映像が美しい~
こからグイッと引き込まれます。
そして、この選曲!ああー感動~で、
使い方に~センスを感じる~(偉そうで、スミマセン m(__)m)
韓国の女子高ってこんな感じなの??ってちょっと驚きだけど(笑)
こんな学校ばかりだと怖い・・(ーー;)
時代背景も学生運動のあたり、機動隊とやり合う女子高校生 
これもかなり面白いです~

ナミの恋も注目・・片思いの彼がイケメンで優しいのよね(笑)
このイケメンさんが年を取ると、この方になるのね・・
(映画を見た方だけに分かることで (^^;)ちなみに奥さんは誰?
ナミの恋編(私が勝手につけた)のBGM『愛のファンタジー(リアリティ)』
がまた、絶品で感動します!大好きです。

劇中で使用された数々の80'sミュージック
「Time After Time」『愛のファンタジー(リアリティ)』『サニー』
どれも、本当にいいです!
この他にも作品の中で使われている音楽、すべてピッタリです。
ナミが自宅で高校生の制服姿になり昔を思い出しながら聞く歌「夢で」も
また、ジーンとして、ここは爆笑でもありましたけどね(^-^)
娘が戻ってきて、制服姿のお母さんがオロオロ・・(笑)


爆笑シーンも一杯で
サニー2 サニー1

彼女たちが、現役高校生をやっつけに行くシーン!
ナイスですよね~制服姿の主婦がドロップキック、最高~
皆さん、凄かった。そしてパトカーの中での会話も面白い、
ここで「サニー」♪、ハーっ泣ける、泣ける・・と忙しい。

スジと一緒に屋台で飲むシーンも印象的でしたよね。
「美しくてごめんね」って、笑っていいのか・・泣いてしまうんだよね~

ナミが描く似顔絵の数々、ノスタルジックで素敵なの。。

昔の仲間が一人づつ見つかっていくストーリー
けれどそれぞれに辛い人生で、苦しくもありますが
楽しみでもあります。
ごく普通の会話で整形話が出てくるところなどは
韓国のお国柄(?)が出ていて面白いです。

現代から過去への切り替えが、どのシーンもお洒落~なんですよね。
映像も綺麗で、このセンスというか雰囲気、映画の空気が好みです、ワタシ 
まだまだ名場面は語り尽きないのですが、

ラスト・・「サニー」でのダンスは最高~です!!!
これ以上の言葉が見つからないなー
泣きながら、微笑みながら、また泣けて口ずさみ、
思わず一緒に踊ってます~(笑)
ラストはジーン・・と涙・涙・・
ホント、好きです~この映画~(^-^)

Category : 映画(DVD)
Posted by zukka  on  | 6 comments 

「屋根部屋の皇太子 kn版 第15話」「会いたい」「帽子編みキャンペーン」のこと

「屋根部屋の皇太子 kn版 第15話」は金曜日放送を見逃して
水曜日の再放送を録画し、やっと見ました。
あのジュンスのOST曲「愛が嫌いだよ」はやはり流れませんでしたね(TT) 

韓国放送版ではこんなに素敵なシーンになっているのに、残念。
↓ここから・・・・・・韓国版
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ジュンスの歌~
パクハとイガクが仲良く花火を観ている時に入りましたね~

1529.jpg

1530.jpg



 
続き→「オクセジャ第15話」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オクセジャの日本放送がまだ終了していない、この11月7日から
ユチョン主演ドラマ「会いたい 보고싶다 」 が韓国MBCで始まりましたね。
ポスター
会いたいポスター3 会いたいポスター1
会いたいポスター4 会いたいポスター2

「正統派メロドラマ」ということで、ポスターも暗い・・
涙・涙のドラマになるそうです。
ユチョンは刑事役とのことで、これが私は楽しみです~
既に放送が開始されていますが、私はマイペースでゆっくり見ることにして、
準備中(何を準備するの?ですが  )
まあーいろいろと・・(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現在、一番のお気に入り~

「パク·ユチョン編み講師なったなぜ?」

ユチョンがメリヤス編みで帽子の編み方を指導~


この続きがまだあります!
こちらで[帽子編みキャンペーンシーズン6]編み教習所紹介

懐かしい~昔(?)は編み物をしました。
帽子に手袋、セーターといろいろ編んだものです・・・
このユチョンの優しい温かい雰囲気に刺激されて
編みたくなりましたが・・・きっと実行しないだろうな

この二つの写真がお気に入り~(o^-^)
人物が良いのは抜かしても、色合い雰囲気が良いです~
ふふ。ユチョンのメガネも(*^_^*)
201211071053242510_1.jpg
201211071053242510_2.jpg
「パク·ユチョン編み講師なったなぜ?」記事は続きで↓

Posted by zukka  on  | 4 comments 

これだけは書きたい。

シティーホールで俳優チャ・スンウォンssiと出会い
俳優としていいなー、お気に入り俳優決定!と、
彼の出演作、映画やドラマそしてバラエティー番組、
いろいろな記事を見てきました。

そんな時に、いつも検索をして出てくるYOUTUBEがありました。
(スンさんファンは皆さんご存知ですね)
スンさんが出演した番組の一部を抜粋されたYOUTUBE動画。
これによって、本人のみならず、
ファンである私たちもずーっと心を痛めていました。

問題視する方に、
最近は、大きな声で「違うよ~」と言うことも馬鹿らしく
相手にしないことが一番・・とも思っていました。

今回、「ぼくに炎の戦車を」の舞台に立つことも
ファンの間では心配でしょうがない、という方もいましたが
彼の素晴らしさが記事になっているようで
本当に良かったと心から思っています。

「女性セブン」記事の一部抜粋
それをここに記載します。

ここから・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「YOUTUBEのスンウォンの“反日”発言も、実際は一緒に出演していた
女性タレントに向かって“(この人は)海外で悪いことをするときは
日本人のふりをするんだ”と冷やかしただけで、決して自分のことを
言ったわけではなく、あたかも彼の考えにみえるように
一部を抜粋して編集されて流されてしまっただけなんです。
(韓国芸能関係者)


実際、スンウォンは来日直前、韓国国内でメディアに、
「日本では今“嫌韓”の空気が蔓延しているが?」
と話を振られると、
「国同士の文化交流の意味もある今回の仕事に抜擢された以上、
韓国の俳優として骨が砕けるほど最善を尽くしたい。
真心を尽くして演技すれば通じないはずはない。」

と語っています。

入力しながら泣けてきます・・

本来の姿のチャ・スンウォンssiの記事が出て、本当に良かった。

私のブログにも前に、へんてこなコメントがついたりしたこともあります。
スンさんファンになった方から、質問されたことも。

この記事を見た方は誤解だったと、俳優として全力で頑張っている人だと
思っていただけたのではないでしょうか。

チャ・スンウォンssi!素晴らしい俳優です!
 

Posted by zukka  on  | 12 comments 

アルゴ

傑作です! 最高に面白かった!!

終盤は両手を胸の前でギュッと握り、
まるでお祈りするかのようにスクリーンを凝視していました。
この緊張感! 

パーフェクトな映画です!

私にとっては久々のベン・アフレック。
彼は凄いですね~今回は監督に主演、
ヒゲがモジャモジャの彼、最初、ベン・アフレックと分かりませんでしたよ(笑)

事件から18年後、クリントン大統領が機密扱いを解除した
実話の映画化です。

T0011493p.jpg

1979年11月。革命の嵐が吹き荒れたイランで、
民衆がアメリカ大使館を占拠して、52人の職員を人質にとる事件が発生する。
その際、裏口から6人の職員が秘かに脱出し、カナダ大使の私邸に逃げ込んでいた。
しかしこのままではイラン側に見つかるのは時間の問題で、
そうなれば公開処刑は免れない。
にもかかわらず、彼らの救出は絶望的な状況だった。
そこで国務省から協力を求められたCIAの人質奪還の専門家、トニー・メンデスは、
ある計画を練り上げる。
それは、架空の映画企画をでっち上げ、
6人をロケハンに来たスタッフに偽装させて出国させるという
あまりにも奇想天外なものだった。
さっそくトニーは「猿の惑星」の特殊メイクでアカデミー賞に輝いた
ジョン・チェンバースの協力を取り付けると、
SFファンタジー大作「アルゴ」の製作記者発表を盛大に行い、
前代未聞の極秘救出作戦をスタートさせるのだったが…。<allcinemaより>




最初にイラン革命に至るまでのイラン(ペルシア)の歴史がターッと語られる。
予備知識として解っているといいでしょうね。
この事件と同時期にソ連のアフガニスタン侵攻のニュースが流れる。
このころの政治的な事は色々とあるけれど
それは今回横にちょっと置いておいて

イランでの事件発生時からスクリーンに釘付けになる
群衆の怖さ、そして時間との戦い。
派手なアクションは一切なく、銃撃戦も無いこの作品、
なのに、このハラハラドキドキの緊張感が半端ないです。

空港の出国審査で並んでいる顔のアップを見るだけで緊張~
全てが上手く撮られています。
作戦中止から、作戦続行に入った3箇所同時進行
この裏にあるアメリカ大統領選への事情に
描かれないが描かれる巧さ。

イラン側の話が分からない恐怖に、離陸の順番、
空港バスのギアがなかなか入らない、電話が鳴る、
僅差で・・あれこれと、普通の事を
これだけ面白く緊張感MAXで観られる作品はないでしょう!

作戦成功のホッと安堵感は
大好きな「アポロ13号」を思い出しました。
同じようにジーンとして、思わず涙もでてきましたわ。
トニー・メンデス(ベン・アフレック)が台詞が一言もなく
妻と再会、子どもと一緒にいるシーン、これまたいい。

エンドクレジットに至るまで面白い、本当にパーフェクトな映画です。

Category : 映画(2012)
Posted by zukka  on  | 4 comments 

韓国ドラマ 徒然

「屋根部屋の皇太子」は現在kn放送で「第16話」まで終了ですね。
自分は週1回放送にペースを合わせられず、結局最終回まで
何度も韓国放送版をリピートし オクペイン症状も落ち着いてきたところ(笑)
現在、職場の韓ドラ好きさんへ、このドラマのキャンペーン中 
これがなかなか好評でして 韓ドラ好きさん以外の方も取り込み成功!
続きは~?と嬉しい会話が・・(笑)

自分は今日、予約していた「韓国の監督版DVD」の発送済みメールを受け取り、
数日後には見られるのかしら~と、ワクワク状態(^-^)
追加シーンがとても楽しみ~
でも、コメンタリーの韓国語は???だろうなー(^_^;)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「赤道の男」
red_1.jpg
録画しておいたのを、最近、一気見~(これ特技 (笑))

オム・テウン~~
彼の凄さを忘れてた・・
もう、素晴らしい演技力。
ずーっと彼は目が見えない振りをしているのでは!?と疑っていたのですが
振りではなかったようで。(ネタバレすみません)
現在「第14話」まで視聴済みです。
「第15話」「第16話」の録画に失敗したため、先に進めず(^^;
この回の再放送を待っています。
「シティーホール」のスイン(イ・ジュニョク)、ここではイ・ジャンイル役ですね。
彼がまた素晴らしく、いい役者になって!感激です。
また映画『悲しみよりもっと悲しい物語』で好感を持ったイ・ボヨンも
ぴったりの役柄、いいですね~
これから終盤、どうなるのかしら~と・・楽しみにしています。
そういえば、韓国放送時は「オクセジャ」と同じ放送日、時間で
いつもこちらの「赤道の男」が視聴率では上でしたが、
最終回は「オクセジャ」が僅差で一位~!!だったのよね。


そして、これがまた面白い!
「幽霊 ファントム」
201206012332144de.jpg
ソ・ジソブもお久し振り~です。
やはり彼もカッコイーですね~(スミマセン 皆さん素敵で(^^;)
物語も私好みの様な気がしています。
4話まで見終えました。
で!「第5話」から注目の彼~「オム・ギジュン」が登場ですね(^-^)
4b29c_1215_2e86f979_4b29c28e.jpg
この写真はソ・ジソブ(左)とオム・ギジュン(右)が手を繋いでる(笑)
ギジュンはどうやら悪役のようですが・・期待してます。
ヒロインのイ・ヨニがいい感じなのですよ(゚o゚;;
実は私、「エデンの東」での彼女がここ一歩で・・・どうなのかなー
という気持ちがあったのですが、「幽霊 ファントム」ではすっかり変わりましたね。
彼女の活躍も楽しみです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

期待大は~~
現在、韓国MBC放送中の「会いたい 보고싶다」
2話まで終了で子役さんたちが頑張っているところですが
ニュースでは大人になった刑事ジョンウ役ユチョンの写真が出てきて
これが!おおー刑事ね~(笑)と期待が膨らむ 
現在の放送では、かなり悲しい(?)泣ける展開らしく
積極的に見ようという気分ではないのですが 
ユチョン刑事登場したら、やはり物語は最初から見ないと・・で
「第1話」から見る予定でおります!

aitai yu1aitaiyu2.jpg
aitaiyu3.jpg

Posted by zukka  on  | 5 comments 

「옥탑방 왕세자」Directer's cut DVD

「屋根部屋の皇太子 監督版 DVD」韓国版が到着~

(注意 このDVDは韓国版なので日本語字幕はなし リージョンも日本と違います)

こちら↓ これから中身を確認 
IMG_0873.jpg IMG_0875.jpg

サイン入り(印刷)ポスター
DVDはDISC10枚(本編、追加シーン、コメンタリー、インタビュー、メーキング入り)
写真集、台本「第2話」監督使用版、絵コンテ「第1話」、ポストカード5枚

IMG_0759.jpg

開けて直ぐに見たのは、字幕ナシのコメンタリー部分(o^-^)
(DISC6まで本編の後コメンタリー有り)
話している内容は理解出来ずとも,幸せな気分~~ !
監督、ユチョン、ハン・ジミン、イ・テソン、チェ・オシクがとても嬉しそうに話しているんです。
ユチョンに至っては、ハーッツと言いながら
いろいろなシーンで再び感激~~といった感じでね。
韓国語が分かるといいのになーと・・ 切実に今回も思うワタシ・・・

メーキングも見ました!(DISC10に有り)
私は見たことのない映像もあって楽しい、感激です。
ヨンスルのアクションがカッコイー!!再確認です 

追加シーンはゆっくりこれから確認する予定。

ユチョン新ドラマ「会いたい」へシフトする予定だったのですが・・
これでしばらく「オクペイン」継続になりそうです 


続きにもう少し写真を載せます(^-^)

Posted by zukka  on  | 10 comments 

「옥탑방 왕세자」Directer's cut 「第1話 第2話 追加シーン」

最初から見直し何度目~
やはり大好きです~このドラマ 

rtpd1.jpg


一応、韓国放送版と比べながら見たのですが
抜けているところもあるかもしれません。

ネタバレアリでいきます。ご注意ください。

Posted by zukka  on  | 2 comments 

「옥탑방 왕세자」漬けの日々・・

「屋根部屋のプリンス ユチョン王子の撮影日誌」
こちらのDVDも到着~
「シティーホール」以来ハマりにハマっているドラマなので・・
しっかり注文しておりました 


屋根部屋のプリンス ユチョン王子の撮影日誌 1巻目 [DVD]屋根部屋のプリンス ユチョン王子の撮影日誌 1巻目 [DVD]
(2012/11/21)
パク・ユチョン、ハン・ジミン 他

商品詳細を見る


屋根部屋のプリンス ユチョン王子の撮影日誌 2巻目 [DVD]屋根部屋のプリンス ユチョン王子の撮影日誌 2巻目 [DVD]
(2012/11/21)
パク・ユチョン、ハン・ジミン 他

商品詳細を見る


実は、話はちょっとズレますが
昨日11月21日は韓国MBC放送のドラマ「会いたい 보고싶다」の
「第5話」が放送され、ユチョン刑事が本格的に登場だったのです。
私もこのドラマを昨日初めて、しっかり見たのですよね(^-^)
ユチョン刑事が想像以上にハマり役!
これを見て、おおー!!カッコイーわぁ~!!
ドラマも楽しみ~ますます面白くなる予感・・ならばやはり、
「第3話」「第4話」を見ておく必要ありと、今日見る予定でいたのですが、
「屋根部屋のプリンス ユチョン王子の撮影日誌」が届きまして・・
こちらを見始めちゃいました(笑)
また、またどっぷり「オクセジャ」ワールドへ~~

1巻目のDVDを2枚見終えました 

タイトル通り、撮影そのものの様子を収めたDVDです。
まず最初の感想は「撮影って本当に大変なのね」ですね。
これは想像以上に大変な作業ですね。
同じシーンを何度も何度も角度を変え撮影、やり直しと 
こうして地道に撮影されたカットが繋がって、感動のドラマとなっていくのですね。
同じシーン撮影が続くので、見ている方はちょっと飽きるかも
(正直すぎたか・・・スミマセン)
イ・ガク(ユチョン)が自転車を練習するシーンの撮影では
ユチョンは何度転ぶシーンを繰り返していることか 
きっと足には青あざが出来ているのでは!?なんて心配もしちゃいます。
撮影したけれど本編には採用され無かったシーンもあるような!?

制作発表会の様子もそのまま(?)収められているのかな!?
日本語字幕で詳細が分かり、また新鮮な気持ちになりました。
初めての「台本読み合わせ」の現場も見る事が出来るなんて
ドラマそのものを全て一から楽しめるようで、凄いことですね・・
残念ながらこの「台本読み合わせ」時はユチョンは体調が悪く
顔見せだけで、読み合わせには不参加でした。

これから2巻目を見ます(笑)

続きに、少し写真を載せました。

Posted by zukka  on  | 4 comments 

「ぼくに炎の戦車を」2012年11月23日、24日

IMG_0792.jpg

今、思い出すだけで心がジーンとしてドキドキする
本当に感動の舞台でした。
全てが素晴らしかった。
役者さん皆さんがいい~良い!、上手い!
やっぱり演出が絶対にいい~~
これだけ重い内容の背景、話を笑いと共に表現していく演出はお見事

ラストの二人の姿が台詞が忘れられない・・
音楽が・・今も聞こえてくるようだわ。
希望と勇気を与えてくれる素晴らしい作品に拍手と感動の涙を 

(余談ですが)
24日夜公演では上演中、
直輝(草彅剛)が描いた似顔絵をスンウ(チャ・スンウォン)が見るところで
ミシ・ミシとした感じがありそれがグラ・グラと揺れ始め・・
心の中で地震だーーーと真っ青に・・・
舞台も一瞬止まりました・・スンさんが揺れが収まって直ぐに
「びっくり、大丈夫・・」と言って客席も「ええー拍手」といった雰囲気に
お芝居は続行~
実際に体験するとは・・ちょっと驚いた出来事でした。
震度4だったようです。
耐震の建物になっていますのでご安心ください。と後の場内アナウンス。

お芝居の感想はネタバレアリで続きに気ままに綴ります。

Posted by zukka  on  | 14 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。