気ままに綴りたい |

コードネーム ジャッカル5月3日公開


明日公開ですね(*^^*)
私はまだ観に行けないのですが、
前売り券も用意して、楽しみにしています
札幌に戻ったら行きます!

Category : 映画(2013)
Posted by zukka  on  | 0 comments 

近況

ここ数日、外出の予定がない日は
友人が貸してくれた、「韓国ドラマDVD」を見続けています。

見始めると、一気に見ないと気がすまない性格。
この計画性のない幼稚な行動しか出来ない自分が情けない、
なんとも・・・とほほ・・  です。

それも今回のドラマ2本
ホームドラマの全58話物です 

で、こちらは見終わりました。
(睡眠時間は? とりあえず寝てます 笑)

「棚ぼたのあなた 넝쿨째 굴러온 당신」
 韓国放送 KBS WORLD 2012/2/25-9/9(全58話) 
演出/キム・ヒョンソク  脚本/パク・チウン
キム・ナムジュ・ユ・ジュンサン
参照  kbsworldサイト


そして、現在視聴中~

「烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち 오작교 형제들」
韓国放送 KBS WORLD 2011/8/6-2012/2/19(全58話)  
演出/キ・ミンス  脚本/イ・ジョンス
参照  wowowサイト

普通、全58話もあるホームドラマは
毎日少しずつ楽しみながら見ていくものですよね。
ああー分かっているのに、そうできない自分にホトホト疲れます。

このドラマを見始める前に見終えていた
「紳士の品格」「会いたい」「「Dr.JIN」の記事も書きたいと思いつつ出来ず、
ただひたすらこちらのホームドラマ見続けております・・

ということで、ドラマの感想はまた別に・・(出来れば)
そうそう、ホームードラマのジャンルを見るのは
「がんばれクムスン」以来のことなんですよね。
以上、どうでもいい話題でスミマセン 

<5月17日追記>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち 오작교 형제들」に
チョン・ソクウォンが出演していました。
「屋根部屋の皇太子」でのヨンスル役の彼が大好きでしたが
このドラマでの彼も素敵ですね~

「屋根部屋の皇太子」のOST曲を歌っているペク・チョンと6月に結婚するということで
彼女のコンサートでプロポーズしている動画を見つけました。
素敵ですね♪

Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 6 comments 

見たかった♪ 「glee/グリー」 

前から見たいなーと気になっていたドラマです。
NHK放送を録画して見ようかと思ったこともあったのですが、
どうも録画セットを忘れてしまって・・挫折していました。

hulu6.jpg

『glee/グリー』(原題: glee)は、
20世紀フォックステレビジョンで制作されフォックス放送で
2009年に放送開始された米国のテレビドラマシリーズ。
英語の「glee」とは「自分を解放し歓喜すること」また合唱部の「合唱」のことであるが、
本作におけるグリー(合唱)とは、
チーム一丸となり歌とダンスの芸術性を競いあうパフォーマンスを意味する。
< ウィキペディア>

見たかった『glee/グリー』を
こちらで↓見始めました 

hulu7.jpg

前から頻繁に見ていた広告ですが、
最近、料金が変わったようです。月額980円になったのですね。
この料金であれば利用出来るわーと思い、
とりあえず、2週間無料お試しを始めました。

利用しようと思った決め手は料金もありますが
パソコン以外のディバイスにTVとipadがあったことです。
hulu4.jpg
hulu5.jpg
TVの大画面で見られること、音もオーディオシステムが使えます。
そしてipadで見られると、外出した時も見られていいですよね。


そうそう、韓国ドラマも多くはありませんが、ありましたよ。
一部をご紹介。
ユチョンのドラマが二つありました~~ 

hulu3_20130521192304.jpg
hulu2_20130521192303.jpg


英国ドラマには、コリン・ファース主演のBBC不朽の名作「高慢と偏見」があります。
新作映画はありませんが、旧作映画でも楽しめそうです。
レンタルと違い、気に入らなければ途中でやめて他のを見るといいですし、
レンタルだと一枚のレンタル料が気になって・・
見ないと損と思ってしまう私です(笑)

昨日発見  したのですが、
毎週月曜日のNHK「テレビでハングル講座」をTV録画予約しています。
昨日、huluでgleeを見ていましたら、TV画面は録画番組になりました。
どうやらTV画面は録画のほうが優先されるようです。

「glee/グリー」は楽しく見ています♪
やっぱり音楽が最高~ですね~
知っている曲も出てくるので盛り上がります 

Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 0 comments 

「glee/グリー」 シーズン1 見終える

今更・・いつも世間とズレズレの自分ですが・・・

「glee/グリー」 シーズン1を見終えました。

いいですね~~~

huluで配信されているのはカットされているようで、
話が飛んでいるなあーと思うところが沢山ありましたが、
それでも面白かったです。



ゴールデン・グローブ賞の作品賞を二年連続で受賞。
全米で話題沸騰、大ヒットドラマですよね。
このドラマ「glee」のキャストは皆さん素晴らしい。

快活なテンポで進むストーリーに合わせて登場する様々な洋楽は、
選曲も魅力的なものばかりです。
それをメンバーが抜群の歌唱力とパフォーマンスで
歌われるのですからたまりませんね。

ドラマの回ごとにテーマがあり、言葉の「HELLO」であったり
「ブリトニースピアーズ特集」「マドンナ特集」という回もあり
洋楽をとことん楽しめます。

HPに「ソングリスト一覧」があるので楽曲を確認できて助かります。
iTunesで購入できるようにリンクされていますね。
CDもいろいろ出ているようですが、↓これは完全版になるのかしら?

Glee: the Music Best of Season 1 [Import]

Glee: the Music Best of Season 1Glee: the Music Best of Season 1
(2010/11/23)
Glee Cast

商品詳細を見る


登場人物たちのキャラが凄い!濃い!ですよね 

特に気になるのが・・チアリーディング部コーチのスー・シルベスター先生
o0510075511029284285.jpg

この画像は青ジャージですが、最初頃は赤のジャージ姿
その姿を見たときは、すぐに「屋根部屋のプリンス」ユチョン演じるセジャを思い出しましたわ。
こちらのスー・シルベスター先生は最強ですね~
「glee部」を潰すために手段を選ばずどんなことでも実行しちゃうのですね。
また、ファンから名暴言とされている暴言はすざまじい 
でもなぜか憎めない可笑しい、愛するキャラですよね~

「glee部」はオタク系が集るイケナイ部
スー・シルベスター先生の言葉で言うと「地下」
ちなみに彼女がコーチを務めるチアリーダー部は最高の部。
 
また物語もシリアスなことをアッケラカンと扱っているように思います。
学校内でのイジメ、嘘、妊娠、ゲイ、などなど
同時進行でそれぞれ進むわけですが、韓国ドラマにあるような重さがないですね
かといって蔑ろにしているのではなく、会話の台詞やナレーションなど
考えさせられます。
物語はきちんと嘘はバレ、みんな逞しく成長していきますね。


ミュージカル曲あり懐しい曲ありの魅力がいっぱいの音楽シーン
動画も沢山貼りたいですが、我慢して・・(笑)

このシーンは雰囲気がポンと変わってまた違う感動を貰ったシーンでした 
GLEE Imagine (Official Music Video)



そしてやはりこれは最高~ですね~ (ネタバレになるかな・・)
Glee Journey Medley Full Performance Official Music Video YouTube


「シーズン1全話収納、特典Disc付 ブルーレイBOX 」

glee/グリー ブルーレイBOX [Blu-ray]glee/グリー ブルーレイBOX [Blu-ray]
(2011/12/14)
マシュー・モリソン、コーリー・モンテース 他

商品詳細を見る



Category : 海外ドラマ
Posted by zukka  on  | 0 comments 

ビアホール ベアレンヴァルト

「ビアホールベアレンヴァルト」
札幌市中央区南1条西9 第2北海ビル1F

月1で集まる友人たちと行ったお店。
今回もH子がゲットしてくれたクーポン利用
「生ビール飲み放題付8品コース」2375円(安い!)

お店に18時30分集合です。(この時期の札幌、この時間も明るいです)

IMG_1743.jpg

IMG_1744.jpg

生ビールは「サッポロクラシック」「レーベンブロイ」「ハートランド」が飲み放題です。

一杯目に「サッポロクラシック」を頂いて、↓こちらは2杯目~(笑)
IMG_1749.jpg
生ビール以外のドリンクもいろいろ種類がありましたよ。
ワインやカクテルなど・・・

お料理は8品
その中で一番美味しい~~と思った「アボガドシュリンプピッツア」

IMG_1750.jpg

食べ始めてから写真を撮ったので数切れ欠けております 
個人的にピッツアの生地は薄いカリカリが好みなのですが、
好みにピッタリのピッツア!!で、
エビのプリプリとアボガドの組み合わせもgoodでした。

他のお料理の写真は続きに載せます。

今回のサプライズ 
数字的には嬉しくない誕生日ですが、
やはりこうやって祝ってもらうと感激~です。
何も話がなく、突然出てきたプレートにビックリでした。

IMG_1761.jpg
ありがとうね~H子、めー、きよみ~ 

再訪することがあれば、美味しかったピッツアやソーセージなどをおつまみに、
いろいろなビールを飲んでみたいですね。


Category :
Posted by zukka  on  | 4 comments 

チャ·スンウォン "結婚式の祝賀客が写真集チクネ '(シン·ヒョンジュンの結婚式)

タイトルの「写真集チクネ」って意味不明ですが 
自動翻訳そのままだとこうなるんですよね・・
とりあえず、分かったフリをして・・スルーしていただけるかと(笑)

現在チャ・スンウォンは新作映画「ハイヒール」の撮影中ですね。
時々スンさんマネージャーさんがあげてくれるtwitterで
撮影の様子を確認しておりました。
おひげがなくなったのねー!とか思って見守って おりました 
そのハイヒールの映画監督と一緒に俳優シン·ヒョンジュンの結婚式に参加されたのですね。

変わらず、イエ、ますます素敵に・・・

554235172.jpg

俳優チャ·スンウォンが26日午後、ソウル龍山区漢南洞グランドハイヤットホテルで開かれた
シン·ヒョンジュンの結婚式に出席している。
シン·ヒョンジュンは12歳年下の新婦キム·ミギョンさんとウェディングマーチを鳴らした後、
モルディブに新婚旅行に行く。

続きに素敵スンさん保存 

Posted by zukka  on  | 6 comments 

チャ・スンウォン 「撮影中映画ハイヒールの一場面」

昨日のスンさんの写真があまりにも素敵でポワーン(笑)としてましたら

영화속 한장면 입니다.
映画の中一場面です。

とマネージャーさんのツイ 

またまた素敵過ぎます~~ 
BLPtfoTCUAAgcWC.jpg

動画で傘を持ってのアクションシーンを見ましたが
その時の画像でしょうか??

ジョニートー監督の映画「スリ」のシーンを思い出したりしていた私ですが、
スンさん新作映画「ハイヒール」期待大・大でございます 

 秋の公開でしょうか・・・

twitter
https://twitter.com/1975kjs

<5月29日追記>・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日、またKJSマネージャーさんが写真をUPしてくれましたね。

BLbMVvsCUAEBcw1.jpg

上の写真のどアップでしょうか、切ない表情だわ・・・・
どんなシーンなのかしら~?気になりますね。

これから予告編とかポスターとか・・気が早いけど楽しみですよね~~

    

そして、ドラマ「会いたい」でユチョンの先輩刑事役だった
俳優オ·ジョンセが出演されるんです!

「オ·ジョンセ 'ハイヒール'合流、チャ·スンウォンと演技対決 '忠​​武路大勢男登板'」

Posted by zukka  on  | 2 comments 

私のオオカミ少年

久しぶりに映画館へ行ってきました・・
この前に観た映画は「コードネーム ジャッカル」
これは5月はじめに観たので
約一ヶ月振りの映画館ですか・・我ながらびっくりだわ。

この映画は観る予定にしていたわけではないのですが、
偶然、飛行機の中で見た方の感想が「面白かった。」と聞いて、
観てみようかな~と行ってきました。

私、主演のソン・ジュンギの出演作はドラマ「成均館スキャンダル」と
映画「ちりも積もればロマンス」しか見ていないのですが、
今回の「私のオオカミ少年」と3種3様、全て違うソン・ジュンギ!
役者なら当たり前のことかもしれませんが、見事に違って
素晴らしい~~~またこの「オオカミ少年」素敵でした 


ソン・ジュンギの、オオカミ少年美しすぎる!
可愛いし、ハンサムでしょう チラシのコピーではピュアな少年となっていますが
正に、彼のオオカミ少年に参りました~

344730_02_01_02.jpg

人間社会から隔絶された“オオカミ少年”と、
彼に救いの手をさしのべる少女との淡い恋を描くファンタジー作品。
韓国では2012年に公開され、700万人以上の観客を動員し大ヒットを記録した。
主演の少年にテレビドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」のソン・ジュンギ、
少女に映画「過速スキャンダル」で主役を務めたパク・ボヨン。
監督は本作が劇場公開デビュー作となる新鋭のチョ・ソンヒ。
 病気がちなスニは引っ越し先の村で謎の少年を見つける。
言葉も話さず人間離れした行動を見せる少年だったが、
スニの母親は彼を家族として迎え入れ“チョルス”と名付けた。
スニは食事、着替え、靴の履き方や文字の読み書きなどを教え、
チョルスもそれに応えるようにだんだん人間らしさを取り戻していく。
しかし目の前でスニがピンチに陥ったとき、
チョルスの秘められた凶暴性が表出してしまい…。<allcinemaより>

161666_2.jpg

淡い恋を描くファンタジー作品。ということですが
恋ともいえるのかも知れませんが、
私は主人を信頼し守る絶対的存在を感じましたが・・
まあーファンタジーなのでそれはそれとして。

ストーリー的には、いろいろと突っ込みもあり、
また、悪役が・・・韓国ドラマを見ているようで
ちょっとお粗末ではないでしょうか・・辛口でスミマセン
この悪役の彼がボンボンのお馬鹿でね~
彼の行動で「オオカミ少年」の狼部分が出てくるわけですが・・

ハンサムなソン・ジュンギの野生味あふれるワイルドな演技に
少しずつ人間と心を通わす心の変化、感情表現演技も自然で
中盤は笑わせてもらい、終盤は泣けて・・・ 

ずーっと台詞がなかった彼が一言言ったとき、
涙・涙でした 

47年も待たせるな・・・といいたい。
こう思うだけでまた泣けるわ・・・

Category : 映画(2013)
Posted by zukka  on  | 0 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。