気ままに綴りたい |

王になった男

まず、面白いです! イ・ビョンホンが素晴らしい~!

イ・ビョンホンが韓国を代表する名俳優だと、知ってはおりました。
何本が映画もドラマも見てますし・・けれど今回、
この映画を観てイ・ビョンホンの凄さ名優であると改めて確信いたしました。

彼は初めての時代劇出演だったとか・・

物語のテンポも良く、イ・ビョンホンの熱演、
彼の名演技が光る傑作時代劇ではないでしょうか。

韓国で1200万人を超える観客動員を果たした作品と大人気だったのも納得です。

343960_02_02_02.jpg

暴君と評され王の影武者となった男が、次第に自らの意志を主張して
民のための政治を行うべく真のリーダーへと目覚めていく姿を
ユーモアを織り交ぜつつスリリングに描き出す。
監督は「拝啓、愛しています」のチュ・チャンミン。
 朝鮮王朝の15代目の王・光海君は、かつては民を思う聖君と謳われたが、
いつしか政敵の暗殺に怯えるあまり理想の政治からかけ離れ、
暴君と恐れられる存在になっていた。
そんな王のモノマネで腐敗した政治を風刺していた道化のハソンは、
王の側近ホ・ギュンの目に止まり、影武者として雇われることに。
折しも、光海が病に臥せり、それを隠すためにハソンはすぐさま光海に成り代わって、
敵だらけの宮廷で王として振る舞うハメに。
影武者の存在はハソンの世話係を務めるチョ内官以外には極秘とされ、
王妃にさえも知られてはならなかった。
そんな中、ホ・ギュンの言われるままに政務をこなしていたハソンの心に、
次第にある思いが芽生えていく。<allcinemaより>

page13.jpg

序盤、影武者を引き受けたハソンが、王宮で過ごす様子は笑いのシーンが多く、
大便のあたりでは、「おめでとうございます」の大合唱と共に爆笑してしまった。
爆笑シーンのその後は、最初は金のために影武者を引き受けたハソンが
次第に政治の矛盾に気づき人々に幸せになってもらいたい、
国のために国民のためにと本物の王へと変貌していく展開。

何の駆け引きもなく、愛する国民ための政治を心のままに行う行動は、
本来こうあって欲しく、またあるべきと考えられても、簡単に出来ることではない。
それを恐れなく私が王だとやってのけるハソン。
王の側近ホ・ギュンは政治とは・・とハソンのやり方を否定する。
この物語は、本来の政治のあるべき姿をハソンを通して考えるという
メッセージもあるのではないかと思う。

王・光海君と冷え切った関係にある王妃。
偽王ハソンの行いに彼女も王と結婚した若き日の王への信頼と愛情を思い出し、
心を開き始める。
女官サウォルや衛士のト部将とのエピソードは笑って泣けた。
心温かい人間味たっぷりの偽王が本当の王へとなっていく。

page22.jpg

偽王であると噂が広まった終盤・・
ハソンはどうするのか、どうなるのか、見所が続きます。

終盤、意識を回復した光海君が、
空白の15日間にハソンが行った改革の記録を読みますが、
この記録を彼はどんな気持ちで、どう読み取ったのか・・

政治的取引の暗黒世界、宮廷におけるサスペンス、サウォルやト部将との信頼関係
や愛情物語、本来の国を率いるリーダーとは?と重厚な話などを描く
素晴らしい作品になっていると思います。

特にお気に入りは、やはりハソンと側近ホ・ギュン(リュ・スンヨン)の関係とシーンの数々!
リュ・スンヨンも良かったですね~~
ラストシーンは余韻が残り・・涙が 

ハソンの世話係を務めるチョ内官とのシーンも大好きでした!!

音楽もいいですね~♪ 

(この映画を推薦してくれたlilacさん thanks!)

Category : 映画(2013)
Posted by zukka  on  | 8 comments 

きっと、うまくいく 「3idiots」

元気が貰える、心が明るくなる、観終えて思った感想です 
前向きなります~(たぶん)是非、観てみませんか~
とオススメの  一本ですね。
劇場公開予定を見ると、まだまだ上映しているところも多く、
これからのところもあるようです。

今、調べて知ったのですが・・上映時間2時間50分 
長いような気はしたのですが、
こんなに長かったのね~ちっとも感じませんでした。

私、「ボリウッドってなに?」状態でしたので調べました  
デジタル大辞泉の解説から
【Bollywood】インド映画の制作中心地であるムンバイの俗称。
◆娯楽映画を多く作成していること、
また、制作本数・観客動員数ともに世界トップクラスであることから、
ムンバイの旧称ボンベイ(Bombay)の頭文字と、
米国映画の中心地であるハリウッド(Hollywood)を組み合わせてつけられた。

多くの映画のシーンではお馴染みのインド!
ですが・・私・・インド映画は観たことないと思う・・たぶん!?
「スラムドッグ$ミリオネア」はイギリスですよね。
「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」はインドでもあるけど・・イギリスでしょ!?

そんなインド映画初心者の私が笑って泣いて感動~
インドの大学生活、青春物って興味津々ですよね!?
素敵な映画です  

802_large.jpg

映画大国インドで歴代興行成績ナンバーワンに輝く
感動の社会派ハートウォーミング・ストーリー。
エリート大学に合格した超天才の自由人ランチョーと
2人の親友ファランとラージューが、
強権的な学長と対立しながら繰り広げるハチャメチャ学園生活の行方と、
ファランとラージューが音信不通となったランチョーの消息を辿る10年後の物語を、
学歴偏重社会への風刺を織り込みながらユーモラスかつ感動的に綴る。
主演はインドで絶大な人気を誇る演技派スター、アーミル・カーン。
共演にR・マドハヴァン、シャルマン・ジョシ、カリーナ・カプール。
 超難関の名門工科大ICEに入学したファランとラージューは、
そこで超天才の自由人ランチョーと出会う。
彼らは、一緒にバカ騒ぎを繰り返しては鬼学長の怒りを買い、
いつしか“3バカ”として札付きの問題学生となっていく。
そんな中、ランチョーは天敵である学長の娘ピアと恋に落ちるが…。
時は流れ、3人が卒業してから10年後。ファランとラージューは、
行方知れずのランチョーの消息を知っているというかつての同級生と再会する。
そして彼とともにランチョーを探す旅に出るのだが…。
<allcinemaより>

img_0666e2b8f8e3fa80e252ebaacafcc93c.jpg

超天才の自由人ランチョーが凄すぎる!
彼の台詞は感動です・・・全うだよ  元気になる! 理想像だね・・
そんな彼を中心に様々なエピソードが展開されるのです。
どれもベタなお話なんですが、これがいいのよね 
各エピソード、シーンで泣いてました  家族愛に父と息子、友情、恋愛とホント泣けます 

一体何があったの!?起こるの!?
その彼って何物~!? ええー別人!? で、どうなってるのよ~ 
とストーリーも面白いです。

インド映画の特徴に歌って踊っての「エンターテインメントの要素」シーンが
必ずあるそうですが、これがいいです~~~♪
 私、大好きです 

All Izz Well [Full HD Song] 3 Idiots izle



この作品、映像、景色がとっても綺麗です。
音楽が絶品です。楽しいーーーです。酔います。

ALL is WELL!All Izz Well!アール・イズ・ウェール!きっとうまくいく!

Category : 映画(2013)
Posted by zukka  on  | 0 comments 

グランド・マスター 「一代宗師」

ichidai.jpg

とにかくトニー・レオン出演(もちろん主演)の新作(旧作でもOK)を
スクリーンで観られるだけで幸せ 

待ちましたね・・・撮影中怪我をしたようだとニュースが出て・・待ち、
予告編のあの素晴らしい映像動画が出てからも・・待ちました・・・ 

この日を何年  待ったことか・・ 

いつもあの俳優が好き~この俳優、スターが好き~と叫んで(笑)おりますが
実は一番好きなのはトニー・レオンなのですよ 
(エエーッツ!? シラナカッタ・・と声が聞こえてくるようですが(汗)

スクリーンに映る彼は、何も動きがなくともただ映るだけでさえ
やはり素敵でした!!!
 

34505702002.jpg

「花様年華」「2046」のウォン・カーウァイ監督が、
ブルース・リーの師匠としても知られる伝説の武術家・葉問(イップ・マン)の
波瀾の人生を圧倒的な映像美とともに描く歴史カンフー・アクション大作。
それぞれの流派を極めた長“宗師(グランド・マスター)”たちが、
中国拳法の南北統一を巡って繰り広げる激しい抗争の行方と、
そんな彼らが戦争という大きな時代の波に翻弄されていく愛と宿命の物語を
壮大なスケールで描き出す。
主演は「ラスト、コーション」「レッドクリフ」のトニー・レオン、
共演にチャン・ツィイー、チャン・チェン、マックス・チャン。
 1930年代の中国。北の八卦掌の宗師、宮宝森(ゴン・パオセン)は引退を決意し、
生涯をかけた南北統一の使命を託す後継者を探す。
第一候補は一番弟子の馬三(マーサン)。
一方、パオセンの娘で奥義六十四手をただ一人受け継ぐ宮若梅(ゴン・ルオメイ)も、
父の反対を押して後継争いに名乗りを上げる。そんな中、パオセンが指名したのは、
南の詠春拳の宗師で人格的にも優れた葉問(イップ・マン)だった。
納得のいかないマーサンは、師であるパオセンへの恨みを募らせる。
一方、諦めきれないルオメイも、イップ・マンを秘かに呼び出し、
みごと八卦掌奥義六十四手で勝利を収めるのだったが…。
<allcinemaより>

grms1.jpg

こだわりの映像美!!!

カンフーについては全く無知なワタクシです・・(涙)
けれど、トニー・レオンとチャン・ツィイー、
チャン・チェン、マックス・チャンたちが繰り広げるアクション
カンフーシーンの素晴らしいこと!!

細部まで、こだわった カット、シーン
スローモーションから飛び散る水滴一粒までの美しい映像 
あのプラットホームでのカンフーはドキドキしながらも
この列車まだ続くのか  と変なところが気になった(スミマセン)

チャン・ツィイーも素晴らしいですね~
アクションが姿が・・美し過ぎます。

お話はナレーションで進みます(エッ!?)

一緒に観ていた夫はところどころ記憶がないとか(笑)


「一代宗師」のプレミアが北京で行われる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウォン・カーウァイ監督の作品は

マイ・ブルーベリー・ナイツ (2007)
2046 (2004)
花様年華(かようねんか) (2000)
ブエノスアイレス 摂氏零度 (1999)<未>
ブエノスアイレス (1997)
天使の涙 (1995)
恋する惑星 (1994)

を観ています。どれもやはり好きです~♪

『グランド・マスター』トニー・レオン 単独インタビュー

Category : 映画(2013)
Posted by zukka  on  | 2 comments 

オブリビオン OBLIVION

何故、彼は
人類のいない地球に残されたのか――?


↑チラシにあるコピーですが、
そうなんですよね~ここなんです(笑)これ重要ポイント。

この映画は、何も調べずまっさらの状態で是非、映画館で観て欲しいなー。

私は楽しめた作品でした~ 
今まで観たトム・クルーズの映画はハズレが無い。
これもまた凄いことですよね 
で、この作品には、好きなモーガン・フリーマンも出演してる♪
彼もこの物語のキーパーソンですね・・

344646_02_01_02.jpg

トム・クルーズ主演で贈るSFアクション。
「トロン:レガシー」のジョセフ・コシンスキー監督が自身のグラフィック・ノベルを基に映画化。
エイリアンの侵略によって破壊され、全人類が他の惑星へと移住した後の荒廃した地球を舞台に、
監視のために地球に残る主人公を待ち受けるミステリアスな運命を、
スタイリッシュな映像でスリリングに描き出す。
共演は「ショーシャンクの空に」のモーガン・フリーマン、
「007/慰めの報酬」のオルガ・キュリレンコ。
 2077年、地球はエイリアンの襲撃によって壊滅的な被害を受ける。
やがて生き残った人類は他の惑星へと移住し、人々のいなくなった地球では、
ドローンと呼ばれる無人偵察機による監視が続けられていた。
そんな地球に残り、ドローンのメンテナンスやパトロールなどの任務に当たるジャック。
ある日、未確認の宇宙船の墜落現場へと向かった彼は、
そこでカプセルの中で眠る美女を発見する。
やがて目を覚ました彼女はジュリアと名乗り、なぜか会ったこともないジャックの名を口にする。
しかし肝心な記憶は曖昧で、彼女自身が何者なのかも分からなかった。
一方ジュリアとの出会いをきっかけに、自分にも失われた記憶があることに気づくジャックだったが…。
<allcinemaより>

ob111.jpg

この雰囲気は他のSF映画でも観たことがあるような・・けれど、
この「スカイタワー」のモダンなこと、プールがまた素晴らしい。
パトロール機「バブルシップ」が最高~デザインが洗練されて
飛行シーンに戦闘シーン、この「バブルシップ」がイカシテマシタ 

予告編は映画館で観たのですが、その時は良くある普通のSF物みたいね・・と思っていて
(普通って!?とういう突っ込みは無しでお願いします。)
あまり注目していなかったのですが、巷では面白いという話で・・
何も調べず観ました。これが引き込まれる! 最後まで面白い!

映画の序盤は時代、世界背景を確認するのに精一杯ではありましたが、
中盤あたり、ジュリア(オルガ・キュリレンコ)とビーチ(モーガン・フリーマン)
が登場すると俄然面白くなります 
徐々に明らかになってくる真相、以外な展開に謎解きの面白さが加わるのです。

page33.jpg

オープニングシーンからいろいろと伏線はあるのですよね・・
映像もリズムも良かったけれど、やはり私はストーリーの展開が好きでしたね。

そして以外に怖い存在だったのが・・・
344646_01_11_02.jpg 344646_01_10_02.jpg

俊敏な動き、スピード感抜群の無人偵察機ドローンは怖かった・・味方なのだけど・・
この怖さも映画を観ると分かっていただけるかと(笑)

ラストはほほほ~とあの時のあのシーンでは・・・だったものね・・・なるほど~と
これまたしっかり合致するラスト。
ちょっと安っぽい感じ!?もするけれどほのぼのと良いのではないでしょうか 

当たり前すぎて書き忘れるところでした 
トム・クルーズのアクションは勿論、完璧です。
「バブルシップ」を操縦する彼は「トップ・ガン」です 

Category : 映画(2013)
Posted by zukka  on  | 0 comments 

「君の声が聞こえる 」 너의 목소리가 들려 I Hear Your Voice

突然、見始めました 
全然見る予定も無く、予備知識も無く、
お気に入り俳優が出演しているわけでも無いのですが(笑)
ネットで韓国ドラマ話題をツラツラ見ていて・・・
このドラマが面白そうな予感がしたものですからチラッと見てみようかと・・・
「第2話」まで この  サイトで見終えました。面白いです!
現在、早く続きが見たいよ~~状態です 

韓国放送は 2013年6月5日~ 水・木 22:00 全16話 とのことです。

photo316425.jpg

どんなドラマなのか、簡単に紹介したいと文章を綴ってみたのですが・・・
途中で面倒になったので、辞めました 

私が、このドラマを面白そうだわーと思ったポイントは
「人の心の声が聞こえる」というパク・スハ超能力少年(イ・ジョンソク)の存在。
ドラマのタイトルそのものですね。

実生活においても、時々回りの人たちの心の叫びやつぶやきが
そのまま漫画の吹き出しのように分かったら、パニックになるだろうなー
なんて妄想する癖のある私なのですが・・・
今回そのままドラマで使われるようなので、(パニックになるほどの設定は無いと思いますが)
興味津々なのですよね・・。

voice1.jpg

「人の心の声が聞こえる」超能力少年は↑この彼、パク・スハ (イ・ジョンソク)です。
子供のころ、彼の父親は交通事故を装って殺されるのですが、
その車に彼も同乗していました。
その事故現場に偶然居合わせたのが、チャン・ヘソン子役(キム・ソヒョン)です。
voice01-00381.jpg

その10年後から物語スタート、
現在、彼女チャン・ヘソン(イ・ボヨン)は弁護士になり国選専担弁護士の面接へ
面接官の質問に子供の頃の体験を話し始めるのですが、
その話が自分の身に起きた無実の事件とこの交通事故事件のこと。
これが面白いです!

voice02_20130610235131.jpg

そこで警察官を辞め、弁護士に転身した理想主義者のチャ・グァヌ(ユン・サンヒョン)と
彼女は出会うわけです。
voice0133.jpg


チャ・グァヌ役のユン・サンヒョンとパク・スハ役のイ・ジョンソクは
「シークレットガーデン」でも共演してましたよね。
今回のドラマでもお二人の活躍が楽しみです。

主役のチャン・ヘソン役イ・ボヨンは相変わらず綺麗~
個性的な性格の弁護士・・いい感じですね。
彼女の少女時代を演じたキム・ソヒョンも良かったです!
第1話だけの登場のようですが、彼女の演技ばっちりでした。

ストーリーは韓国のドラマ記事を読んで・・・確認を・・ 

Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 4 comments 

NHKテレビでハングル講座<今週のガチリスニング教材>はなんと!!

NHKの語学番組はこの「テレビでハングル講座」と
「おとなの基礎英語」を録画予約しています。
録画はしていても・・常時見るわけでは無いのですが・・・
でも!最近結構見てるんですよね。

な・な・な  昨日見た「テレビでハングル講座」6月10日(月)の放送

<今週のガチリスニング教材> は ドラマ「シティホール」 でした 


17a.jpg 17b.jpg
(画像は「シティーホールファンサイト」より)

「第16話」の終わりのシーン、グクとミレがソウルデートから戻ると
警察がミレを賄賂罪で逮捕に来た場面から
「第17話」の最初、警察でのシーンと
グクが地元の有力者たちとは話しているシーンが流れます。

そしてガチリスニングのお勉強!
「グクは何と言っているでしょう?」とグク(チャ・スンウオン)のアップ~~

ではもう一度聞いてみましょう~と・・3回はグクと会えますよ~

何度もドラマは見てるでしょう!なんですが・・
この語学番組で見るのはまた格別ですね 
ほんの少しの時間ですが、テンション上がりました。
ググの台詞、覚えましたよ~~学習効果ばっちりです!

ちなみにサイトはこちら↓
 テレビでハングル講座

NHK テレビ テレビでハングル講座 2013年 06月号 [雑誌]NHK テレビ テレビでハングル講座 2013年 06月号 [雑誌]
(2013/05/18)
不明

商品詳細を見る


今までも<今週のガチリスニング教材>には
ドラマ「スターの恋人」、ドラマ「宮-Love in Palace-」
ドラマ「紳士の品格」、映画 「サニー 永遠の仲間たち」など
私のお気に入りが登場で趣味が合うのですよね(笑)
ならば、しっかり聞きなさい!なのですが・・それはそれとして・・

再放送:土曜日 午前6:00~6:25
今回の放送は6月15日が再放送ですね! シティーホーラーさんは要チェック!

続きにグクの台詞をネタバレ

Posted by zukka  on  | 8 comments 

韓国ドラマ大賞

史上最高の韓国ドラマを決めよう!あなたが選ぶ 「韓国ドラマ大賞」
というイベントがあるのですね。

詳しくはこちら →「韓国ドラマ大賞」
こちらが公式サイト  「韓国ドラマ大賞とは」

「さあ、あなたの大好きなあの作品は、大好きなあの男優・女優は何位に選出されるでしょうか。
 投票はひとり1回のみです。
 ぜひじっくりと考えて、あなたの史上最高ドラマ、俳優にご投票ください。」
ということです。

・ 好きな韓国ドラマ(5つまで)
・ 好きな男優(3人まで)
・ 好きな女優(3人まで)

こういうの楽しくて好きです  
好きなドラマは5つは既に浮かびました 
順位を考えるのが、また楽しい~
好きな男優、女優3人ね・・絞るのが・・・順位は・・2位までは確定!(笑)

応募期間は、2013年6月22日~9月30日(予定)ですから、じっくり考えて応募してみよう 

「韓流10周年韓国ドラマ大賞トレーラー」ですが、
皆さんはこのトレーラーで流れたドラマ、いくつ分かりましたか?



私は・・・結構分かったと思う!?
続きに書きます (笑)

<追記 6月24日>
私の好きなドラマはこれーと追記しました 
皆さんは決まりましたか・・?

Category : 韓国ドラマ
Posted by zukka  on  | 2 comments 

映画『監視者たち』の話題

映画『監視者たち』は韓国、7月4日公開だそうです。
この映画は香港映画「天使の眼、野獣の街(2007)」のリメイク 
興味ありです。また悪役にチョン・ウソン!
サイモン・ヤムが演じた役をソル・ギョングということで。

http://www.youtube.com/watch?v=fEIg7N6Y6Xg&feature=youtu.be
こちら予告編
Cold Eyes (감시자들) HD 2013



https://www.youtube.com/watch?v=qsxbYfg93OA
6月25日は「VIP試写会」
そちらの出席者たち↓ ソン・スンホンにユチョンも~



公开日:2013/06/25
25日午後ソウルメガボックスコエックス店で開かれた映画'モニターの'
(監督ジョウイソク、ギムビョンソ)VIP試写会のレッドカーペットに
映画界の監督、俳優たちが総出動した。
この日'を監視者' VIP試写会のレッドカーペットには、チョン·ウソン、ハン·ヒョジュ、
ソル·ギョング、ジュノ(2PM)、イムダルファなどをは ​​じめ、JYJ(パク·ユチョン)、
キム·サラン、ソン·ジュンギ、キム·スヒョン、コリアンダー、クォン·サンウソン·テヨン夫婦、
キム·ヨンジュン、チョン·ユミ、キム·イングォン、キム·ホンソン、パク·チニョン、
ワンダーガールスイェウン、ニックン賛成ウヨン(2PM)、樹脂(ミスエイ)、海、
パク·キョンリム、パク·ハソン、ペ·スビン、ソン·スンホン、ソン·ユナ、
オム·ジウォン、オ·ダルス、イ·グァンス、イ·ジョンジェ、イ·ジョンジン、
イ·チョンヒチョン·ヘジン夫婦、ユ·ジテ、キム·ヒョジンカップル、イム·スジョン、
チュ·ジフン、チ·ジニ、チェ·ウシク、チェウォンヨウン、チェジンヒョク、ハン·ジミン、
ティアラハム·ウンジョン、キム·ソウン、ジョー見て、イム·ジョンウン、イ·ヘヨン、
アフタースクールリッジ主演でなどが参加して席を輝かせた。

"監視者たち"は自分の正体を隠したままの跡もない犯罪組織を追う監視専門家たちの
息詰まる追跡を描いた犯罪アクション映画だ。特にチョン·ウソン、ハン·ヒョジュ、
ソル·ギョングなどの専門家たちの緊張感あふれる世界を表わして、
それぞれ違った魅力で注目を集めている。
一方、VIP試写会のレッドカーペットを開いた映画"モニターの'は来る7月4日に公開される予定だ。
【プレスデータおよび情報提供= sstvpress@naver.com CopyrightⓒSSTV


さて、日本公開はいつ頃になるのでしょうね?
札幌に来るのかな~?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

韓国映画といえば札幌公開を待っている作品が沢山あります。

■「3人のアンヌ」近日公開となってるけどいつ?「ディノスシネマズ札幌劇場」
■「殺人の告白 (2012/韓国)」 7月6日から「シアターキノ」
■「ベルリンファイル」7月13日から「札幌シネマフロンティア」
■「建築学概論 (2012/韓国)」8月3日から「シアターキノ」
■「嘆きのピエタ」8月?「シアターキノ」

恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム (2007/インド)
8/3(土)⇒9(金) 歌って、踊って、恋をする! (1日1回上映)「シアターキノ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<記事リンク>
[フォトには]映画のモニターのたちVIP試写会'映画祭彷彿とさせる超豪華人脈'
“チョン・ウソンが悪役”映画「監視者たち」公開日が7月4日に確定
☆[特別1]
 誰かがあなたを盗み見ているかも <監視>ジョウイソク、ギムビョンソ監督

Category : 映画(2013)
Posted by zukka  on  | 4 comments 

10人の泥棒たち(2012)

(原題:泥棒たち)2012年 韓国

韓国で大ヒットを飛ばした映画、是非観たいと思っていました。
丁度、6月18日に乗った大韓航空で観ることができまして
観たのですが、飛行機ではアナウンスがあるたび映画は中断され・・
英語字幕でしか観られなくて・・(日本語字幕に出来るのでしょうか?)
なんとも消化不良のままでしたが、日本でも劇場公開されました。

6月22日(土)より2週間限定という超プレミア上映を実施!
ですが・・・割引は一切適用されず・・1800円・・・
ちょっと悩んだのですが 、字幕版で観てきました。
サイモン・ヤム が観たくて~~
この映画の私的ツボはサイモン・ヤムとキム・ヘスク、カップルシーンです 
日本人カップルの設定で、最高でしたね~

そのまま、ワイアーアクションは華麗にセンス良くも美しい~、
またハラハラと痛く泥臭い存分に堪能いたしました!!

韓国版オーシャンズイレブンと紹介されている記事が多いようですが、
似てるけど・・・違いますね・・こちらは内容的に見応えのある作品だと思います。
アッ、「オーシャンズイレブン」が内容が無いというのではなく
この作品の話が込み入っているということで(笑)

T0017466p_20130626174136.jpg

【監督・脚本】 チェ・ドンフン
【キャスト】 キム・ユンソク/キム・ヘス/イ・ジョンジェ/チョン・ジヒョン
       サイモン・ヤム /キム・スヒョン/キム・ヘスク /オ・ダルス

キャストが豪華です。
私、ご贔屓の香港俳優サイモン・ヤム目当てですが、
期待薄(スミマセン)のキム・ヘスさんがいい感じでした!
皆さんそれぞれに良かったです。

345602_001.jpg

 韓国映画で観客動員記録を塗り替え、
アジア全域でも大ヒットを飛ばしたトリック・エンタテイメント作品。
幻のダイヤモンド強奪のために集まった10人の泥棒たちを描く。
監督は「ビッグ・スウィンドル!」のチェ・ドンフン、
主演は「チェイサー」「哀しき獣」のキム・ユンソクと「タチャ イカサマ師」のキム・ヘス。
山寺宏一や平田広明など豪華声優陣を揃えた日本オリジナル版(吹替版)も同時公開。
 韓国の美術館から秘宝の強奪に成功した窃盗団のボスであるポパイのもとへ、
かつてパートナーだったマカオ・バクから巨大カジノでの新しい計画が持ち込まれた。
香港へ向かった韓国窃盗団六人を待ち受けていたのは、中国窃盗団の四人だった。
幻のダイヤモンド“太陽の涙”を手に入れるため、
完璧なメンバーが集められ完璧な計画が立案されたはずだった。しかし…。
<allcinemaより>

345602_005.jpg
オープニングのイェニコール役チョン・ジヒョンのワイヤーアクション、
楽しいっ~~凄い! 香港でのワイヤーが美しい~~華麗 
この映画では彼女の存在は大きいですよね。
それに絡むキム・スヒョンがまたナイス! 
サラゲーと叫ぶあのシーンは感動だった。

345602_007.jpg
何と言ってもこのお二人!!!!サイモン・ヤムとキム・ヘスク
ブラボーです 
 
サイモン・ヤムは銃撃戦あり(こうこなくっちゃ)!で、またまたツボです。
記事リンク 

イ・ジョンジェにオ・ダルスも存在感たっぷり。
345602_003.jpg

最後はヤッパリこの人! マカオ・パク役のキム・ユンソク
345602_002.jpg
このアクションシーンは見所でした。
泥臭いワイヤー使いアクションというか・・ドキドキでした。

物語も深くて結構細かいところが重要になってくるので、真剣に観なくちゃ・・と。

ロケ地が香港・マカオ・釜山・ソウルと瞳キラキラでスクリーンを見つめました。
特にマカオのシーンは自分的に思い入れのある場所がロケ地になっていたので、楽しめました 

Category : 映画(2013)
Posted by zukka  on  | 6 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。