気ままに綴りたい |

キャプテン・フィリップス(2013)

トム・ハンクスにアカデミー主演男優賞をあげたい!!
ちょっと取り乱しましたが、それくらい素晴らしい演技だった。

おすすめの映画です~

T0014298q.jpg

「ボーン・アルティメイタム」「ユナイテッド93」のポール・グリーングラス監督が
トム・ハンクスを主演に迎えて放つ衝撃の実録サスペンス。
2009年にソマリア沖で海賊の襲撃に遭い人質に取られた後、
アメリカ海軍特殊部隊“SEALs”によって辛くも救出された
アメリカ船籍マースク・アラバマ号の船長リチャード・フィリップス氏の回顧録
『キャプテンの責務』をリアルかつ緊張感あふれる筆致で映画化。
共演はソマリア出身で14歳の時に家族と共に米国に移住したバーカッド・アブディ。
これが俳優デビューとなる。

 2009年4月。ケニアへの援助物資を運ぶアメリカのコンテナ船マースク・アラバマ号。
インド洋を順調に航行していたが、ソマリア沖で4人組の海賊に襲撃される。
船長のリチャード・フィリップスは、船が彼らに乗っ取られる直前、
数人のクルーを残して乗組員を全員、機関室に匿う。
そして彼らを救うため、自らは単身で人質となり、
海賊たちと共に小さな救命艇に乗り移り、アラバマ号を後にする。
やがて事件の一報を受けたアメリカ政府は、海軍特殊部隊ネイビー・シールズを出動させ、
フィリップス船長の救出作戦を開始するが…。<allcinemaより>



実話なんですよね。

海賊が多発している海上、アラバマ号の船長リチャード・フィリップスは
航行中訓練を開始した、その最中に実際に海賊に狙われていると分かる。
訓練から本番になり、海賊船が猛スピードで接近してくる。
海賊船を回避するためのフィリップス船長の指示、
その一つ一つに・・ここからぐいっとスクリーンに引き込まれる。
巧みな方法で一度は海賊船を回避するが、諦めない海賊・・・
再度追ってきた海賊にとうとう、梯子を掛けられる。
とにかく、ハラハラドキドキ、この緊張感、臨場感。
海賊4人組に乗っ取られたアラバマ号、乗組員は機関室に隠れる、
不審に思った海賊リーダーが、船内を探すシーンも緊張が半端ない。
人質にされたフィリップス船長、小さな救命艇、あの狭い船内での
緊迫したシーン、トム・ハンクスの演技は見事ですが、
海賊たちの演技もまた素晴らしい!
海軍特殊部隊ネイビー・シールズが出動しても、なかなか救出されない
この時間は苛立ちを感じましたが、いつも観ているエンターテインメント映画とは
違うわけですから、しかたありません(^^ゞ
ですが、実際に救出成功すると分かっていても、緊張し、目が離せない。

チラシのコメントが印象的です。
「実社会に勧善懲悪なんてないーそう気づいた瞬間、作品の凄さに極まる。」
 (真山 仁 小説家)

このコメントから考えてしまいます。
ソマリアの海賊・・・
彼らは海賊になるしか生きる方法が無い・・・
長く続いた内戦、無政府状態のまま20年以上続いた不毛な戦い
毎年のように起こる大飢饉、「誰も行かない土地」と呼ばれるソマリア。
貧困にあえぐ彼らが生きるため、金を得るためには海賊になるしかないのか・・

救出され手当を受けるフィリップス船長、これまで気丈に奮闘した船長、
医師が彼に機関銃のように放つ言葉と対照的に、
彼が感情を静かに爆発させるラストシーンは絶品です!
このトム・ハンクスの演技に感動です・・・


『キャプテン・フィリップス』感動を呼びおこす男たち!⇒リンク  2
『キャプテン・フィリップス』でわかる現代の海賊の手口とは

Category : 映画(2013)
Posted by zukka  on  | 2 comments 

相続者たち 第17話 第18話

第17話を見終えた時、印象的な所のメモはしていたのですが
いろいろ考えているうちに・・なんだか書くのが面倒になって、ε=(・д・`*)ハァ…
(最近、こういう風に面倒になる症状(?)が多い  )
第18話を見終えて、やはり簡単でも感想くらいは記録しておこう・・
と思って・・ 書き始めました。その結果は続きに。


 相続人パク·シネイ·ミンホの再会に視聴率上昇'23 .9%記録 '

「相続人」現場の雰囲気、イ·ミンホ·ギムオビン「対立関係が、お互いの顔を見てもニコニコ "

Category : 相続者たち
Posted by zukka  on  | 0 comments 

相続者たち 第19話

ヨンドや~~
チェ・ヨンドで涙が   チェ・ヨンドに泣けて・・・ と・・・
キム・タンとチャ・ウンサン物語がメインなのに・・・  

そして、ウンサン母とタン母カップルの再会が嬉しくて(笑)
この二人のシーンが楽しみ・・・今回は泣いて、笑ってと
やっぱり好きだわ  このカップル (^O^)

ボナ嬢が絡むシーンはどれも笑いが出ますね 

1212

そして~気になるのは、期末テストの結果デス(^-^) 
さてタンとヨンドは何位か? ヨンド~~

キム・ウンスク作家記事(続き)

Category : 相続者たち
Posted by zukka  on  | 4 comments 

相続者たち 第20話 (最終回)

成長ドラマって良いですね~
最初の頃の彼らがこんなに成長して・・感動できる物語。

私の傾向として好きなドラマは殆ど主人公がお気に入り一番なのですが
今回は違いました・・・2番手のチェ・ヨンドが一番でした!
「女の香り」で2番手のウンソク(オム・ギジュン)がツボだった
経験があるのですが、それでも一番は主人公カップルだった・・
今回はお初のケース 

ヨンドやーチェ・ヨンド~ (TдT) アリガトウ

タン母とウンサン母も大好きで、ボナとチャニョンも~
タンとウォン兄弟もいいし~~

OSTの魅力も大きい♪

そして、このドラマを見るきっかけはキム・ウンスク作家作品だから
やはり彼女が書く、キャストに言わせるセリフは良いです!
いつも台詞が楽しみでした (*´∀`*)

ラストはどうなのるのかしら?
と、こちらのドラマ撮影終了集合写真を見ながら想像しておりました。

tumblr_mxngh2CLzw1s8m1l7o9_r1_1280.jpg

ヨンドにチャニョンやヒョシンとスーツ姿じゃないですか・・・
スーツで撮るシーンはどんなの? 見終えて、なるほど~です(*´∀`*)

Category : 相続者たち
Posted by zukka  on  | 0 comments 

映画のパンフレットとチラシの整理

年末だからかもしれませんが、突然身軽になりたくて
溜め込んだパンフレットにチラシを処分しようか・・・と、
何だそんなこと~と思われましたよね・・ (´Д`;)ヾ ドウモスミマセン

一気にいきました! チラシの処分、溜め込んだ未整理分
古新聞整理用袋4つ分!

で、パンフレットを整理し出したら、やはり処分は・・・と思い始めて

写真に入る範囲で並べてみました↓ これパンフレットです。



南アフリカのマンデラ元大統領が亡くなりましたが、
映画「INVICTUS (インビクタス~負けざる者たち) 」のパンフレットもあって
もう一度読み返しました。
私の映画感想記事はこちら 
「マンデラ大統領に感動した」と感想を書いています。
まだ映画を見ていない方はおすすめ作品です、見てくださいな(^-^)

そして、まだ出てきました~他の場所から・・・



几帳面なうちは、チラシも年代ごとにボックス収納(笑)していたのですよね。

そして、お気に入りの映画パンフ、チラシはクリアファイルに
コメントを書いた付箋を付けて、収納していた。
これもまた見返していたら・・・捨てられなくなりました 

今年はこれで( ノ゚Д゚) よし! とします。

Category : 映画(雑記)
Posted by zukka  on  | 4 comments 

ゼロ・グラビティ (2013)

予告編を観て、宇宙に放り出されたライアン(サンドラ・ブロック)はどうなるの?
単純な理由で楽しみにしていた映画。
謎の宇宙船に出会うとか・・(笑)想像はするものの、
流石の話題作、この展開は見応えたっぷりでした!!

今も後悔しているのが、2Dで鑑賞したこと ・゜・(ノД`)・゜・
上映開始時間で合うのが2Dだったので、安易に「いいかぁー」で観たのですが
素晴らしい宇宙空間、破片の飛び交うシーンなどは、3Dで観るべきでした。

もう一度! 必ず!3Dで絶対観ます!

T0013265p.jpg

地上600kmの上空で地球を周回しているスペースシャトル。
今回が初めてのミッションとなる女性エンジニアのストーン博士は、
ベテラン宇宙飛行士コワルスキーのサポートを受けながら船外での修理作業に当たっていた。
その時、ロシアが自国の衛星を爆破したことが原因で大量の破片が軌道上に散乱し、
猛烈なスピードでスペースシャトルを襲う。
衝撃で漆黒の宇宙へと放り出された2人は互いを繋ぐ1本のロープを頼りに、
絶望的な状況の中、奇跡の帰還を信じて決死のサバイバルを繰り広げるが…。
<allcinemaより>
346608_001.jpg
オープニング、音がなく映し出される宇宙、地球の映像は美しい・・
少しずつ聞こえて来る音・・・シーンとした中で楽しみたいですね。
(映画館、音を立てる人がいませんように 笑)

ライアン(サンドラ・ブロック)とマット(ジョージ・クルーニー)の
宇宙遊泳は美しくもあり、ハラハラでもあり、
ライアンの酸素が少なくなっていくのにつれて、
なぜが自分も苦しくなっていくような 

マット(ジョージ・クルーニー)がNASAとの交信で
話していた相手はエド・ハリスなのかな!?
声の出演:エド・ハリスと後で知って・・良く聞いておくんだったと後悔。
(映画アポロ13号を思い出す)
346608_007.jpg
あの真っ暗な宇宙に一人・・・飛んでくる大量の破片。

一難去って、また、また一難・・とスリリングでドキドキの臨場感。
結局はライアン(サンドラ・ブロック)の孤独な
サバイバルストーリーとなるわけですが、
サンドラ・ブロックはスピードの時のように、ギリギリのやるっきゃない物が
ピッタリとハマりますね。彼女、良かったです!

ラスト、これで死んじゃったら情けないでしょうが・・と
怒りそうになりましたが、大丈夫、素晴らしいラストでした。

会場は若者も多く色々な年代の方が来ていました。
映画終了後、私の隣の青年が
「宇宙には行かなくていいや」と会話してまして(笑)
まあー簡単に行けるところじゃないけど、
私も行きたくないわ・・と同意でございました(^-^)
 
あの宇宙空間、無重力空間での撮影はどうやったのかしら?と
見終えて最初に思ったこと。

『ゼロ・グラビティ』アルフォンソ・キュアロン監督が語る驚くべき映像世界の舞台裏

3Dで観ましょう~ (*´∀`*)

<追記 12月23日 >
3Dで観ました!!
やはりこの宇宙空間は3Dで観るべきですね(^-^)
満足~

Category : 映画(2013)
Posted by zukka  on  | 0 comments 

コーラス・ガール

これからの公開映画を調べていて、
楽しみな作品がありまた「バックコーラスの歌姫(ディーバ)たち」

公式サイト:http://center20.com

T0018264p.jpg

札幌での公開は1月4日~ シアターキノ です。

ストーリー:
エルヴィス・プレスリーやザ・ローリング・ストーンズなど
数々のミュージシャンを、類いまれなる歌唱力で支えてきたバックシンガーたち。
彼女たちの多くは聖歌隊で歌うことを覚え、才能を開花させた。
しかし、多くがソロでの活躍を夢見ながら失敗に終わっている。
1960年代から活躍するダーレン・ラヴをはじめ、
第一線で活動するバックシンガーがその栄光と挫折を赤裸々に語る。
(シネマトゥディ より)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

映画とは関係ありませんが、
バックコーラスの言葉ですぐに思い浮んだのが、「コーラス・ガール」

歌手:和田アキ子   作詞:竜真知子  作曲:川口真

特に和田アキ子のファンではありませんが、この歌が大好きで、
初めて聴いたとき(何年前?)は、歌手和田アキ子っていいなぁーと感激♪

歌詞がとても良くて、ジーンと・・ 




今も大好きな一曲です。


<2014.1.6 追記>
映画「バックコーラスの歌姫(ディーバ)たち」を観た。
ドキュメンタリー、インタビュー形式
良かった!
魅力的なコーラスのあるステージは貴重だわ。。。

Category : 映画(2013)
Posted by zukka  on  | 0 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。