気ままに綴りたい |

LUCY/ルーシー(2014)

JYJ繋がりで、俳優チェ・ミンシクに注目~~彼が出演のフランス映画、リュック・ベッソン監督です。
これは観なくっちゃ!と観てまいりました。


T0017709p.jpg

「レオン」「ニキータ」のリュック・ベッソン監督が
スカーレット・ヨハンソンを主演に迎えて贈るヒロイン・アクション。
新種ドラッグの影響で脳機能が驚異的に覚醒し、超人的な能力を発揮し始めたヒロインの暴走の行方を描く。
共演はモーガン・フリーマン、チェ・ミンシク。
 訪れた台北のホテルでマフィアの闇取引に巻き込まれてしまったごく平凡な女性ルーシー。
体内に新種の麻薬が入った袋を埋め込まれ、運び屋として利用されてしまう。
ところが、袋が破れて謎の物質が体内にあふれ出し、彼女の脳に異変が生じてしまう。
通常の人間は脳の潜在能力の10%しか活用できないが、
ルーシーの脳はそれを遥かに越えて覚醒を始めたのだ。
マフィアの追手を易々とかわし、脳科学の権威ノーマン博士とコンタクトを取るべくパリへと向かう。
その間にも、脳の覚醒は留まるところを知らず、
いつしか自分でも制御できなくなっていくルーシーだったが…。 <allcinemaより>

マフィアのボス役チェ・ミンシク
121434_gal.jpg

韓国語で凄むチェ・ミンシクは怖かった・・・それも字幕なしになっているので
これ、効果抜群! 韓国のヤクザ怖い(笑)設定は台北のマフィアのようですが・・
スカーレット・ヨハンソンと共演とは、凄いなぁー。

平凡な女性ルーシー(スカーレット・ヨハンソン)がマフィアの闇取引のため
腹に新種の麻薬を埋め込まれる。それが破れ、彼女の脳は異常をきたす・・と・・

116362_gal.jpg

「人類の脳は、10%しか機能していない」
と映画のコピーですが・・・なるほど・・・面白いですよね。
脳の謎、脳が覚醒したら?

ルーシー(スカーレット・ヨハンソン)の脳の覚醒が進むに連れて起こる彼女の変化を面白く観ました。
コンピューターを自在に操り、一瞬に知識を得る。
漫画のように消えそうになる飛行機内シーンにはドキッとしましたが(笑)
マフィアたちと派手にやりあうアクションにカーチェイスと
スカーレット・ヨハンソン、カッコイーです(^^ゞ

121437_gal.jpg

彼女の活躍と平行して、ノーマン博士(モーガン・フリーマン )の進化論、脳の科学の話、解説が入ります。
ルーシー(スカーレット・ヨハンソン)は自分の命が24時間しかないと分かり、
ノーマン博士とコンタクトを取る。
ここでのノーマン博士(モーガン・フリーマン)の存在はただいるだけで(失礼)・・・
まあー彼の場合はそれだけで価値ある出演者なのでしょうね。

脳の覚醒100%となっていく終盤は、あの名作「2001年宇宙の旅」のシーンを思い出しまして
実は、このシーンは退屈で苦手なシーンなんです・・ワタシ・・それと同じく退屈だった(笑)

脳が100%覚醒したら、「想像もつかない」とノーマン博士も言っていますが、
これは、こうなるというのを観るのではなくて、この脳が覚醒したら!
という発想自体が面白いなぁーと観た映画でした。

チラシから医学博士 脳科学者 「中野信子」さんの文章を抜粋します。
脳の可能性を感じさせてくれる<ルーシー>
「人類の脳には、普段はあまり働いていない部分が存在するということは事実です。
例えば車が街中を走るのに、搭載された全機能を使用する必要はありません。
高速のスピードを出す時や、馬力の必要な山道などのために力を隠し持っています。
それと同様に人間も力を発揮したい時のために、普段は脳に制限を掛けていると考えられます。
実際にアクシデントによって、脳にかけられたリミッターが外れ、高度な運動能力や絶対音感など
人間離れした才能を開花させる事例も確認されています。」

なるほど・・・
ワタシの場合はアクシデントが無くとも、普段もう少し脳を働かせたいと思いますが(^^ゞ
脳トレーニングが必要です。

10420784_730606320344624_7694915910061245671_n.jpg

Category : 映画(2014)
Posted by zukka  on  | 0 comments 

MR. TURNER (2014) Official HD Trailer

マイク・リー監督・ティモシー・スポール主演と・・(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-

今年の秋に英国で公開予定となっている映画予告編紹介をTwitterで見る.
「19世紀前半に活躍したイギリスの風景画家ターナーの伝記」




2014.カンヌ映画祭・男優賞「ティモシー・スポール」

『秘密と嘘』でカンヌ国際映画祭のパルムドールを授与されたマイク・リー監督が、
構想に10年を費やし英国出身画家の半生を描く。
詳細は明らかにされていないが、主演には同監督作御用達俳優のティモシー・スポールを起用。
本作の美術や光彩は、ターナーの作品から着想を得て構築しているという。
なお、同監督としては、『トプシー・ターヴィー』以来の伝記映画となる。
<cinematodayの記事より http://www.cinematoday.jp/page/A0004124>

さて、日本公開はありますでしょうか? いつでしょう?観たい!!

Category : 映画(雑記)
Posted by zukka  on  | 0 comments 

フライト・ゲーム(2014)

リーアム・ニーソン扮する航空保安官が、高度1万メートルの機内で
20分おきに乗客を1人ずつ殺害していく見えない敵に立ち向かうさまをスリリングに描く (allcinemaより)

と言うことで、予告編を見たときに面白そう~~と観てきました。

348415_02_01_02.jpg

NON-STOP

 一般の乗客を装い旅客機の警備に当たる航空保安官のビル・マークス。
酒が手放せず、決して品行方正とは言えない彼が今回乗り込むのは、NY発ロンドン行きの便。
大西洋の上空を飛行中の真夜中、機内ではほとんどの乗客が寝静まっていた。
その時、ビルの携帯に不審なメールが届く。
明らかにビルの行動を監視していると思われる正体不明の送信者は
“指定の口座に1億5000万ドル送金しなければ、20分ごとに機内の誰かを殺す”とビルを脅迫。
やがて思いもよらぬ形で1人目の犠牲者が出てしまう。
そんな中、犯人の指定する口座がビルの名義と判明、地上の保安局では
ビルこそが容疑者の筆頭と考え始める。
孤立無援の中、それでも見えない犯人の尻尾を掴もうと懸命に捜査を続けるビルだったが…。
<allcinemaより>

348415_01_02_02_20140911172547191.jpg

オープニングから、リーアム・ニーソン扮する航空保安官が怪しいんです・・・
何か問題を抱えているようで・・・お酒を飲み、飛行機に乗り込む。
その間、一人飛行機に乗る幼い少女にはとても優しい、心優しい人間であると印象付けられました。

その前、彼が搭乗するまでにスクリーンに登場する人物たち・・・彼らがキーパーソン・・・かと・・

ジェン・サマーズ(ジュリアン・ムーア)が最初から絡んで、良い人なのか? 
さて彼女は・・・と気になる。
航空保安官のビル・マークス(リーアム・ニーソン)は彼女は信頼できると、
全てを話し協力してもらうのですが・・・

犯人はこの飛行機の中にいる!?
さて、それは誰なのか・・・一緒にスクリーンを観ながら推理、探す、これがまず、面白いですよね。
そして、ここで乗客を救うただ一人であるはずの、航空保安官のビル・マークス(リーアム・ニーソン)が
ハイジャック犯とされてしまう展開。これも面白い。

20分毎に乗客が殺されていく・・・これを阻止しようと必死のビル・マークス(リーアム・ニーソン)が
阻止するのではなく加担してしまっているように進む。これも面白い。

348415_01_04_02_201409111725496cb.jpg

一体、犯人は誰なのか?
どのようにして、密室殺人、密室トリックを~~~ !?
怪しい人があちこちに・・・彼が!? 彼女が!?
彼は・・・違った・・・ホント!? と面白いですが・・こういう展開は結構ありますね。

犯人が分かり、犯行の動機も説明されますが、それがよく分からなかった(^^ゞ

終盤、飛行機自体が大変な危機に (ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-
原題「NON-STOP」、そのままで急降下、副操縦士さんの大活躍、アッパレΣd(゚∀゚d)ォゥィェ!!

ワタシの突っ込みは、これだけ凄い経験をして、幼い彼女は大丈夫なの Σ(゚Д゚;エーッ!
精神的ダメージが酷いと思うのですが・・そうでもない?

犯人探しが楽しめる映画だと思います。
飛行機のトイレを使用した人を要チェック!!
これだけでももう一度見たいと思いました・・・機会があれば、DVDでもう一度(笑)

感想として、主演のリーアム・ニーソンには悪いですが、感覚的にB級映画・・・それなりに楽しめました。
(上から目線で(´Д`;)ヾ ドウモスミマセン)

Category : 映画(2014)
Posted by zukka  on  | 0 comments 

「ワインカーニバルinおたる」「さっぽろオータムフェスト2014」

9月14日「第28回 北の収穫祭 ワインカーニバル in おたる」
小樽を一望する北海道ワイン本社醸造所前「ワインの丘」SL広場でワイン、
地ビールを片手に、ステージでのイベントや屋台をお楽しみください。
と言うことで、行って来ました。ワインを飲みに~~

バスに乗って小樽駅まで、駅からは無料のシャトルバスが出ています。
お天気が良くて、会場に到着した時は大勢の人で賑わっておりました。
しっかりとシート持参でいきましたので、隅っこの芝生でのんびりとワインを頂きました(^o^)

otaru11.jpg


おたるワイン、白・ナイアガラはやっぱり甘い!ですよね~~~
実は私たち苦手なんです・・・でも、欲張りなので苦手と分かっていながら飲む・・(^^ゞ
やっぱり、あまーい!!と辛口赤ワインと割って飲み干しました。
甘いのがお好きな方は美味しいと思いますよ・・お薦めです。

ボトル1本800円 (*´ェ`*)
2本目半分残して、札幌まで持参、大通りで空にしました(笑)



しっかり、湯原昌幸さん他のステージを楽しみました。
懐かしい・・・「雨のバラード」♪ 写真はトイレに行く時に撮ったもの。
自分たちが座っていた場所からはステージは見えず。音のみでも楽しめました(^o^)

otaru4.jpg


もうお開きの時間、皆さん、お帰りで・・・テーブル、椅子代わりに使用されたコンテナの会場・・
私たちも会場を閉会挨拶を聞きながら引き上げました。


会場を後に小樽運河へ

otaru2.jpg

小樽に来ると・・うに丼が食べたくなる (^^ゞ
小樽駅前の三角市場で閉店際のお店にて、いくら・うに丼ひとつを二人で頂きました。
今年はうにが不漁だそうで・・高い!です・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バスに乗り札幌へ 「さっぽろオータムフェスト2014」へ~~
公式サイト 9月28日まで開催しています。

実は昨晩、9月13日も行っておりました (^^ゞ
いつも行くのは「大通公園7丁目BAR」と「8丁目札幌大道ふるさと市場」ですが
凄い人、人で大賑わい(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-
13日は函館ワインを1本この会場で飲み、「10丁目驚きと発見の祭典 "Oh!ドーリファーム"」へ
ここで、日本酒にワインと頂いて・・この10丁目がお気に入りに~~~
ステージがあるんです♪ 生演奏を聞きながらのんびり出来る雰囲気でした。
そんなに混んでいなかったので ('-'*)フフ

なわけで、14日は小樽からの「さっぽろオータムフェスト2014」は10丁目会場へ
一番上の写真は8丁目ですが・・・その下2枚は10丁目。

sapporo6.jpg

「さっぽろオータムフェスト2014」は終了までもう一度は行くと思います(^ー^)ノ☆*.。

Category :
Posted by zukka  on  | 0 comments 

食べて、祈って、恋をして(2010)

ジュリア・ロバーツ主演映画「食べて、祈って、恋をして」がHuluで配信されていたので、
見てみました・・・前に映画館で予告編は見ていたのですが、見送った映画でした。

336557_02_01_02.jpg

ピザが~~~(笑) とっても美味しそうに登場するんです(´∀`;)
イタリアでの食事シーンは全てが美味しそう~なんですけど、
特にこのピザシーン・・・(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-
このシーンで空腹だった私は何年か振りに宅配ピザに電話 Σ(゚Д゚;エーッ!
途中から、ピザを頬張りながらの鑑賞となりました。
そうです・・・一時停止しながら、時に意識をなくしながら見たのでした。

336557_01_12_02.jpg

オスカー女優ジュリア・ロバーツを主演に迎え、ヒロインの再生を綴る大人のヒューマン・ドラマ。
女流作家エリザベス・ギルバートの世界的ベストセラーとなった自伝的小説を映画化。
女性ジャーナリストが忙しない日常を離れ、イタリア、インド、バリ島を巡る旅を通して
新たな自分を見出していく姿を各地の美しい風景と共に描く。
監督はTVシリーズ「NIP/TUCK」「Glee」のクリエイター、ライアン・マーフィー。
 ニューヨークでジャーナリストとして活躍するリズ。毎日忙しくも安定した結婚生活を送り、
その人生は順風満帆に見えた。
しかし、どこか満たされない思いを募らせていた彼女はある日、離婚を決意する。
そんな中で出会った年下の男とも長続きせず、恋愛依存ばかりの自分に嫌気が差すリズ。
そこで彼女は一念発起。思い切って仕事も男も絶ち、全てをリセットしようと、
イタリア、インド、インドネシア・バリ島を巡る1年間のひとり旅へ出ることに。
こうして、イタリアではカロリーを気にせずグルメ三昧、インドではヨガと瞑想に耽るリズ。
そして、最後に訪れたバリ島では予期せぬ出逢いが訪れるのだが…。<allcinemaより>

336557_01_14_02.jpg

もう~~~最高に美味しそうな、イタリアでの食事シーン↑ うっとりです。

ジャーナリストのリズ(ジュリア・ロバーツ)、仕事も男も絶ち、全てをリセットしようと、
イタリア、インド、インドネシア・バリ島を巡る1年間のひとり旅へ出ることに。
というお話なんですが、この原作小説は世界的ベストセラーになったとか!?

うーん・・・お話的には魅力を感じませんでした(辛口で(´Д`;)ヾ ドウモスミマセン)
きっと年齢的なものもあるのだろうなーと想像、若い時は私もいろいろ考えた(笑)
主人公リズの苦悩が感じられずに、何がなんなのよ==って感じでしたね。

イタリアの風景が素敵で、お料理が最高~~で、旅のガイド的に楽しみました。

イタリアの次はインド~~~インドといえば、私が嵌っている世界一周ブログたち、
読んだ記事たちのインドはみなさん、インド嫌い!が多くて(笑)
さて、リズの旅するインドはどんなの? と興味津々で見ていたら・・・
あら、どこかの教会にステイして・・・そこばかりですか・・・・
それも、楽しめましたが、インドの衣装は変わらず美しくて、雰囲気も独特。
祈りのパート、結婚相手が自分の意思とは関係なく決まっている少女との会話
自分とっての幸せとは何か考えることに・・
ここで出会う男性、リチャード・ジェンキンスとの会話も見所かな・・うーん多分。

336557_01_09_02.jpg

インドネシア・バリ島も素敵でした~~~何がって、リズが泊まっていたコテージ(〃▽〃)f
もう、彼女の悩みは知りません・・・殆ど、お話に嵌っておらず(^^ゞ
土地ごとにお相手の男性も変わり、会話もいろいろなんですが・・・

でもその中で、リズが人助けをするお話は、結構ジーンとしました。

ラストはどうなったのだったか・・・よく覚えてないのは・・意識を失ってた!?

336557_01_02_02.jpg

空腹時を避けて、DVD鑑賞を~~

Category : 映画(DVD)
Posted by zukka  on  | 1 comments 

サツエキグルメLIVE

さっぽろオータムフェストの特別会場に来ています。
札幌駅南口広場 詳しくは→ HP
ここは大通り会場に比べると空いてます。LIVEもあって、いい感じ~(^ ^)

セイコーマートWine Bar目当てで来ました。
お手頃価格で色々な種類のワインをいただけます(((o(*゚▽゚*)o)))

ここ穴場ではないかなー(笑)




3種飲み比べ、違うような、正直、違いが分からないです(~_~;)

〆に東北グルメコーナーから
福島の「喜多方ラーメン」を頂いて帰ります。

Category :
Posted by zukka  on  | 0 comments 

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014)」 「アバウト・タイム ~愛おしい時間について~(2013)」

先週、今週と2本映画を観ました。
両方ともとても面白かったです!

映画について書く気力が出てこなくて・・・書くのを止めようかな・・と思ったのですが
とりあえず、観たこと面白かったことは記録しておこうと思い、簡単に書くことにしました。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014)」

349437_02_01_02.jpg

面白かった~~ 単純にコミック映画として楽しめた。
3D IMAXで観ようと思ったけれど、上映時間が合わなくて2Dにて。

ひょんな成り行きから銀河の平和を守るために立ち上がったはみ出し者ヒーローたちの活躍を、
主人公が肌身離さず持ち歩くウォークマンから流れてくる
70年代懐メロ・ヒットナンバーの数々とともに迫力のアクションとユーモア満載に描く。
<allcinemaより> と言うことで、この懐かしの洋楽ヒットナンバーが良かったです~♪

ケンカばかりしている彼ら個性派!? 駄目な集団!?がなんだかんだと
協力し合い最強チームになっていく展開はユーモアがたっぷりの笑いがあって、
ベタなところが泣けたりと・・・どんどん好きになる作品。

349437_01_01_02.jpg

お気に入りは、グルート 木 なのです(^o^)
349437_01_08_02.jpg

彼は「私はグルート」しか話せないのだけど、いろんなことができるんですよね。
自分を犠牲にして仲間を助ける・・・泣けた (ノ_・、)

Ain't No Mountain High Enough」♪が流れて
小さなグルートが踊るラストは最高に好きなシーンだったなぁー。

何気にケビン・ベーコンの名が何度も出てきて、「フットルース」について語る。
これがここで~~とニヤリとできるシーンに繋がり・・・アクション以外も楽しめる。

続編もこのチームで活躍してくれるのかしら? 楽しみ~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「アバウト・タイム ~愛おしい時間について~(2013)」

349124_02_01_02.jpg

このポスター、どんなシーンなのかしら?と観る前に気になっていたのですが、
観ておお~~~このシーンね~~最高に素敵なシーンでした。
笑って、ジーンとして心に残る素敵な場面でした。

「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督が贈る
タイムトラベル・ロnマンティック・コメディ。
代々、タイムトラベルの能力を持つ家系であることを知らされた青年が、
過去を変えて思いを寄せる女性との関係を進展させようと悪戦苦闘する中で、
やがて人生のかけがえのなさを学んでいく姿をハートウォーミングに綴る。
主演は「アンナ・カレーニナ」のドーナル・グリーソンと「きみに読む物語」のレイチェル・マクアダムス、
共演にビル・ナイ。<allcinemaより>

レイチェル・マクアダムスが凄くチャーミングでした。

そして、ビル・ナイが良かった~~~今回は父親役。
この父と息子が普通にさり気ないのだけど、ジーンとしてホロホロとなるんですよね。

349124_005.jpg


もちろん、音楽は外せません。良いんですよね~~~♪

「残り24時間しか生きられないと告げられたら何をする?」。
友人と交わしたこの何気ない会話をきっかけに誕生した本作は、
「時間を巻き戻せたら違う道を選んでいた」という、生きていれば誰しもの頭を幾度かはよぎる
こんな思いをベースに、恋人、友人、そして家族というかけがえのない人たちへの愛を解く人生讃歌。
<公式サイトより>

ここ大好きです。 笑った、笑った (^o^)
349124_004.jpg

 「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督作品だわーと納得の
ハートフルな愛がいっぱいの映画でした (*'Ⅴ`*)Happy☆

『ラブ・アクチュアリー』から始まった名優ビル・ナイとリチャード・カーティス監督の友情!

Category : 映画(2014)
Posted by zukka  on  | 0 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。