気ままに綴りたい |

薄氷の殺人(2014) (白日焔火 BLACK COAL, THIN ICE)

 2014年のベルリン国際映画祭で金熊賞(作品賞)と
銀熊賞(主演男優賞)の2冠に輝いた中国発のノワール・ミステリー。

奇妙と言うか不思議な魅力を感じる映画でした。
どう説明したらよいのか・・・上手く書けないのですが、面白い?と聞かれると、面白いと返答しますね。
随所に出てくる意外で突飛なシーン展開・演出が凄い魅力と言うか・・やはり面白い映画です。

350405_02_03_02.jpg

1999年、夏。中国の華北地方で、15ヵ所の石炭工場からひとりの男のバラバラにされた死体の一部が次々と発見される。捜査に当たるのは、妻との離婚問題に頭を痛めるジャン刑事。
やがてトラック運転手のリウ兄弟が容疑者に浮上するが、逮捕時の銃撃戦で射殺されてしまう。
ジャンは真相を解明できぬままやがて警察を辞すことに。
2004年、冬。かつての同僚から5年前と同様のバラバラ殺人が2件発生したことを聞きつけたジャン。
どちらの被害者も、5年前の被害者の若き未亡人ウー・ジージェンと関係を持っていたという。
独自に調査を開始し、疑惑の女ウーに近づいていくジャンだったが…。<allcinemaより>

ジャン刑事の人柄が最後まで掴めなかったなぁー。
彼と彼の妻の別れのシーンから始まるのだけれど、別れる間際まで力ずくで妻に追いすがるジャン。
バラバラ遺体が発見された石炭工場で話を聞くジャンが足元にあったビンを蹴飛ばす。
ここから想像できるのは、気性の荒い乱暴な刑事か・・・。

容疑者が浮かび逮捕となったときに、意外な突飛な展開で起こる銃撃。
350405_006.jpg
衝撃的でした。
同僚が撃たれ死亡、容疑者も死亡、ジャンも撃たれる。

350405_005.jpg

トンネルを抜けると2004年、冬・・・・・。

ジャンは刑事を辞めてどこかの警備員になっている。

登場人物が自分の心情を表す台詞はなく、物語を語ってくれる台詞もない。
2004年冬のジャンは太り、1999年夏のジャン刑事と直ぐには結びつかなかった・・・
この辺、チョット取り残されそうになる感じありで、難しい・・と心をかすめる (^^ゞ
その後も、取り残されそうになりつつ必死についていくワタシですが、そんな映画でもあるかと思います。

全ての事件に繋がってくる若き未亡人ウー・ジージェン、演じるのはグイ・ルンメイ。
彼女は「海洋天堂」のリンリン。大人気の女優さんのようですね。
クリーニング店で、夫が殺されたと知り泣いているウー・ジージェン、この時は顔は見えず
彼女のほっそりとした長い足が美しくて印象的でした。

350405_004.jpg

ジャンが独自に捜査を開始し、ウー・ジージェンに近づいていく。

屋外アイススケート場、ジャンが彼女を延々と追う・・・息が詰まるような緊張感。
アイススケートエッジの恐怖感、この一連のスケート関連シーンはお見事だと思う。
舞台となっている中国の華北地方、極寒の風景と彼らの白い息とともにじわりじわりとます緊迫感。

ワンシーン、ワンシーンに目が離せないというか惹き付けられるんです。

ラスト、盛大に打ち上げられる「白昼花火」これがまた凄い。
強烈な印象を残してくれます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<『薄氷の殺人』ディアオ・イーナン監督、中国の映画作りを語る>から
一貫して自分が描きたいと思っていたのは、人生に失敗した人物であり、
現在の中国社会への批判的な視点であり、人間性を探求することです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昔の日本の空気感を感じるようで、そんなところが惹き付けられる理由かもしれません。

私が好きなジャ・ジャンクー監督作、そしてこのディアオ・イーナン監督作と独特の魅力があります。
見逃せません。

Category : 映画(2015)
Posted by zukka  on  | 2 comments 

コメディ映画はちょっと・・苦手だったかも・・

7日、雪祭り会場を眺めながら、映画を観に。

今年の大雪像の「スターウォーズ」、映画好きには感動もの~~です。
「ダース・ベイダー」「ストームトルーパー」宇宙戦闘機「タイファイター」、宇宙要塞「デス・スター」

DSC04938.jpg

映画を観終えて、また雪祭り会場を通る。
大雪像「春日大社・中門」プロジェクションマッピングも見てきました。

観た映画は「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密(2015)」です。
キャストにジョニー・デップ、グウィネス・パルトロー、ユアン・マクレガー 、ポール・ベタニー
と観たくなるような顔ぶれ・・・で、予告編を観た感じも面白そうな・・・
まあーこの時に「コメディ映画なのね~」と呟いていたワタシですが(^^ゞ

350275_02_01_02.jpg

辛口の感想になります。と言うか、ワタシには合わない作品だった(^~^;)
ジョニー・デップが頑張っているのはすごーく伝わってくるんです。
そして、ここで笑わなくっちゃ!と思うところも分かるんですが・・・笑えない(゚д゚lll)
作品の問題では無くて、私の問題なのかなー!?
ちなみに一緒に観ていた夫は寝てました (^^ゞ
早くおわらないかなぁーと思いながらスクリーンを見つめていたのは・・超久々でした。
辛口で(´Д`;)ヾ ドウモスミマセン
唯一、良かったと思ったのはポール・ベタニーです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1月に観ていた2作品。

トラッシュ!-この街が輝く日まで-(2014)

350542_02_01_02.jpg

脚本がリチャード・カーティスだということで、楽しみにしていた作品でした。
凄く良かったです(^o^) 
実話なのかなーとも思ったのですが、実話ではありません。
けれど、こうしてゴミ山で暮らす子供達がいるんですよね。
映画ならではハッピーエンドで、おすすめ映画です~~~(*´∀`*)

百円の恋(2014)

350341_01_01_02.jpg


デート用のこのワンピース・・・これがまた・・・いい雰囲気出してます・・(笑)

安藤サクラが凄い!凄いです!!
この映画、良かった!
ヒラリー・スワンクも負けます。

Category : 映画(2015)
Posted by zukka  on  | 2 comments 

突然出てきた映画の・・・ (o''д''o)

歯磨きをしながら、いろいろと考えていたら・・突然頭の外(変な表現ですが)から
「エ(へ)ーイ・・」と聞こえてくる。正確には聞こえて来たわけでは無くて(^^ゞ
ワタシの心が「エ(へ)ーイ・・」と言っていたのだと思いますが (笑)
その「エ(へ)ーイ・・」が何のものか、思い出すのに暫くかかって・・
思い出しました!! 「恋する惑星」のフェイ・ウォンの「エ(へ)ーイ・・」です。
この映画は大好きで、トニーレオンも大好きですが ヾ(;´▽`A``
この「エ(へ)ーイ・・」も大好きなんですよね (;¬∀¬)ハハハ…
何気に突然、出てくるもんで・・自分も驚きました。



フェイ・ウォンが「あんたは何が好きなの?」と聞くと
トニー・レオンが手で呼んでフェイ・ウォンの耳元で「シェフ サラダ」と
それにフェイ・ウォンが「エ(へ)ーイ・・」と・・ここがお気に入り~~(笑)

しょうもない話で・・(´Д`;)ヾ ドウモスミマセン

Category : 映画(雑記)
Posted by zukka  on  | 7 comments 

アンディ・ラウ「回家的路」

Twitterを見ていたら、目に留まったこの記事

「アンディ・ラウの歌が「泣ける」と話題、帰省ラッシュの空港や駅でヘビロテ中―中国」

そうそう、中国はそろそろ旧正月ですよね・・・ここ札幌への観光客も多くなるということです。
Σ(o''д''o)ハッ!! 話はその事ではなくて、アンディ・ラウ主演、新作映画の話です。

アンディ・ラウ(劉徳華)が農村男性をリアルに演じて話題の映画「失孤」が、
中国で3月20日から公開される。

imgout (1)


と、↓この記事もありました。
「農村男性すぎる」アンディ・ラウの姿が話題、映画「失孤」スチール公開―中国

劉德華 Andy Lau - 回家的路 Official MV 官方完整版 [HD]


歌・・劉德華 Andy Lau  作詞・・劉德華 Andy Lau
ジーンと泣けますね・・・この歌・・・
日本公開はあるのか? いつか? 楽しみです~~


アンディ・ラウときたら、やはりトニー・レオン
彼の映画は~~~?
1月11日(日)、北京にてトニー・レオン主演、新作映画「擺渡人」の記者会見があったようで・・
旧正月明けにクランクインする予定だそうですが・・・
とすると、劇場公開はまだまだ先の話ですねε=(・д・`*)ハァ…

最近のトニー・レオンの姿はこの記事の写真で・・
「チョウ・ユンファがトニー・レオンを「捕獲」=「神ショット」が話題に―台湾メディア」

imgout.jpg
チョウ・ユンファもお元気そうで ('-'*)

Category : 映画(雑記)
Posted by zukka  on  | 2 comments 

「Cha Seung-Won FAN MEETING in JAPAN」 Valentine's Day」Special」

2月14日は東京でチャ・スンウォンのファンミがあったんですよね。

(ちなみに、パク・ユチョンは中国・成都でファンミでございます。)
 
こんな時、いつも思うのは・・東京に住んでいたなら・・絶対!?行ったのにと。
今回は旅行後でもあるので、暫くはおとなしくしていよう・・と自粛 (^~^;)
(家族から当たり前!と聞こえてきそう・・笑)
空を飛んでいくのは諦めました・・です。

スン友さん、皆さん楽しまれたのだろうなぁー羨ましい~~です。
Twitterなど見てましたら、凄く良いファンミだったようで、MCは古家さんだったんですね。
いつも古家さんでいいですよね~~盛り上がったことでしょう。
秋山さんとグンソク君もいらしてたとか・・。
スンさん、客席を回ってくれたそうで・・・私、最初のファンミを思い出しました♥(。→v←。)♥ ~~

続きにファンミの記事をφ(.. )

Posted by zukka  on  | 2 comments 

フォックスキャッチャー(2014) FOXCATCHER

2月23日発表となるアカデミー賞では5部門にノミネートされている話題作。
公開初日に観てきました。

土曜日なのもあってか観客は男性が多かったです。
レスリングが題材の作品ですから男性向けかもしれませんね。
実際、レスリングに興味の無い私は、レスリングシーンは?でいい加減に観てましたし(^^ゞ

この映画、見終えてしばらく考え込んでしまいました・・・。

エンドロール中に席を立つ人がいないのも驚きでした。
「シアターキノ」でしたが、いつも何名かは本編が終わって直ぐに席を立つ人が居るのに・・

350749_02_01_02.jpg

「カポーティ」「マネーボール」のベネット・ミラー監督が、実在の殺人事件を題材に、
レスリング五輪金メダリストとそのパトロンとなった大富豪が悲劇の結末を迎えるまでの
心の軌跡を描き出した戦慄の実録人間ドラマ。
主演は、その鬼気迫るシリアス演技で新境地を見せ、高い評価を受けた「40歳の童貞男」
「リトル・ミス・サンシャイン」のスティーヴ・カレル。
共演にチャニング・テイタム、マーク・ラファロ。
 1984年のロサンジェルス・オリンピックで金メダルを獲得したレスリング選手、マーク・シュル。
しかし、マイナー競技ゆえに生活は相も変わらず苦しいまま。
同じ金メダリストでマークが頼りにする兄のデイヴも、
妻子ができて以前のように付きっきりというわけにはいかない。
いまや、次のソウル・オリンピックを目指すどころか、競技を続けるのもままならなかった。
そんな時、アメリカを代表する大財閥デュポン家の御曹司ジョン・デュポンから、
彼が結成したレスリング・チーム“フォックスキャッチャー”への参加をオファーされる。
この願ってもない申し出を快諾するマーク。
最先端トレーニング施設を有するデュポンの大邸宅に移り住み、
ようやくトレーニングに集中できる理想的な環境を手に入れたかに思われたマークだったが…。
<allcinemaより>

実際にあった事件なんですね。私はよく知らなくて (^^ゞ 映画を観る前も調べませんでした。
ですから、いつ金メダル選手が御曹司に射殺されるのか?
どんな理由であったのか?
興味深く観ました。


主役はジョン・デュポン役のスティーヴ・カレルなんですね。

350749_01_15_02.jpg

オープニングに登場するのも、ラストに写るのもレスリング選手、マーク・シュルなので
マーク役のチャニング・テイタムが主役だと思ってましたら、アカデミー賞のノミネートでは
主演男優賞でスティーヴ・カレルだったので・・・そう知るとなるほどでまた納得です。

350749_01_03_02.jpg

そしてマーク・シュル(チャニング・テイタム)の兄デイヴ役にマーク・ラファロ。
このマーク・ラファロが助演男優賞ノミネート。
チャニング・テイタムの演技も素晴らしいと思ったのですが、ノミネートならず・・残念。
ひとつの映画から助演を二人は無理なんでしょうね。

レスリング選手を演じたチャニング・テイタムとマーク・ラファロ。
競技選手特有の細かな特徴まで出して、お二人本物のレスリング選手にみえました。

ジョン・デュポン、お金で何事もなしてきた人物、金があっても愛情を感じずに生きてきた人生、
コンプレックスを持ち母親に固執するマザコン。
感情を押し殺した表情と不気味な人物を演じるスティーヴ・カレルが見事でした。

俳優達、三者三様に素晴らしい。

ジョン・デュポンが殺害に至った動機がスンナリと入ってこなくて、観終えた後考えてしまいました。

なんとも・・痛ましい衝撃的な話で重たいですが・・印象的な映画です。

ジョン・デュポンwikipedia

Category : 映画(2015)
Posted by zukka  on  | 0 comments 

Vancouver (バンクーバー 2014.12.6)

バンクーバー2日目。

Category : 未分類
Posted by zukka  on  | 0 comments 

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015

映画祭は2月19日~23日。
私は、今年も土(21日)・日(22日)のみですが行行きます。

DSC04956.jpg

今日21日は午前10時からの日本映画「くちびるに歌を」スタートに
アカデミー賞ノミネート作品「博士と彼女のセオリー」「バードマン」
そして、キム・ギドク監督作「ONE ON ONE」と4本観て来ました。

会場に到着すると、
お馴染フジテレビアナウンサー笠井さんと軽部さんが撮影中。
DSC04966.jpg

笠井さんは、例年通り映画の解説をしてくれます。これも毎年、楽しみの一つです。

映画本編前に流れる映像、映画祭のプロモーションビデオかな?これ面白い、良かった(^o^)
DSC04979.jpg

アカデミー賞の発表時期と重なる映画祭、そして招待作品もアカデミー賞ノミネート作品が多い。
今年も公開前にノミネート作品を観ることが出来て嬉しい~~
実際にアカデミー賞受賞予想に力が入ります(^^ゞ

今日観た2本「博士と彼女のセオリー」「バードマン」どちらもなるほど~の作品で・・・。

ストーブパティーはいつも大人気。
DSC05000.jpg

↑ここに参加するのは諦めて・・

今日最後の招待作品「ONE ON ONE」を観る前に、こちらの屋台でラーメンを食べました(^o^)
DSC05001.jpg

DSC05003.jpg

DSC05004.jpg

それから会場中でピザまんも・・・(笑)

観た映画4本と明日観る予定の何本か・・については別に書きたいと思います。

<3月7日追記>
招待作品部門からキム・ギドク監督作「ONE ON ONE」
オフシアター・コンペンション部門からナム・ギウン監督作「MIZO」
2本の韓国映画についてはここでチョットメモして終了にします。

感想は・・なんでまた・・・ここまで強烈なのばかりか・・・(-"-;)
独特のバイオレンス描写は、韓国映画ならでは・・特徴と、すっかり定着してしまいました。

この2作品日本での劇場公開は多分無いのでは!?・・・と思いますがどうでしょう?
なので今回、ゆうばりで観られたことは貴重だったと思います。
キム・ギドク監督苦手な私は多分劇場に自ら足を運ぶことは無いでしょうから。

「ONE ON ONE」は解説抜きでは到底私には理解できない作品でした。
解説を聞いてなるほど~~と納得いたしました!

「MIZO」については、苦手ですね・・・やっぱり・・ラストは観られませんでした。
分からない文章で(´Д`;)ヾ ドウモスミマセン

参考リンク↓
キム・ギドク監督、謎の自警団を描いた新作サスペンスを語る【第19回釜山国際映画祭】

MIZO/MIZO
Mizo AsianWiki

Category : 映画(2015)
Posted by zukka  on  | 0 comments 

「くちびるに歌を」 (ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015)

2月21日(土)映画祭にて1本目に観た映画、「くちびるに歌を」。

いい映画でした~~~涙ボロボロ ( ;∀;) でした。

アンジェラ・アキの『手紙 ~拝啓 十五の君へ~』この合唱が素晴らしい・・。
また、改めて思いますがいい歌ですね♪


映画『くちびるに歌を』予告編


全国学校音楽コンクールの課題曲となったアンジェラ・アキの『手紙 ~拝啓 十五の君へ~』をモチーフに、
人気恋愛小説家・中田永一が原作を書き下ろし、「僕等がいた」「陽だまりの彼女」の
三木孝浩監督で映画化した感動の青春ストーリー。
長崎県の五島列島を舞台に、臨時教師として小さな島の中学校にやって来た女性ピアニストと、
コンクールを目標に練習に励む合唱部員たちが、それぞれに事情を抱えながらも、
合唱を通じて自らの葛藤と向き合い、成長していく姿を描く。
主演はTV「リーガル・ハイ」、「トワイライト ささらさや」の新垣結衣。
 長崎県の離島にある中五島中学校。産休に入る幼なじみの音楽教師・松山ハルコの代理として、
東京からやって来た美人ピアニスト、柏木ユリ。
さっそく合唱部の指導を任されるが、まるでやる気なし。
伴奏のピアノを弾こうとしないばかりか、彼女目当ての男子を入部させてしまい、
気心知れた女子だけでがんばってきた部長のナズナは猛反発。
一方、引っ込み思案の新入部員サトルは、ボーイソプラノの片鱗を見せるが、
家庭の都合でなかなか練習に参加できない。
そんな中、コンクールの課題曲『手紙 ~拝啓 十五の君へ~』にちなんで、
生徒たちに15年後の自分に手紙を書くよう宿題を課す柏木だったが…。 <allcinemaより>

T0019346p.jpg



舞台となっている五島列島、美しい~~~ですね~~。
要所、要所でこの美しい景色が心に沁みる台詞やシーンと合わさって印象的です。

臨時教師としてやってきた主人公の美人ピアニスト、柏木ユリ。
なにやら訳ありな・・・ここに来る前に何があったのか・・心の傷は・・
そんな彼女の合唱部での指導はやる気全然なし、アッチの方を向いての言いたい放題。
このやる気なし態度とボロボロ錆だらけの車に乗っているところなんか笑えます。
先生はこんな調子ですが・・

ここに登場する中学生は大らかで明るい素直な雰囲気。
生徒同士の暗い陰険な人間関係は一切登場しない。
元気でやる気満々の生徒たちですが
実は、リーダーで元気いっぱいの仲村ナズナも大きなものを抱えていたんですね。

宿題の「15年後の自分へ手紙を書く」、この宿題の手紙を提出したのは、
自閉症の兄の世話に責任を感じている桑原サトルだけでした。
彼の手紙は衝撃的でした・・・このシーンでボロボロ泣きましたワタシ(^^ゞ

サトルの自閉症の兄が機嫌の良い時に言う「ボーッ、ボーッ」と汽笛の音、前進・前進の合図。
ナズナが小さい頃のお母さんとの思い出と絡まって幸せなストーリーになっています。

合唱のシーンはどこも素敵です。
やはりラストシーンは感動的ですね♪
(この最後の歌のシーンは、撮影しているカメラマンも泣いていたという裏話を聞きました。)



アンジェラ・アキ「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」MV 映画ver.


ゆうばりには向井ケイスケ役の佐野勇斗君が来ていました。
最後にゆうばりの中学生達が合唱を披露、彼も一緒に歌ってくれました。

DSC04977.jpg

2月28日(土)公開

Category : 映画(2015)
Posted by zukka  on  | 0 comments 

実際の事件を基にした舞台を映画化!映画『海にかかる霧』予告編

シネマトゥディのページも出来ましたね~ ここ
公開が近づいて来ました! と言っても1ヶ月以上ありますが・・(^^ゞ

予告編もバッチリです(^o^)

Category : 映画(2015)
Posted by zukka  on  | 0 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。