気ままに綴りたい |

上品な彼女「第13話」

9001.png

ボクジャの車の前に現れたのはク・ボンチョルだった。
車に同乗させ駐車場を出ていく。

ボクジャは冷たくク・ボンチョルを無視した。
先にパク・ジュミに脅迫され不安な気持ちをボクジャに見せるが
彼女は彼に毒舌を浴びせる「以前の私とは違う」
確信を持つために、お金を要求するポンチョルに言う彼女の冷たい言葉。
「上流で遊ぶ人は体の中の血が違う」と
「彼らは頭を使うところが違って、つまらないところに絶対にお金を使わない。」
「私があんたになぜお金を与えなければならないか」と、
ポンチョルを人情を施すように見て小金を投げるボクジャ。

Screensho49.jpg

アジンがいない間に、ソンヒとジェソクが自分たちの居住問題を相談、
愛していると話しているのを聞いたアジンは腹が立って。

Screenshot2017_20170801080416ba8.jpg
Screenshot201707.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ソ代表はアジンにギャラリーアートコンサルティングを提案する。
ギャラリーで自分の仕事を手伝って欲しいと言う。
離婚までしようと、勇気あるアジンを見て
自分がアジンを必要で、お願いすると話す。
アジンもそうすると答えた。

Screenshot201728.jpg

Screenshot201756.jpg

ユン・ソンヒの絵画の値がさらに上がったという話に喜ぶアジンを見て
いぶかしがるソ代表だった・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長男嫁の電話を受けて、家に訪ねて行くアジン.
ボクジャへの殺人未遂で拘束された夫ジェグを助けて欲しいと
アジンにお願いするパク・ジュミ。
息子ウンギュに関わると涙声で話す
ジュミの言葉の意味を理解するアジン.
彼女は一緒にいた時は分からなかったが
離れるとお互いに何となく寂しいと惜しむ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アジンは義兄ジェグの和解のためにボクジャの事務室へ

Screenshot201711.jpg

和解は出来ないと言うボクジャに
「なぜ和解できませんか?」
「そうできない理由でもありますか?」と聞く
この言葉にボクジャは理由があったが、アジンのために和解すると話す。

Screenshot201701.jpg

行こうとするアジンに離婚しても、このように時々顔を見せてと言うボクジャに、
アジンは「なぜ私が」と言う、ボクジャもまた「そう出来ない理由があるのか?」と応酬した。

Screenshot201747.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

パク・ジュミはボクジャがいない間、ボクジャのメイドチョン・パンスンに
自身のルビーの指輪を与え味方に引き入れる。

Screenshot58.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ボクジャは大学院で知り合ったたハン・ミンギと会い
昼間から酒を飲み、内密な話をする。

Screenshot09.jpg

ハン・ミンギは大成パルプ副会長になったボクジャに
ファンド集いを薦め、会社を売却して大きな会社に成長したという話をし
「7王女会」で会社を育ててみようと言う。
その提案にボクジャは心が傾く。

Screenshot41.jpg


このハン・ミンギ、怪しい感じがするんですけど・・大丈夫なのかな・・!?
ボクジャは今までの味方を簡単に敵に回してしまいました・・それも心配 (^^;


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジェソクは久しぶりに娘ジフに会って、以前のように接するが
全てに冷たく対応するジフ。

Screenshot40.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

弁護士カン・ギホの元へ離婚訴訟の相談にやって来たアン・ジェソク
彼はカン・ギホが妻アジンの担当弁護士とは知らず
弁護士を紹介して欲しいと仲間に話したところ、まわりまわって
アジンの紹介が彼の所へ戻ったという・・(笑)

Screenshot51.jpg


書類を見て彼がアン・ジェソクと分かった時点で引き受けられないと
拒絶するカン・ギホ弁護士
訳が分からず、悔しい思いをしながら引き上げるアン・ジェソク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

久しぶりに会社に出勤したアン会長を訪ねてきたボクジャ
自分自身には会社の持分が無いと訴え、すねる彼女にアン会長は.
「分かった。 分かった!」株式持分を与えると言う。
それに、愛嬌一杯にふるまうボクジャだった。

Screenshot34.jpg
Screenshot35.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アジンとソンヒは絵画の持分について言い争うが
家問題が解決されれば絵画を戻すというアジンと今くれというソンヒ。
世の中のどこにもいないソンヒの素敵な男、ジェソクの解決方法は
ソロモンのように絵画を半分で分けて、半々ずつは・・
と言うのに、ソンヒは彼を殴っている。
「遊んでいるよ」といいながら厭きれるアジン。

Screenshot28.jpg
Screenshot29.jpg
Screenshot30.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

譲る人もない会社を整理して現金化して持って人生を楽しもうとポクジャは会長へ話す。

1970.png

大成パルプ株式を妻パク・ボクジャに渡して最大株主になるようにした。 アン・テドン。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

離婚調停が始まったアジンとジェソク

Screenshot355.jpg
Screensho356.jpg
.
責任感が強くて家庭と不倫の2つとも維持すると言うおかしな倫理のジェソク
妻子も内縁の女も2つとも捨てることができないという。
調停委員も調整が不可能だ、裁判になりますと言う。
ジェソクは調停委院を変えなければならないと・・・(◎_◎;)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

調停が終わり、カン・ギホがアジンを外で待っていた。
その時初めて事態把握できた、情けないジェソク。

Screenshot423.jpg

アート コンサルタントという新しい人生を始めたアジン。
美貌と見識を兼ね備えていると称賛される。
顧客に靴のデザインも引き受け、楽しそう。

Screenshot127.jpg
Screenshot128.jpg
Screenshot129.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アン会長は秘書を呼んで、
「株式の全額を副会長バクボクジャに贈与する。
今、大株主は、パクボクジャに変わる。後に株式を売却だ」とし
「対外秘ですから慎重に進めてください」と注文した。

書類にサインするパクボクジャ

Screenshot148.jpg
Screenshot149.jpg
Screenshot150.jpg

アジンとボクジャ、それぞれに違う人生のスタートでしょうか・・・

Screenshot151.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Posted by zukka  on  | 0 comments 

上品な彼女「第14話」

s300.png
s301.png
s302.png
s303.png
s304.png
s305.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

株が自分の物になった途端、会長への態度も冷たくなったように感じるのは
会長自身も・・・?

ボクジャは会長を見送った後直ぐにハン代表に電話をし、
明日「7王女会」に出席すると話す。

s306.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本の客にデザインした靴をとても喜んでもらえ、更にアジンのバックを見て
自分に似合うバックも作って欲しいと依頼されたアジン
張り切って、デザイン作業に取り掛かる。

Scr501.jpg
Scr502.jpg
s307.png

この時に流れるOST Part4「信じたくなくて」がいい♪

・・・・・・・・・・・・・・・

アジン宅の家政婦とやりあって顔にあざを作ったソンヒは
家政婦を告訴すると言う。
いくら払えばこの家から出ていってくれるか?
いくら欲しいの?とアジンに聞くソンヒ

Scre60.jpg

私はアーティストであなたとはレベルが違う
欲しいだけのお金をあげるからこの家を出ていけ、
この家に合うだけのお金をあげると言うソンヒに
「やー!妾!」と反撃開始のアジン!
ソンヒの厚かましい態度に取り合いもしないアジン。

Scr32.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新メイド、チョンバンスはアン会長にボクジャの過去を打ち明ける。
白血病の子どもがいたと言うのは本当か?と聞く会長に
いいえ、それも嘘と答え、
彼女を信じないでください、横に置かない方が良いと話すバンス。

Scre61.jpg
Scr62.jpg

ボクジャはハン代表とワインで乾杯
株を譲渡されたことは次男しか知らない、だが
会社を売却するとは思っていないはずと笑うボクジャ

s308.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ソンヒはジェソクにあの女と私、二つのうち誰を選ぶか尋ねて怒る。
彼はアジンは太陽、ソンヒは月という言葉に
太陽を捨てろと言う彼女。
ジェソクは父がボクジャに株式をみな譲渡して
財産がみな移ることになって頭が痛いという。
その間何をしてたのよ?と殴って言うソンヒに
ジェソクは君と愛し合っていた、会社より君を選んだ・・・(;'∀')

Scre62.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

会長は今までの事を思い出し、もう遅い・・・とため息をつき1人眠る。

2001.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7王女会
上流層私募ファンドの会

3501.jpg
2002.png

新入会員になったボクジャは骨相学専門占いによる新入会員テストを受ける。
いきなりボクジャの頭を押さえてぐりぐりとテスト Σ(゚д゚|||)
結果は「入会させる!」と指示する。
ビックリ、ショックを受けるボクジャ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アジンの家にやって来た婦人会会長とその他役員たち

8010.jpg

「本当なの?」
「この家に本妻と妾が一緒に住んでいるんですか?」
この事実がインターネット コミュニティにも
上がってきたという。

5020.jpg

申し訳ありません、どうぞ上がってください。
お話しましょう。と優雅に対応するアジン。
当惑する役員たち。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジフと一緒の父ジェソク
今日はどんな音楽を聴いているのか聞くと
父が好きな曲を聴いていた娘ジフ
好みの音楽じゃなかったはずと言う父に
「パパを理解しようと思って」と答える娘ジフ
思わず涙ぐむ父ジェソク。

456_201708011541048f5.jpg
457_20170801154106c7f.jpg

食事をして、ジフにすまないと謝る父
娘ジフはエンゼルとグレーテルの父もシンデレラの父も何か理由があったのでしょう。
パパにも理由があるのでしょう。と・・・いつも賢い娘 ( ;∀;)

20021.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1999.png
1998.png

7王女会の帰り車の中でつぶやくボクジャ
「ただの金持ちってだけだ」「下流人の生き方」

1997.png

前にアジンに聞かれたことを思い出すボクジャ
「欲しい物は何?」

1996.png

アジン、今私ははっきりと答えるわ
「現金!」
「上流社会とか意味ないわ、ただ現金よ現金」

1995.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

家の名義の件でジェソクに言い迫るソンヒ母娘
ジェソクは話があると席に着くが

000001.jpg

話始めようとすると、ピンポンパンと放送が入る。

アジンが住民に向けての謝罪アナウンス
303号室で本妻と妾が一緒に住んでいることの噂に対して
早く解決するべく明瞭に述べるアジン(笑)

000002_2017080116111576a.jpg

役員たちに自分の事を話、味方に付けたアジン、ナイス(^▽^)/

もう、恥ずかしくて住めないと泣き崩れるソンヒ。

1994.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ニュースでは、ボクジャが会長の株を受け継ぎ
会社のオーナーになったと報じられた。

1992.png
1991.png

会社持分をボクジャに全部渡したという記事を見た二人の嫁は
びっくりする。

0000000009.jpg
0000000008.jpg

この事実を何も知らない兄妹は自分勝手なことを言ってますが・・・

0000000007.jpg

ボクジャは会長に何も心配いりませんよ。
私が最後まで上手くやりますから

1990.png

もし、私たちが会社を売ったなら、悪く言われるのはあなたではなく
絶対に私が言われます。
分かっているよ、ボクジャを信じていると会長

1989.png

ボクジャは、「会長といつまでも共に幸せに生きたいんですよ。」
会長も「私もだ」
ボクジャは言う「だけど、人生は思い通りにはならないものなんですよ」

1987.png

「ありがとう」とボクジャ・・

1986.png

このボクジャは怖い・・・人生は思い通りにはならないんですよ・・って
会長に言っているんだ・・ ((((;゚Д゚)))))))
でも、それが自分に返ってくることになるんだよね・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ボクジャが出て行くとチョン・バンスンと出会う。
自身の秘密を口外したことを感づいたボクジャは
彼女を追い出す。
私がどれくらい多くの人々に踏みにじられて生きてきたか
それと共に得たのが表情だけ見ても皆知ることができると。

1985.png

捨てられそうで、アン会長に全部話したというバンスン
そうすると思っていたとボクジャ、
私はチョンバンスンを捨てるよ・・・
お互いに涙を流す、2人

1984.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

会長の株がボクジャへ譲渡されたことを知った3人が嘆く
明日、父に会って取り戻すよう話そうと言う長女に
ジェソクは明日は自分の離婚裁判だと嘆き転がる。

1983.png

おバカな兄弟たちなんだよね・・ホント(-_-;)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

0000000005.jpg

私募ファンドの会に正式参加したボクジャは
メンバーの紹介を受ける。
自分の会社はうまく行っている会社として
売却するとしたらいくらで?との問いに具体的に答える。
メンバーの表情をみて
「最初に相談します。 私もメンバーじゃないですか」

0000000004.jpg
1982.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

会長はボクジャに会社を買いたいと言う話があるのを聞いたと話す
会社を売ることは子どもたちには言わないようにとボクジャ
アジンとジェソクの離婚裁判の日だと伝える。
会長は信じているよと・・
そう念を押すと言うことは信じていないのではと言い
会議があるからと先に出ていく。

1981.png
1980.png

会長の話を聞いたボクジャはハン代表に急いで会社を売却するよう電話する。

1979.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・

アジンとジェソクの離婚裁判

0000000003.jpg

法廷代理人なしで一人で参加したジェソクに与えられた最終弁論
彼は「離婚はしたくない、私はその女と別れます」と発言
その女とは妻ではない女です。

0000000002_201708011922080a0.jpg

1971.png

アジンはジェソクと結婚を決心した理由を話すが
今になってその決定がどれくらい愚かだったのか知るようになったと話す。

0000000001.jpg

アジンの離婚請求が認められた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1978.png

副会長(パクボクジャ)が会社株式を全て「私募ファンド」へ売った。
そして、彼女とは連絡が取れないと言うのを聞いてショックを受ける会長。

1977.png
1976.png

フラフラとなんとか歩きながら今までのボクジャとのやり取りを思い出す
そして、倒れてしまった・・

1975.png

1974.png

アジンは裁判が終わり晴ればれと・・

1973.png

会長が倒れたと電話を受けるアジン

1972.png

そして・・ボクジャも電話を取るが・・・誰からか?

0000000000.jpg

・・・・・・・・・・第14話を見終えて感想・・・・・・・・・・・

注目はやはりアジンの離婚裁判
ジェソクは最後になってソンヒと別れると発言したが
本心なのかな?
それでも、アジンが新しい人生をスタートできそうで
嬉しく思う、なぜかアジンの味方だわ私(笑)

ボクジャは会社売却やってのけたみたいですが
この後、どうなるのかまた、また楽しみであります。
まだ殺害されないよね!? 

そうそう、ボクジャとアジンの最初の出会いについてはまだ触れられていない・・
それも楽しみ。


/////////////////////////////////////////////////

우리의 삶은 멈춤 없이 흘러가고 하루에도 몇 번 씩 그 숨어있는 기회와 조우하게 되지만 누구나 다 그걸 알아보는 건... 아니다_ _그 선택을 적절한 타이밍에 안착시키는 것! 그것이 바로 기회다_ _그러나 선택이 타이밍을 벗어나는 순간... _비극이 된다_ _결국... 인생은 타이밍이다._ _어긋난 타이밍은 불행이다._ _'복자'나레이션중_ 고마워요..........._ #품위있는그녀 #13회 #복자나레이션중 #안태동 #회장님 #고마워요 #박복자 #박지영 #박초희 #진심 #진실 #진짜 #가짜 #믿음 #품위녀 #품위 #복자 #욕망 _ #jtbcdrama #11pm #금토드라마 #김용건선생님 👍👍👍 ❤️❤️❤️ #김윤철감독님#백미경작가님 #jspictures 👍 #김선아 #kimsuna #キムソナ #金宣児 @kimsuna_official

Actress Sun-A Kim 김★슷하さん(@kimsuna_official)がシェアした投稿 -








Posted by zukka  on  | 0 comments 

「上品な彼女」キム・ソナ、毎回がレジェンド目つき」鳥肌と楽しいの同伴上昇」

キム・ソナが目つき演技の限界を飛び越えている。

JTBCグムトドラマ「上品な彼女」のキム・ソナが両極端を行き来する熱演で絶賛を受けた。

80729651.jpg

「上品な彼女」(演出キム・ユンチョル、脚本ベクミギョン)のキム・ソナが演じた人物の
底から頂点まで顕著に描き出して幅広い演技スペクトラムをもう一度示している。

初めてバクボクジャ(キム・ソナ)は、上流社会進出という膨らんだ夢を抱いて
アンテドン(キム・ヨンゴン分)の介護者として面接で会ったその家の
第二嫁ウアジン(キム・ヒソン)との最初の出会いは、精一杯気後れて、
もしかしたら間違いか常識の材料を耽読する姿を描いた。

続いてボクジャは野心と目標を持って前だけ見て走って家の中で邪魔になる人物を打って、
自分に最終的な権力を握れるようにしてくれるテドンの心を完全に捕らえた。
そしてテドンが生涯を作ってきた会社の最大株主となり、
会長の席にまで上がっているボクジャ。
口調と目下への接する目つきまで全身に完璧な上流層のオーラを吹きだして
見る人々を圧倒した。

このようにキム・ソナは一人の人物の底から全盛期を撮る瞬間まで顕著に描き出して
極の没入度をさらに高めるとともにキャラクターの可能性を滑らかに解放した。

これ視聴者たちは"キム・ソナ、まるで二人の人物を見るような演技に完全没入された」、
「ボクジャだった頃を見つけることができない完璧なパク・ジヨンに生まれ変わったようだ"、
"しかし、上流層になるほど周辺に敵が多くなるボクジャが心配になる"
など、様々な反応を見せた。

一方、キム・ソナ主演のJTBC「上品な彼女」は、毎週金、土の夜11時に放送される。

写真= JTBC「上品な彼女」の放送をキャプチャ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Posted by zukka  on  | 0 comments 

kimsuna_officialから2つ

これ面白い (^▽^)/




_RepostBy @jtbcdrama:"??
上品な高オ級マッチャン瞬間捕捉!
1分旬朔下は<上品な彼女>イツ マッチャン タイムマ~~!
切ることはできないどぶんと粛静キムチのようなドラマ
<上品な彼女>今夜11時本邦死守???


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

#품위있는그녀 #오늘밤 #만나요 #박복자 #우아진 #jtbc #jtbcdrama #actress #kimsuna #김선아 @kimsuna_official @jtbcdrama @cjes.tagram

Actress Sun-A Kim 김★슷하さん(@kimsuna_official)がシェアした投稿 -


Posted by zukka  on  | 0 comments 

「上品な彼女」キム・ソナ、バクボクジャになるための隠れた努力

10544942845481025.jpg

[OBSプラス=芯ソルア記者]
'上品な彼女」のキム・ソナがキャラクターのための隠れた努力に目を引いた。

JTBCグムトドラマ「上品な彼女」が連日視聴率高空行進でさらに熱気を醸し出す中、
ドラマの人気を牽引するキム・ソナのビハインドカットが、その理由を裏付けるとしたもの。

公開された写真から、キム・ソナが「バクボクジャ」のキャラクターのために
ヘアや衣装などを準備する過程に多くの試みと努力がうかがえる。

これと関連し、過去「上品な彼女」の制作発表会現場でキム・ソナは
「最初にバクボクジャキャラクターを作ると監督に「きれい」と断られ多く迎えた。
私はいくつかのボクジャを作成すると、「ダメ」と言って、最終的に頭もパーマして
ヨボヨボソックスにボクジャキャラクターを作成までの時間が少しかかった」と、
そのビハインドストーリーを明らかにした。

一方、「上品な彼女」は、毎週金、土曜日の午後11時に放送される。
(写真= C-Jes)
OBSプラス芯ソルア記者thfdk01@obs.co.kr


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

59266325.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1OJLFAAP4W3.jpg

Posted by zukka  on  | 0 comments 

「上品な彼女」キム・ソナ "演技賞賛に感謝し...ボクジャ感情悩みが多かった」

キム・ソナが新しい人生キャラクターで今年の夏を飲んだ。

JTBCグムトドラマ「上品な彼女」(脚本ベクミギョン、演出キム・ユンチョル)で
素朴な介護者を脱皮、完全に上流層奥様に変身したバクボクジャ(キム・ソナ)に
没入感を高めているキム・ソナ(バクボクジャ役)の優れた演技力が話題にされている。

1OJMCG5Z1B1.jpg

ボクジャは持っていない部と派手な生活のための煮えたぎる欲望を実現するために、
これらすべての羨望するウアジン(キム・ヒソン分)の家に
計画的にアプローチしたミステリーた人物。
ウアジンの真意義父アンテドン(キム・ヨンゴン分)を成功のツールにするため、
ずる賢く行動し、先週には会社のすべての株式の贈与を受け
私募ファンドに渡し連絡を絶った。

パクボクジャはアンテドン一家の家族に爪を表わし雑談をソヌルケ作った
ウアジンだけには違った。
彼女の前に立って中性羊のように行動していたバクじゃは隠しておいた欲望を表わして
暴走している今もウアジンに弱い姿を見せており、
彼女らの血対立と独特のウォーズが注目を集めている。

序盤下流層を代表していたボクジャは上流層に身分が上昇した後、
過去に足首を取れないため、過去の清算に乗り出した。
自分を助けてくれた周りの人たちに冷ややかに急変して、
彼らの心的変化を引き起こした中で増えていくの容疑者のうち、
果たして彼女を殺害した真犯人は誰なのか、さらに気がかりなことを刺激している。

波乱万丈の事件の中心から緊張感を集めて行かなければなら複雑なキャラクターだが、
キム・ソナは、自分が持っている能力を効果的に発揮渾然一体された演技を引き出している。
その間、様々な作品で視聴者たちの感性を刺激する真正性盛られた熱演で
「信じ見る俳優」に上がっただけに、上品な彼女」でも彼女の演技力を如実に表わしていること。

これロマンチックコメディだけでなく、スリラーもよどみなく消化し、
幅広い演技スペクトラムを示しているキム・ソナに連日好評が絶えていない。
代表作「私の名前はキム・サムスン」を越えた人生のキャラクターに会ったという賛辞が続いている状況。

キム・ソナは「「上品な彼女」に送ってくださる熱い関心に感謝している。
私も毎週本邦死守する視聴者の立場で面白く見ている」と大衆の演技賞賛には
「感謝する。努力したことを認められている感じだ。
撮影しながらボクジャの複雑な感情に悩みが多かったが、
キム・ユンチョル監督が現場でよく導いてくださった。
優れた演出力のおかげで、放送によく出てきたようだ」と伝えた。

ボクジャ疾走には、「あれだけ渇望していた上流層に入城したことに満足していない
無限の欲望に陥ったボクジャの歩みは、どこまでか、最後まで見守ってほしい」と話した。

一方、雰囲気を圧倒するキム・ソナが大活躍中のJTBCグムトドラマ「上品な彼女」は、
今日(4日)夜11時に放送される。

/西経スター日向演技者sestar@sedaily.com

Posted by zukka  on  | 0 comments 

上品な彼女「第15話」

パクボクジャを殺害した犯人は誰か?
容疑者が増えていく・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アン会長が倒れたと電話を受けたのはウアジンとパクボクジャ
アジンは病院へ駆けつけるが
ボクジャはキム秘書に「もう戻らない」と話す。
ショックを受けるキム秘書・・。

ボクジャが株を売却したことによって会社、大成パルプのCEOは替わった。
MKキャピタルが会社を経営していくことになると発表される。
会議に出席したアン家の家族は大ショック。

そしてボクジャはホテルのスィートルームで

1969.png

大金が入金された通帳を確認して

1968.png

歓喜の声を上げる。

1967.png

1966.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここから、ニュース記事を張り付け

・・・・・・・・・

「上品女」キム・ソナ - キム・ヒソン、アン財閥、寄せ集めの右往左往

[ニュースエンオスミ記者]

キム・ソナ、キム・ヒソンが去った大成パルプはまさに寄せ集めになってしまった。
キム・ソナは現金を用意しキム・ヨンゴンを去りキム・ヒソンは離婚訴訟で勝訴した。
キム・ヨンゴンは倒れ歳兄妹と嫁ソジョンヨンは仕方を知らず右往左往した。
これらキム・ソナを殺そうとしたが、それさえ正しく実行できず、挫折した。

8月4日放送されたJTBCグムトドラマ「上品な彼女」
(脚本ベクミギョン/演出キム・ユンチョル)15回では、
バクボクジャ(キム・ソナ)が去った後、右往左往崩れる大成パルプ(家)の姿が描かれた。

2017080501371074101.jpg

ボクジャが株式全体を売ったという知らせに大成パルプ家の人々は、すべての衝撃に陥った。
一度アンジェグ(ハンジェヨウン分)、アンジェフイ(オナラ分)、アンジェソク(チョン・サンフン分)
三兄妹は父アンテドン(キム・ヨンゴン分)がバクボクジャに
株式を渡したという事実さえ知らなかった。
アンジェフイはアンジェソクに「君が売って。私の分け前出しなさい」と責め立てた。

アン会長の秘書陣も当惑スロプギヌン同じだった。
秘書はバクボクジャに電話して「アン会長が倒れた」と話したが
ボクジャは「帰らない」と答えた。
秘書は自分たち同士」いくら受けか。いくら受けてボクジャを助けか」と疑った。

家に残っていたチョンバンスン(ファンヒョウン分)は、パク・チュミ(ソジョンヨン分)に捕まった。
パク・チュミはチョンバンスンを疑って「お前も共犯ではないか。
お前はいくら受けたか。バクボクジャは今どこにいるのか」と問い詰めた。

バクボクジャとグルだったプライベート・エクイティハンミンギ代表は
大成パルプ株主総会に登場して、すべてのことをまとめた。
ハンミンギ代表は「MKキャピタル」が最大株主になった。
経営権は一切MKキャピタルに超えたことを教えてあげる」と言った。
その時パクボクジャはホテルのスイートでワインと
おいしい食べ物を食べ気分を満喫した。
続いてボクジャはハン代表に「信頼できる警備員をつけてほしい」とお願いした。

パク・チュミは、すべてのものを返しドロップのためにボクジャを殺そうと計画を立てた。
パク・チュミは「その女性を殺すしかない。それしかない。
ボクジャが死ぬと法定相続人が誰か。そのお金は父に戻ってくるのだ。
そうしてでも返さなければならない」と述べた。
パク・チュミはウアジンからとチャックメッセージを書いて
バクボクジャを引っ掛け約束の場所にグボンチョル(そん分)を送った。

アンジェグは「虎をキャッチする虎の洞窟入らなければならない」と出た。
アンジェグは国籍不明の男性を雇ってボクジャが泊まっているホテルに向かった。
男性はホテルのスタッフを脅迫してアクセスカードを受けた。
男性はバクボクジャにナイフを突きつけて脅したが、
すぐに個人警護員が登場して男たちに銃口をつきつけボクジャを救った。
ボクジャは車で待っていたパク・チュミを訪ねて行って、
「私はウアジン氏の筆跡をとてもよく知っている。
教授をされる両班がどうしてこのように下流なのか」と皮肉った。

ウアジン(キム・ヒソン分)は、倒れたアンテドンのそばを守った。
ウアジンは意識を失ったアンテドンを見て
「なぜそうしたのか。私は私の必要がありと言わなかったのか」と残念がった。
アジンは一歩遅れて現れたアンジェソクに
「子が3人いるのに、なぜ私は父の隣にいるのか。
私は今、嫁でもない」と厳しい忠告をした。
アンジェソクは「私も難しい。私はその女性(ユンソンフイ)と別れるのだ。
行かないで」と訴え
「もしかしたら二人は付き合っているのか」と
弁護士ガンギホ(イ・ギウ)とウアジンの間を疑った。

ボクジャは最後までウアジンに愛情を表わした。
ボクジャはオ秘書に「会長病室には誰が付いているのか」と尋ね
第二嫁(アジン)が守っている」と答えた。
ボクジャは「その人は本当にかっこいい」と感心した。

警察は、ボクジャが殺害された後、調査の過程でウアジンに
「アンテドンはボクジャが戻って来る前に引き続き意識不明の状態だったか」と尋ねた。
ウアジンは「そうだ」と答えたが、偽りの証言だった。
次のシーンでは、ウアジンはアンテドンの病室を訪ねたがベッドには誰もいなかった。
目を覚ましたアンテドンは沈痛な表情でウアジンに
「その女(バクボクジャ)今どこにいるの」と尋ねた。

(写真= JTBC「上品な彼女」のキャプチャ)ニュースエンオスミsum


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

















Posted by zukka  on  | 0 comments 

上品な彼女「第16話」

昏睡状態にあったアンテドン(キム・ヨンゴン)が目を覚ました。
アンテドンは嫁ウアジン(キム・ヒソン)と話をした。

01_20170807173522876.png

アンテドンはウアジンに株式を売却し逃げたパクボクジャ(キム・ソナ)を呼んで
くれないかと頼んだが、彼女は「私はジフ父と離婚しました。」
「私が義父にしてあげられる事を超えます」と答えた。
しかし、アンテドンは「私にはもう君しかいない。」
「その女性を本気で信じ、株式をすべて与えた。」
「彼女は私を好きなのだと思った」
「自分が目を覚ましたことは、二人だけの秘密にしよう」とお願いした。
「ジェソクの事は申し訳ない。私は子育てを間違った」と言った。

02.png

ウアジンは誰にもアンテドンが目を覚ましたという事実を知らせなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウアジンはチャギオク(ユソジン)が病院に入院したという事実を知って、彼女を訪ねた。

03_20170807180436eb7.png

この病室にもう一人のゲストがあった。
オギョンフイ(チョン・ダヘ)であった。
オギョンフイはチャギオク夫と不倫関係を結んだことを謝罪し、涙を流した。

04.png

以後さらに緩んだ雰囲気の中でブランチ会が再結成された。

05.png

オギョンヒが言った。
自分のお腹の子は自分の夫でも、チャギオクの夫の子でもないと (*゚Q゚*)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

06.png
07.png

ユンソンフイ(イ・テイム)は、露骨に歩みを続けた。
彼女は法廷で自分と別れようとしたアンジェソク(チョン・サンフン)に
失望し別れようとした。
それと共に慰謝料としてアンジェソクの家を要求した。
しかしアンジェソクはむしろユンソンヒのせいで私がと要求した。
お互い死ぬの生きるのと不倫まで犯した二人の間は、ますます遠くなった。

08.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

幼かった時住んでいた借家のオーナー家を訪ねて行ったボクジャ。
オーナー家の娘の嘘で
養父母に追放されたことを、この家を買うことで
格好良く復讐しようとしたが…

10_20170807185107e5e.png
11_2017080718510996d.png

すでに競売に移った状態だ。

13_20170807185242087.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

成金になったボクジャは贅沢な生活を続けた。
彼女はデパートでブランドバッグや靴を買う。

16_20170807190550586.png
17_20170807190552201.png
18_20170807190552ca5.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ハンミンギ(金善彬)は、アンジェフイ(オナラ)に接近して
大成パルプを1人占めしようとした。
ハンミンギは男色気を使ってアンジェフイに話を持ち掛ける。

19_20170807191606b8d.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

酒を飲んでお金はどこだと苦しむパク・ジュミ
結局はアジンを恨み、泣いてどうするのかと、
アジンに協力を頼むが

22_20170807192143a6a.png

倒れた義父のことを少しも心配しない長男嫁ジュミ
だから義父はボクジャへ財産を渡す気になったと言うアジンに
再び表情を変えて、言い放つパクジュミ
アジンは飽きれながら、ボクジャの居所を尋ねる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

23_201708071937259b5.png

ボクジャはチャンソンスのクリニックで高価なプログラム相談を受ける。

24_20170807193727ae5.png

そこへ、キムボンシクが来て暴れる。

25_2017080719372783a.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アンジェソクはウアジンとガンギホ(イ・ギウ)の間を疑った。
彼は離婚を受け入れることができないと強くアピールしたが
ガンギホは断固拒絶した。

26_2017080720052016f.png

アンジェソクはガンギホに「お前、ワイフが好きか」と尋ね
ガンギホは「当然だ。そのまともな女性なら好きだ。」
「一度だけより傷を与えるのなら、君は私の手で死ぬ」と答えた。

27_20170807200522480.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウアジンはバクボクジャに会いにスイートルームへ
彼女は豪華な生活を楽しむバクボクジャに
「最終的には必要なもの、このようなことなの」と言って嘲笑を流した。
そして「あなたの幸せは長くは続かない。欲望したが、
すべてが長続きできない。実現する前に不幸になるのだ。
あなたは、あなたがやったことが悪いことだということを自ら知っているからだ」
と厳しい忠告をした。

28_20170807202443cd0.png
30_20170807202445a0d.png

また、ウアジンはアンテドンの認知症診断書を見せ
心身微弱状態で株式を贈与したことと、これを取り戻すことができる事を話した。

31_20170807202935c98.png
33_20170807202936933.png

ウアジンはボクジャが会長から株を譲り受けたとニュースになった時
直ぐにこの対策を取っていた。

34_2017080720345803b.png
35_20170807203459528.png

戸惑うバクボクジャにウアジンは
「これ世界である。あなたが得たお金、
そしてこの認知症の診断書、偽同士付けなくちゃ。」
「機会をあげる。再び父が起きるようにして
「フェアプレーを行う。嘘は抜き、欲をかかないこと、最初に戻す」と忠告した。

36.png
37.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ボクジャは秘かにスイートルームに入り込んでいたアンジェグに襲われた。
彼はナイフでボクジャを脅し、お金を出せと脅迫した。

41_201708072053225ba.png42_201708072053245df.png43_20170807205325652.png

その時、オ秘書が用事で来た。
ボクジャの状況を把握し、彼女は辛うじて助かった

44_2017080720574658f.png
45_20170807205748b5f.png
46_2017080720574886f.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ハン代表と会ったボクジャはアンテドンの認知症の診断書の事を話す。
それがウアジンが持ってきたものだと言うと
ハン代表は、彼女のことについて詳しく知っている。
なぜ、それだけ詳しく知っているのか?と聞くボクジャに
しまったという表情を見せたハン代表。

昨夜、秘書が撮った女性の写真をもう一度確認するボクジャ
ああ、彼女だ!と思い当たった。

その彼女の所へ

50_201708072137179fd.png

ここがすべてのうわさと情報の始まり
"大成パルプの人々は私にどのようにしそうですか?"
最終的に私はどうなると思います?と質問する。
オプンスクウンは「あなた、死ぬと思う」と言った。

51_20170807213719309.png
52_20170807213719fdb.png
53_20170807213941d71.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

グボンチョルは、ウアジンを訪ねた。
彼はウアジンにバクボクジャと、自分が孤児院から知っていた間と告白し
テント事件をはじめとする、これまでの仕事はボクジャがさせてたことだと打ち明けた。
また、ボクジャはウアジンを前から知っていたと付け加えた。

60_201708072153103f0.png

ボクジャはアンテドンを訪ね過去を後悔する姿を示す

61_20170807215807ce4.png
62_201708072158091c1.png

ウアジンはパクボクジャに電話をする。
「介護者を求める。給料も上げてやる。これはあなたが罪を償う機会だ。
すべてを所定の位置に戻して」と新たな提案をした。
ボクジャはそんなに早く決定しても良いのか?と聞くと
アジンは「マティスとカンディンスキーが好きな人であれば良いだろう」と言った。

63_20170807215810218.png

ボクジャは涙を流して再び方言を話した。

64_20170807215811b88.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ラスト、ソナさんの涙には思わずもらい泣き( ノД`)

ウアジンがボクジャを訪ねてスイートルームへ行くとき、
昔のボクジャの姿が流れた、ハウスキーパー姿のボクジャ
彼女はここでウアジンを知ったんだね・・・多分。

70_201708072210174f7.png
71_20170807221018e7f.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・














_숱한시험속에답을골라가며 살아야하는게인생이다_하지만내답은번번이틀린답이었다_이번답은반드시정답이기를바랬다_ 지후아빠의마티스와칸딘스키가정답이기를바라듯이...!_ 다행히 인생의 시험의 정답은 누구에게나 다 다르다. 출제자와 채점자가 다를 경우도 있고 누구에게는 오답이 채점자에 따라 정답이 되기도 한다._ #복자나레이션중_ #마티스 #칸딘스키 #마티스그리고칸딘스키_ #요동치는욕망의군상들가운데마주한두여인의엇갈린삶에대한이야기 _#가질수없는건애초에욕심을내지말았어야했다 _ #품위있는그녀 #품위녀 #womanofdignity #jtbc드라마 #금토드라마 #11pm #복자 #박복자 #욕망 #가진자들의품격있는스캔들 #우아진처럼 #👠#기회 #진짜 #가짜 #진심 #진실 #김윤철감독님 #👍#백미경작가님 #jspictures #김선아 #kimsuna @kimsuna_official

Actress Sun-A Kim 김★슷하さん(@kimsuna_official)がシェアした投稿 -


Posted by zukka  on  | 0 comments 

[ドラマVIEW]女優飢饉現象、「上品な彼女」は違う


149508.jpg

【シックニュースキム・ジヨン記者]
映画、ドラマを問わず、私たちが接するほとんどの作品の中劇を導いていく俳優たちは皆男だ。
ただ女性キャラクターは男性主人公を裏付ける助演にとどまるだけである。
実際のトップ女優たちでさえ、「居場所がない」と吐露し、
女性の後輩が舞台に立つことができるようにパラダイムを変えるという意志を強く表わすこともある。

これらの声援が集まって最近になって女優を主人公に掲げた作品が登場し始めた。
昨年半ば映画「お嬢さん」(監督パク・チャヌク)をはじめと「ミシン-消えた女」(監督イオンフイ)、
「非正規職特殊要員」(監督キム・ドクス)「悪女」(監督チョン・ビョンギル)などがあり、
ドラマでは「完璧な妻」(脚本ユンギョンア演出ホン・ソクク、キム・ジョンミン)
「推理の女王」(脚本イ・ソンミン演出キム・ジンウ、遊泳は)
そして、「上品な彼女」(脚本ベクミギョン演出キム・ユンチョル)まで続いている。

特に映画より書士が長いドラマで女性キャラクター一人劇を導いていくということは、
冒険をするのと同じである。
成功した事例が極めて珍しかった女性キャラクターが主をなすとすると
どん詰まりを思い浮かべるのである。

しかし、「上品な彼女」は、以前のドラマと別のコンテキストを追求し、
興行隊列に上がった。
江南財閥たちの日常を描くと同時に、男性よりも行動力に優れた
女性キャラクターたちの活躍に痛快をプレゼントする。

特に劇中のほとんどの男性キャラクターは無能である。
アンジェソク(チョン・サンフン)は、企業内の自身の職責を利用して
ブルリュンニョユンソンフイ(イ・テイム)とコラボを行って、
企業の利益を達成には全く関心がない。
また、アンテドン(キム・ヨンゴン)は序盤から風が原因で
車椅子の力を借りる企業の会長に登場し、
現在では病院のお世話になっている。
加えてアンジェグ(ハンジェヨウン)も、過去に殺人事件を犯して力を入れない長男だ。

ウアジン(キム・ヒソン)、バクボクジャ(キム・ソナ)などの女性キャラクターは
能力が不足している夫のキャラクターに代わって経営権を握って、
家の中だけでなく、企業をリードしていく。
これは、以前の旧時代的な「長男の嫁」あるいは「献身するママ」ではなく
何でもまっすぐ折れ必要不可欠な人物で描かれる。

「上品な彼女」は、
単に「キム・ヒソン、キム・ソナが主人公のドラマが高い視聴率を記録した」と終わらない。
主導的主体的な女性キャラクターが主人公の助けを借りず劇をよく導いていくことを示唆し、
今後の他のドラマ作品にも可能性を開いた。

女優の桁は俳優たちだけに「たくさん増加した」と主張しはしないが、
徐々に増えているのは間違いない。
女優たちにも俳優たちだけの無限の機会が提供さてほしい。

[キム・ジヨン記者news@fahsionmk.co.kr /写真=ドラマホームページ]

Posted by zukka  on  | 0 comments 

[単独インタビュー①]「上品女」ベクミギョン "ドラマ書いた動機、某企業の会長婚外子の問題」

JTBC <上品な彼女>(以下上品女)
ベクミギョン作家がドラマに借用した本当の話について打ち明けた。

去る2日ベクミギョン作家は「スポーツ傾向」とのインタビューで、
「上品女」を書いた動機は「 企業なら会長の婚外子告白」だったと言う。

「国内屈指の企業総数が堂々と「婚外子がある」と話しました。
私はそこいわゆる「上流社会」と呼ばれる人々のモラルハザードに強い衝撃を受けました。
最近、いくつかの時代ですか?星の国でロケットも打ち上げる時代に
「妾」はウェンマルですか?本当に愕然しました。」

l_2017080402000189200039611.jpg

作家はドラマ執筆のために富裕層の実態を取材した聞いた天台万象を
<上品女>の中に溶かした。ドラマの主なストーリーである
「パクボクジャのプライベート・エクイティ株式の売却」事件は2015年に起こった
「コ製紙最大株主持分売却」ガンと似ている。

「ドラマの内容が実際の事件に基づいていると言うのは作家としての負担がドェジョ。
避けに十分回避することができる問題だったが、すべて実話との両方に知らせ始めていました。
それで<上品女>のテーマを貫通することなので敢行しましたよ。」

キム・ソナが演じた「バクボクジャ」は、企業の会長「アンテドン」(キム・ヨンゴン)に
意図的に接近、結婚に成功して会場の実子を抜いて株式を全部贈与される。
副会長に選ばれてみましょう彼女は、すべての株式を私募ファンドに渡し
数百億の現金を個人所有し、会社は倒産を免れない。

「コ製紙」の話は、2013年に会長の長男は、その女性を告訴したという。
当時長男は訴状に「父より35歳若い女性が接近した後、
違法で試験管ベビー手術まで受け双子の子供を出産した。
一歩遅れてこの事実を知った母は、大きな衝撃に陥って自ら命を絶った」と明らかに
ドラマを超える大引けストーリーが世間に公開されたものである。

地下経済資産家の集まりである「江南7姫」の話も、バックの作家の取材を通じて構成部分である。

「「江南7姫」の話を取材したものを実際にはほとんどない書いた。
あまりに奇想天外しバラエティーた話が多くて浄化させたり、
建てなければならたほどだった。
取材内容をそのまま書いた場合... おそらく放送エクスポートできなかったでしょう。」

そのほかにも<上品女>には「風評」に入ったゴシップを盛り込んだ場面が
適材適所に配置されている。
娘の家庭教師の先生と風が私財閥2世」アンジェソク」は
国内屈指の某企業副社長がモデルである。
また、夫の家庭内暴力に耐えられず、CCTVの暴行シーンを確保する主婦の内容は、
今では他人れた某芸能人夫婦の離婚過程と似ている。
伯爵行く本当の話を通じて法を守り、良心によって生きて平凡な私たちの生活
どのよう上品なのかを示してたかったと言う。

「私たちは、民間人の国政議論を通じて最上階の不道徳さを経験した。
お金があれば品位を得ることができると考えたボクジャは、最終的に死ぬ瞬間、
それは間違っているという事実を実現します。
お金が多く、これらは富裕層であるだけ上流層がないのです。
それドラマを介して話をしていました。 "

一部では「キムチほっぺた」に続く「パスタほっぺた」を見せてくれた<上品女>を
「少し高級などん詰まりドリーマー」と貶めたりする。
しかしベクミギョン作家は<上品女>の中で刺激的な場面は、
主題を表現するための小さなツールだと言う。
ドラマのような現実的な、現実のようなドラマ誰を責めることか。

Posted by zukka  on  | 0 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。