気ままに綴りたい |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by zukka  on  | 

シチズンフォー スノーデンの暴露

第87回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞受賞作(2015年)。
スノーデン事件は2013年、この映画製作は2014年。
ドキュメンタリー映像はスノーデンの告発前から・・・
改めてリアルな緊張感、先が読めない不安と恐怖感が伝わる。

T0020864p.jpg

アメリカ政府が自国の一般市民を対象に
大規模な情報収集を行っていた歯止めなき監視の実態を暴露し、
世界中を震撼させた“スノーデン事件”の渦中に立ち会い、
その舞台裏の一部始終をリアルタイムでカメラに収めた衝撃のドキュメンタリー。
第87回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞受賞作。
2013年初め、ドキュメンタリー作家ローラ・ポイトラス監督は、
“シチズンフォー”と名乗る人物からコンタクトを試みるメールを受け取る。
それによると、NSA(国家安全保障局)が
米国民の膨大な通信データを秘密裏に収集している事実について
重大な内部告発をする用意があるというのだった。
2013年6月3日、ポイトラス監督は、
旧知のジャーナリスト、グレン・グリーンウォルドとともに香港へと向かう。
ホテルで2人を待っていたのは、エドワード・スノーデンという元CIA職員の青年だった。
彼はカメラの前で、NSAの驚くべき活動の実態を詳細に語り始めるのだったが…。
<allcinemaより>

個人の通話記録などデータを収集することは、
テロ対策であれば仕方のない事なのか・・・とも思ったが、
どうやらそれだけに使用されているわけでもないらしい。
これだけのことをしておいてテロを未然に防げないのも謎と素人の私は思うが。

命を懸けてまで行動を起こしたエドワード・スノーデンの語りと
そのままの臨場感が感じられる映像はドキドキの連続。
盗聴や監視、外出時の尾行など、映画の世界だけでのことだったが
まさに進行形で現在のものだった・・・といった感想。
なんともしょうもないお恥ずかしい事しか書けなくて恥ずかしいですが(;'∀')

合わせて『暴露:スノーデンが私に託したファイル』を読むと完璧かな。

公式サイト


Category : 映画(2016)
Posted by zukka  on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。