気ままに綴りたい |

ロスト・バケーション/THE SHALLOWS

札幌7月24日(日)、晴天!
青空が広がって、気温もそこそこ夏!
と言うことで、海が舞台の映画を観てきました。

海と・・そしてサメ・・・です。
原題は「THE SHALLOWS」と言うことは「浅瀬」!?
邦題とちょっと雰囲気が違いますが・・・「浅瀬」も怖いんですよね。

この画像を見ているだけで、怖いですよね(/∀\*)

356477_02_01_02.jpg

「フライト・ゲーム」「ラン・オールナイト」のジャウマ・コレット=セラ監督が、
巨大ザメに追い詰められ、小さな岩場で絶体絶命の窮地を迎えたヒロインの
決死のサバイバルの行方を描いた戦慄のサスペンス・スリラー。
主演はTV「ゴシップガール」、「アデライン、100年目の恋」のブレイク・ライヴリー。

 医学生のナンシーは、亡き母が教えてくれた地元のサーファーしか知らない
秘密のビーチで休暇を満喫しようとしていた。
美しいロケーションと理想の波に、時が経つのも忘れてサーフィンに興じるナンシー。
すると突然、何かにぶつかり脚を負傷してしまう。
慌てて近くの岩場に避難したものの、傷口からは大量の出血が。
しかし何よりも彼女を恐怖のどん底に陥れたのは、目の前を悠然と泳ぐ巨大なサメの影だった。
岸までの距離はおよそ200メートル。
しかも徐々に潮が満ち始め、岩場の面積はみるみる狭まっていく。
それでもラッシュガードで何とか止血し、
生き残るための方策を必死で考え抜くナンシーだったが…。
<allcinemaより>

356477_003.jpg

まずはカメラワークが素晴らしい!
大波の迫りくる大迫力がビシビシと伝わる。
引いた映像にアップの映像から、サーフィンの醍醐味や
海の爽やかさ躍動感を感じ
様々な見せ方でスクリーンに引き付けられます。

またこの映像にぴったりの音楽♪が素晴らしい!

そして、サメ!
サメと言えばジョーズですが、それに匹敵する怖さがありました。

いつ、出てくるか!?
これが怖いんですよね・・・
ブルーの海が・・・一瞬で赤に変わる色の効果も怖い。

ナンシー役のブレイク・ライブリーの殆ど1人芝居、サメとの対峙とサバイバルを熱演。

ナンシーは医学生という設定からの、自分自身のケガの対処も見どころ。

356477_001.jpg

冒頭でさりげなく彼女が付けているアクセサリーのアップがあったり、
オープニング、子供が海で見つけたカメラが重要な小物、役割を果たすあたり
伏線というか、あれこれと繋がりがいろいろあって面白いですね。

まさか、ここまで彼女がやるとは思っていませんでしたが
1人で奮闘する姿はグイグイと引き込まれます。
面白い!

もう、お気に入りはずっと一緒にいてくれたケガをしたカモメ。
彼女の側にいてくれただけで癒されました。
これ、うまい演出ですよね~

エンディングの海の映像の素晴らしいこと!!

ドキドキのスリルと緊迫感、そして美しいだけではない躍動感タップリの映像と音楽。
おすすめ作品です。

Category : 映画(2016)
Posted by zukka  on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。