気ままに綴りたい |

上品な彼女「第15話」

パクボクジャを殺害した犯人は誰か?
容疑者が増えていく・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アン会長が倒れたと電話を受けたのはウアジンとパクボクジャ
アジンは病院へ駆けつけるが
ボクジャはキム秘書に「もう戻らない」と話す。
ショックを受けるキム秘書・・。

ボクジャが株を売却したことによって会社、大成パルプのCEOは替わった。
MKキャピタルが会社を経営していくことになると発表される。
会議に出席したアン家の家族は大ショック。

そしてボクジャはホテルのスィートルームで

1969.png

大金が入金された通帳を確認して

1968.png

歓喜の声を上げる。

1967.png

1966.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここから、ニュース記事を張り付け

・・・・・・・・・

「上品女」キム・ソナ - キム・ヒソン、アン財閥、寄せ集めの右往左往

[ニュースエンオスミ記者]

キム・ソナ、キム・ヒソンが去った大成パルプはまさに寄せ集めになってしまった。
キム・ソナは現金を用意しキム・ヨンゴンを去りキム・ヒソンは離婚訴訟で勝訴した。
キム・ヨンゴンは倒れ歳兄妹と嫁ソジョンヨンは仕方を知らず右往左往した。
これらキム・ソナを殺そうとしたが、それさえ正しく実行できず、挫折した。

8月4日放送されたJTBCグムトドラマ「上品な彼女」
(脚本ベクミギョン/演出キム・ユンチョル)15回では、
バクボクジャ(キム・ソナ)が去った後、右往左往崩れる大成パルプ(家)の姿が描かれた。

2017080501371074101.jpg

ボクジャが株式全体を売ったという知らせに大成パルプ家の人々は、すべての衝撃に陥った。
一度アンジェグ(ハンジェヨウン分)、アンジェフイ(オナラ分)、アンジェソク(チョン・サンフン分)
三兄妹は父アンテドン(キム・ヨンゴン分)がバクボクジャに
株式を渡したという事実さえ知らなかった。
アンジェフイはアンジェソクに「君が売って。私の分け前出しなさい」と責め立てた。

アン会長の秘書陣も当惑スロプギヌン同じだった。
秘書はバクボクジャに電話して「アン会長が倒れた」と話したが
ボクジャは「帰らない」と答えた。
秘書は自分たち同士」いくら受けか。いくら受けてボクジャを助けか」と疑った。

家に残っていたチョンバンスン(ファンヒョウン分)は、パク・チュミ(ソジョンヨン分)に捕まった。
パク・チュミはチョンバンスンを疑って「お前も共犯ではないか。
お前はいくら受けたか。バクボクジャは今どこにいるのか」と問い詰めた。

バクボクジャとグルだったプライベート・エクイティハンミンギ代表は
大成パルプ株主総会に登場して、すべてのことをまとめた。
ハンミンギ代表は「MKキャピタル」が最大株主になった。
経営権は一切MKキャピタルに超えたことを教えてあげる」と言った。
その時パクボクジャはホテルのスイートでワインと
おいしい食べ物を食べ気分を満喫した。
続いてボクジャはハン代表に「信頼できる警備員をつけてほしい」とお願いした。

パク・チュミは、すべてのものを返しドロップのためにボクジャを殺そうと計画を立てた。
パク・チュミは「その女性を殺すしかない。それしかない。
ボクジャが死ぬと法定相続人が誰か。そのお金は父に戻ってくるのだ。
そうしてでも返さなければならない」と述べた。
パク・チュミはウアジンからとチャックメッセージを書いて
バクボクジャを引っ掛け約束の場所にグボンチョル(そん分)を送った。

アンジェグは「虎をキャッチする虎の洞窟入らなければならない」と出た。
アンジェグは国籍不明の男性を雇ってボクジャが泊まっているホテルに向かった。
男性はホテルのスタッフを脅迫してアクセスカードを受けた。
男性はバクボクジャにナイフを突きつけて脅したが、
すぐに個人警護員が登場して男たちに銃口をつきつけボクジャを救った。
ボクジャは車で待っていたパク・チュミを訪ねて行って、
「私はウアジン氏の筆跡をとてもよく知っている。
教授をされる両班がどうしてこのように下流なのか」と皮肉った。

ウアジン(キム・ヒソン分)は、倒れたアンテドンのそばを守った。
ウアジンは意識を失ったアンテドンを見て
「なぜそうしたのか。私は私の必要がありと言わなかったのか」と残念がった。
アジンは一歩遅れて現れたアンジェソクに
「子が3人いるのに、なぜ私は父の隣にいるのか。
私は今、嫁でもない」と厳しい忠告をした。
アンジェソクは「私も難しい。私はその女性(ユンソンフイ)と別れるのだ。
行かないで」と訴え
「もしかしたら二人は付き合っているのか」と
弁護士ガンギホ(イ・ギウ)とウアジンの間を疑った。

ボクジャは最後までウアジンに愛情を表わした。
ボクジャはオ秘書に「会長病室には誰が付いているのか」と尋ね
第二嫁(アジン)が守っている」と答えた。
ボクジャは「その人は本当にかっこいい」と感心した。

警察は、ボクジャが殺害された後、調査の過程でウアジンに
「アンテドンはボクジャが戻って来る前に引き続き意識不明の状態だったか」と尋ねた。
ウアジンは「そうだ」と答えたが、偽りの証言だった。
次のシーンでは、ウアジンはアンテドンの病室を訪ねたがベッドには誰もいなかった。
目を覚ましたアンテドンは沈痛な表情でウアジンに
「その女(バクボクジャ)今どこにいるの」と尋ねた。

(写真= JTBC「上品な彼女」のキャプチャ)ニュースエンオスミsum


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

















Posted by zukka  on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。