気ままに綴りたい |

[単独インタビュー①]「上品女」ベクミギョン "ドラマ書いた動機、某企業の会長婚外子の問題」

JTBC <上品な彼女>(以下上品女)
ベクミギョン作家がドラマに借用した本当の話について打ち明けた。

去る2日ベクミギョン作家は「スポーツ傾向」とのインタビューで、
「上品女」を書いた動機は「 企業なら会長の婚外子告白」だったと言う。

「国内屈指の企業総数が堂々と「婚外子がある」と話しました。
私はそこいわゆる「上流社会」と呼ばれる人々のモラルハザードに強い衝撃を受けました。
最近、いくつかの時代ですか?星の国でロケットも打ち上げる時代に
「妾」はウェンマルですか?本当に愕然しました。」

l_2017080402000189200039611.jpg

作家はドラマ執筆のために富裕層の実態を取材した聞いた天台万象を
<上品女>の中に溶かした。ドラマの主なストーリーである
「パクボクジャのプライベート・エクイティ株式の売却」事件は2015年に起こった
「コ製紙最大株主持分売却」ガンと似ている。

「ドラマの内容が実際の事件に基づいていると言うのは作家としての負担がドェジョ。
避けに十分回避することができる問題だったが、すべて実話との両方に知らせ始めていました。
それで<上品女>のテーマを貫通することなので敢行しましたよ。」

キム・ソナが演じた「バクボクジャ」は、企業の会長「アンテドン」(キム・ヨンゴン)に
意図的に接近、結婚に成功して会場の実子を抜いて株式を全部贈与される。
副会長に選ばれてみましょう彼女は、すべての株式を私募ファンドに渡し
数百億の現金を個人所有し、会社は倒産を免れない。

「コ製紙」の話は、2013年に会長の長男は、その女性を告訴したという。
当時長男は訴状に「父より35歳若い女性が接近した後、
違法で試験管ベビー手術まで受け双子の子供を出産した。
一歩遅れてこの事実を知った母は、大きな衝撃に陥って自ら命を絶った」と明らかに
ドラマを超える大引けストーリーが世間に公開されたものである。

地下経済資産家の集まりである「江南7姫」の話も、バックの作家の取材を通じて構成部分である。

「「江南7姫」の話を取材したものを実際にはほとんどない書いた。
あまりに奇想天外しバラエティーた話が多くて浄化させたり、
建てなければならたほどだった。
取材内容をそのまま書いた場合... おそらく放送エクスポートできなかったでしょう。」

そのほかにも<上品女>には「風評」に入ったゴシップを盛り込んだ場面が
適材適所に配置されている。
娘の家庭教師の先生と風が私財閥2世」アンジェソク」は
国内屈指の某企業副社長がモデルである。
また、夫の家庭内暴力に耐えられず、CCTVの暴行シーンを確保する主婦の内容は、
今では他人れた某芸能人夫婦の離婚過程と似ている。
伯爵行く本当の話を通じて法を守り、良心によって生きて平凡な私たちの生活
どのよう上品なのかを示してたかったと言う。

「私たちは、民間人の国政議論を通じて最上階の不道徳さを経験した。
お金があれば品位を得ることができると考えたボクジャは、最終的に死ぬ瞬間、
それは間違っているという事実を実現します。
お金が多く、これらは富裕層であるだけ上流層がないのです。
それドラマを介して話をしていました。 "

一部では「キムチほっぺた」に続く「パスタほっぺた」を見せてくれた<上品女>を
「少し高級などん詰まりドリーマー」と貶めたりする。
しかしベクミギョン作家は<上品女>の中で刺激的な場面は、
主題を表現するための小さなツールだと言う。
ドラマのような現実的な、現実のようなドラマ誰を責めることか。

Posted by zukka  on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。