気ままに綴りたい |

[単独インタビュー②] '上品女」ベクミギョン "バクボクジャ殺害犯最終回終了の5分前明らかジルト"

イ・ユジン記者8823@kyunghyang.com

ドラマ「上品な彼女」は、3つのない作品だ。
最初の極を導く俳優がない。ひたすら驪州ツートップだけで劇を導いていく。

第二の甘いロマンスがない。10代と20代の視聴率は、放棄していくいっても過言ではない。
最後に編成運がない。紆余曲折の末、JTBCグムトドラマ夜11時に桁を取った。

それでも<上品女>は10%で駆け上がる異例の視聴率で話題を起こしている。
ベクミギョン作家に会って<上品女>のすべての疑問を解いてみた。

l_2017080402000184600037941.jpg

-バクボクジャ(キム・ソナ)の死でドラマを始めた理由は?

あまりにも悪いことをする予定のキャラクターだから、
視聴者に事前にサイダーを与え始めたわけだ。
いくら悪行を犯しても、視聴者は、「どうせ死ぬ人... ツッツッ」と同情を持つようになる効果がある。

-バクボクジャに比べてウアジン(キム・ヒソン分)は、正しい言動ばならない。
あまりにも非現実的なキャラクターではないか?

正しい。女優ができる最高のキャラクター、賢明できれい、すべての人物が付着である。
しかしながら、視聴者に「ウアジンのように生きなければならない」を言うことは絶対ではない。
この女性を介して物質にとらわれない真の幸福と「上品女」の意味を見せたかった。

-事前制作と惜しい部分はなかったか?

事前制作をしていなかっよく出てきたこともあったようだ。
モニターをしていないから、視聴者の反応も知ることができず、
俳優たちも感情に沿って行きにくい部分があったのだ。季節的にも軽く磨い私面もある。

l_2017080402000184600037942.jpg

-ドラマ序盤にアンジェソク役の俳優チョン・サンフンがミスキャスティングという言葉があった

チョン・サンフン氏は台本4回が出てきた状態でキャスティングされた。
元アンジェソクというキャラクターは、典型的な「サガジのない」財閥2世だ
チョン・サンフン氏が務めながら「ネジ一つ抜けたキャラクターになった。
結果的に極の緊張を解放する役割を果たします。

-ドラマの中の「風速情報」では、いつも特定の調味料をキムチに入れる。それは何か?

上流層を戯画するツールの一つである。これからドラマを通じて確認してください。

-今まで明らかになった容疑者の中パクボクジャキラーがありますか?

容疑者は、より登場する予定だ。ちなみに風俗定義主人も容疑者の一人である。
ドラマの中の人物がすべての容疑者だ。犯人は最終回終了の5分前に明らかになるだろう。

-どのようなドラマを書いてたい?

私ドラマが誰かの生活の中で休憩になったら良いだろう。
本邦捜査のために家に早く走って行く日常の幸せを伝えてくれれば大変いいだろう。
今は創作意欲があふれるが後」書くことがない」と感じたら、
自分のペンを置いて視聴者と観客の位置に戻る。

-後続作計画は?

来年2月にキム・ジュヒョク、ジョンウ、チョン・ウヒ主演の映画「フンブ>が公開される。
ドラマはスリラーやファンタジーロマンスのようなジャンルムルを使いたい。
ほとんど書いた作品もある。聖水素子の話で
トランスジェンダークラブの中で行われた殺人事件の話だ。
本当にユニークで面白い作品になるだろう。

(自動翻訳なので、意味不明部分あり スミマセン)

Posted by zukka  on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。