気ままに綴りたい |

【Oh!センフォーカス]チェ・ミンス・キム・ヒソン・キム・ソナ、新しい人生食料書いた「その時、そのスター」

自分事ですが
「上品な彼女」の「第17話」から最終回までを見るのは8月21日以降になる。
明日13日から旅行へ・・。
なので、ここ「気ままに綴りたい」では最終回の放送が終えてから、
ボチボチと記事を更新していきたいと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここからニュース記事。
(自動翻訳)

【Oh!センフォーカス]チェ・ミンス・キム・ヒソン・キム・ソナ、
新しい人生食料書いた「その時、そのスター」

[OSEN =ガンソジョン記者]
俳優チェ・ミンス、キム・ヒソン、キム・ソナ、過去最高の全盛期を享受したスターらが
最近再び全盛期を迎えた。

チェ・ミンス、キム・ヒソン、キム・ソナは1990年代と2000年代初頭
放送界を席巻したスターたちが最近のドラマの視聴率はもちろん、
話題性につかんで興行をドラッグ行っているのと同時に、人生のキャラクターを追加した。

チェ・ミンスは、複数の代表作があるが、そのいずれかを挙げろと言うなら、
ドラマ「砂時計」(1995年)である。
このドラマで彼が引き受けた太守のキャラクターは、視聴者に強烈に残って、
今もまだ広く知られるほどだ。この文字のためにチェ・ミンスは
「飼料画像」が強かった今回カリスマを下に置いた。

まだある程度強い男のイメージが残っているがMBC水木ドラマ「死ぬ生きる男」で
コミカルな演技で、新しい人生のキャラクターを追加することに成功しました。
彼の25年ぶりに消化したコミック熱演に好評が殺到しているところ。

201708081625773650_5989677e5a47c.jpg

チェ・ミンスは劇中のサイドファハドアリ伯爵役を引き受けた独特の口調と決心して
壊れるもときめきを誘発する上品なコミック熱演でドラマをおいしそうに導いていく」
死ぬ生きる男」を水木ドラマ1位の座に押し上げた。

キム・ヒソンとキム・ソナも同じだ。
二人の俳優JTBCグムトドラマ「上品な彼女」で人生のキャラクターを更新した。

キム・ヒソンは、1990年代から2000年代初頭まで、活発な活動を広げて多くの代表作を残した。
近年、複数の作品に出演したものの、ここまで熱い反応は久しぶりだ。
キム・ヒソンは「上品な彼女」で財閥嫁ウアジン役を引き受けた
シンクロ率100%であってもしてもされるほどキャラクターを完璧に表現し好評を博している。

キム・ヒソン特有の優雅なイメージと優雅されたキャラクターがぴったり落ち
新しい人生キャラクターを追加したもの。
キム・ヒソンは、TV話題性の分析機関グッドデータコーポレーションが発表した結果によると、
ドラマ出演者話題性部門で4週連続1位を占めた。
これだけでなく、このような人気に力づけられて、広告界のラブコールが相次いでいる。

キム・ソナは「私の名前はキム・サムスン」(2005)キム・サムスンキャラクターイメージが
強く残っていた。
ところが「上品な彼女」でキム・サムスン画像を下に置くことができた。
劇中の欲望に満ちバクボクジャ役割を引き受けたキム・ソナは鳥肌が立つほどの熱演を広げている。

方言を使いながら素朴な面を示すと、欲望に包まれた姿など二重のキャラクターを
繊細に消化して、視聴者から絶賛されているキム・ソナ。
キム・サムスンを削除パクボクジャだ。

/kangsj@osen.co.kr

[写真]ドレミエンターテイメント、第イーエス・ピクチャーズ、ドラマハウス提供

Posted by zukka  on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。