気ままに綴りたい |

「上品女」の作家 "キム・ソナキャスティングに天の門開かれること...成功の予感」

2017080901000423100028241.jpg

[スポーツソウルジョソンギョン記者]
JTBC「上品な彼女」のベクミギョン作家は俳優の力をドラマの成功要因として挙げている。
JTBCドラマ最高記録を立て、二桁の視聴率も狙う「上品な彼女」(以下品位女)は、
ヒロインキム・ヒソンとキム・ソナがキャスティングされると、
1998年の「ひまわり」の後、20年ぶりに二トップスターが再び会うという事実だけでも大きな話題であった。
そんな二人の俳優今回のドラマで、自分たちの魅力をワンなく誇った。
キム・ヒソンは歳月を逆う美貌に特有の明るくポジティブなエネルギーに大きな愛を受けている。
キム・ソナは露骨で熱心なキャラクターが実話をモチーフにしたという事実に支えられ、
視聴者にとってより旗艦を吐くた。
直接会ったベクミギョン作家はドラマの人気の秘訣を学びの力と挙げること躊躇がなかった。
<インタビュー①、②に続き>

2017080901000423100028242.jpg

-パクボクジャは悪役だが同情が行くキャラクターでもある。
私はボクジャと会話をたくさんした。
「今は、快適なので。大丈夫」尋ねた。同情が多かった。
今涙が生だ。ヒソンがに比べてスポットライトが少ない
パクボクジャをキム・ソナ以外の俳優がしたら、どうするところたかと思う。
キム・ソナがとてもよくしてくれた。
誰もがそのようによく生かすなかっただろう。
俳優たちの狂った演技力が今回のドラマの成功要因でもある。
台本を圧倒する演技を見せた。

さらにありがたいことに(演出キム・ユンチョル)監督が台本を本当に尊重してくれた。
だから俳優たちにアドリブを絶対ないようにしながら台本方法でのみ演じていた。
豊島一つ間違えないようにセリフを言っていた。
私はそんなこと要求する作家ではない。
演出者が自由にできるように尊重する方だ。
ところが、今回の監督が台本を本当に尊重してくださる方なので、
ドラマがより密あり、集中力に渡されたようだ。

-キム・ユンチョルPDがキム・ソナと「私の名前はキム・サムスン」のようにして、
今回キム・ソナを推薦したのか。
正しい。バクボクジャ役にキム・ソナを推薦言うので、
私は「じゃあ、あまりにも良いです」だった。
キム・ヒソンが主人公なのに、元のキム・ソナがセカンドロールをする俳優がないじゃないか。
キム・ソナがキャスティングされた瞬間は本当に空の扉が開かれる気分だった。
成功はすでに予感した。うまくいくドラマであった。俳優たちが多すぎる良かった。

-二人の主人公の他で、特に、より愛情のキャラクターは誰ですか。
チョン・サンフンが引き受けたアンジェソクある。
ここ出てくる人物の中で出て人間的に最も似ている。
私は少し情けない。周りの人が多私に情けないする。
アンジェソクがそうだ。人間的で物質的ではない。
ここで私は人間の汚辱七情を込めた。感情を扱う話を好む。
アンジェソクは大韓民国の男性を代弁する。
風も咲かせたいと思いながら家庭も守りたい。人間である。
だから台本を書きながらも、最も楽で、オアシスのようだった。
他の登場人物を書きながらも大変だった。
私ながらも理解していないキャラクターもあった。
しかし、各キャラクターの感情がかかっながら一緒に心を痛めたりした。
しかしアンジェソクは安心して使った。
だから監督が私の心がアンジェソクにはあるという事実が目に見えるしたほどだ。

-ユンソンフイ(イ・テイム分)キャラクターは何示す。劇中、本当にたくさん迎える。
一般的なキャラクターだ。
現実にも多い。若い女性を武器に身分上昇をしようとする人である。
特にソンヒは当たっても安い人物である。
自分を助けてくれた女性の夫を奪う恩知らず人だ。
合わせガール終了ではない。世の中に愛と言うの運命であり、不可抗力的と言っても、
しかし、いくつかの美辞麗句を持ってきてつけてもならないことがある。
さらに、ユンソンフイはアンジェソクがお金がなくなるので離れようとする。

-ウアジン進歩結婚の重量を話しながら、自分の愛を見て回った。
韓国女性が男を通って、結婚を通って成長しようとしている傾向がある。
主体的に考えて生きのにそうはない。
そんなアジンこのは後でわかる。離婚を奨励するのがない。
女性はもっと主体的に考えることを知って良いという考えである。
今回のドラマがいろいろ考えられるようにするドラマになると良いだろう。

2017080901000423100028243.jpg

パクボクジャを殺した殺人犯が誰か知りたい事が多い。
もしかしたら、新しい反転があるのか。
犯人が誰にもメッセージや教訓があるべきだと考えている。
響きがなければならない。人々に犯人がそれしかないねになければならない。
犯人が明らかになることも書士であり、反転が必要である。
だから悩みをたくさんした。
最初に決めておいた犯人が、この人はなかったが、書きながら変わった。
キャラクターたちによって物語が展開見たら犯人も作家の手から離れ誕生した。
ストーリーが自分の力で引っ張って私よ。孤独だけ戦慄が感じられる作業であった。

cho@sportsseoul.com 写真| JTBC提供

Posted by zukka  on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。