気ままに綴りたい |

[DA:インタビュー①]「上品女」キム・ソナ "キム・サムスンのようにバクボクジャ思い出なること"

860596612.jpg

[DA:インタビュー①]
「上品女」キム・ソナ"キム・サムスンのようにバクボクジャ思い出なること」

人気俳優でも長い期間大衆に愛されるキャラクターに会うことは容易ではない。
「人生のキャラクター」をもう一度会うことはロトに当選する確率だけ難しいことである。
良い作品と運が伴わなければのみ可能なことである。
それでも一度かな「人生のキャラクター」との出会いは12年ぶりに再会した俳優がいる。
俳優キム・ソナの話だ。

2005年MBCドラマ「私の名前はキム・サムスン」(脚本キム・ドウ演出キム・ユンチョル)を介して
「サムスン・シンドローム」を起こしたキム・ソナは去る19日放映終了された
JTBCグムトドラマ「上品な彼女」(脚本ベクミギョン演出キム・ユンチョル)で
フィルモグラフィーを再書くされた。
財閥第二の嫁エレガントた(キム・ヒソン)に憧れると同時に「欲望の化身」がされた
ボクジャ育つ人物を演技して、これまで消去よう消すことができなかった
「キム・サムスン」という札から外れたもの。
12年ぶりに新しいキャラクターで大衆に俳優として再び名前を刻印させることになった。

「人生のキャラクターをもう一度見た賞賛は感謝します。
そして(パク)ボクジャにも感謝を言いたい。
5ヶ月間ボクジャに生きながら学んだことが多いです。
このような人がいるんだと思います。
経験していないことを間接的に感じたと思います。
真の孤独な人だなたいんですよ。
ボクジャで過ごしてきた時間の間幸せだったし、考えも多かったです。
終わったらさっさと振ってしまうことができるかしたが、まだボクジャが残っていますね。
ボクジャの感情がまだ残っていると思います。(涙)」

長い余韻だけのキャラクターを完全に放さないキム・ソナ。
泣きそう言って先にキャラクターへの未練が残っている。
そして、その切なさはそのまま愛情に溶け込む。

「放送は終わったが、感情的にはまだ残っています。数日を鳴らしたのか分からない。
言う必要がありましょうか。後遺症という表現ではなく、
ボクジャ育つ人物への思いやりとすべきでしょう。
10歳の少女が持っていないマロン人形の愛着を持つ姿の切ない心が
私にも配信される感じです。暖かい手が必要だったんです。
ボクジャは子供の頃から孤独な子供でした。
そんなボクジャをまだ放さないものの、見てください。
だからウアジンという女性に憧れていただろうかと思います。
多持たなくても、彼女は堂々でしょう。その堂々とあり。
そのような点でボクジャにアンスロウムが続きます。 "

860596662.jpg

成功した作品の中のキャラクターから抜け出す頃突然やってくる不安がある。
次の準備をしなければならないというプレッシャーだ。
「私の名前はキム・サムスン」の後「シティーホール」、「女性の香り」などに出演したが、
「キム・サムスン」のキャラクターを超えなかった。
そして、「上品な彼女」で困難を克服した「キム・サムスン」であるが、
今回はボクジャを越えなければならないという国民の期待感が作用する。

これに対してキム・ソナは、「まだ多くの方が(金)サムスンを覚えて愛してくれる。
私はそれが本当にいい。だから(パク)ボクジャもそれほど長い間愛されていないかと思う」
とし「次期作をするときも大きく愛してくださったなら、かつらも使えばないかと思う」と笑った。

また「あまりにも多くの方がドラマを愛してくださって感謝する。幸せな5ヶ月だった」と付け加えた。

東亜ドットコムホンセヨウン記者projecthong@donga.com 写真| C-Jes

Posted by zukka  on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。