気ままに綴りたい |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by zukka  on  | 

[DA:インタビュー②]キム・ソナ "ナレーション、「上品女」の上の魅力であり、花"

860596792.jpg

[DA:インタビュー②]
キム・ソナ"ナレーション、「上品女」の上の魅力であり、花"

繊細な感性の持ち主キム・ソナに意外鈍い部分がある。
まさに視聴率である。
MBCドラマ「私の名前はキム・サムスン」(脚本キム・ドウ演出キム・ユンチョル)
を介して50%台(最終回50.5%、TNmS基準)の視聴率を経験したりしていた
キム・ソナが、作品の成績にこだわらない。
今年放映されたJTBCドラマの中で最高視聴率
(最終回12.1%、ニールセンコリア、全国基準)を記録した「上品な彼女」でも、
このような彼女の性格はそのまま表れている。

「放送が開始され、序盤の視聴率(初回2%)にみんな心配が多かったです。
よくないと、どうして焦りが聞いたようです。
ところが前の視聴率に鈍いほうであるようだと思う。
額撮影も終わり、あえて視聴率にこだわらなかった。
最後の視聴率も最も遅く知ったようです。
12%という声に一人で大騒ぎを震えた。
その時は、みんな既に知っている時だったんです。(笑)
これからも数字にはこだわらないようにしています。
もちろん結果は重要ですが、
数字にこだわるてみると作品に焦点を当てることができないと思います。
良い作品を満たすために、ハードワークにイムハダ見れば、
その結果は数字でも出てくると思います。そのため、良い結果に感謝を感じます。
愛してくださった視聴者の方々に感謝します。 "

久しぶりに味わう成功のぴりっとは誰貴重で幸せである。
過去の栄光を共にした仲間と再び合わせ成功の喜びは倍になる。
「私の名前はキム・サムスン」の演出を引き受けたキム・ユンチョルPDと
「上品な彼女」に遭遇したキム・ソナもそうだ。

キム・ソナは「「私の名前はキム・サムスン」の時とは違って、
今回の現場では監督と多くの対話を分割できなかった。
代わりに作品に入る前に多くの話を交わした。主に私は質問をする方だった。
監督が面倒がったのだ。私が最初に質問が多い方だ。
気になる子供のようだ」と笑った。

続いて「(パク)ボクジャを演じる過程で中間に詰まった部分もあった。
感情や演技的な部分で混乱があった。
その監督のディレクティングが私に大きな助けになった。
私「本能と直感を信じなさい」と言われた。おかげで複雑だった心をつかむことができた。
ボクジャを演じるデエヌン監督が助けが大きかった」と感謝を伝えた。

また、しっかりとした台本を渡しベクミギョン作家には計り知れない感謝の気持ちを伝えた。
その中でも「上品な彼女」の白眉と呼ぶことができるナレーションには、絶賛を惜しまなかった。

860596802.jpg

「上品な彼女」の上の魅力を挙げろと言うならナレーションと言いたい。
ベクミギョン作家もこの作品の花はナレーションとしました。
それだけナレーションが与える影響力は驚くべきものだ。
ボクジャが死んで開始するこのユニークな展開を説明することができるのは
ナレーションだけでしょう。
他のドラマが深めることができない力があると思います。
「私の名前はキム・サムスン」の時もナレーションをしたが、それとはまた感じが違います。
キャラクターのほか、ナレーションだけが与える力があるようです。
このような機会を与えられたベクミギョン作家に感謝します。

作品は終わったが、余韻が長く残るキム・ソナはまだボクジャに住んでいる。
そしてそんな彼女に「上品な女性」の意味は単純だった。

キム・ソナは「他人が見たときに、上品と、そのような面を見せようとするのは、
むしろ品がないようだ。本気があり、愛があふれる温かい人が
上品な人ではないかと思う。私そんな人になりたい」と希望した。

東亜ドットコムホンセヨウン記者projecthong@donga.com 写真| C-Jes

Posted by zukka  on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。