気ままに綴りたい |

「上品な彼女」キム・ソナ、人生キャッシュ更新する独自女優

(2017-08-21 配信ニュース記事)

JTBCグムトドラマ「上品な彼女」のキム・ソナが
毎回人生キャラクターを更新する魔力の演技をもう一度立証した。

19日大詰めの幕を下ろした「上品な彼女」(演出キム・ユンチョル、脚本ベクミギョン)で
キム・ソナは、1時間以内にキャラクター書士繰り出す流麗な演技と目だけで
繰り出す様々な感情、そして毎回の名場面を誕生させる極と極の演技で
週末ごとにテレビ劇場を圧倒したのに続きキャラクターの完成度のための
隠れた努力まで光を発し熱い反応を得た。

71362651.jpg

キム・ソナは「バクボクジャ」の幼年時代からさまよっていた過去
そして会長奥様になるまでの過程を滑らかに表現した。
1時間以内にキャラクターの叙事を流麗に描き出して、
ややもすると「悪女」のみ映ることができる人物を見る人にとって、
一方では、共感することができて劇にさらに没入させた。

また、目つきだけで「バクボクジャ」の喜怒哀楽の感情を完全に表現して
劇没入度を高め、視聴者を魅了したもの。
そのよう渇望していた上流社会進出のための暴走がどこまで続くのか、
見る人の心をチョルギトにしたのに続いて、いくら外見を真似てみても
完璧な上流社会人になることがないという事実にぶつかりながら感じる怒りと
不満を卓越し描き出して引き続い最高視聴率更新の一等功臣で活躍した。

そしてキム・ソナは一人の人物の底から頂点まで顕著に描き出して、
極と極を行き来する幅広い演技スペクトラムをもう一度自慢した。
介護者のインタビューを見ていた瞬間から口調と小川そして目下の接し目つきまで
全身に完璧な上流層のオーラを吹きだして見る人々を圧倒して
極の没入度をさらに高めるとともにキャラクターの可能性を滑らかに解放した。

加えてキム・ソナはキャラクターのための隠れた努力に感心をかもし出した。
「バクボクジャ」を準備する過程で多くの試みと努力をであり、
パーマ頭にヨボヨボした靴下までキャラクターを完成するまでに時間がかかったと
ビハインドストーリーが公開されている。
また、キム・ソナはキム・ヒソンと葛藤の両端に立っているようだが、
一方で、彼女に向けた思いやりの心をのぞかせながら、
葛藤と緊張感の中でも光るウォーズを描き出すさらに強いインパクトをプレゼントした。

このようにキム・ソナがスペクトルの限界を破った演技で
再び視聴者の心をひきつけてもう一度人生キャラクターを更新した中で
「上品な彼女」は、20回を最後に放映終了した。

写真=「上品な彼女」の放送をキャプチャ

伝授米記者jun@enews24.net

Posted by zukka  on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。